クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ




こういう男がまだまだいる
熱い闘争心と野生的なまでの舞踏感覚を見せ付けてくれる

ダッラーバコ/ヴァイオリン・ソナタ ト短調
「VENEZIA 1700」
APARTE \2600
→\2390


 ダッラーバコ。
 玉手箱でもお払い箱でもない。ダッラーバコ。

 

 わりとイケメンである。

 1675年ヴェローナ生まれ。だからヴィヴァルディと同世代のイタリアの作曲家。

 今回のAPARTEのアルバムはヴェネツィアに関係する作曲家・作品をバラエティ豊かに集めたものでなかなか愉しめるのだが、そのなかにヴェネツィアとはあまり関係のないダッラーバコの作品が入っている・・・

 だが、関係なくても入れたくなるのも分かる・・・これが素敵な作品。むちゃくちゃ素敵な作品。

 ヴァイオリン・ソナタ ト短調 op.4-12


 このダッラーバコ、30才頃にはミュンヘンの宮廷で楽師をしていたのだが、仕えていたバイエルンの王様マクシミリアン2世エマヌエルが戦争に負けて亡命したため(しかしムチャクチャ強かった)、その王様に忠義深くお供してついてまわった。

 そのとき王様一行は今のフランス・ベルギー地区を転々としたらしいのだが、1714年についに王様がバイエルンに復帰!それによりダッラーバコもミュンヘンの宮廷に復職した。

 しかしやっぱり王様も、これだけ自分に付いて来た男をそのままにするはずがない。
 ダッラーバコは宮廷復帰後、晴れて、1740年までの長きに渡って宮廷楽長と宮廷顧問官の職についた。
 とくに宮廷顧問官というのはものすごくえらい地位だったらしい。

 つまり、ダッラーバコ、戦時を駆け抜けて栄光をつかんだ秀吉のような男だった。

 で、このダッラーバコのすごいのはその忠誠心だけじゃないというところを見せ付けたのがこの

 ヴァイオリン・ソナタ ト短調 op.4-12


 作曲は1716年!
 ミュンヘンに帰還したあとの作品。

 そう・・・ベルギー、フランスなど他国の音楽を聴き、知り、吸収して帰ってきて作り上げた作品なわけである(ちなみに世界初録音)。

 だから一聴して分かる。
 他の曲に比べて、この曲の異様な雰囲気。

 ムチャクチャカッコいいのである。
 チャラチャラしてない。
 ただの宮廷音楽、奉った神棚の音楽じゃない。

 熱い闘争心と、野生的なまでの舞踏感覚を見せ付けてくれる。


 こういう男がまだまだいるのだ。


 ちなみにヴェネツィア人ヴィヴァルディには「和声と創意の試み」といういやに有名な作品があるが、それよりも10年も前に、ダッラーバコはこんなにも驚くべき作品を作っていたわけである。(あのロカテッリの超時空的作品「室内ソナタへ長調op. 6-2」はさらにその10年後。そう考えてもこのダッラーバコという男の感性は相当とんがってる)


 



AP 128
\2600→\2390
「VENEZIA 1700」
 ・トレッリ(1658-1709):
  ヴァイオリン・ソナタ ホ短調 Gie T 60*世界初録音
 ・ボンポルティ(1672-1749):
  ヴァイオリンと通奏低音のためのインヴェンション op.10-6(1712)
 ・カルダーラ(1670-1736):
  2つのヴァイオリンと通奏低音のためのシャコンヌ 変ロ長調(1699)
 ・ダッラバーコ(1675-1742):
  ヴァイオリン・ソナタ ト短調 op.4-12(1716)
 ・ヴィヴァルディ(1678-1741):ソナタ 変ロ長調 RV759
 ・カルダーラ:
  2つのヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ ハ短調 op.2-7(1699)
 ・アルビノーニ(1671-1751):ソナタ ト短調
 ・ヴィヴァルディ:ソナタ ニ短調「ラ・フォリア」op.1-12(1705)
レ・ザクサン(Les Accents)
 【ティボー・ノアリ(ヴァイオリン)、
  クレール・ソットヴィア(ヴァイオリン)、
  エリサ・ジョグラー(チェロ)、
  マチュー・デュプイ(チェンバロ)、
  ロマン・ファリク
   (テオルボ、バロック・ギター)】
 17世紀バロック・ヴァイオリンの粋バッハの無伴奏ヴァイオリン作品にも引けを取らない深遠なる世界

 録音:2015年9,10月

 ミンコフスキ率いるレ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル- グルノーブルのソロ・ヴァイオリン奏者のティボー・ノアリ率いるアンサンブルによる、17 〜18 世紀のヴァイオリン音楽集。
 ヴェネツィアから派生したヴァイオリンの音楽をたどる1 枚。いずれも通奏低音を伴う作品ですが、バッハの無伴奏ヴァイオリン作品にも劣らぬ深遠なる世界をたたえた名曲がならびます。






ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2018 ARIA−CD.All rights reserved.08