クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ



新生復活
古楽の代表的レーベル
ARCANA
4タイトルだけの超特価セール


 Naiveの前身であるAstreeレーベルを立ち上げた敏腕古楽プロデューサー、ミシェル・ベルンステン。
 彼が最後に興したArcanaレーベルは、国を問わずヨーロッパ最前線の古楽アーティストを次々と起用している点でも注目度が高い。
 イタリアのビオンディやガッティ 、アレッサンドリーニ、ドイツのドロテー・オーバーリンガー( リコーダー)、はてはベルギーのクイケン兄弟の最新録音まで残したこのレーベル、実はアルノンクールのコンツェントゥス・ムジクスのお膝元でもある「隠れ古楽大国」オーストリアにも顔が利き、バロック・ヴァイオリンの鬼才グナール・レツボールを世に送り出したり、バドゥラ=スコダのフォルテピアノ録音を出していたりする。CD業界における古楽ムーヴメント最大の功労者の一人なのは間違いない。

 そのベルンステンが2006年に亡くなり、ARCANAも自然消滅した。多くの名盤とともに。

 しかしここへきて晴れて復活。
 今回はそんな新生復活ARCANAの中から4タイトルだけ超特価でお贈りします。


A437
\2500→\1490
ナポリの古典派 聖週間の嘆きの歌
 〜フェーオから、ふたりのマンナへ〜

 ◆ジェンナーロ・マンナ:
   \嗣斃貌のための第3の哀歌 栄光あれ
 ◆フランチェスコ・フェーオ:
   F半Дンタータ「内なる火」
 ◆ガエターノ・マンナ:
   だ嗣斃貌のための第2の哀歌
   ※曲順は´き
エマヌエーレ・カルディ指揮
Ens.タレンティ・ヴルカニーチ
           (古楽器使用)
シルヴィア・フリガート(ソプラノ)

 知る人ぞ知る旋律美の極致・ナポリ楽派は古典派も絶好調…
 名曲揃いの聖週間音楽にまたも未知の曲!

 聖週間とは、キリスト教でクリスマスと並ぶ最も重要な祭日のひとつである復活祭の前、イエスの死について思いを巡らせる期間のこと。かつては劇場は閉鎖され、かわりに宗教音楽が大いに演奏される時期として知られていました。
 ドイツではバッハの受難曲、フランスなら「ルソン・ド・テネブル」と呼ばれる静謐な祈りが、まさにこの時期のために書かれていた音楽の好例…カトリック信仰の深いイタリア南部のナポリでも、フランスの例に似た、旧約聖書の「イェレミア哀歌」にもとづく自省的な詩をうたう習慣がありました。
 しかし、そこはオペラの本場ナポリ…劇場での仕事のない名歌手たちが、実に艶やかな(しかし歌詞はあくまで自省的な)魅力あふれるアリアを盛り込んだ哀歌をたっぷり愉しませていた…古典派時代、旋律美というものが極限まで追い求められた頃にもその伝統の続いていたことが、南イタリアの古楽を得意とする演奏陣で確かに伝えられる録音が!

 G.レーヌ独唱のヨンメッリ盤(Virgin)と同じ路線をゆく、18世紀末へ至るユニークな音楽世界…忘れがたい1枚になりそう!



A426
(2CD)
\4600→\1990
イタリア出身、キアラ・ザニシのデビューアルバム
 J.S. バッハ:
  ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ集BWV1014-1019

CD1
 ソナタ第1番 ロ短調 BWV1014
 ソナタ第2番 イ長調 BWV1015
 ソナタ第3番 ホ長調 BWV1016
CD2
 ソナタ第4番 ハ短調 BWV1017
 ソナタ第5番 ヘ短調 BWV1018
 ソナタ第6番 ト長調 BWV1019
 ソナタ第6番 BWV1019a (初稿)
キアラ・ザニシ(ヴァイオリン)
ジュリア・ヌティ(チェンバロ)

 古楽界の大御所トン・コープマン率いるアムステルダム・バロック管弦楽団をはじめ、ヨーロッパの名だたる古楽アンサンブルで演奏を重ねる来日経験も豊富なイタリア出身ヴァイオリニスト、キアラ・ザニシのデビューアルバムはバッハのソナタ集。
 そのスタイリッシュでシンプルな解釈はこれまた通奏低音奏者、ソリストとして活躍中のジュリア・ヌティのチェンバロとともに純粋に、語るように音を奏でます。



 今回のアルバムのプロモーション・ビデオ。よくできた内容。
https://youtu.be/9-geETw-gcA
.

 こちらはアルバムからの一部抜粋。
https://youtu.be/ByrJDuGMpnw



A441
\2500→\1490
B.マルチェッロ「ダヴィデの詩篇曲」
     〜『詩的・音楽的霊感』より〜

 ベネデット・マルチェッロ(1686-1739):
  1-4. トリオ・ソナタ ハ短調 作品2-2
     〜ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェロと通奏低音による
  5-11.詩篇 第14篇「おお主よ、いったい誰か」
     〜ソプラノ独唱〔と通奏低音〕のための
  12-26.詩篇 第21篇「向きなおって下さい、わが神よ」
    〜アルト独唱とヴィオラ〔ダ・ガンバおよび
                     通奏低音〕のための
  27-37.詩篇 第38篇「この惨状の只中にあって」
    〜ソプラノ独唱〔と通奏低音〕のための
  38-50.詩篇 第27篇「あなたに向かって、主よ」
    〜ソプラノとアルト〔および通奏低音〕のための
グイード・バレストラッチ(vg・総指揮)
アンサンブル・アモローゾ(古楽器使用)
カロリーヌ・プロン(S)
メロディ・リュヴィオ(A)
マルティン・ツェラー(vg・5弦vc)
ジョッキーノ・デ・パドヴァ(ヴィオローネ)
マニュエル・ド・グランジュ(テオルボ、リュート)
パオロ・コルシ(cmb・org)

 この『詩的・音楽的霊感』は、オーボエ協奏曲で有名な兄A.マルチェッロとともに、ヴィヴァルディ世代のヴェイネツィアを代表する巨匠のひとりベネデット・マルチェッロの至高のモテット集。旧約聖書「詩編」からとられた詩句のニュアンスが切々と心に沁みる傑作が揃っています。
 19世紀の歌劇王ヴェルディでさえ、B.マルチェッロはルネサンスのパレストリーナと並ぶ「古き巨匠」と讃えていたほど。日本では器楽作品ばかりが取り上げられてきましたが、当時の常としてオペラや教会音楽ですぐれた手腕を発揮していたことは、この作品が証明してくれているのではないでしょうか。
 その証左をさらに明らかにしてくれるガンバの天才バレストラッチ率いる精鋭集団の演奏と名歌手ふたりの美声、独特の味わいをみせる朗誦による秀逸なる録音!



A393
\2500→\1490
この2人の働きと貢献なくしては・・・
 2人のオルフェオ〜カッチーニとペーリ、歌較べ

 カッチーニ:
  甘いため息、この熱きため息に、心が痛んで苦しい時は、
  わが太陽を見ん 、麗しのアマリッリ、ひねもす泣き暮らし 、
  聞きたまえ、エウテルペ、私の苦しみを憐れんでおくれ、
  戻れ、ああ、戻れ 、不実きわまりない俤よ、
  天にもかほどの星はなく 、愛に満ちて
 ペーリ:
  おまえは眠っている、女たちの中で、それはある日のこと、
  ひねもす泣き暮らし、泉に野にルッツァスキ、
  第4旋法のトッカータ、カンツォーナピッチニーニ、
  サラバンド風アリアと変奏
マルク・モイヨン(テノール)
アンジェリーク・モイヨン(バロック・ハープ)

 オペラを“創った”2人のライヴァル 〜バロック音楽の夜明け、モノディ様式歌曲集

 “オペラの誕生”という西洋音楽史上の大事件、その当時者であった2人の音楽家がカッチーニとペーリ。この2人の働きと貢献なくしては、あの巨匠モンテヴェルディの最初期傑作オペラ、「オルフェオ」は生まれなかったかもしれません。古代ギリシャ悲劇を復活させようという熱い意欲に燃えた知識人や芸術家の音楽サークルであった「カメラータ」のメンバーとして活躍した2人は、語るように歌うという新しい音楽=モノディ様式を生み出したのです。その自由で豊かな感情表現は、当時の人々から圧倒的な支持を受け、その後のバロック音楽の方向性を決定付けることとなったのです。

 音楽活動において、時に激しく競い合った2人のライヴァルたちのそんな珠玉の歌曲を、一枚のCDにて聴き競べるというのは、既存音源でも意外と見あたらず、興味ある好企画であるといえるでしょう。

 演奏は様々な欧州古楽団体で名を売るマルクの歌とアンジェリークのハープという2人のモイヨンによる、親密さに満ちた演奏を聴かせてくれます。
 アントネッロによる舞台上演で一気に知名度を上げたカッチーニは、その超有名曲“麗しのアマリッリ”の名演も収録。お薦めの一枚です。






ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2018 ARIA−CD.All rights reserved.08