クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ



当時最も有名だったドイツ人アドルフ・ハッセ
その真価は

ハッセのハープシコード・ソナタ集


 

 モーツァルト・ファンは、モーツァルトの伝記を読んでいて、ときどきハッセの名前に行き当たる。
 一番多いエピソードはこれである。

 14歳のモーツァルトはミラノで「アルバのアスカーニョ」を初演した。
 そのときのメインの出し物は偉大なる大家ハッセのオペラだったが、添え物のはずの少年モーツァルトのオペラが、大家ハッセの新作オペラを完全に凌駕してしまった。


 そしてこれを読んで、「ハッセとかいう当時の人気作曲家が、天才モーツァルトの前で赤っ恥をかいたんだな」、と思うわけである。

 ただ、上記の情報をもたらしたのは同行していた父親レオポルドであったのでその話は鵜呑みにできないし、逆にこれはレオポルドがそう書きたくなるほど「ハッセ」という人が当時偉大な存在であったことを証明するエピソードでもある。

 有名な石井宏氏の著作では、

「当時最も有名だったドイツ人は、いまは(音楽史から)抹殺されてしまったアードルフ・ハッセである。ハッセの活躍はイタリアの巨匠たちと並ぶというか、時にはそれ以上のこともあった」、

とある。

 現存する彼のイタリア・オペラは74本、オラトリオが12本、カンタータが87曲・・・。
 彼はイタリア語による最高のオペラ台本作家メタスタージョと組んで、まるで一体のようになって多くのオペラを残した。
 もともとは北ドイツ生まれだったがヴェネツィア、ボローニャ、ローマを転々としながら、ナポリでついにアレッサンドロ・スカルラッティに師事、そしてナポリで最高のオペラ作曲家となる。
 そしてイタリアだけでなくヨーロッパ中にその名をとどろかせ、その後ロンドンで人気絶頂のイギリス人作曲家ヘンデルのライバルとなるようたきつけられたり、またドレスデンの宮廷からぜひにと誘われ彼の地に赴いたりしている。また稀代のカストラート、ファリネッリが、スペイン国王のための10年間毎日繰り返し歌っていた2曲の歌は、ともにハッセの作品だったという。

 やはりすごい人だったのである。ハッセ。

 しかし現在彼はドイツの音楽史、イタリアの音楽史、どちらからも重要視されていない。
 そして哀しいかな、彼のオペラ作品がCDでリリースされることは希で、リリースされてもなかなか「これを聴けばその才能がモーツァルトを上回っていたことは間違いない」とまで言えるところまではいかない。

 これはそんなハッセの極めて珍しい鍵盤作品アルバム。
 実は彼は優れた鍵盤奏者でもあった。
 その彼が1750 年にパリに旅したときマリア・ヨーゼファ妃に捧げた4 曲のソナタ。これが今回のCDに収められている。出版されることなく、これまでずっと埋もれていたという。

 ここはハッセ復活のためにもぜひ押さえておきたい。





ACENT
ACC 24255
\2500→\2290
あのオペラ作曲家ハッセのハープシコード・ソナタ集!
 ヨハン・アドルフ・ハッセ(1699-1783):ハープシコード・ソナタ集
  トッカータとフーガ ト短調/
  トッカータ ト長調(プレリュードとカプリッチョHWV571編)/
  ソナタ第1番長調/ソナタ第2番ト長調/ソナタ第3番ヘ長調/
  ソナタ第4番イ長調/プレリュード変ロ長調/ソナタ ト長調
ルカ・グリエルミ(ハープシコード)
 オペラ作曲家ハッセのハープシコード・ソナタ集、グリエルミによって初録音!

 録音:2011 年5 月/70’35

 ヨハン・アドルフ・ハッセの鍵盤作品集。ハッセといえば18 世紀にオペラ作曲家として活躍した人物。ハンブルクで音楽一家に生まれた後、20 代半ばでイタリアを訪れ、1726 年に発表したオペラ「セソストラート」でその名を知られるようになりました。そして当時美声と美貌で人気を得ていたイタリア人オペラ歌手ファウスティーナ・ボルドーニと結婚しています。オペラ作曲家としての成功と共に彼は優れた鍵盤奏者でもありました。1750 年のパリ旅行の際、ザクセンのマリア・ヨーゼファ妃のために4 曲のソナタを作曲しています。この作品は出版されることなく、今日まで埋もれていましたが、ルカ・グリエルミによって初CD化されることになりました。
 グリエルミは1997 年からジョルディ・サヴァール、1999 年から2001 年までイル・ジャルディーノ・アルモニコと共演し、世界的にも評価の高い古楽鍵盤奏者です。






ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2014 ARIA−CD.All rights reserved.08