クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ



完売御免!
アリアCDいろいろ在庫
年始限定超特価セール


 夏ごろに一度お贈りした在庫処分超特価セール・アイテム。
 特価が魅力の特集ですが、なかにはかなり貴重なものもあります。

 応募多数のアイテムは週明けに抽選となります。
 抽選漏れ、完売の際はご容赦を・・・

 



CORO


The Italian Collection
COR 16099
(5CDs/特別価格)
\8000→\2990

ザ・シックスティーン〜イタリアン・コレクション
 ◆その証聖者は ――
  スカルラッティ:
   テ・デウム/
   その証聖者は、ミサ・ブレーヴェ《ラ・ステラ》、
    スターバト・マーテル/
 ◆アレグリ:ミゼレーレ ――
   ロッティ:十字架に磔られ/
   パレストリーナ:スターバト・マーテル/
   アレグリ:ミゼレーレ/
   パレストリーナ:教皇マルチェルスのミサ/
 ◆システィーナ礼拝堂の音楽 ――
  アネリオ:幸いなるかな天の女王/
  パレストリーナ:神は昇りたまいぬ、アヴェ・マリア、主の天使が/
  アネリオ:天の元后, 喜びたまえ、スターバト・マーテル/
  アレグリ:死より蘇りたまいしキリストは/
  マレンツィオ:私の太陽は今頃何をしているだろう/
  アレグリ:ミサ曲《私の太陽は今頃何をしているだろう》/
  アネリオ:第2旋法のマニフィカト/
  パレストリーナ:聖母マリアの昇天/
 ◆ヴェネツィアの至宝 ――
  カルダーラ:十字架につけられたまいて(16声)/
  A・ガブリエリ:深き淵より/
  モンテヴェルディ:主よ、われらを懲らしめたもうなかれ/
  カヴァッリ:ようこそ天の女王(サルヴェ・レジナ)/
  G・ガブリエリ:今日、聖霊降臨の日は来たりぬ/
  ラッスス:ミサ曲《美しいアンフィトリト》、天と地は御身にあり/
  カルダーラ:スターバト・マーテル/
 ◆ヘンデル:ディキシット・ドミヌス(主は言われた)/
  ステッファーニ:スターバト・マーテル
ザ・シックスティーン、
ハリー・クリストファーズ(指揮)
ザ・シックスティーンが歌うイタリアの歴史。イタリアン・コレクションBOX登場!

 ザ・シックスティーンが歌うイタリアの教会音楽5タイトルがボックス・セット「イタリアン・コレクション」として登場!
 システィーナ礼拝堂で歌われたアレグリの不朽の名作「ミゼレーレ」やパレストリーナの「教皇マルチェルスのミサ」、アネリオの秘曲12声の「スターバト・マーテル」、さらには水の都ヴェネツィアの至宝たち。
 3世紀にわたる輝かしきイタリアの合唱音楽のコレクションが、至福の時をもたらしてくれることでしょう!





マッケラス/シグナム・クラシックス
フィルハーモニア管弦楽団


 2010年7月に惜しまれながらこの世を去った巨匠サー・チャールズ・マッケラス。晩年も病を感じさせない旺盛な活動で、溌溂とした演奏を聴かせてくれた。
 そのマッケラスが円熟の巨匠の貴重な至芸を聴かせてくれたシグナム・クラシックスの"フィルハーモニア管弦楽団シリーズ。店主も恥ずかしながらこの「グレイト」でマッケラスがとんでもない巨匠になっていることに気づいた。以下、余計な言葉はいらない。





SIGNUM
SIGCD 133
\2500→¥1390
シューベルト:交響曲第9番ハ長調D.944《ザ・グレイト》 チャールズ・マッケラス(指揮)、
フィルハーモニア管
2006年6月10日、クィーン・エリザベス・ホールでのライヴ録音。




SIGNUM

SIGCD 135
\2500→¥1390
ショスタコーヴィチ:
 祝典序曲Op.96/
 交響曲第5番ニ短調Op.47《革命》
アシュケナージ(指揮)、
フィルハーモニア管

首席指揮者ドホナーニのブラームス(SIGCD 132)、首席客演指揮者マッケラスのシューベルト(SIGCD 133)という演奏、話題性とも抜群の2タイトルで華々しいスタートを切ったシグナム・クラシックスのフィルハーモニア管弦楽団シリーズ。

ドホナーニ&マッケラスの話題が覚めやらぬうちに早くも登場するシリーズ第3弾は、桂冠指揮者ウラディーミル・アシュケナージの"革命"!現代屈指のピアニストとしての名声は言うに及ばず、ロイヤル・フィル、ベルリン・ドイツ響、チェコ・フィルの首席指揮者や音楽監督を歴任したアシュケナージは2004年にNHK交響楽団の音楽監督に就任。2007年のN響音楽監督退任後はシドニー響の首席指揮者に転身するなど、アシュケナージの"指揮者"としての活躍はますます活発となり円熟の域に達している。

イギリスの名門フィルハーモニア管では桂冠指揮者としてドホナーニやマッケラスと並び重責を担うアシュケナージ。今回シグナム・クラシックスからリリースとなる音源は2001年にサントリー・ホールで収録されたショスタコーヴィチの祝典序曲&革命!鬼気迫る壮絶な"革命"がショスタコーヴィチを十八番とするアシュケナージのタクトとフィルハーモニア管によって繰り広げられる。

2001年7月27日、サントリー・ホールでのライヴ録音。






イギリス室内管/モーツァルト
AVIE AV 0035 (2CD)\3000→\1390

 
 前身のゴールズブロー管から数えると60年近い歴史をもつ世界的な室内管弦楽団、略称ECO。ブリテン創設のオールドバラ音楽祭の主要オケとして名を成し、常任指揮者をおかない自主運営という変わったスタイルですぐれた演奏家と共演。ブリテン、レパード、パイヤールらを招いて少なくない録音を残している。ご存知のようにバレンボイムとの共演ではモーツァルトのピアノ協奏曲全集が有名。考えてみればバレンボイムもアシュケナージもECOを振って指揮者への道を歩み始めている。最近では内田光子やペライヤとの歴史的なモーツァルト・レコーディングも忘れられない。
 そんな新生イギリス室内管を率いるのは、ピアニストとしてシベリウスのピアノ作品全集を録音していることで知られるロマンチスト、ラルフ・ゴトーニ。自由で感性あふれるモーツァルトを聴かせてくれる。


AV 0035
(2CD)
\3000→\1390
モーツァルト:管楽器のための協奏曲集
【CD1】
 クラリネット協奏曲イ長調K.622
 クラリネット、オーボエ、ホルン、
  バスーンのための協奏交響曲変ホ長調K.297b
【CD2】
 オーボエ協奏曲ハ長調K.314
 ファゴット協奏曲変ロ長調K.191
 ホルン協奏曲第4番変ホ長調K.495*
アンソニー・パイク(Cl)
ジョン・アンダーソン(Ob)
リチャード・ベリー(Hr)*
ジュリー・プライス(バスーン)
ジョン・トールグッド(Hr)
ラルフ・ゴトーニ指揮
イギリス室内管



.


AVIE


AV 0020
\3000→\1390
ショスタコーヴィチ:交響曲第7番《レニングラード》 ビシュコフ指揮
ケルン放送響
 ベルリン・フィルとの衝撃的な5番、8番、11番から10数年、遂にビシュコフのショスタコーヴィチが帰ってきた!
 偉大な名指揮者たちのDNAを体内に残すオーケストラが奏でる、ショスタコーヴィチの壮大な戦争抒事詩。サンクト・ペテルブルク(旧レニングラード)に生まれ育ったビシュコフにとっても特別の感慨を抱く曲目に違いない。



ハレ管弦楽団自主制作盤
天才ツェートマイアー登場!
エルダー&ハレ管とのエルガー!
HALLE CDHLL 7521 (CD-R) \2200→\990


 イギリス最古の歴史を持つハレ管弦楽団の自主レーベルから、ツェートマイアーをソリストに迎えてのエルガーの「ヴァイオリン協奏曲」が登場。
 ヴァイオリン協奏曲の中でも特に大きなスケールを持つ作品として知られるエルガーの「ヴァイオリン協奏曲」を弾ききるツェートマイアーのテクニック、音色、音楽性、集中力はどれをとっても素晴らしい。
またエルガー&イギリス音楽ファンならば、「ジェロンティアスの夢」からの「前奏曲」と「天使の告別」は、合唱を編成から外したエルガー編曲版による世界初録音も聴き逃せない!



CDHLL 7521
(CD-R)
\2200→¥990
エルガー:
 オラトリオ《神の国》Op.51より 前奏曲
 ヴァイオリン協奏曲ロ短調Op.61
 オラトリオ《ジェロンティアスの夢》Op.38より 前奏曲、
  天使の告別(メゾ・ソプラノ &オーケストラ版/世界初録音)
トーマス・ツェートマイアー(ヴァイオリン)
アリス・クート(メゾ・ソプラノ)
マーク・エルダー(指揮)
ハレ管弦楽団
※2005年&2008年、ブリッジウォーター・ホール(マンチェスター)でのライヴ録音。
※Halleはレーベル・オフィシャルのCD-R 盤です。予めご了承下さい。





HALLE

CDHLL 7518
\2200→¥990
ドビュッシー:
 遊戯/ドビュッシー(C・マシューズ編):《前奏曲集》より
  デルフィの舞姫、とだえたセレナード、
  雪の上の足跡、妖精たちはあでやかな舞姫、
  帆、ピクウィック卿をたたえて、
  月の光がふりそそぐテラス、ヒースの茂る荒れ地、
  オンディーヌ、アナカプリの丘、花火、沈める寺/
C・マシューズ:ポストリュード《ムッシュ・クロッシュ》
マーク・エルダー(指揮)、
ハレ管弦楽団


ドビュッシー&マシューズ!
管弦楽版"前奏曲集"遂に完結!

2007年にリリースされハレ管自主制作レーベル"Halle"最大のヒット作となった、「冥王星」の作曲者コリン・マシューズ(1946−)のオーケストレーションによるドビュッシーの「前奏曲集」(CDHLL 7513)。この第1集には収録されなかった残りの12曲が、もちろんマシューズのアレンジによるオーケストラ版、そしてハレ管の演奏で待望の登場!!ドビュッシーの作品が持つ本来の響きや色彩感を損なうことなく、名作中の名作「前奏曲」の24曲全てをオーケストラ版へと生まれ変わらせたマシューズの見事な手腕に感服。またマシューズは、ドビュッシーが生んだ架空の人物"ムッシュ・クロッシュ"を題材とした「ポストリュード」を作曲&収録しており、こちらも聴き逃せない。ドビュッシー・ファン、アレンジ作品ファン大注目のリリースです!

2007年6月20日−21日&2008年5月4日、ブリッジウォーター・ホール(マンチェスター)での録音。

English Spring
CDHLL 7528
\2200→¥990
マーク・エルダー&ハレ管弦楽団
 イングリッシュ・スプリング

  バックス:春の炎/
  ディーリアス:春の牧歌、春の訪れ/
  ブリッジ:春の訪れ
マーク・エルダー(指揮)
ハレ管弦楽団

 近年一気に評価を高め、現音楽監督マーク・エルダーと共に黄金期を過ごすマンチェスターの名門ハレ管弦楽団。「春(Spring)」を共通のテーマに持つバックス、ディーリアス、ブリッジの管弦楽作品は、イギリスの"春"の光景を連想させてくれる秀作ばかり。エルダー&ハレ管弦楽団の充実振りが際立つ好演である。

2010年3月&10月の録音。※Halleはレーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

CDHLL 7503
\2200→¥990
イングリッシュ・ラプソディ ――
 バターワース:
  管弦楽のための狂詩曲《シュロプッシャーの若者》、
  小管弦楽のための《2つのイギリス田園詩曲》、
  青柳の堤/
 ディーリアス:歌劇《イルメリン》より
  前奏曲、楽園への道、
  イギリス狂詩曲《ブリッグの定期市》/
 グレインジャー:ブリッグの定期市/
 伝承曲:ブリッグの定期市
  (歌:ジョセフ・テイラー/1908年の録音−約40秒)
マーク・エルダー(指揮)、
ジェイムズ・ギルクリスト(テノール)、
ハレ管弦楽団&合唱団
「ブリッグの定期市」は下敷きになった伝承曲の、20世紀初頭の貴重な音源が付加されており、その発展形であるディーリアス、グレインジャーの2種類の「ブリッグの定期市」の聴き比べができるという見事な企画。
2002年10月、ブリッジウォーター・ホール&マンチェスター新放送センター・スタジオ7での録音。






レッド・プリースト参上!

 昨年NHKで放映され大評判になった、ヴィヴァルディのあだ名「赤毛の司祭」をグループ名にした英国の’バ’・ロックグループ 「レッド・プリースト」。

 「ヴィヴァルディの心臓にアドレナリンの注射をぶち込んだ!」 [ワシントンポスト紙]
 「英国で最もダイナミックで演劇性に富み、突飛なまでに異質なバロック・グループ!」 [英グラモフォン誌]
 「まさに爆発的!」 [デイリー・テレグラフ]
 「クラシック音楽をよく聴くが密かに退屈だと思っている人にお勧めだ」 [ワシントンポスト]
 「ウィグモアホールのリサイタルとアイリッシュ・バーでのギネス・パーティーを掛け合わせたようなもの・・・」 [クラシックCD]
 「バロック音楽に新しい聴衆が生まれるに違いない。」 [アーリーミュージック・トゥデイ]
 「想像できるかぎりほとんどあらゆる意味で他の人々と違っている・・・・・・」 [ニュースジャーナル](フロリダ)

 等々とモノスゴイ評価を受けてきた。
 まあその過激なファッションは別として、リコーダーとヴァイオリンとチェロとチェンバロという独自のスタイルによるヴィヴァルディ、というだけでも正統派クラシック・ファンの心を動かしてくれる。
 しかしその演奏は実際にかなりエキセントリック。ちょっと聴いただけで「リコーダーだから」、とかいう言い訳は吹っ飛ぶ。単純にこいつらの(女性が半分ですが)感性がすごい。

RP 002
¥2400→\990
ナイトメア・イン・ヴェニス
 ヴィヴァルディ:ナイトメア協奏曲「夜」、合奏協奏曲 イ短調
 ロバート・ジョンソンらによる「英国幻想」組曲
 パーセル:「妖精の女王」組曲
 ジョヴァンニ・パオロ・チマ(17世紀):三声のソナタ イ短調
 ダリオ・カステッロ(17世紀):ソナタ・デチマ
 ジャン・マリー・ルクレール:デモン・エア第1番〜第3番
 レッド・プリースト:コレッリのラ・フォリアによる幻想曲 
レッド・プリースト
{ピアーズ・アダムス(Re),
ジュリア・ビショップ(Vn),
アンジェラ・イースト(Vc),
ハワード・ビーチ(Cmeb)}

RP 001
¥2400→\990
プリースト・オン・ザ・ラン
 ダリオ・カステッロ(17世):ソナタ第3番
 ディエゴ・オルティス(1510〜1570):2つのスペイン舞曲
 テレマン:
  ソナタ イ短調「ジプシー」、
  ヴィオラ・ダ・ガンバのためのファンタジア
 ルイス・デ・ナルバエス(1500〜1555):
  カンシオン・デ・エムペラドール
 バルトロメ・デ・セルマ・エ・サラベルデ(17世紀):
  スペインのカンツォーナ
 シュメルツァー:カッコーソナタ
 ウッチェリーニ:ラ・ベルガマスカ
 パーセル:グラウンド 二人で一緒に
 ヘンデル:アリア・アモローザ
 モンテヴェルディ/マウリツィオ・カツァッティ(1620〜1677):
  ゼフィーロのグラウンド
 ヴィヴァルディ:協奏曲 ニ長調RV92「司祭逃走中」
レッド・プリースト
{ピアーズ・アダムス(Re),
ジュリア・ビショップ(Vn),
アンジェラ・イースト(Vc),
ハワード・ビーチ(Cmeb)}





オランダの"我が祖国"、ツウェールズの交響曲第3番!
指揮はハンス・フォンク!
オケはハーグ・レジデンティ管!
STERLING CDS 1088-2 1CD\2600→\990


 同時期のドイツやフランスなど他国の様式を取り入れるのではなく、オランダの音楽様式の発展、開拓を目指した作曲家ベルナルド・ズヴェールス(ツウェールズ1854−1924)の交響曲集完結盤。
 ヤーダースゾーンの門弟だったズヴェールス1890年の作品にして最後の交響曲となった「交響曲第3番」は、その名も「我が祖国」!
 オランダ版「我が祖国」は、4つの楽章それぞれに"オランダの森で"、"田舎で"、"海辺で"、"都会で"という副題が付けられるなど、音楽でオランダという国そのものを表現した壮大なスケールの交響曲なのである。
 ズヴェールスの「我が祖国」を振るのは、オランダの名匠ハンス・フォンクとハーグ・レジデンティ管の名コンビ。ハンス・フォンク入魂のタクトが、祖国オランダ、ズヴェールスの大作を色濃く描きます!



CDS 1088-2
\2600→¥990
ツウェールズ:交響曲第3番《我が祖国》 ハンス・フォンク(指揮)
ハーグ・レジデンティ管弦楽団

※1977年8月24日−26日、ハーグ新教会(オランダ)での録音。






CALA

CACD 0533
\2500→\990
ストコフスキ、ニューヨーク・フィルハーモニックを振る! Vol.1
 ワーグナー:序曲「さまよえるオランダ人」
 イッポリトフ=イワーノフ:「コーカサスの風景」より「村のスケッチ」
 メシアン:「キリストの昇天」 ―― 管弦楽のための4つの交響的瞑想
  第1曲「みずからの栄光を父に求めるキリストの威厳」
  第2曲「天国を希求する魂の清らかなアレルヤ」
  第3曲「トランペットとシンバルによるアレルヤ」
  第4曲「父のみもとに帰るキリストの祈り」
 グリフェス:「ローマのスケッチ」より 「白い孔雀(くじゃく)」
 ワーグナー/ストコフスキ編:
  「ワルキューレ」より 「ヴォータンの告別と魔の炎の音楽」
 ヴォーン・ウィリアムズ/ラルフ・グリーヴズ編):
  「サー・ジョン・イン・ラヴ」より グリーンスリーヴズによる幻想曲
 チャイコフスキー:フランチェスカ・ダ・リミニ
レオポルド・ストコフスキ(指揮)
ニューヨーク・フィルハーモニック
(1947−49年カーネギー・ホールでのセッション録音






ウラディミール・フェルツマン
NIMBUSの《ハンマークラヴィーア》
1CD-R\2200→¥1290


 フェルツマンは1952年モスクワ生まれ。「ソビエト最後のヴィルトゥオーゾ・ピアニスト」と呼ばれ、19歳でロン・ティボー・コンクールで優勝。しかしその後イスラエルへの移住申請が当局にばれてソビエトでの演奏活動を停止される。そのときレーガン大統領じきじきの援助によってアメリカに亡命、世界中の大きな話題となった。そして国際的関心の中SONYと契約、衝撃的なアルバムを連発した。・・・プロコフィエフ、ラフマニノフ、チャイコフスキーの協奏曲、そしてリストのピアノ・ソナタである。評論家はこぞって絶賛、多くの音楽ファンがその才能を褒め称えた。宇野功芳氏も「ほとんど魔術的といっていいほどの音の生かし方や抜群のテクニック、音楽への共感」、「技術、音楽性ともに将来のピアノ界を背負って立つべき実力者」と手放しの大絶賛。それら3枚のアルバムはいずれもレコ芸では特選扱いだった。宇野氏の言葉ではないが、間違いなくこれからのピアノ界の大御所となるべき人だと思っていた。

 ところがその後消息を絶ち、何年かしてこっそりとメルダックから国内盤で1枚出て(それもすごいラフマニノフだった!)、輸入盤ではMUSIC MASTERSから何枚か出たが日本ではほとんど無視された。
 そうしてやがて彼のCDは国内盤は全滅、輸入盤もSONYに1枚あるだけという状況に陥り、てっきりもう音楽界を去ったものと思っていた。

 そんなフェルツマンが生きていて、なんとメキシコのマイナー・レーベルURTEXTから名盤を次々と生み出した・・・。そこから登場した数枚のアルバムは、かつての驚き以上の衝撃を与え、フェルツマンの完全復活を強く印象付けた。・・・ただメキシコURTEXT、さすがに超マイナー・レーベル、そこでの録音は長続きしなかった。

 そうしたなか今度は倒産から復活したNIMBUSが、そのURTEXTの音源、さらにかつてのMUSIC MASTERSレーベルのすばらしい音源を精力的にリリースしてくれるようになった。
 そして・・・ついに先日は待望の新録音までリリース。フェルツマンの新しい音楽家としての始まりを我々に知らせてくれた。
 
 NIMBUSはレーベルの方針としてCD-Rでの製作になるため、いまだCD-Rに抵抗のある日本の大手ショップは扱わないことが多い。
 せっかくフェルツマンが本格的に活動を再開しているのに、本当に惜しい。



NI 2561
(CD-R)
\2200→¥1290
フェルツマン/《ハンマークラヴィーア》
 ベートーヴェン:
  ピアノ・ソナタ第29番変ロ長調Op.106《ハンマークラヴィーア》
  ピアノ・ソナタ第28番イ長調Op.101
ウラディミール・フェルツマン(ピアノ)

 1997年8月11日−13日、アメリカ芸術文学アカデミーでの録音。

 「後期3大ソナタ集」と並ぶフェルツマンの貴重なベートーヴェン録音として知られながらも、入手困難となっていた「ハンマークラヴィーア&第28番」。
 フェルツマンの硬めな打鍵から生まれるベートーヴェンは、劇的であり繊細。フェルツマンの90年代を代表する名演の1つ。








NIMBUS
NI 5741/2
(2CD-R )
\4400→¥1590
ベートーヴェン:《チェロ・ソナタ全曲》
 チェロ・ソナタ第1 番〜第5 番/
 ヘンデルの《マカベウスのユダ》の
  〈見よ勇者は帰る〉の主題による12 の変奏曲ト長調WoO.45 /
 モーツァルトの《魔笛》の
  〈娘か女か〉の主題による12 の変奏曲ヘ長調op.66 /
 モーツァルトの《魔笛》の
  〈恋を知る男たちは〉の主題による7 つの変奏曲 変ホ長調
ラファエル・ウォルフィッシュ(Vc)、
ジョン・ヨーク(P)

 イギリスを代表するチェロの名手、ウォルフィッシュによる初のベートーヴェン:チェロ・ソナタ全集。

 このベートーヴェンにおいてもその驚異的な技巧と豊かなフレージング、艶やかな弦の響きはますます冴え渡っており、チェロの巨匠ともいうべき風格ある演奏を繰り広げている。
 ピアノ奏者のジョン・ヨークも‘ ドビュッシー国際コンクール’ などをはじめ、栄誉ある賞を多数受賞している実力者。

 2004 年の録音。





RAUMKLANG



RK 9802
\2600→\1290
ヒルデガルト・フォン・ビンゲンと
 ビルギッタ・フォン・シュヴェーテン
  ヒルデガルト・フォン・ビンゲン:
   《天啓の調和のシンフォニア》より
  ビルギッタ・フォン・シュヴェーテン:
   《カントゥス・ソノルム》 より
レ・フランヴォヤン

 中世ヨーロッパ最大の賢女と評されるビンゲンの聖歌集!
 ラウムクラングを代表する名盤、レ・フランヴォヤンのビンゲン

 歴史上最初の女性作曲家と伝えられている中世ドイツの聖職者ヒルデガルト・フォン・ビンゲンと、14 世紀スウェーデンの修道女ビルギッタ・フォン・シュヴェーテンの聖歌集。
 3 人の女声ヴォーカルの清らかな歌声とフィドル&リコーダーの音色が創るビンゲンとシュヴェーテンの神秘的な音楽は、ラウムクラング(Raumklang)レーベルの代表的名演として高く評価されていた。

 現在すでに入手困難なアルバム。


1998 年1 月の録音。





CHRISTOPHORUS

Himmels-Lieder: Sacred songs & cantatas
CHR 77354
\2600→\890
天の歌
 コべリウス、エルレバッハ、ヒルデブラントたちの
  宗教歌曲とカンタータ集
   エルレバッハ:Kommt ihr Stunden
   ヒルデブラント:Der V. Krieges-Angst-Seufftzer
   ショップ:Lachrimae Pavan
   ベーム:Mein Herz tichtet ein feines Lied
   コべリウス:Ich furchte keinen tod auf erden/他
フランツ・ヴィッツム(カウンターテナー)
カプリコルナス・コンソート・バーゼル

 男声ヴォーカル・アンサンブル、シュティムヴェルクのメンバーで、ドイツ古楽界が期待を寄せるカウンターテナー、フランツ・ヴィッツムが歌うドイツ・バロックの音楽。

 ヴィッツムの澄み切った歌声、洗練されたノンビブラート唱法が、大バッハとの競争を制して聖ヤコビ教会オルガニストの座を勝ち取ったコべリウスのカンタータなどを"天の歌"へと昇華させる。

2011年3月の録音。





GHA RECORDS


GHA 126.067
\2500→\890
ジスモンチアーナ
 レオ・ブローウェル:トッカータ、ルンバとキューバの風景
 エグベルト・ジスモンチ/レオ・ブローウェル:
  水とワイン、バイオン・マランドロ
 ブローウェル:
  ルンバとキューバの風景(エレクトリック・ヴァージョン)
 ジスモンチ/ブローウェル:フレーヴォ、情熱の声で
 ブローウェル:
  「空、空気、そして微笑み」、ジスモンチのカデンツァ
  (*=ギター編曲:ルチオ・マタラッツォ)
ギタート・クヮルテット

 世界でもっとも独創的なギター・アンサンブルの1つとして絶賛されるイタリアのギター四重奏団、ギタート・クヮルテット(GuitArt Quartet)。
 イタリアの名ヴォーカリスト、アントネッラ・ルッジェーロとの共演でも知られるGuitArt Quartetは、キューバのレオ・ブローウェルとブラジルのエグベルト・ジスモンチ、二人の南米の作曲家に情熱を燃やしており、このアルバムでもブローウェルの作品やジスモンチの名曲のギター・アレンジを収録。





ETCETERA


KTC 1400
(2CDs/1枚分価格)
\2600→\990
J・S・バッハ:
 ゴルトベルク変奏曲BWV.988
 カノン風変奏曲《高き天よりわれは来たれり》BWV.769*
ピーター・ダークセン(チェンバロ&オルガン*)
オランダ・バッハ協会の"ヨハネ受難曲"の編集&校訂者。ピーター・ダークセンのゴルトベルク変奏曲!

オランダ・バッハ協会、コンバッティメント・コンソート・アムステルダム、ラ・スアーヴェ・メロディアのチェンバロ奏者、世界的な音楽学者、あのオランダ・バッハ協会の「ヨハネ受難曲」の編集、校訂を担当するなど、バッハ研究家として数多くの実績を残してきたダークセン。
「フーガの技法」(KTC 1348)に続くダークセンのバッハ第2弾は、チェンバロでの「ゴルトベルク変奏曲」とオルガンでの「カノン風変奏曲」のカップリング。
チェンバロ、オルガンと違う楽器による演奏であるにもかかわらず、「ゴルトベルク変奏曲」の終曲"アリア・ダ・カーポ"から「カノン風変奏曲」の第1曲"8度のカノン"へと受け渡される音楽の自然な流れを耳にすると、まるでこの2つの作品は本来1つの作品として作曲されたのでないかと思えてきてしまう。
ダークセンの演奏技術、研究成果が提示する「ゴルトベルク変奏曲」。興味深い演奏の登場です。


KTC 1404
\2600→\990
モーツァルト&ペトリーニ:初期ソナタ集
 モーツァルト:
  ソナタ第11番変ホ長調K.26、
  ソナタ第12番ト長調K.27、
  ソナタ第13番ハ長調K.28/
 ペトリーニ:ソナタ第3番ハ短調Op.3/
 モーツァルト:
  ソナタ第14番ニ長調K.29、
  ソナタ第15番ヘ長調K.30、
  ソナタ第16番変ロ長調K.31/
 ペトリーニ:ソナタ第6番変ロ長調Op.3
長澤真澄
 (シングルアクションハープ/J-M・ウォルターズ1785年製)、
寺神戸亮
 (バロック・ヴァイオリン/ジョヴァンニ・グランチーノ1690年製)

日本の古楽界を牽引する"長澤真澄"と"寺神戸亮"のデュオ!ハープとヴァイオリンが誘うモーツァルトのソナタの世界。
長澤真澄と寺神戸亮。日本の古楽界を牽引する2人の世界的名手が、"バロック・ハープ"と"バロック・ヴァイオリン"で奏でる神童モーツァルト初期の「ソナタ」集!
10歳のモーツァルトが1766年2月にオランダのハーグで完成させた"ハーグ・ソナタ"(K.26〜K.29)。
"ヴァイオリン・ソナタ"と呼ばれながらも実際には"ヴァイオリン伴奏付きピアノ(チェンバロ)・ソナタ"という特徴を持つモーツァルトのソナタと、"ハープ"&"ヴァイオリン"というデュオとの出会い。
"弦楽器"という共通点で結ばれハープという伴侶を得たことにより、"伴奏"という鎖から解き放たれ輝きを増すヴァイオリン。
神童の音楽が持つ計り知れぬ魅力と、長澤真澄と寺神戸亮の息の合った素晴らしい演奏は、この「ハーグ・ソナタ」が本当は"ハープ"と"ヴァイオリン"のために書かれた作品なのではないかと感じさせてくれるほど。
また、モーツァルトと同世代のイタリア系ドイツ人音楽家、フランチェスコ・ペトリーニ(1744−1819)のヴァイオリン伴奏付き「ハープ・ソナタ」が、ハープという楽器の存在感の大きさを物語る。
長澤真澄と寺神戸亮が、聴き手をモーツァルトの新しい「ハーグ・ソナタ」の世界に誘います ――。2009年5月、ローン改革派教会(オランダ)での録音。

KTC 1520
(2CD)
\5200→\1390

ユーリ・エゴロフ 〜 貴重な音源第2弾!「秋の歌」
ユーリ・エゴロフ(ピアノ)
 チャイコフスキー:
  主題と変奏ヘ長調 Op.19-6、四季 Op.37bisより 10月「秋の歌」
   (録音:1974年11月3日)
 ショスタコーヴィチ:前奏曲とフーガト長調 Op.87
  (録音:1974年11月3日)
 リスト:パガニーニの主題による大練習曲 S.141より ラ・カンパネッラ
  (録音:1974年11月3日)
 バルトーク:ピアノのための組曲 Op.14(録音:1981年5月25日)
 ブラームス:3つの間奏曲 Op.117(1983年4月22日)
 プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第3番イ短調 Op.28(1983年5月6日)
 スカルラッティ:
  ソナタ ニ短調 K.9、ソナタ ニ短調 K.32、ソナタ ロ短調 K.87、 ソナタ ト長調 K.125、
  ソナタ ト長調 K.159、ソナタ イ長調 K.322、ソナタ ロ長調 K.380、ソナタ ヘ長調 K.518
   (録音:198510月25日)
 ラヴェル:鏡(録音:1987年3月28日)
 チャイコフスキー:四季 Op.37bisより 10月「秋の歌」
  (録音:1987年4月24日)
 夭折の天才ユーリ・エゴロフの貴重な音源第2弾!

 旧ソ連のカザン(現タタールスタン共和国の首都)で生を受けた夭折の天才ピアニスト、ユーリ・エゴロフ(1954−1988)。抑圧から逃れるためにオランダへと亡命したエゴロフがVARA、TROSなどのオランダの放送局に残した貴重な音源の第2弾が登場!
 モスクワ音楽院ではヤコフ・ザークにピアノを師事し、1974年のチャイコフスキー国際ピアノ・コンクールで第3位、翌年の1975年のエリザベート王妃国際音楽コンクールでも第3位入賞を果たすなど、将来を嘱望されながらも、エイズのため1988年に33歳という若さでこの世を去ったエゴロフ。
 亡命先のオランダに遺されていた1970年代から死の前年となる1987年にかけてのエゴロフのピアニズム、そしてその人生の記録がここに蘇ります。

KTC 1913
\2600→\990

J.S.バッハ:ソナタ&パルティータ
 フルートと通奏低音のためのソナタ ホ短調 BWV.1034
 フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ ロ短調 BWV.1030
 無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調 BWV.1013
 ヴァイオリンとオブリガート・チェンバロのためのソナタ ハ短調 BWV.1017

クラウディア・ゲラウアー(リコーダー)
マグダレーナ・マレク(チェンバロ)
山本徹(チェロ)
 リコーダー版! J.S.バッハのフルート・ソナタ&ヴァイオリン・ソナタ!

 Olive Musicは名リコーダー奏者ケース・ブッケが創設したレーベルで、現在はレーベル・ロゴを残しながらEt'ceteraレーベルから発売されるようになったが、レコーディング・プロデューサーは引き続きケース・ブッケが務めており、優れた演奏や凝ったプログラミング、美麗なディジパックなどそのクオリティの高さは健在。
 ケース・ブッケらに学び、ドイツ、スイスなど複数のコンクールで受賞しているリコーダー奏者、クラウディア・ゲラウアーによるバッハ・アルバムは、フルート・ソナタと無伴奏フルート・パルティータ、そしてヴァイオリン・ソナタからのリコーダー・トランスクリプション。艶やかな音色と心地よい発音で、香り高い極上のバッハを聴かせてくれる。

 ※録音:2013年6月27日−30日、アレッツォ(イタリア)




KTC 1427
(2CDs)
\5000→\1590
サティの音楽を知り尽くした奇才、デ・レーウの2010年新録音!
 サティ:ユスピュ 〜
  3幕のキリスト教的バレエのための/
  天国の英雄的な門のための前奏曲/
  ばら十字教団の鐘/星たちの息子/ゴシック舞曲
ラインベルト・デ・レーウ(ピアノ)
 ブーム以前、サティを聴こうと思ったらたいていこの人の演奏だった。
 現代音楽のスペシャリストであり、70年代と90年代にかけて個性的かつ画期的なエリック・サティのピアノ作品集を録音しているラインベルト・デ・レーウ。
 オランダで収録された2010年の新録音では、ラインベルト・デ・レーウが、モダン・ミュージックのアンチ・ヒーロー、サティの音楽のさらなる深層へ。
 無機的な響きが支配する「ユスピュ」の奥底に佇む感情が、デ・レーウのピアノで浮かび上がる。2010年11月22日−23日の録音。
.


KTC 1450
(5CDs/特別価格)
\6500→\3990

ラフマニノフ:ピアノ独奏作品全集

 ハンナ・シベエワ(DISC1) 〜
  練習曲集《音の絵》Op.33、練習曲集《音の絵》Op.39
 マリアナ・イズマン(DISC2) 〜
  ピアノ・ソナタ第1番ニ短調Op.28、
  ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調Op.36、
  ヴォカリーズ嬰ハ短調Op.34-12(コチシュ&イズマン編)、
  オリエンタル・スケッチ変ロ長調、幻想的小品ト短調、
  リムスキー=コルサコフ(ラフマニノフ編):熊蜂の飛行
 ニーノ・グヴェダッゼ(DISC3) 〜
  前奏曲集Op.23、前奏曲集Op.32
 ピーター=イェレ・デ・ブール(DISC4) 〜
  幻想的小品集Op.3、コレルリの主題による変奏曲Op.42、
  サロン小品集Op.10
 トーマス・ベイヤー(DISC5) 〜
  前奏曲ニ短調、ショパンの主題による変奏曲Op.22、
  前奏曲ヘ長調、楽興の時Op.16
ハンナ・シベエワ(ピアノ)
マリアナ・イズマン(ピアノ)
ニーノ・グヴェタッゼ(ピアノ)
ピーター=イェレ・デ・ブール(ピアノ)
トーマス・ベイヤー(ピアノ)
 ラフマニノフのピアノ独奏作品全集!5人の若きヴォルトゥオーゾたちが共演!

 ヨーロッパで眩い輝きを放つ5人のヴィルトゥオーゾ・ピアニストたち。
 オランダのピーター=イェレ・デ・ブール(1978−)、トーマス・ベイヤー(1988−)、グルジアのニーノ・グヴェタッゼ(1981−)、モルドバのマリアナ・イズマン(1979−)、ベラルーシのハンナ・シベエワ(1979−)のピアニズムが完成させたラフマニノフの「ピアノ独奏作品全集」!
 10月に来日を果たしたグヴェタッゼなど、「ラフマニノフ」という大きなテーマで光る5人のピアニストたちの確かな技術と音楽性、そして個性にご注目下さい!

 ※録音:2010年8月(DISC2&4)&2011年7月(DISC5)&2012年2月(DISC1&3)

    

  ハンナ・シベーヴァ
 1979年、ベラルーシ共和国の首都ミンスク生まれ。
マリアナ・イズマン
 1979年、モルドバ共和国の首都キシナウ生まれ。
    ニーノ・グヴェタッゼ
 1981年、グルジア共和国の首都トビリシ生まれ。


KTC 1498
\2500→\890
白と黒で
 ラフマニノフ:4手連弾のための 《6つの小品》 Op.11
 ドビュッシー:2台ピアノのための 《白と黒で》
 ラヴェル:2台ピアノのための 《ラ・ヴァルス》
スホルテス&ヤンセンス
 〔レスタリ・スホルテス(ピアノ)、
  グウィリム・ヤンセンス(ピアノ)〕

 2003年に結成、2009年にはカーネギー・ホールへのデビューも果たした若きオランダのピアノ・デュオ、スホルテス&ヤンセンス。
 ラフマニノフ、ドビュッシー、ラヴェルを弾いたデビュー・アルバム「白と黒で」が、Et'ceteraから登場。ドビュッシーやラヴェルの美しい名曲を、美麗な音色とエネルギッシュなパフォーマンスで魅せる期待のピアノ・デュオです!

 ※録音:2010年9月10日―11日、オランダ




ラベック姉妹自主レーベル「KML Recordings」
1CD\2600→¥1290


 一時期一世を風靡しながら、メジャー・レーベルと決別してからはCD業界とはトンとご無沙汰だったラベック姉妹。そんな彼女たちが自らのルーツに立ち戻るために設立した自主レーベル「KML Recordings」。
 サティ、ストラヴィンスキー、ドビュッシーといった彼女たちらしいアルバム、シューベルト、モーツァルトという王道アルバム、クロスオーヴァー系のちょっととんがったアルバム・・・いずれも彼女らしいコンセプトに貫かれたものばかり。
 





Stravinsky & Debussy - Works for 2 Pianos
KML 1112/3
(CD+Bonus DVD-PAL/
特別価格)
\2600→¥1290
ストラヴィンスキー&ドビュッシー〜
 ストラヴィンスキー:2台のピアノのための協奏曲(2台ピアノ版)/
 ドビュッシー:白と黒で(2台ピアノ版)/
 ストラヴィンスキー:
  5つの易しい小品(1台4手連弾版)、
  3つの易しい小品(1台4手連弾版)、
  ラグタイム(マリエルによるソロ)、
  8つの易しい小品《5本の指で》より
   Larghetto、Moderato、Lento(カティアによるソロ)、
  花のワルツ(1台4手連弾版)、タンゴ(バビン編曲/2台ピアノ版)
カティア・ラベック(P)、
マリエル・ラベック(P)
※注意:ボーナスDVDはPAL方式となります。PAL方式対応の機器以外では再生できません。予めご了承下さい。

ラベック姉妹の自主レーベル「KML Recordings」第2弾はストラヴィンスキー&ドビュッシー!

 1910年に行われた「火の鳥」初演後の舞台裏での初対面から親交が続いたストラヴィンスキーとドビュッシーのカップリングという選曲からは、ラベック姉妹の深いこだわりを感じ取ることが出来る。

 「春の祭典」に代表されるストラヴィンスキー独特のリズム感とフランス印象主義の大家ドビュッシーの色彩感は、ラベック姉妹の持ち味を存分に発揮出来る重要な要素なのである。

 ちなみに収録曲の1部はフィリップス時代に録音が行われているが、「KML Recordings」からの最新盤は全曲が2006年にパリで収録された録音

 また、特典として映画製作者、ディレクター、グラフィック・デザイナーとして活動を続けているタル・ロスナーの監修によって、CDの収録曲の中から5作品を用いて製作されたDVDも封入されるなど満載の内容。さらにスケールアップした世界屈指のピアノ・デュオが前作を上回る大きな感動と衝撃を与えてくれる。


Schubert: Fantasie in F minor for piano duet, D940, etc.
KML 1117
\2600→¥1290
シューベルト&モーツァルト
 シューベルト:
  幻想曲ヘ短調D.940/Op.103、
  アンダンティーノと変奏曲ロ短調D.823/Op.84-1
 モーツァルト:2台のピアノのためのソナタ ニ長調K.448
カティア・ラベック(ピアノ)、
マリエル・ラベック(ピアノ)

 ラベック姉妹の自主レーベル「KML Recordings」。
 第3弾はシューベルト&モーツァルトという王道の超強力プログラム

 今回収録されているモーツァルトは、もちろん「2台のピアノのためのソナタ」。
 2006年に放送されたドラマ版「のだめカンタービレ」で演奏され爆発的なヒットとなったこの名作を、クラシック音楽界で絶大な存在感を放つ最強姉妹の演奏で聴くことができる

 そしてシューベルト2作品の完成度も抜群
 ラベック姉妹が放つ音の洪水によってシューベルトの世界にぐいぐいと引き込まれてしまい、何度も何度も繰り返し聴きたくなってしまう・・・そんな魅力に満ちた素晴らしい演奏が展開されている。

 「動のカティア、静のマリエル」と言われるラベック姉妹だからこそ醸し出せる見事なコンビネーションとドライブ感、色彩感、そしてリズム感がここにある。ピアノ・デュオの神髄を届けてくれる最強姉妹のシューベルト&モーツァルトは2007年1月の録音。



KML 1120
\2600→¥1290
サティ:2手と4手のためのピアノ作品集
 ジムノペディ第1番〔カティア〕/
 ジムノペディ第2番〔マリエル〕/
 ジムノペディ第3番〔カティア〕/
 梨の形の3つの小品〔カティア&マリエル〕/
 3つのグノシエンヌ〔カティア〕/
 グノシエンヌ第4番〔カティア〕/
 グノシエンヌ第5番〔カティア〕/
 組み合わされた3つの小品〔カティア&マリエル〕/
 《乾からびた胎児》より 第2曲:甲殻類の胎児〔カティア〕/
 《後から2番目の思想》より 第1曲:牧歌〔マリエル〕/
 スポーツと気晴らし〔マリエル〕/
 《犬のための、しまりのない真正な前奏曲》より 第1曲:
  厳しい叱責〔マリエル〕
カティア・ラベック(ピアノ)、
マリエル・ラベック(ピアノ)

※録音:2009年6月、スタジオK/使用ピアノ:スタインウェイ・モデルD

 フィリップス時代から現在に至るまで多くのレパートリーを取り上げてきたラベック姉妹だが、サティの録音は意外にもこれが初めて。
カティアとマリエルそれぞれが弾き分ける「ジムノペディ」、さらに磨きがかかったコンビネーションを聴かせてくれる「梨の形の3つの小品」や「組み合わされた3つの小品」など、今回のサティ・アルバムもこれまで以上にバラエティ豊かで聴き応え抜群!

 最強姉妹のサティは、美しく、愉しく、そしてどこか不思議・・・。













楽器博物館CDレーベル/AMON RA
超特価


 「博物館の片隅で眠っているような貴重な楽器をよみがえらせ、クラシックの伝統的な曲を中心に録音していこう」という企画で生まれたクラシック古楽部門レーベルAMON RA。
 当初はフィンチコック楽器博物館の古楽器を演奏した録音ということで始められたが、ひとたび人々の耳に入るようになると、その高水準音質、貴重な録音は急速にマニアに愛されるようになっていった。しかもリリースが進むにつれて今度は楽器の貴重さ、音質だけでなく、その演奏水準の高さ、演奏陣の豪華さまでも話題となった。
 装丁がいかにも地味で、商売っ気ないのが手に取るようにわかるが、その素朴さが逆に職人っぽくていい。

 ただ、Amon Raはレーベル・オフィシャルのCD-R盤での製作となる。・・・そのために大手ショップには並ばないという不思議な事態が続いていて、ファンを嘆かせている。

The Romantic Piano
CD-SAR 67
1CD-R\2800→\990
ロマンティック・ピアノ
 メンデルスゾーン:無言歌集より〜
  ヴェネツィアの舟歌第1〜第3、春の歌、心の悲しみ、紡ぎ歌、/
 ショパン:
  アンダンテ・スピアナート、夜想曲ホ短調、
  同嬰ハ短調、ワルツ 変イ長調/
 シューマン:子供の情景/
 フィールド:
  夜想曲第1番、同第6番、同第4番、同第3番、同第12番、二重奏曲/
 シューベルト:ピアノ・ソナタ第4番イ短調D.537,Op.164より
リチャード・バーネット(Fp)
ローゼンベルガー(c.1800)、グラーフ(1826)、クレメンティ・キャビネット(c.1825)、フリッツ(c.1815)といった4台フォルテピアノを使い分けての演奏。ちなみに4台とも演奏者リチャード・バーネットのコレクションである。録音年月日不詳。



CD-SAR 25
1CD-R\2800→\1390
モーツァルト:ディヴェルティメント集K.439bより 第1番〜第4番 クラシカル・ウィンズ
「クラシカル・ウィンズ」は、ピリオド楽器を用いたイギリスのバロック・アンサンブル。ここでは18世紀に製作された2本のバセットホルンとファゴットによる演奏が収録されている。まろやかな音色が心地よい。
1986年1月の録音。
Bassoon Collection
CD-SAR 35
1CD-R\2800→\1390
ファゴット・コレクション
 G・A・ベルトリ:ソナタ第1番/
 D・シュペーア:ソナタ第1番&第2番/
 J・F・ファッシュ:ソナタ ハ長調/
 J・B・de・ボワモルティエ:2本のファゴットのためのソナタ第5番/
 F・ドヴィエンヌ:ソナタ ト短調Op.24-5/
 モーツァルト:ソナタ変ロ長調K.292/
 The Trout with apologies to Schubert/
 エルガー:ロマンスOp.62
フランセス・ユースティス(ファゴット&ショーム)、
アンドルー・ワッツ(ファゴット&ショーム)、
ジェニファー・ワード・クラーク(チェロ)、
ポール・ニコルソン(Org&Cemb&Fp)
イギリスの女流奏者が様々な種類のファゴットを用いて吹き込んだピリオド楽器による作品集。ここでは歴史的価値のあるファゴットだけでなく、オーボエの前身であるショームの音も聴ける。1987年11月の録音。(Amon RaはCD-R盤となります。)








初紹介アイテム4タイトル
ニュージーランド ATOLL
1CD-R \2500→\1290


 ニュージーランドATOLL。まったく知られていないレーベルだがなかなかの逸品ぞろい。

 ニュージーランドにクラシック・レーベルがあるのか、という感じだが、ニュージーランドやオーストラリアは知られざる音楽大国。
 とはいえニュージーランドのクラシック・レーベルは確かに珍しい。今回紹介するのはATOLL。店頭などでも見たことはない。
 ATOLL自体は純粋クラシック路線のレーベルではないが、ほかにもいろいろ興味深いものがある。



Celebrating the Organ
ACD 116
1CD-R\2500→

こちらだけ¥1790
アルヴォ・ヴォルメル指揮
 プーランク:オルガン協奏曲 ト短調 FP 93
 サン=サーンス:交響曲第3番 ハ短調 「オルガン付」 Op. 78
トーマス・トロッター (オルガン)
オークランド・フィルハーモニー管弦楽団
アルヴォ・ヴォルメル指揮

 オーストラリアABCから迫力満点のシベリウス交響曲全集をリリースしたヴォルメルの貴重なシンフォニー録音。
 しかも名手トロッターを呼んでのオルガン交響曲。
 基本的にまっすぐストレート系なのだが、どの曲にも熱い生命力があふれている。そして随所にキラリとした才能をうかがわせる。
 ヴォルメル、世界に誇るべき実力派だと思うのだが、どうしてもっと出てこないのだろう。


 ※Atollは高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

ACD 615
1CD-R\2500→\1290
ニッキ・チョーイのリサイタル・プログラム。
 ガーシュウィン/ハイフェッツ:3つの前奏曲
 ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ
 プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第1番 Op.80
 ラヴェル:演奏会用狂詩曲《ツィガーヌ》
ニッキ・チョーイ(ヴァイオリン)
スティーヴン・デ・プレッジ(ピアノ)
 ニュージーランドの2013年マイケル・ヒル国際ヴァイオリン・コンクールで第1位に輝いたカナダ出身の若手ヴァイオリニスト、ニッキ・チョーイのリサイタル・プログラム。

 ※Atollは高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。
 

ACD 104
1CD-R\2500→\1290
ダッドソン:サウンド・トラックス フィル・ダッドソン
 (グループドラム、ヌンドラム、
  ヴォーカル、、他)
 

ACD 313
1CD-R\2500→\1290
2台ピアノと8手のための作品集
 ハミルトン:Tui、スリー・ラグズ、ゴースト・ダンス
 ファー:イントゥー・ザ・キャムズ、ビンタン
 ホルメス:ボトム・ダンス
 カストロ=ロビンソン: エフラックス
 リマー:ハンマーヘッド
 バラード:2つの小品

エストレラ
 〔ジュディ・リー(ピアノ)、
  シンディ・タサオ(ピアノ)、
  ローレル・マクノートン(ピアノ)、
  ソミ・キム(ピアノ)〕

 2010年に結成されたニュージーランドのピアノ・カルテット、エストレラ。2台ピアノで4人のピアニストの珍しい編成での演奏を行う彼女らが、2台ピアノと8手のために作曲されたラグタイムをモティーフにした作品からモダン作品を演奏する。2013年4月の録音。

 ※Atollは高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

ACD 117
1CD-R\2500→\1290
オークランド・タウン・ホール・オルガン披露コンサート
 パリー:アイ・ワズ・グラッド
 ブラームス:宗教的歌曲 Op.30
 ウェルズ:オルガン交響曲ハ長調(世界初録音)**
 ベアストウ:都市の息吹き
 ギルマン:オルガン交響曲第1番ニ短調 Op.42*
インドラ・ヒューズ(オルガン)
ジョン・ロッサー(指揮)
テレンス・マスケル(指揮)
ムジカ・サクラ、グラジュエイト合唱団
ヴィヴァ・ヴォーチェ、
 ジョン・ウェルズ(オルガン)**
ポール・ターリング(オルガン)*
アントン・ポリャニッチ(指揮)*
オークランド・ユース交響楽団*
 ニュージーランド、オークランド・タウン・ホールに設置されているヨハネス・クライス社(ドイツ)製のパイプ・オルガン。

 2010年3月21日に行われた改修後のお披露目コンサートのライヴ。

ACD 206
(2CD-R)
\5000→\1290
ニュージーランド第28(マオリ)大隊の歌 ニュージーランド第28(マオリ)大隊
 ニュージーランド国立図書館に所蔵されている、第二次世界大戦時の第28(マオリ)大隊(the 28th Maori Battalion)が歌う貴重な録音。
 ニュージーランドの先住民マオリ族の戦士たちによる勇壮な歌声が響く。

 ※録音:1940年頃〜1943年頃
 ※Atollは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

ACD 213
1CD-R\2500→\1290
ヴォイス・オヴ・ザ・ソウル
 ビンゲン:おお、青々とした枝よ/
 チャイルズ:サルヴェ・レジーナ/
 ローリゼン:シックス・ファイア・マドリガル/
 フィッシャー:ポウナム/
 マーシャル:ホライゾン1/
 ブリテン:5つの花の歌 Op.47/
 ハミルトン:カラキア・オヴ・ザ・スターズ/
 伝承曲:プケア、プレレフア
ヴォイシズ16
 (ヴォイシズ・ニュージーランド室内合唱団)
カレン・グリルス(指揮)
ホロモナ・ホロ(タオンガ・プオロ)
 指揮者のカレン・グリルスが1998年に設立したハイレベル合唱団、ヴォイシズ・ニュージーランド室内合唱団。今作では各声部4名の精鋭16名による「ヴォイシズ16」として演奏。古代ローマ時代以降最初の女性作曲家とされているヒルデガルト・フォン・ビンゲン(10th century)からベンジャミン・ブリテン(1913−1976)などの様々な合唱作品を歌う。
 ニュージーランドの先住民、マオリ族の伝統楽器タオンガ・プオロをホロモナ・ホロが操りニュージーランドの伝承曲も収録している。2013年1月24日−28日の録音。

 ※Atollは高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。

ACD 214
1CD-R\2500→\1290
ラヴェル、チャイコフスキー、ラフマニノフの弦楽四重奏曲
 ラヴェル:弦楽四重奏曲ヘ長調
 チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番ニ長調
 ラフマニノフ:弦楽四重奏曲第1番より 《ロマンス》
プエルタス四重奏団
 〔エリー・ファッグ(ヴァイオリン)、
  トム・ノリス(ヴァイオリン)、
  ジュリア・ジョイス(ヴィオラ)、
  アンドリュー・ジョイス(チェロ)〕
 2009年に結成された、ロンドンを拠点に活動をしているプエルタス四重奏団の最新作は、ラヴェル、チャイコフスキー、ラフマニノフの弦楽四重奏曲。

 2013年1月11日−13日の録音。
 ※Atollはレーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。
ACD 541
1CD-R\2500→\1290
オ・カンボジア
 ウン:イン・メモリアル
 ソフィー:ファースト・ストライク
 ボディー:オ・カンボジア
 ホワイトヘッド:リヴァー・フローズ・オン...
NZトリオ
トレイ・ソー
 カンボジア出身のチナリー・ウン、アジア音楽に精通するジャック・ボディなどの作曲家による、クラシックとカンボジア伝統音楽がコラボレーションした作品集。
 2002年に結成したNZトリオとカンボジア伝統音楽グループのトレイ・ソーによる演奏。

 2011年3月の録音。

ACD 813
1CD-R\2500→\1290
諸国民
 ブレシャネッロ:シンフォニア第1番ニ長調
 ムファット:ソナタ第2番 ト短調
 ボイス:シンフォニア第1番変ロ長調
 ジェミニアーニ:合奏協奏曲ホ短調 Op.3-3
 テレマン:昔と今の諸国民
 ラモー:《優雅なインドの国々》より 組曲
 J.S.バッハ:エアー
NZバロック
 南半球ニュージーランド唯一のバロック・オーケストラ、NZバロックが送るテレマンの「昔と今の諸国民」をメインとしたプログラム。ニュージーランドにおける古楽シーンの今、そして実力を知ることのできる貴重な演奏です。

 2013年5月の録音。
 Atollはレーベル・オフィシャルのCD-R盤(SONY DADC/Diamond Silver Discs)となります。









ロマン派の秘曲ファンに
CAMEO CLASSICS(CD−R)


 CAMEO CLASSICS。珍しい作曲家の音源やストコフスキーの貴重な音源をリリースしてひそかな人気があった。
 そのCAMEO CLASSICSがNIMBUSと組んで流通再開。マルタ・フィルやカレリア国立フィルなど、マイナー・オケ・ファンも要注目O。

 Cameo ClassicsはレーベルオフィシャルのCD-R盤となります。

CC9005CD
\2400→\890
テレビ番組「過ぎ去りし日々」
 THE SOUNDS OF ALL OUR YESTERDAYS

イギリスのグラナダ・テレビの「過ぎ去りし日々」でブライアン・イングリスが1964年から1970年に司会を担当したときの模様が収録されている。
国王ジョージ6世、エリザベス女王、チェンバレン、チャーチル、アイゼンハワー、ドゴール、ヒットラー、マッカーサー、ルーズベルトらの肉声が聴けるという。
CC9030CD
\2400→\890
イグナーツ・ブリュル:ピアノ独奏の為の作品集
 Op.45
   1.主題と変奏 2. ブリトニアのメロディ
   3. バラード
 Op.51
   1. 子守歌. スペイン舞曲
 Op.11:
   1. ロマンス 2.即興曲 3.マズルカ、子守歌
 Op.72:
  1.歌 2.マズルカ 3.行進曲 4. 子守歌 5.ワルツ
  6.スケルツォ 7.森の中で 8. 水車小屋にて
ジャネット・オルニー(P)

最近少しずつ注目され始めているブリュルの作品集。裕福なユダヤ商人の子供として生まれたブリュル。彼がウィーンに住んでいたときは、そこがウィーンの楽壇の中心だったという。彼のオペラ「黄金の十字架」は数十年にわたってオペラの主要なレパートリーとして取り上げられたが、ナチスの台頭とともに舞台から消えていった。

そんなブリュルの貴重なピアノ作品集。




ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2018 ARIA−CD.All rights reserved.08