アリアCD 新店舗へようこそ

新店舗トップページへ

お買い物の方法  

ページ内の商品チェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ



ALTO特価セール
その5
1CD\1200
〜11/26(日)


 アメリカVOX BOXの傍系レーベルALTO。
 新録音から歴史的録音でちょっと雑多なアイテムが並ぶが、雑多なりに興味深いアイテムも多い。とくにボヘミア系の古典派音楽を集めたシリーズなどは非常に演奏水準も高く楽しめる。
 価格もそのときどきで不統一だったのだが、今回はとにもかくにも1CD \1200でお贈りします。
 ただしこうした超廉価盤レーベルにありがちなことですが、一度「完売」するとなかなか再プレスされないため、下記でご紹介したものの中にもすでに入手不能のものがあるかもしれません。またCD-R生産のものも出てきているようですのでそのあたりを気にされる方はご注意ください。



ALC 1201
ボヘミアのバロックとその後の音楽 Vol.6
 クリストフ・シンプケ(1725-1789):交響曲 ex F
 フロリアン・レオポルト・ガスマン(1729-1774):交響曲ハ短調
 ヴォイチェフ・イーロヴェツ(1763-1850):交響曲ヘ長調
チェコ室内フィルハーモニー管弦楽団
ペトル・フロムチャーク(指揮)
録音:2012年

 古い音楽でありながら今いろいろな意味で一番新しいんじゃないかという気がする古典派のボヘミア関係の音楽。
 暗黒時代といわれてきたバロックから古典派への道程を、当時の主役だったボヘミアの作曲家に光を当てることで浮き彫りにするという企画。
 しかしこのシリーズのすごいのは、こうした企画の場合得てしてつまらない、「ただ録音しました」というような学究的な演奏になりがちなところを、生き生き溌剌と表現してくれるところ。本当に彼らの音楽を再現することに情熱を持っているのである。


ALC 1202
ブラームス(1833-1897):ドイツ・レクイエム(*)
ドヴォルジャーク(1841-1904):聖書の歌 Op.99 から 第1,4,10曲(+)
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ(*))
フィルハーモニア合唱団&管弦楽団(*)
オットー・クレンペラー(指揮(*))
イェルク・デムス(ピアノ(+))
録音:1961年(*)、1962年(+)、ADD 原盤:EMI(*)/DG(+)

ALC 1203
ハープのためのフランスの室内楽
 ラヴェル(1875-1937):序奏とアレグロ
 ドビュッシー(1862-1918):フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ
 ルーセル:フルート、弦楽三重奏とハープのためのセレナード Op.30
 ロパルツ(1864-1955):前奏曲、海景と歌
 ボイエルデュー(1775-1834):ハープ協奏曲(*)
オジアン・エリス(ハープ(*以外))
メロス・アンサンブル(*以外)
マリー=クレール・ジャメ(ハープ(*))
パリ室内管弦楽団(*)
ポール・ケンツ(指揮(*))
録音:1962年以前(*以外) 原盤:L'Oiseau Lyre(1962年LP初出)(*以外)/ Vox(*) ADD

ALC 1204
ヘンリク・ミコワイ・グレツキ(1933-2010):
  交響曲第3番「悲歌」(1976)(*)
  古い様式による3つの小品(弦楽合奏のための)(1963)
スーザン・グリットン(ソプラノ(*))
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
ユーリー・シモノフ(指揮)
録音:1995年 原盤:RPO 前出:Regis, RRC 1284

ALC 1205
J・S・バッハ(1685-1750):ピアノ作品集
  イタリア協奏曲 BWV971
  トッカータとフーガ ニ短調 BWV565(ブゾーニ編曲)
  主よ、人の望みの喜びよ(カンター第147番 より;ヘス編曲)
  目覚めよ、と呼ぶ声あり(コラール前奏曲)BWV645(ブゾーニ編曲)
  フーガ ト短調 BWV578(ブゾーニ編曲)
  今こそ来たれ、異教徒の救い主よ BWV659(コラール前奏曲;ブゾーニ編曲)
  シャコンヌ ニ短調
   (無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 BWV1004 より;ブゾーニ編曲)
  私はあなたを呼ぶ、主よ BWV639(ブゾーニ編曲)
  シチリアーノ ト短調(フルート・ソナタ BWV1031 より;ケンプ編曲)
タチアナ・ニコラーエヴァ(ピアノ)
録音:1980年、ADD 原盤:Melodiya (Mezhdunarodnaya Kniga ?)
ライセンサー:A Tempo 前出:Regis, RRC 1285

ALC1206
Manhattan Playboys
 アメリカン・ライト・クラシックス

 コルンゴルト:海賊ブラッド序曲/
 ファーノン:マンハッタン・プレイボーイ/
 L.アンダーソン:忘れられし夢/
 サイ・コールマン(サザーランド編):アイアム・ブラスバンド/
 M.グールド:パヴァーヌ/
 ザ・フォークス・フー・リブ・オン・ザ・ヒル(ジェローム・カーン)/
 ジョージア行進曲/
 ナイト・アンド・デイ(コール・ポーター)/
 リチャード・ロジャース:海の勝利より「The Song of the High Seas」/
 マックとマベル(ジェリー・ハーマン)/
 ガーシュウィン:ウォーキング・ザ・ドッグ/
 Tiny Ballerina(デヴィッド・ローズ)/
 Kentucky Love Song(ペーター・ホープ)/
 ヴィクター・ハーバート:おもちゃのマーチ/
 黄昏(デイヴ・グルーシン)/
 リチャード・ロジャース:回転木馬/
 L.アンダーソン:トランペット吹きの子守歌/
 M.グールド:アメリカン・サリュート/
 HOW BEAUTIFUL IS NIGHT(ミルト・ラスキン)/
 バーンスタイン:ウェストサイド物語序曲
イアン・サザーランド・コンサート・オーケストラ

ALC 1207
シューベルト(1797-1828):
  連作歌曲「美しい水車屋の娘」(*)
  [ゲーテの詩による歌曲](+)
  さすらい人の夜の歌/ガニメート/プロメテウス/月に/ミューズの息子
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
ジェラルド・ムーア(ピアノ(*))
イェルク・デムス(ピアノ(+))
録音:1961年(*)、1962年(+)、ADD 原盤:DG(*)/EMI(+)

ALC1208
モーツァルト:セレナード第10番「グラン・パルティータ」K.361   
  ジェーン・グラヴァー指揮、
  ロンドン・モーツァルト・ウィンドアンサンブル
モーツァルト(ヴェント編):
 管楽器のための「フィガロの結婚」「コシ・ファン・トゥッテ」
  ロバート・ジョンソン指揮、
  ニューヨーク・フィロムジカ・ウィンズ

ALC 1209
アメリカン・ブラス!
 コープランド(1900-1990):市民のためのファンファーレ
 バーンスタイン(1918-1990)/エリック・クリーズ編曲:
  組曲「ウエストサイド・ストーリー」
 コープランド/エリック・クリーズ編曲:エル・サロン・メヒコ
 カウエル(1897-1965):ラテン・アメリカ同盟のためのファンファーレ
 バーバー(1910-1981):バッハからの突然変異
 アイヴズ(1874-1954)/エリック・クリーズ編曲:「アメリカ」による変奏曲
 コープランド:祝典ファンファーレ
 バーンスタイン/エリック・クリーズ編曲:前奏曲、フーガとリフ
ロンドン・シンフォニー・ブラス
エリック・クリーズ(指揮)
録音:1991年 原盤:Collins 前出:Regis, RRC 1209

ALC 1210
パーセル(1659?-1695):オペラ「ディドとエネアス」
 録音:1961年10月、ロンドン 原盤:L'Oiseau Lyre
ジャネット・ベイカー(メゾソプラノ:ディド)
パトリシア・クラーク(ソプラノ:ベリンダ)
モニカ・シンクレア(メゾソプラノ:魔法使い)
ライムント・ヘリンクス(バリトン:エネアス)
アイリーン・ポールター、
リアノン・ジェイムズ、
キャサリン・ウィルソン、
ドロシー・ドロー(ソプラノ)
ジョン・ミッチンソン(テノール)
セント・アンソニー・シンガーズ
ジョン・マッカーシー(合唱指揮)
テレンス・ウェイル(チェロ;通奏低音)
サーストン・ダート(チェンバロ;通奏低音)
イギリス室内管弦楽団
アントニー・ルイス(指揮)
[ボーナス・トラック]
パーセル:
  「テンペスト」から Arise, ye subterranean winds (*)
  「テンペスト」から Halcyon days (+)
  「ディオクレシアン」から What shall I do? (+)
   録音:1958年 原盤:Decca
ハーヴェイ・アラン(バスバリトン(*))
ジェニファー・ヴィヴィアン(ソプラノ(+))
フィロムジカ・オヴ・ロンドン
アントニー・ルイス(指揮)
 

ALC 1211
マルティノ・ティリモ(ピアノ)
 ドビュッシー(1862-1918):前奏曲集(全24曲)

  第1巻(全12曲)/第2巻(全12曲)
マルティノ・ティリモ(ピアノ)
録音:1990年 原盤:Carlton/IMP 前出:Regis, RRC 1111

ALC1212
ドヴォルザーク:ピアノ曲集
 主題と変奏Op.36、詩的な音画Op.85
   1992年録音
ラドゥスラフ・クヴァピル(pf)
 

ALC 1213
エロルド(1791-1833)/ジョン・ランチベリー(1923-2003)管弦楽編曲:
  バレエ「ラ・フィユ・マル・ガルデ」(抜粋)(*)
ロッシーニ(1792-1868)/レスピーギ(1879-1936)編曲:

  バレエ「風変わりな店」(抜粋)(+)
コヴェントガーデン王立オペラ管弦楽団(*)
ジョン・ランチベリー(*)
イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団(+)
ゲオルク・ショルティ(指揮(+))
録音:1962年2-3月、キングズウェイ・ホール、ロンドン、イギリス(*)
    1957年5月、テルアヴィヴ郊外、イスラエル(+)

ALC 1214
ヘブライの捕虜の合唱 オペラ合唱名曲20選
 ヴェルディ(1813-1901):「アイーダ」から エジプトに栄光あれ(凱旋行進曲)
   ウィーン楽友協会合唱団 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
   ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮) 録音:1959年
 ヴェルディ:
  「ナブッコ」から 行け、わが思いよ、黄金の翼に乗って(ヘブライの捕虜の合唱)
   ロバート・ショー合唱団 ロバート・ショー(指揮)
 ヴェルディ:「トロヴァトーレ」から 鍛冶屋の合唱,兵士の合唱
   フィレンツェ五月音楽祭合唱団 ジュネーヴ大劇場合唱団
   アルベルト・エレーデ(指揮) 録音:1957年
 ヴェルディ:「リゴレット」から しっ、しっ[Zitti, zitti]
   ロバート・ショー合唱団 ロバート・ショー(指揮)
 ヴェルディ:「椿姫」から あたしたちはジプシーの女…俺たちはマドリードの闘牛士
   ローマ・オペラ合唱団&管弦楽団 トゥリオ・セラフィン(指揮) 録音:1958年
 ヴェルディ:「オテロ」から 喜びの炎!
   ウィーン国立オペラ合唱団 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
   ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮) 録音:1960年
 プッチーニ(1858-1924):「蝶々夫人」から ハミング・コーラス
   ローマ聖チェチーリア音楽院合唱団&管弦楽団 トゥリオ・セラフィン(指揮)
   録音:1957年
 プッチーニ:「トゥーランドット」から 砥石を回せ
   ローマ聖チェチーリア音楽院合唱団&管弦楽団 アルベルト・エレーデ(指揮)
   録音:1957年
 マスカーニ(1863-1945):「カヴァレリア・ルスティカーナ」から 復活祭の賛歌
   ジュリエッタ・シミオナート(メゾソプラノ)
   ローマ聖チェチーリア音楽院合唱団&管弦楽団 トゥリオ・セラフィン(指揮)
   録音:1960年
 レオンカヴァッロ(1857-1919):「道化師」から 鐘の合唱
   ローマ聖チェチーリア音楽院合唱団&管弦楽団
   フランチェスコ・モリナーリ=プラデッリ(指揮) 録音:1958年
 グノー(1818-1893):「ファウスト」から 兵士の合唱
 ビゼー(1838-1875):「カルメン」から ほら、ほら(子供と群衆の合唱)
   ロバート・ショー合唱団 ロバート・ショー(指揮)
 オルフ(1895-1982):「カルミナ・ブラーナ」(カンタータ)から おお、運命の女神よ
   ラトガース大学合唱団 フィラデルフィア管弦楽団
   ユージン・オーマンディ(指揮) 録音:1960年
 ムソルグスキー(1839-1881):「ボリス・ゴドゥノフ」から 戴冠式の場面
   ボリショイ劇場合唱団&管弦楽団 マルク・エルムレル(指揮) 録音:1985年
 ベートーヴェン(1770-1827):「フィデリオ」から 囚人の合唱
   クルト・ヴェージョフシッツ(テノール) レイモンド・ウォランスキー(バリトン)
   フィルハーモニア合唱団&管弦楽団 オットー・クレンペラー(指揮)
   録音:1962年
 ウェーバー(1786-1826):「魔弾の射手」から 狩人の合唱
   バイエルン放送合唱団&交響楽団 オイゲン・ヨッフム(指揮) 録音:1960年
 ワーグナー(1813-1883):
  「さまよえるオランダ人」から 見張りをやめろ、舵取りよ(水夫の合唱)
   コヴェントガーデン王立オペラ合唱団&管弦楽団 アンタル・ドラティ(指揮)
   録音:1960年  ワーグナー:「ローエングリン」から 婚礼の合唱
 ワーグナー:「ニュルンベルクのマイスタージンガー」から 目覚めよ(徒弟の合唱)
   ロバート・ショー合唱団 ロバート・ショー(指揮)
録音:ADD 原盤:RCA, Decca, EMI, etc.

ALC1215
ボロディン:交響曲第2番、
       中央アジアの草原にて、イーゴリ公より
オーレ・シュミット指揮、
ロイヤル・フィル

ALC 1216
ミシェル=リシャール・ドラランド(1657-1726):
 ヴェルサイユのための合唱作品(グラン・モテ)集

  天の元后[Regina coeli]S.53/深き淵より[De profundis]S.23
  主に向かいて歌え[Cantate Domino]S.72

エクス・カテドラ合唱団&バロック管弦楽団
ジェフリー・スキッドモア(指揮)

録音:1995年以前 原盤、前出:ASV Gaudeamus, CDGAU 141(1995年1月)
 

ALC 1217
トマス・ウィールクス(1576-1623):アンセム&マドリガル集
  What have the Gods / Alleluia, I heard a voice /
  Hosanna to the son of David
  Gloria in excelsis Deo / As Vesta was from Latmos Hill
  Hark all ye lovely Saints / Like two proud armies /
  All people clap your hands
  O happy he whom thou protect'st /
  O how amiable are thy dwellings
  Cease now delight /
  O, Jonathon, woe is me for thee / When David heard
  Death hath deprived me / Noel, adieu thou court's delight
  Cease sorrows now / Thule, the period of cosmography
  O care, thou wilt despatch me / Lord, to thee I make my moan
コンソート・オブ・ミュージック
エマ・カークビー、イヴリン・タブ(ソプラノ)
メアリー・ニコルズ(アルト)
アンドルー・キング、
ジョゼフ・コーンウェル(テノール)
サイモン・グラント(バス)
ペニー・ヴィッカーズ(アルト) 
ジョン・ハンコーン(バリトン)
アントニー・ルーリー(指揮)
録音:1994年10月4-6日 原盤、前出:ASV Gaudeamus, CDGAU 195

ALC 1218
グリーグ(1843-1907):
  「ペール・ギュント」組曲第1番 Op.46(*)
  「ペール・ギュント」組曲第2番 Op.55(*)
  ピアノ協奏曲イ短調 Op.16(+)
  抒情小曲集 から(#)
   アリエッタ Op.12 No.1/妖精の踊り Op.12 No.4/蝶 Op.43, No.1
   春に Op.43 No.6/夜想曲 Op.54 No.4/風の精 Op.62 No.1
   夏の夕べ Op.71 No.2
ロナン・オホラ(ピアノ(+/#))
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(*/+)
マルク・エルムレル(指揮(*))
ジェイムズ・ジャッド(指揮(+))
録音:1993、1995年 原盤:RPO ライセンサー:MAT, Dublin & Hamburg

ALC1219
オルフ:
 カルミナ・ブラーナ

  ユージン・オーマンディ指揮、
  フィラデルフィア管弦楽団、他
  ヤニス・ハルザニー(Sop)
  ルドルフ・パトラク(Ten)ハルヴェ・プレスネル(Br)、他
 歌劇「賢い女」より

  ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮、
  フィルハーモニア管弦楽団、他
   1960年、61年録音
 

ALC1220
シューマン:ピアノ曲集
 序奏とアレグロ・アパッショナートOp.92
 幻想曲Op.17、トッカータ、
 ノベレッテ第1番、第2番、第8番
  1960年、62年録音
スヴャトスラフ・リヒテル(pf)
スタニスワフ・ヴィスウォツキ指揮、
ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団
 

ALC1221
ドビュッシー:ピアノ曲集
 ベルガマスク組曲、ピアノのために、夢、2つのアラベスク、
 バラード、舞曲、忘れられていた映像より、夜想曲、
 ロマンティックなワルツ、ボヘミア風舞曲
マルティーノ・ティリモ(pf)
 

ALC 1222
レスピーギ(1879-1936):
  鳥(*)/ブラジルの印象 から 歌と踊り(*)
  リュートのための古い舞曲とアリア(+)
   組曲第1番/組曲第2番/組曲第3番
ロンドン交響楽団(*)
フィルハーモニア・フンガリカ(+)
アンタル・ドラティ(指揮)
録音:1957年7月(*)/1958年6月(+),ADD 原盤:Mercury

ALC 1223
ジョン・ダウランドと友人たち 土、水、空気、火 (リュート・ソング集)
 ジョン・ダウランド(1563-1626):Come again
 クローダン・ド・セルミジ(1490頃-1562):Las, je m'y plains
 ジョン・ダウランド:Would my conceits
 トマス・トムキンズ(1572-1656):O let me live for true love
 トマス・モーリー(1557-1602):Deep lamenting / Leave now mine eyes
 トマス・ウィールクス(1576-1623):Cease sorrows now
 トマス・トムキンズ:Weep no more, thou sorry boy
 ジョン・ダウランド:Shall I strive / Woeful heart / Sleep wayward thoughts
 マシュー・ロック(1621/1622-1677):Break, distracted heart
 ジョン・ダウランド:
  Toss not my soul / From silent night / Go nightly cares / Sorrow stay
  In darkness let me dwell / Thou mightie God
コンソート・オブ・ミュージック
 エヴリン・タブ(ソプラノ) ルーシー・バラード(アルト)
 アンドルー・キング(テノール) サイモン・グラント(バス)
 アントニー・ルーリー(リュート、指揮)
録音:1998年 原盤&ライセンサー:Consort of Musicke 前出:ASV Gaudeamus

ALC1224
カルロ・ベルゴンツィ(Ten)プッチーニ、ヴェルディ名唱集
 アイーダ、ルイザミラー、仮面舞踏会、運命の力、トロヴァトーレ、
 マクベス、ボエーム、蝶々夫人、トスカより
  1958年、62年録音
カルロ・ベルゴンツィ(Ten)
 

ALC1225
パレストリーナ:
 「マリアは天に昇らされたまいぬ」  
 教皇マルチェルスのミサ
マーク・ブラウン指揮、
プロ・カンティオーネ・アンティクァ
 

ALC1226
ナポリ民謡集
 1953年、59年録音
ジュゼッペ・ディ・ステファノ(Ten)
 

ALC1227
シューベルト:
 八重奏曲
   ウィーン八重奏団
 弦楽四重奏曲第12番「四重奏断章」D.703
   東京カルテット、
 ウィーン舞曲
   ボスコフスキーアンサンブル
 

ALC 1228
ブリテン(1913-1976):
  シンプル・シンフォニー Op.4(*)
  オペラ「ピーター・グライムズ」から 4つの海の間奏曲(+)
  春の交響曲(#)
イ・ムジチ(*)
フェリックス・アーヨ(指揮(*))
ジェニヴァー・ヴィヴィアン(ソプラノ(#))
ノーマ・プロクター(アルト(#))
ピーター・ピアーズ(テノール(#))
ワンスワーズ・エマニュエル・スクール少年合唱団(#)
コヴェントガーデン王立オペラ合唱団&管弦楽団(+/#)
ベンジャミン・ブリテン(指揮(+/#))
録音:1959年(*)/1958年(+)/1961年(#),ADD 原盤:Philips(*)/Decca(+/#)

ALC 1229
コープランド(1900-1990):
  バレエ「ビリー・ザ・キッド」(全曲)(*)
  バレエ「アパラチアの春」組曲(*)
  バレエ「ロデオ」から 4つのダンス・エピソード(+)

ロンドン交響楽団(*)
ミネアポリス交響楽団(+)
アンタル・ドラティ(指揮)

録音:1961年6月(*)/1957年12月(+),ADD 原盤:Mercury
 

ALC 1230
プロコフィエフ(1891-1953):
  ピアノ協奏曲第5番ト長調 Op.55(*)
  ピアノ・ソナタ第7番変ホ長調「戦争ソナタ」Op.83(**)
  ピアノ・ソナタ第8番変ホ長調「戦争ソナタ」Op.84(+)
  束の間の幻影 Op.22 から Nos.3,6,9(#)
スヴャトスラフ・リヒテル(ピアノ)
ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団(*)
ヴィトルト・ロヴィツキ(指揮(*))
録音:1958年9月(*)/1961年1月(+)/1962年11月(#)/1958年6月(**),ADD
原盤:Deutsche Grammophon(*/+/#)/Melodiya(**)

ALC1231
ベリーベストオブ
 マリオ・ランツァ
 

ALC1233
ミレッラ・フレーニ/名唱集
 プッチーニ、マスカーニ、ベッリーニ、ヴェルディ、
 モーツァルト、他の作曲家によるオペラアリアより
ミレッラ・フレーニ(Sop)
 
 

ALC 1234
ベリー・ベスト・オブ・マリア・カラス オペラ・アリア集
 ベッリーニ(1801-1835):
  「ノルマ」から 清らかな女神よ/「清教徒」から あなたの優しい声が
   RAIトリノ管弦楽団 アルトゥーロ・バジーレ(指揮) 録音:1949年
 ベッリーニ:「夢遊病の女」から ああ、信じられない
   ニコラ・モンティ(テノール) ミラノ・スカラ座管弦楽団
   アントニーノ・ヴォット(指揮) 録音:1957年
 ドニゼッティ(1797-1848):
  「ランメルモールのルチア」から 苦い涙を注いでください(狂乱の場)
   ベルリンRIAS管弦楽団 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮) 録音:1955年
 ロッシーニ(1792-1868):「アルミーダ」から 甘き愛の帝国
   RAIサン・レモ管弦楽団 アルフレード・シモネット(指揮) 録音:1954年
 ヴェルディ(1813-1901):
  「ナブッコ」から かつて私も喜びに心を開いた/「マクベス」から 来て!急いで
   RAIトリノ管弦楽団 オリヴィエロ・デ・ファブリティース(指揮) 録音:1952年
  「椿姫」から ああ、そはかの人か(*),さようなら、過ぎ去った日々よ
   チェーザレ・ヴァレッティ(テノール(*))
   コヴェントガーデン王立オペラ・ハウス管弦楽団 ニコラ・レッシーニョ(指揮) 録音:1958年
 ポンキエッリ(1834-1886):「ラ・ジョコンダ」から 自殺!
   ミラノ・スカラ座管弦楽団 アントニーノ・ヴォット(指揮) 録音:1959年
 サン=サーンス(1835-1921):「サムソンとデリラ」から あなたの声にわが心は開く
   フランス国立放送管弦楽団 ジョルジュ・プレートル(指揮) 録音:1961年
 カタラーニ(1854-1893):「ラ・ワリー」から さようなら、故郷の言えよ
   フィルハーモニア管弦楽団 トゥリオ・セラフィン(指揮) 録音:1954年
 プッチーニ(1858-1924):「蝶々夫人」から ある晴れた日に
   ミラノ・スカラ座管弦楽団 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮) 録音:1955年
 プッチーニ:「トスカ」から 歌に生き、恋に生き
   ミラノ・スカラ座管弦楽団 ヴィキトル・デ・サバタ(指揮) 録音:1953年
マリア・カラス(ソプラノ)
録音:AAD/ADD 原盤:EMI

ALC1235
モーツァルト:大ミサ曲K.427、「踊れ、喜べ、幸いな魂よ」K.165  マリア・シュターダー(Sop)
フェレンツ・フリッチャイ指揮、
ベルリンRIAS交響楽団、他

ALC1236
ニールセン:交響曲第4番「不滅」、第5番
 1974年録音
オーレ・シュミット指揮、
ロンドン交響楽団
 

ALC1237
古都ウィーンからの舞曲集
 J.シュトラウス、J.シュトラウス2世、ヨーゼフ・ランナー、他の作品より
ウィリー・ボスコフスキー・アンサンブル

ALC1238
ジュリアン・ブリーム(Guitar)
 ギター曲集

 ヴィラ=ロボス:ギターのための5つの前奏曲/
 トローバ:前奏曲、ソナチネ、夜想曲、ブルガレーサ/
 M.アルベニス(プホール編):ソナタ/
 ロドリーゴ:小麦畑にて/
 フレスコバルディ(セゴビア編):アリアと変奏 「ラ・フレスコバルダ」/
 D.スカルラッティ(ブリーム編):ソナタ ホ短調/
 D.スカルラッティ(セゴビア編):ソナタ ホ短調/
 J.S.バッハ:前奏曲フーガとアレグロ
ジュリアン・ブリーム(Guitar)
 

ALC 1239
ラフマニノフ(1873-1943):
  ピアノ協奏曲第1番嬰ヘ短調 Op.1(*)
  ピアノ協奏曲第3番ニ短調 Op.30(+)
  前奏曲 Op.23 No.6/前奏曲嬰ハ短調 Op.3 No.2
バイロン・ジャニス(ピアノ)
モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団(*)
キリル・コンドラシン(指揮(*))
ロンドン交響楽団(+)
アンタル・ドラティ(指揮(+))
録音:1961、1962年 原盤:Mercury
 

ALC 1240
ベートーヴェン(1770-1827):ミサ・ソレムニス ニ長調 Op.123 アイリーン・ファレル(ソプラノ)
キャロル・スミス(アルト)
リチャード・ルイス(テノール)
キム・ボルグ(バス)
ウェストミンスター合唱団
ウォーレン・マーティン(合唱指揮)
ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団
レナード・バーンスタイン(指揮)
録音:1962年 原盤:Columbia/CBS 初出:SBRG 72013/4
 


ALC1241
コンスタンティン・イワノフ指揮
 ショスタコーヴィチ:交響曲第7番「レニングラード」
コンスタンティン・イワノフ指揮、
ソビエト交響楽団
 コンスタンティン・イワノフは1907年生まれ。
 貧しい家庭で育つも若くして頭角をあらわし、1938年には第1回全ソヴィエト指揮者コンクールでムラヴィンスキーと第1位を争って注目され、1941年にはモスクワ放送響指揮者となり、1946年にはガウク、ラフリンに続くソビエト国立交響楽団の首席指揮者として活躍、その演奏水準を飛躍的に高めたことで知られる。まさにムラヴィンスキーと並んでソヴィエトの一時代を築いた大指揮者といっていい。
 ただその輝かしい活躍とは裏腹に、現在入手できる音盤は限られている。



ALC 1242
グリンカ(1804-1857):カマリンスカヤ 管弦楽のための舞曲集
  オペラ「ルスランとリュドミラ」から(*)
   ナイーナ城での踊り,黒海の城での東洋の踊り
  ヴァイオリンと管弦楽のための舞曲(V/+)
  オーボエ、チェロと管弦楽のための舞曲(O/C/+)
  アンダンテ・カンタービレとロンド(+)
  威風堂々たるポロネーズ(#)
  オペラ「イヴァン・スサーニン」から(**)
   ワルツ,クラコヴィアク,マズルカ
  カマリンスカヤ(++)
イリーナ・レベジェヴァ(ヴァイオリン(V))
アナトーリー・リュビモフ(オーボエ(O))
フョードル・ルザーノフ(チェロ(C))
モスクワ放送交響楽団
マルク・エルムレル(指揮(*))
ボリス・デムチェンコ(指揮(+))
イルマール・ラピンス(指揮(#))
ヴラディーミル・フェドセーエフ(指揮(**))
コンスタンチン・イヴァーノフ(指揮(++))
録音:1994年(*/#)、1992年(+)、1984年(**)、1982年(++),モスクワ、ソヴィエト/ロシア,
     DDD、ADD
ライセンサー:Moscow Radio Symphony Orchestra via A Tempo Prague

ALC 1243
ベートーヴェン(1770-1827):
  七重奏曲ホ長調 Op.20(*)
  ピアノと管楽のための五重奏曲変ホ長調 Op.16(+)
ウィーン八重奏団
 マンフレート・カウツキー(オーボエ(+))
 アルフレート・ボスコフスキー(クラリネット)
 ヨゼフ・フェレバ(ホルン)
 ルドルフ・ハンツル(ファゴット)
 ウィリー・ボスコフスキー(ヴァイオリン(*))
 ギュンター・ブライテンバッハ(ヴィオラ(*))
 ニコラウス・ヒュープナー(チェロ(*))
 ヨハン・クルンプ(コントラバス(*))
 ヴァルター・パンホーファー(ピアノ(+))
録音:1959年3月2-6日(*)、1957年6月7-9日(+)、ソフィエンザール、ウィーン、オーストリア、ADD
原盤:Decca, SXL 2157(*), SXL 2158(+)

ALC 1244
モーツァルト(1756-1791):
  ピアノ協奏曲第22番変ホ長調 K.482
  ピアノ協奏曲第25番ハ長調 K.503
  ロンド イ短調 K.511
アルフレート・ブレンデル(ピアノ)
ウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団
パウル・アンゲラー(指揮)
録音:1962年 ライセンサー:Vox / SPJ Music Group & Vanguard Classics
 

ALC 1246
バルトーク(1881-1945):
  ピアノ協奏曲第1番(*)
  ピアノ協奏曲第2番(+)
  ピアノ協奏曲第3番(+)
ゲーザ・アンダ(ピアノ)
ベルリン放送交響楽団
フェレンツ・フリッチャイ(指揮)
録音:1959年9月10日(+)、1960年10月17日(*)、イエス・キリスト教会、ベルリン、ドイツ、ADD
原盤:Deutsche Grammophon
 

ALC 1247
ガーシュウィン(1899-1937):
  ラプソディ・イン・ブルー(*)
  パリのアメリカ人(+)
  ピアノ協奏曲ヘ長調(#)
  アイ・ガット・リズム(**)
  [ボーナス・トラック](**)
  ラヴ・ウォークト・イン/ス・ワンダフル/ファシネイティン・リズム
レナード・バーンスタイン(ピアノ(*)、指揮(*/+))
コロンビア交響楽団(*/+)
ユージン・リスト(ピアノ(#))
イーストマン=ロチェスター管弦楽団(#/**)
ハワード・ハンソン(指揮(#))
フレデリック・フェネル(指揮(**))
録音:1958年6月23日(*)、12月15日(+)、セント・ジョージ・ホテル、ブルックリン、ニューヨーク・シティ、アメリカ合衆国(*/+)
    1957年10月20日、イーストマン劇場、ロチェスター、ニューヨーク州、アメリカ合衆国(#)
    1960年9月26-27日、ボールルーム・スタジオA、ファイン・レコーディングズ、ニューヨーク・シティ、アメリカ合衆国(**)
     ADD(全曲)
原盤:Columbia (Sony)(*/+) / Mercury(#/**)
 

ALC 1248
ブラームス(1833-1897):
  ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 Op.83(*)
  ヴァイオリン・ソナタ第1番ト長調 Op.78(+)
スヴャトスラフ・リヒテル(ピアノ)
シカゴ交響楽団(*)
エーリヒ・ラインスドルフ(指揮(*))
オレグ・カガン(ヴァイオリン(+))
録音:1960年10月17-18日、シカゴ、アメリカ合衆国、ADD(*)
     1985年5月6日、ライヴ、フライブルク、ドイツ、DDD(+)
原盤:RCA(*) / Olympia & Mezhdunarodnaya Kniga(+)
 

ALC 1249
ウィーンのオペレッタ、珠玉の20選
 ヨハン・シュトラウスII(1825-1899):「こうもり」から Mein Herr Marquis
  ヒルデ・ギューデン(ソプラノ) ウィーン国立オペラ管弦楽団
  ローベルト・シュトルツ(指揮) 録音:1960年
 ヨハン・シュトラウスII:「ヴェネツィアの一夜」から Komm in die Gondel
  シャーンドル・コーニャ(テノール) 管弦楽団 フリート・ヴァルター(指揮)
  録音:1962年
 ホイベルガー(1850-1914):「オペラ舞踏会」から Im chambre separee
  アンネリーゼ・ローテンベルガー、ヘルガ・ヒルデブラント(ソプラノ)
  FFB管弦楽団 ヴェルナー・シュミット=ベールケ(指揮) 録音:1960年
 ヨハン・シュトラウスII:「ジプシー男爵」から Wer uns getraut
  カール・テルカル(テノール) ヒルデ・ギューデン(ソプラノ)
  ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ハインリヒ・ホルライザー(指揮)
  録音:1961年
 ヨハン・シュトラウスII:「ジプシー男爵」から Her die Hand, es muss ja sein
  ヘルマン・プライ(バリトン) フィルハーモニア管弦楽団
  オットー・アッカーマン(指揮) 録音:1955年
 ヨハン・シュトラウスII:「ジプシー男爵」から Ja das schreiben und das lessen
  クルト・ベーメ(バス) 管弦楽団 ローベルト・シュトルツ(指揮) 録音:1956年
 ツェラー(1842-1898):「小鳥売り」から Sei nicht bos
  エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ) フィルハーモニア管弦楽団
  オットー・アッカーマン(指揮) 録音:1960年
 ミレッカー(1842-1899):「乞食学生」から Soll ich reden? Darf ich schweigen?
  カール・テルカル(テノール) ヴィルマ・リップ(ソプラノ)
  バイエルン放送交響楽団 ヴェルナー・シュミット=ベールケ(指揮) 録音:1956年
 カールマーン(1882-1953):「伯爵夫人マリツァ」から Gruss mir mein Wien
  フリッツ・ヴンダーリヒ(テノール) ケルン放送管弦楽団
  フランツ・マルシャレク(指揮) 録音:1962年
 カールマーン:「伯爵夫人マリツァ」から Sag ja, mein Lied, sag'ja
  ヒルデ・ギューデン(ソプラノ) ウィーン国立オペラ管弦楽団
  ローベルト・シュトルツ(指揮) 録音:1960年
 カールマーン:「サーカスの女王」から Zwei Marchenaugen
  ルドルフ・ショック(テノール) 管弦楽団 録音:1958年
 ファル(1873-1925):「ポンパドゥール夫人」から
   Heut konnt einer sein Gluck bei mir machen
  ヒルデ・ギューデン(ソプラノ) ウィーン国立オペラ管弦楽団
  ローベルト・シュトルツ(指揮) 録音:1960年
 レハール(1870-1948):「フラスキータ」から Hab ein blaues Himmelbett
  ペーター・アンダース(テノール) 管弦楽団 フランツ・マルシャレク(指揮)
  録音:1953年
 レハール:「エヴァ」から Im heimlichen Dammer der silbernen Ampel
  アンネリーゼ・ローテンベルガー(ソプラノ) FFB管弦楽団
  ヴェルナー・シュミット=ベールケ(指揮) 録音:1960年
 レハール:「ジュディッタ」から Du bist meine sonne
  ヴァルデマール・クメント(テノール) ウィーン国立オペラ管弦楽団
  ルドルフ・モラルト(指揮) 録音:1958年
 レハール:「ジプシーの恋」から Hor ich Zymbalklange
  ヒルデ・ギューデン(ソプラノ) ウィーン国立オペラ管弦楽団
  ローベルト・シュトルツ(指揮) 録音:1960年
 レハール:「微笑みの国」から Von Apfelbluten einen Kranz
  ニコライ・ゲッダ(テノール) フィルハーモニア管弦楽団
  オットー・アッカーマン(指揮) 録音:1955年
 カットニッヒ(1895-1955):「バルカンの恋」から
   Leise erklingen die Glocken vom Campanil
  アンネリーゼ・ローテンベルガー(ソプラノ) FFB管弦楽団
  ヴェルナー・シュミット=ベールケ(指揮) 録音:1960年
 シュトルツ(1880-1975):「白馬亭にて」から Mein liebeslied muss ein walzer sein
  ヒルデ・ギューデン(ソプラノ) ウィーン国立オペラ管弦楽団
  ローベルト・シュトルツ(指揮) 録音:1960年
 キュネケ(1885-1953):「ディングスタから来た従兄弟」から
   Ich bin nur ein armer Wandergesell
  シャーンドル・コーニャ(テノール) 管弦楽団 フランツ・マルシャレク(指揮)
  録音:1961年
原盤:EMI / Decca / Teldec
 

ALC 1250
オリエント急行−ライト・クラシック20選 ヨーロッパとその彼方
 リチャード・ロドニー・ベネット(1936-2012)/イアン・サザーランド編曲:
  映画「オリエント急行殺人事件」より ワルツ
 伝承曲/ピーター・ホープ(1930-)編曲:トリ貝にムール貝 [Cockles and Mussels]
 ヴィンセント・ユーマンス(1898-1946)/ショスタコーヴィチ(1906-1975)編曲:
  二人でお茶を
 ワルトトイフェル(1837-1915):スケーターズ・ワルツ
 アルヴェーン(1872-1960):スウェーデン狂詩曲
 アルベニス(1860-1909):タンゴ
 ロバート・ファーノン(1917-2005):スター誕生
 ギルバート・ヴィンター(1909-1969):歌と踊りの組曲 から ファド
 ディーリアス(1862-1934):オペラ「コアンガ」から ラ・カリンダ
 サティ(1866-1925)/ドビュッシー(1862-1918)編曲:ジムノペディ第1番
 イッポリトフ=イヴァーノフ(1859-1935):組曲「コーカサスの風景」から 酋長の行列
 シャミナード(1857-1944)/ロバート・ドッカー(1918-1992)編曲:秋
 ヤルネフェルト(1869-1958):前奏曲
 アイアランド(1879-1962):聖なる御子
 ヤコブ・ゲーゼ(1879-1963):ジェラシー(タンゴ)
 ドヴォルジャーク(1841-1904):ユモレスク
 モンティ(1868-1922)/マントヴァーニ(1905-1980):チャールダーシュ
 ホイベルガー(1850-1914):オペレッタ「オペラ舞踏会」から 間奏曲「別室へ」
 シャブリエ(1841-1894):スペイン(狂詩曲)
 ヴォルフ=フェラーリ(1876-1948):オペラ「スザンナの秘密」から 序曲
コンサート・オーケストラ
イアン・サザーランド(指揮)
録音:1983-1988年 原盤:BBC


ALC1251
ボヘミア音楽シリーズ最新巻!
 ボヘミア・バロックとその彼方「冬の季節」
 
 ヤン・クシチテル・クルンプホルツ:パストラーレ ニ長調/
 シュターミッツ:シンフォニア・パストラーレOp.4-2/
 ヨゼフ・フェルディナンド・ゼゲル:
  フーガ「de tempore natalis」、「Christ the Lord was born」/
 ヤン・ハタシュ:パルティータ・パストリティア ニ長調/
 フランティシェク・アントニーン・レスレル:シンフォニア・パストラリス/
 ヴァイスマン:パストラーレ ヘ長調/
 イジー・イグナツ・リーネク:
  シンフォニア・パストラリス、
  クラヴィチェンバロ協奏曲よりパストラーレ/
 ミシェル・コレット:新ノエル集
ヴォイテク・スプルニ指揮、
チェコ室内フィルハーモニー管
  


ALC 1255
ハチャトゥリアン(1903-1978):
  ヴァイオリン協奏曲ニ短調(*)
  ピアノ協奏曲変ニ長調(+)

ボリス・グートニコフ(ヴァイオリン(*))
ソヴィエト国立交響楽団(*)
コンスタンチン・イヴァーノフ(指揮(*))
アネット・サーヴァデイ[アンネッテ・セルヴァデイ](ピアノ(+))
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(+)
ジョゼフ・ジュンタ(指揮(+))

録音:1981年(*)/1987年10月(+) 原盤:Melodiya(*) / Hyperion(+)
ライセンサー:A Tempo Prague, Aquarius Music(*) 前出:Regis, RRC 1300(廃盤)

ボリス・グートニコフ(1931-1986)は1962年の第2回チャイコフスキー国際コンクール・ヴァイオリン部門優勝者。教育者としても高名で来日演奏歴もありますが、ソ連崩壊前に50代半ばで亡くなってしまったこともあり「幻の巨匠」的存在となっています。

 

ALC 1256
ベリー・ベスト・オブ・ポール・ロブスン
 ジェローム・カーン(1885-1945):Ol' Man River (Showboat)
 ミッシャ・スポリアンスキー(1898-1985):Canoe Song (Sanders of the River)
 黒人霊歌:Swing Low, Sweet Chariot
 リチャード・ロジャース(1902-1979):Some Enchanted Evening (South Pacific)
 黒人霊歌:All God's Chillun Got Wings
 スコットランド民謡:Skye Boat Song
 イングランド民謡:The Riddle Song
 アラン・ロバート・マレイ(1890-1952):I'll Walk beside You
 ジャック・ウォルフ(1896-1973):Shortnin' Bread
 ホーギー・カーマイケル(1899-1981):Lazybones
 ウェールズ民謡:All through the Night
 ウェールズ国歌:Land of My Fathers
 ハリー・M・ウッズ(1896-1970):River Stay Away from My Door
 クラレンス・ミューズ(1889-1979)&レオン・ルネ(1902-1982):
  When It's Sleepy Time Down South
 キャリー・ジェイコブズ=ボンド(1862-1946):Just a'Wearyin' for You
 ウィル・マリオン・クック(1869-1944):Down de Lovers' Lane
 ジェローム・カーン:I Still Suits Me (Showboat)
 ナサニエル・シルクレット(1889-1982):Lonesome Road
 ホーギー・カーマイケル:Rockin' Chair
 ジョージ・ガーシュウィン(1898-1937):It Ain't Necessarily So
 スティーブン・フォスター(1826-1864):Old Folks at Home (Swanee River)
 ロシア民謡:ヴォルガの舟歌
 黒人霊歌:Joshua Fit the Battle of Jericho
 アメリカ合衆国民謡:Shenandoah
 エセルバート・ネヴィン(1862-1901):Mighty Lak' a Rose
 アメリカ合衆国民謡:Water Boy
 アルフレッド・ヘイズ(1911-1985):Joe Hill
 ジョージ・H・クラットサム(1866-1951):Ma Curly-Headed Baby
 黒人霊歌:Deep River
ポール・ロブスン(バス)
様々な共演者
録音:AAD/ADD 原盤:RCA、EMI 前出:Regis,

ALC 1257
ウラディーミル・ホロヴィッツ ラスト・オブ・ザ・ロマンティクス
 モーツァルト(1756-1791):
  ピアノ・ソナタ第11番イ長調 K.331 から トルコ風ロンド
 ショパン(1810-1849):
  ワルツ第3番イ短調 Op.34 No.2/舟歌 Op.60
 メンデルスゾーン(1809-1847):無言歌集 から
  悲歌/春の歌/羊飼いの嘆き
 メンデルスゾーン/ホロヴィッツ(1903-1989)編曲:
  結婚行進曲とリストによる変奏曲
 シューマン(1810-1854):アラベスク Op.18
 リスト(1811-1886)/ホロヴィッツ編曲:
  ハンガリー狂詩曲第2番/同第19番
 スクリャービン(1872-1915):ピアノ・ソナタ第9番「黒ミサ」Op.66
 モシュコフスキ(1854-1925):火花 Op.36 No.6
 ドビュッシー(1862-1918):「子供の領分」から 人形のためのセレナード
 ビゼー(1838-1875)/ホロヴィッツ編曲:
  「カルメン」の主題による変奏曲
 スーザ(1854-1932)/ホロヴィッツ編曲:星条旗よ永遠なれ
ウラディーミル・ホロヴィッツ(ピアノ)
原盤:RCA

ALC 1258
プロコフィエフ(1891-1953):
  バレエ「ロミオとジュリエット」組曲第1番&第2番 Op.64bis&ter から
   モンターギュー家とキャピュレット家,少女ジュリエット,
   僧ローレンス,朝の踊り,メヌエット,仮面,ティボルトの死,
   踊り,ジュリエットの墓の前のロメオ
  交響曲第1番ニ長調「古典交響曲」Op.25
  交響組曲「キージェ中尉」Op.60

ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
ユーリー・シモノフ(指揮)

録音:1996年3月、ロンドン、CTSスタジオ 原盤:RPO
ライセンサー:MAT Music Team, Dublin & Hamburg 前出:Regis, RRC 1258

「 この人ホンモノだわ。
 今までこの人はオチャラケはったり指揮者だと思っていたけど、底知れぬショー精神と、同時にたぐいまれな音楽性をもった非常に珍しい指揮者だった。
 でないとこんな「ロメ・ジュリ」は振れない。
 アプローチは上記ハチャトゥリアンと同様、重厚テンポで自由自在に暴れまわるのだが、歌うところでは何もかも脱ぎ捨ててひたすら感情移入し、踊るところでは後先考えず暴れまくる。それがあまり聴いたことのないようなゆっくりしたテンポなだけにグイグイグイグイと胸に押し迫ってくる。打楽器系の使い方がまた異常。「タイボルトの死」の猟奇的なティンパニはまさに前代未聞。思いつく限りのありとあらゆるやりかたで聴くものの心を威嚇し、恫喝し、うち震わせる。
 古典交響曲と「キージェ中尉」は基本的には羽目を外していないが、まるで舞踏音楽のように聴こえて心地いい。」(昔のコメントから)


ALC 1259
アルベニス(1860-1909):組曲「イベリア」(全曲)
  第1巻: エボカシオン(喚起)/エル・プエルト(港)/セビリャの聖体祭
  第2巻: ロンデニャ/アルメニア/トリアナ
  第3巻: エル・アルバイシン/エル・ポロ/ラバピエス
  第4巻: マラガ/ヘレス/エリタニャ
アリシア・デ・ラローチャ(ピアノ)

録音:1962年、ADD 原盤:Hispavox

ラローチャにとっては2回目、ステレオでは1回目となる「イベリア」全曲録音。CD1枚(約77分)に収めているのがポイント。


ALC 1260
ラフマニノフ(1873-1943):交響曲第2番ホ短調 Op.27 ロンドン交響楽団
ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(指揮)
録音:1988年
ライセンサー:LSO Live Ltd 前出:Regis, RRC 1210(廃盤)

ALC 1261
ドヴォルジャーク(1841-1904):チェロ協奏曲ロ短調 Op.104(*)
シューマン(1810-1856):チェロ協奏曲イ短調 Op.129(+)
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(チェロ)
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(*)
エイドリアン・ボールト(指揮(*))
レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団(+)
ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(指揮(+))
録音,原盤,初出盤:
 1958年、ADD,HMV (EMI),ASD 358(*)/1960年、ADD,DGG,SLPM 138674(+)

ALC 1262
ショスタコーヴィチ、ミャスコフスキー:チェロ協奏曲集
 ショスタコーヴィチ(1906-1975):チェロ協奏曲第1番変ホ長調 Op.107(*)
 ミャスコフスキー(1881-1950):チェロ協奏曲ハ短調 Op.66(+)
 チャイコフスキー(1840-1893):ロココ風の主題による変奏曲 Op.36(#)
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(チェロ)
フィラデルフィア管弦楽団(*)
ユージン・オーマンディ(指揮(*))
フィルハーモニア管弦楽団(+)
マルコム・サージェント(指揮(+))
レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団(#)
ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(指揮(#))
録音:1959年、フィラデルフィア、アメリカ合衆国(*)/1957年(+)/1960年(#) ADD
原盤、初出盤:Philips, SABL 165(*)/HMV, ALP 1472(+)/DGG, SLPM 138674(#)
前出:Regis, RRC 1385(廃盤)(*), RRC 1348(廃盤)(#)

ALC 1263
マッケラスの「展覧会の絵」&「ペトルーシュカ」
 ムソルグスキー(1839-1881)/ラヴェル(1875-1937):組曲「展覧会の絵」(*)
 ムソルグスキー:オペラ「ホヴァーンシチナ」前奏曲(*)
 ストラヴィンスキー(1882-1971):バレエ「ペトルーシュカ」(1911)(+)
マッケラス指揮
ニュー・フォルハーモニア管弦楽団(*)
ロンドン交響楽団(+)
録音:1973年、ADD 原盤:Vanguard ライセンサー:Vanguard Classics / EOne

4チャンネル・アナログ音源の2チャンネルCD化。


ALC 1264
ウィリアム・ボイス(1711-1779):8つの交響曲 Op.2
  第1番変ロ長調「新年のオード」/第2番イ長調「誕生日のオード」
  第3番ハ長調「花冠」/第4番ヘ長調「羊飼いの運」
  第5番ニ長調「聖セシリアの祝日のオード」/第6番ヘ長調「ソロモン」
  第7番変ロ長調「ピティアのオード」/第8番ニ短調「ウースター序曲」
 レオポルト・モーツァルト(1719-1787):トランペット協奏曲ニ長調(*)
 エドムント・アンゲラー(1740-1794)/伝レオポルト・モーツァルト:
  おもちゃの交響曲

ヴァルター・ホリー(トランペット(*))
マインツ室内管弦楽団(*)
ハイルブロオン・ヴュルテンブルク室内管弦楽団(*以外)
イェルク・フェルバー(指揮)

録音:1968年以前(*以外)、ADD 原盤:Turnabout 初出:1968年(*以外)

ALC 1265
エルガー:チェロ協奏曲、弦楽セレナード
 エルガー(1857-1394):チェロ協奏曲ホ短調 Op.85(*)
 チャイコフスキー(1840-1893):ロココ風の主題による変奏曲 Op.33(*)
 ドヴォルジャーク(1841-1904):ロンド ト短調 Op.94
 エルガー:弦楽セレナード Op.20
ポール・トルトゥリエ(チェロ(*))
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
チャールズ・グローヴズ(指揮)
録音:1988年 原盤:RPO 前出:Carlton / Regis, RRC 1150

ALC 1266
シュポア(1784-1859):
  八重奏曲ホ長調 Op.32(*)
  クラリネット協奏曲第1番ハ短調 Op.26(+)
  九重奏曲ヘ長調 Op.31(#)
ウィーン八重奏団(*)
ジェルヴェーズ・ド・ペイエ(クラリネット(+))
ロンドン交響楽団(+)
コリン・デイヴィス(指揮(+))
ファイン・アーツ弦楽四重奏団(#)
ニューヨーク管楽五重奏団(#)
録音:1959年3月、ゾフィエンザール、ウィーン、オーストリア(*)
    1961年1月、デッカ・スタジオ No.1、ウェスト・ハムステッド、ロンドン、イギリス(+)
    1958年(#) ADD
原盤:Decca(*)/Oiseau-Lyre(+)/Saga(#)
 

ALC 1267
マルチヌー(1890-1959):
 2つの弦楽合奏、ピアノとティンパニのための二重協奏曲(*)
 ピアノと小管弦楽のためのシンフォニア・ジョコーザ(+)
 ヴィオラと管弦楽のためのラプソディ=コンチェルト(#)
イジー・スコヴァイスカ(ピアノ(*))
ブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団(*)
デニス・ヘニング(ピアノ(+))
オーストラリア室内管弦楽団(+)
リヴカ・ゴラーニ(ヴィオラ(#))
チャールズ・マッケラス(指揮(*/+))
ベルン交響楽団(#)
ペーター・マーク(指揮(#))
録音,原盤,初出盤:1986、1991年,Conifer,CDCF 210
 

ALC 1268
ヘンリー・パーセル(1659?-1695):王室礼拝堂のためのアンセム集
  O all ye works of the Lord (Benedicite)
  Thou knowest, Lord, the secrets of our hearts
  Blow up the trumpet in Zion / Save me, o God, for Thy name's sake
  Remember not, Lord, our offences / O God, Thou hast cast us out
  O Lord God of hosts
  Funeral sentences
   Man that is born of a woman / In the midst of life
   Thou knowest, Lord, the secrets of our hearts
  I was glad / Lord, how long wilt Thou be angry?
  O God, Thou art my God / O be joyful in the Lord (Jubilate)
  I will sing unto the Lord / Hear my prayer, o Lord
ケンブリッジ・トリニティ・カレッジ聖歌隊
リチャード・マーロー(指揮)
録音:1987年1月10-11日、トリニティ・カレッジ礼拝堂、ケンブリッジ、イギリス
原盤,初出盤:Conifer,CDCF 152
 

ALC 1269
トマス・ルイス・デ・ビクトリア(1548-1911):
 聖週間の政務日課 から エレミア哀歌とレシポンソリウム集

  聖木曜日第1夜課(エレミヤ哀歌)/聖木曜日第2夜課(レソポンソリウム)
  聖金曜日第1夜課(エレミヤ哀歌)/聖木曜日第2夜課(レソポンソリウム)
  聖土曜日第1夜課(エレミヤ哀歌)/聖木曜日第2夜課(レソポンソリウム)
ケンブリッジ・トリニティ・カレッジ聖歌隊
リチャード・マーロー(指揮)
録音:1990年、トリニティ・カレッジ礼拝堂、ケンブリッジ、イギリス
原盤,初出盤:Conifer,CDCF 188



.


ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD 新店舗トップページへ



Copyright(C) 2006 ARIA−CD.All rights reserved.89
70
/74/75