クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ

. 

これだけは聴いておいた方がいい「名演奏家ライヴCD-R」第5弾

これをライヴで聴いた人たちは翌日から普通に日常生活を送れたのだろうか
クラウス・ペーター・フロール
北ドイツ放送響との「悲愴」
(2CD-R)\2400→¥1780



 
 クラウス・ペーター・フロール。
 CD屋にとってはすでに過去の人だった。

 BMGからメンデルスゾーンやマルティヌーの素晴らしい録音をリリースしたのは遠い過去の話し。
 名前を見たのは竹澤や仲道の伴奏指揮者としてのアルバムが最後だったかもしれない。

 しかしこんなとんでもない「悲愴」をハンブルグでやってのけていた。
 低音をグリグリに響かしてのたうつような濃いメロディーを恥ずかしげもなく増長させ、こけおどしすれすれのティンパニで曲の輪郭をぎらつかせる。
 しかしそのやりかたがどうみても正攻法。少しもあざとくない。
 何か変わったことをやってやろうという野心ではなく、もっとストレートで大きなものが全曲を覆う。

 これは一朝一夕、たまたまできた名演ではない。

 第1楽章のいやに前につんのめるような演奏からして何か変な予感はしていた。
 うまいのか下手なのか、ばらばらなのに緊張感たっぷりのアンサンブルも変。
 しかしそれが戦前演奏のようなかたまりの凄まじさを生む。
 
 しかしそんな嵐のような第1楽章より、第2楽章のアダージョのほうが衝撃的で、それよりさらに第3楽章のアレグロが壮絶で、もう満腹という状況で始まる第4楽章が・・・

 それまでのすべてをくつがえすほど重苦しく、地獄的で、絶望的。

 人間のもつ業や苦悩をここまで壮絶に描きあげた演奏はかつてなかった。

 これほどまで聴く人を追い込まなくてもいいのに・・・。
 これをライヴで聴いた人たちは翌日から普通に日常生活を送れたのだろうか。
 全てが終わった後、観客が茫然自失に追い込まれ、拍手できないでゴクンとつばを呑み込む様が手に取るようにわかる。
 細部でのアインザッツの乱れなど笑わば笑え(終楽章、感極まって先走りする弦・管、多数)、これほどのチャイコフスキーを作り上げる指揮者がただもののはずがない。

 ・・・ペーター・フロール、必ず浮上してくると見た。



 と書いたのがいまから15年前。
 現在BISなどで活躍はしているが、潜在能力はもっと高い人だと思う。
 いろいろな意味でこの貴重な録音はこの人の壮絶な才能を示していると思う。




SOUNDS SUPREME
2S-004
(2CD-R)
¥1780
シュニトケ:小さな夏の夢
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」
クラウス・ペーター・フロール指揮、
北ドイツ放送響
ブッフビンダー(P)
2001年




これだけは聴いておいた方がいい「名演奏家ライヴCD-R」第4弾
ザンデルリンク指揮&ケルン放送響
シューベルト:交響曲第9番「ザ・グレイト」


これだけは聴いておいた方がいい「名演奏家ライヴCD-R」第3弾
1977年8月27日ザルツブルク / カラヤン指揮&ベルリン・フィル/マーラー:交響曲第6番

これだけは聴いておいた方がいい「名演奏家ライヴCD-R」第2弾
バーンスタイン&ベルリン・フィル、たった一度の演奏会・・・その無修正版
1979年10月4日ベルリン マーラー:交響曲第9番


これだけは聴いておいた方がいい「名演奏家ライヴCD-R」シリーズ第1弾
言わずと知れたあのリスボン・ライヴ
チェリビダッケ&ミュンヘン・フィル/ブルックナー 交響曲第8番 1994/4/23 リスボン






ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2015-2017 ARIA−CD.All rights reserved.