アリアCD 新店舗へようこそ

新店舗トップページへ

お買い物の方法  

ページ内の商品チェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ



ミュンヘン国際コンクール記念アルバム
2018年、葵トリオ優勝
〜6/16(日) 




 演奏家のコンクール受賞歴を聞いてもそう簡単に驚かない店主だが、「ミュンヘン国際コンクール優勝」と聞くと、「え!」と身を乗り出す習性が付いている。

 ミュンヘン国際コンクールは、

・1952年に創設され、声楽、ヴァイオリン、ピアノ、チェロといった花形からリコーダーやトロンボーン、さらに室内楽部門まで網羅するという幅広い演奏陣を審査する世界でも珍しいコンクール。
・なかなか第1位を出さないコンクールとして知られ、この難関を突破したアーティストにはその後世界的に活躍する人が多い。
・日本ではそれほど知られていないが、妙なコマーシャリズムに乗せられない地道で堅実なコンクールとしてドイツではとても有名。

 というコンクールだが、とにかく「第1位」をなかなか出さない難物のコンクールとして有名なのである。
 なので、前述のように、ここで優勝すればまず間違いなくその時点で世界トップレベルを約束されたようなもの。



 さて、その「ミュンヘン国際コンクール」、ずっと自主製作による受賞者アルバムCDを出している。

 もちろん新人ばかりのアルバムとなるが、いろいろ興味深いライヴ・アルバムであることはお分かりいただけると思う。
 もちろんほとんど(というかすべて)無名の人ばかりだが、この人たちの中から将来の大スターが生まれるかもしれない・・・というかその可能性が高いわけである。
 実際収録されている録音を聴くともうバリバリの実力者ぞろい。

 ブックレットにはそれぞれの受賞者の写真やプロフィールが載っていて、なぜかメール・アドレスまでが書かれている人もいて、早めにファンになった人はひょっとしたら返事がもらえるかもしれない(かも、です)。
 あと、なぜか登場するのが眉目秀麗な男女(とくに女性は美女ぞろい)ばかりなのは偶然だと思う。

 各アルバム、当然のことながら完全限定盤になるので、完売の際はどうかご容赦ください。

 入荷には1,2ヶ月かかりますのでご了承ください。



今回初紹介の2010年〜2018年


 さて、そんな「ミュンヘン国際コンクール」自主製作受賞者アルバムなのだが、ここ最近はずっと紹介してなくて、今見ると2010年から未紹介のままだった。

 それが今回久しぶりに紹介しようと思ったのは、2018年最新のコンクールの ピアノ・トリオ部門で日本の葵トリオが第1位を受賞したからである。

 葵トリオは、ヴァイオリン:小川響子、チェロ:伊東裕、ピアノ:秋元孝介という東京芸大出身の若者で組織されている堅実に実力をつけてきた若手トリオ。
 その葵トリオが第1位を受賞したわけである。それは特集しないわけに行かない。

 先ほどもお話したとおり、このコンクールは第1位をなかなか出さない。そんななかこの葵トリオは第1位。しかも、ちょっと見にくいが、下のCDを見ると、ピアノ・トリオ部門、第2位がいないのが分るだろうか・・・
 つまり葵トリオは第2位ナシの第1位。まさにダントツの優勝だったわけである。競合にはプロとして活動し始めている団体や他のコンクールで優勝しているようなツワモノ揃いだったと聞く。そのなかでの1位である。

 日本人としては2005年のヴァイオリン部門の岡崎慶輔以来。
 室内楽関係では1970年の弦楽四重奏部門の’世界の’「東京クヮルテット」以来。

 ご存知のように内田光子も堤剛も澤和樹もみな「1位ナシの2位」。
 日本のホープ河村尚子も第2位。

 そうしたさまざまな状況を見ても、この葵トリオの第1位がいかにすごいかというのはお分かりいただけると思う。

 葵トリオ、そんなわけでこんなすさまじい成果を挙げて凱旋帰国したが、・・・・・空港に300人のファンが殺到するわけでもなく、新聞のトップで扱われることもなく、バラエティ番組にゲスト出演するでもなく、NHKや情熱大陸が特集してくれるわけでもなく、意外なほどひっそりとした帰国となった。
 CD大メーカーが競ってオファーに来るでもなく、全国縦断ドームツアーが開催されるわけでもない。

 哀しいかなそれが日本の音楽シーンの現実。国内の優秀メーカー、マイスター・ミュージックが新譜リリースに手を上げてくれたのはまだよかったほうかもしれない。

 ↓マイスター4月急遽発売のアルバム。


MM-4055
¥3000+税

ハイドン:ピアノ三重奏曲 第27番 ハ長調Hob. XV:27
シューベルト:ピアノ三重奏曲 第2番 変ホ長調D. 929

 一部ライヴ音源使用
葵トリオ
 小川 響子 ヴァイオリン
 伊東 裕 チェロ
 秋元 孝介 ピアノ

 本アルバムは昨年12月に行われた、凱旋記念公演と並行して行われたレコーディング。
 1次予選課題曲のハイドン、そしてファイナルで彼らを優勝へと導いたシューベルトを収録した注目のプログラム。 

 最難関、ミュンヘン国際音楽コンクール 第1位獲得 記念盤
 作品に対して演奏者各人が抱き、そして発するべき言葉が深い次元で音として共有されているからこそ達成できる、若さゆえの華やぎと、若さに似合わぬ落ち着きと洞察性の備わったアンサンブル。
 3人それぞれがソロイストとしても優れた能力を有しながら、その「室内楽的に卓越したアプローチ」を審査員に評価されて、数多のコンクールでも最難関とうたわれるミュンヘンの覇者となったのも納得のいく話だ。(木幡 一誠 )


 しかし、今回の「ミュンヘン国際コンクール」自主製作受賞者アルバム2018には、彼らの記念すべきブラームス:ピアノ三重奏曲第3番が収録されている。
 コンクールの楽曲はハイドン、アイヴズ、ベートーヴェン、シューベルトということで、この音源がどの時点のものかは不明だが、自主製作盤にわざわざ入れてきたのだから最も優れた演奏であることは間違いない。

 これから間違いなく日本を、世界を席巻していくことになるであろう葵トリオ、その貴重な音源をぜひこの機会に。




ARD 2018
\4300

ミュンヘン国際コンクール 2018年受賞者

Milan Siljanov, Schweiz, 2. Preis Gesang (Bassbariton)

Trio Lux, Sudkorea, 3. Preis Klaviertrio

Ylva Sofia Stenberg, Schweden, 3. Preis Gesang (Sopran)

Celestin Guerin, Frankreich, 2. Preis Trompete

Diyang Mei, China, 1. Preis Viola

Mingjie Lei, China, 3. Preis Gesang (Tenor)

Trio Marvin, Kasachstan/Russland/Deutschland, 3. Preis Klaviertrio

Milan Siljanov, Schweiz, 2. Preis Gesang (Bassbariton)

Yucheng Shi, China, 2. Preis Viola

Takehiro Konoe, Japan 3. Preis Viola

Natalya Boeva, Russland, 1. Preis Gesang (Mezzosopran)

Selina Ott, Osterreich, 1. Preis Trompete

Natalya Boeva, Russland, 1. Preis Gesang (Mezzosopran)

葵トリオ Aoi Trio, Japan, ピアノ・トリオ部門第1位
 ブラームス:ピアノ三重奏曲第3番 Op. 101


Ylva Sofia Stenberg, Schweden, 3. Preis Gesang (Sopran)

Mingjie Lei, China, 3. Preis Gesang (Tenor)

Mihaly Konyves-Toth, Ungarn, 2. Preis Trompete

ARD 2017
\4300

ミュンヘン国際コンクール 2017年受賞者

久末 航 Wataru Hisasue , Japan, 3. Preis Klavier

Junhong Kuang,China, 2. Preis Gitarre

Kristine Balanas, Lettland, 3. Preis Violine

Juliana Koch, Deutschland, 2. Preis Oboe

Sarah Christian, Deutschland, 2. Preis Violine

Davide Giovanni Tomasi, Italien, 2. Preis Gitarre

Fabian Muller, Deutschland, 2. Preis Klavier

Jeung Beum Sohn, Sudkorea, 1. Preis Klavier

Kyeong Ham, Sudkorea, 2. Preis Oboe
Andrey Lebedev, Australien, 3. Preis Gitarre

Andrea Obiso, Italien, 2. Preis Violine

久末 航 Wataru Hisasue, Japan, 3. Preis Klavier

Thomas Hutchinson, Neuseeland, 2. Preis Oboe

ARD 2016
\4300

ミュンヘン国際コンクール 2016年受賞者

Agnes Clement, Frankreich, 1. Preis Harfe

Kateina Javrkova, Tschechien, 2. Preis Horn

Quartet Amabile, Japan, 3. Preis Streichquartett

Michael Karg, Deutschland, 2. Preis Kontrabass

Rino Kageyama, Japan, 3. Preis Harfe

Marc Gruber, Deutschland, 2. Preis Horn

Quatuor Arod Frankreich, 1. Preis Streichquartett

Felix Dervaux Frankreich, 3. Preis Horn

Dominik Wagner, Deutschland/Osterreich, 3. Preis Kontrabass

Aris Quartett, Deutschland, 2. Preis Streichquartett

Anais Gaudemard, Frankreich, 2. Preis Harfe

Nicolas Ramez, Frankreich, 3. Preis Horn

Wies de Boeve, Belgien, 1. Preis Kontrabass

ARD 2015
\2800

ミュンヘン国際コンクール 2015年受賞者


Michael Buchanan, Grosbritannien, 1. Preis Posaune

Marion Lebegue, Frankreich, 3. Preis Gesang (Mezzosopran)

Duo ShinPark, Sudkorea (Clara Mijung Park - Samuel Sangwook Park), 2. Preis Klavierduo

Francisco Lopez Martin, Spanien, 2. Preis Flote

Guilhem Kusnierek, Frankreich, 3. Preis Posaune

Emalie Savoy, USA, 1. Preis Gesang (Sopran)

Alina Shalamova & Nikolay Shalamov Piano Duo, Bulgarien/Rusland, 1. Preis Klavierduo

Sooyeon Lee, Sudkorea, 2. Preis Gesang (Sopran)

Eduardo Belmar, Spanien, 3. Preis Flote

Klavierduo Lok Ping & Lok Ting Chau, Hong Kong, 3. Preis Klavierduo

Jonathan Reith, Frankreich, 2. Preis Posaune

Sebastian Jacot, Schweiz, 1. Preis Flote

Emalie Savoy, USA, 1. Preis Gesang (Sopran)

Duo Ani und Nia Sulkhanishvili, Georgien, 2. Preis Klavierduo

ARD 2014
\2800

ミュンヘン国際コンクール 2014年受賞者

Christoph Sietzen, Luxemburg, 3. Preis Schlagzeug

Florian Mitrea, Rumanien, 3 .Preis Klavier

Quintette Klarthe, 3. Preis Blaserquintett

Andrei Ioni, Rumanien, 2. Preis Violoncello

Acelga Quintett, Deutschland / Luxemburg, 3. Preis Blaserquintett

Chi Ho Han, Sudkorea, 2. Preis Klavier

Alexej Gerassimez, Deutschland, 2. Preis Schlagzeug

Kang-Un Kim, Sudkorea, 3. Preis Klavier

Bruno Philippe, Frankreich, 3. Preis Violoncello

Istvan Vardai, Ungarn, 1. Preis Violoncello

Azahar Ensemble, Spanien, 2. Preis Blaserquintett

Simone Rubino Italien 1. Preis Schlagzeug

ARD 2013
\2800

ミュンヘン国際コンクール 2013年受賞者


Rie Koyama, Japan, 2. Preis Fagott


Van Baerle Trio, 2. Preis Klaviertrio
 Hannes Minnaar (Klavier), Niederlande
 Maria Milstein (Violine), Frankreich
 Gideon den Herder (Violoncello), Frankreich

Kyoungmin Park, Sudkorea, 2. Preis Viola

Katarzyna Budnik-Gazka, Polen, 3. Preis Viola

Bomsori Kim, Sudkorea, 2. Preis Violine

Maria Jose Rielo Blanco, Spanien, 3. Preis Fagott

Trio Karenine, 2. Preis Klaviertrio
 Paloma Kouider (Klavier), Frankreich
 Anna Gockel (Violine), Frankreich
 Louis Rodde (Violoncello), Frankreich

Yura Lee, Sudkorea, 1. Preis Viola

Christel Lee, Sudkorea, 2. Preis Violine

Sophie Dartigalongue, Frankreich, 2. Preis Fagott

ARD 2012
\2800

ミュンヘン国際コンクール 2012年受賞者


Novus String Quartet, Sudkorea, 2. Preis Streichquartett

Sergey Eletskiy, Russland, 2. Preis Klarinette

Armida Quartett, Deutschland, 1. Preis Streichquartett

Annelien Van Wauwe, Belgien, 2. Preis Klarinette

Calidore String Quartet, Kanada/USA, 3. Preis Streichquartett

Stojan Krkuleski, Serbien, 2. Preis Klarinette

Olena Tokar, Ukraine, 1. Preis Gesang (Sopran)

Kyubong Lee, Sudkorea, 3. Preis Gesang (Bariton)

Sumi Hwang, Sudkorea 2. Preis Gesang (Sopran)

Hansung Yoo, Sudkorea, 2. Preis Gesang (Bariton)

Dashon Burton, USA, 2. Preis Gesang (Bassbariton)

Anna Sohn, Sudkorea, 2. Preis Gesang (Sopran)

Hansung Yoo, Sudkorea, 2. Preis Gesang (Bariton)

Olena Tokar, Ukraine, 1. Preis Gesang (Sopran)

Sophia Christine Brommer, Deutschland, 3. Preis Gesang (Sopran)

ARD 2011
\1800

ミュンヘン国際コンクール 2011年受賞者


Alexej Gorlatch, Ukraine, 1. Preis Klavier

Manuel Blanco Gomez-Limon, Spanien, 1. Preis Trompete

Cristina Gomez Godoy, Spanien, 3. Preis Oboe

Lukas Stollhof, Deutschland, 3. Preis Orgel

Alexandre Baty, Frankreich, 2. Preis Trompete
Ivan Podyomov, Russland, 2. Preis Oboe

Tori Huang (Claire Huangci), USA, 2. Preis Klavier
Da Sol Kim, Korea, 3. Preis Klavier

Philippe Tondre, Frankreich, 2. Preis Oboe

Anna-Victoria Baltrusch, Deutschland, 2. Preis Orgel

Ferenc Mausz, Ungarn, 3. Preis Trompete

Marc Lachat, Frankreich, 3. Preis Oboe

Michael Schoch, Osterreich, 1. Preis Orgel

ARD 2010
\1800

ミュンヘン国際コンクール 2010年受賞者

Sooyun Kim, USA/Korea, 3. Preis Flote

Tristan Cornut, Frankreich, 3. Preis Violoncello

Daniel Ember, Ungarn, 2. Preis Horn

Gen Yokosaka, Japan, 2. Preis Violoncello

Remnant Piano Duo Korea, 2. Preis Klavierduo

Pemysl Vojta, Tschechien, 1. Preis Horn

Paolo Mendes, Deutschland, 2. Preis Horn

Loic Schneider, Frankreich, 1. Preis Flote

Julian Steckel, Deutschland, 1. Preis Violoncello

Klavierduo Susan & Sarah Wang, USA, 3. Preis Klavierduo

Daniela Koch, Osterreich, 2. Preis Flote





ARD 92-94
¥1800

ミュンヘン国際コンクール 1992年/1993年/1994年 第1位

1992年 チェロ・デュオ Andrzej Bauer and Ewa Kupiec, Duo violoncello - piano, Poland, 1992
 Richard Strauss: Sonata F major, op. 6 for violoncello and piano
1993年 ピアノ Anna Malikova, Klavier, Russia, 1993
 Dmitrij Shostakovich: Prelude and Fugue G minor, op. 87
 Robert Schumann: Carneval, op. 9
1994年 ソプラノ Urszula Kryger, soprano, Poland, 1994
 Katarzyna Jankowska, piano
 Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks: Knut Mahlke
 Johann Sebastian Bach: "Erbarme dich" from Matthaus-Passion BWV 244
 Gaetano Donizetti: "O mio Fernando", Leonora's aria from La Favorita
ホルン ラデク・バボラークRadek Baborak, horn, Czech Republic, 1994
 Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks: Knut Mahlke
 August Kiel: Concerto for horn and orchestra F minor, op. 23
チェロ Jens-Peter Maintz, violoncello, Germany, 1994
 Keiko Tamura, piano
 Dmitrij Shostakovich: Sonata for violoncello and piano D minor, op. 40
ある詳しい方によると「バボラークのコンチェルトは聴いた人間全員のけぞったという曰く付きなもの」なのだそうである・・・。コンクールのときにすでにそうだったとは・・・おそろしい。
ARD 50
(2CD)
¥1800
ARD 50 ミュンヘン国際コンクール第50回 2001年
 サックス、チェロ、ヴァイオリン、パーカッション、管楽五重奏団の入賞者
ARD 51
(2CD)
¥1800
ARD 51 ミュンヘン国際コンクール第51回 2002年
 ピアノ、オーボエ、ピアノトリオ、ファゴットの入賞者

ミュンヘン国際コンクール 2003年受賞者
ARD 2003 1CD¥1800

バリトン
Geard Kim, Skorea, 第1位

Tyler Duncan, Kanada, 第3位
Gter Papendell, Deutschland, 第3位
ソプラノ
Measha Brgergosman,Kanada, 第2位
Julia Sukmanova, Russland, 第3位
Andrea Lauren Brown, USA, 第2位
メゾ・ソプラノ
Marina Prudenskaja, Mezzosopran, Russland, 第1位

コントラバス
Nabil Shehata, Kontrabass, Deutschland, 第1位
Roman Patkol Kontrabass, Slowakei, 第2位

トランペット
David Guerrier, Trompete, Frankreich, 第1位
Giuliano Sommerhalder, Trompete, Deutschland,第2位
Gor Richter, Trompete, Ungarn, 第3位
Guillaume Couloumy, Trompete, Frankreich,第3位

クラリネット
Olivier Patey, Klarinette, Frankreich, 第2位
Florent Pujuila, Klarinette, Frankreich, 第3位


ミュンヘン国際コンクール 2004年受賞者
ARD 2004 1CD¥1800

ヴィオラ1位にアントワン・タメスティの名が。


弦楽四重奏
Quatuor Ebe, Frankreich 第1位

Faust Quartett, Deutschland, 第2位
Quatuor Bena・, Israel/France, 第3位

ハ−プ
Anton Sie, Niederlande, 第1位
Nabila Chajai, Frankreich, 第2位
Mirjam Schr?er, Deutschland, 第2位

フルート
Magali Mosnier, Frankreich, 第1位
Pirmin Grehl, Deutschland, 第2位
Andrea Oliva, Italien, 第3位

ヴィオラ
アントワン・タメスティAntoine Tamestit, Frankreich, 第1位
Ryszard Groblewski, Polen, 第2位
Tomoko Akasaka, Japan第3位


ミュンヘン国際コンクール 2005年受賞者
ARD 2005 ¥1800

 ご存知の方も多いと思うが、2005年は久々にヴァイオリンが種目に選ばれ、しかも日本人二人が1位と2位を独占してしまった。
 1位が岡崎慶輔(1979年福岡生まれ)、2位が山田晃子(1986年東京生まれ)。
 山田は聴衆賞も同時受賞。まあ、日本人はたくさん受けるし、たまたまでしょう、と言うなかれ。岡崎は1997年ヴィエニアフスキ・コンクールで日本人として初の1位を受賞、山田は2002年のロン・ティボー・コンクールで史上最年少1位を受賞している。まさにおそるべき逸材。

ヴァイオリン第1位 Keisuke Okazaki, Japan
ホルン第2位 Renate Hupka, Deutschland
ピアノ・デュオ第3位 Silivanova - Puryzhinskiy, Russland,
チェロ第2位 Alexander Bouzlov, Russland,
ピアノ・デュオ第2位 Poskute - Daukantas, Litauen
ホルン第2位 Louis-Philippe Marsolais, Kanada
チェロ第1位 Jing Zhao, China,
ホルン第3位 Christoph E゚, Deutschland
ヴァイオリン第3位 Katja Lmermann, Deutschland ,
ピアノ・デュオ第2位 Victor and Luis del Valle, Spanien,
チェロ第3位 Alexandre Chaushian, Armenien/GB,
ヴァイオリン第2位 Akiko Yamada, Japan,
ホルン第1位 Szabolcs Zempli, Ungarn ,

CD Cover ARD Musikwettbewerb



ミュンヘン国際コンクール 2006年受賞者
ARD 2006 1CD¥1800

 今回は久々のピアノに注目が集まった。河村尚子が第2位に入っている。さすがである。河村もコンクールも。

バリトン第1位 Jun Mo Yang Korea,
バリトン第2位 Joshua Hopkins , Kanada,
バリトン第3位 Peter Sche , Deutschland,

テノール第3位 Colin Balzer , Kanada,

ソプラノ第2位 Carolina Ullrich , Chile / Deutschland,
ソプラノ第3位 Ilse Eerens Belgien,
ソプラノ第3位 Anna Kasyan , Georgien,

メゾ・ソプラノ第2位 Roxana Constantinescu , Rumien,

ピアノ第1位 Ben Kim, USA,
ピアノ第2位 Marianna Shirinyan, Armenien
ピアノ第2位 河村尚子(Hisako Kawamura), Japan,

管楽五重奏団第1位 Quintette Aquilon, Frankreich,
管楽五重奏団第2位 Quintett Chantily, Deutschland / Russland / Ungarn / Finnland
管楽五重奏団第3位 Weimarer Blerquintett, Deutschland,

CD Cover ARD Musikwettbewerb


ミュンヘン国際コンクール 2007年受賞者
ARD 2007 1CD¥1800

ピアノ・トリオ部門
第1位 Tecchler Trio
第2位 Morgenstern Trio

オーボエ部門
第1位 Ram Ortega Quero
第2位 Ivan Podyomov
第3位 Maria Sournatcheva

打楽器部門
第1位 Johannes Fischer
第2位 Vassilena Serafimova

トロンボーン部門
第1位 Fabrice Millischer
第2位 Frederic Belli
第3位 Juan Carlos Matamoros


ミュンヘン国際コンクール 2008年受賞者
ARD 2008 1CD¥1800

クラリネット部門
 第1位 Sebastian Manz
 第2位 なし
 第3位 Shelly Ezra
     Taira Kaneko

弦楽四重奏曲部門
 第1位 Apollon Musagete
 第2位 Afiara String Quartet
 第3位 Verus String Quartet
     Gemeaux Quartett

ファゴット部門
 第1位 Marc Trenel
 第2位 Christian Kunert
 第3位 Vaclav Vonaek

ヴィオラ部門
 第1位 なし
 第2位 Wen Xiao Zheng
 第3位 Teng Li





ミュンヘン国際コンクール 2009年受賞者
ARD 2009 1CD¥1800

今回は4年ぶりとなるヴァイオリン部門が登場。第2位に日本の白井圭が入っている。
ハープにはセイソン、貫禄の第1位。

ヴァイオリン部門
第1位:Hyeyoon Park, Korea
第2位:Kei Shirai, Japan
第3位:Lily Francis, USA

歌唱部門
第1位:Anita Watson, Australien
第2位:Wilhelm Schwinghammer
第2位:Sunyoung Seo, Korea
第3位:Hye Jung Lee, Korea
第3位:Falko Honisch

コントラバス部門
第1位:Gunars Upatnieks, Lettland
第2位:Stanislau Anishchanka, Weisrussland
第3位:Ivan Zavgorodniy Ukraine
第3位:Olivier Thiery, Frankreich

ハープ部門
第1位:エマニュエル・セイソン Emmanuel Ceysson, Frankreich
第2位:Ruriko Yamamiya, Japan,
第3位:Anneleen Lenaerts, Belgien

CD-Cover ARD-Preistrager 2009






ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD 新店舗トップページへ



Copyright(C) 2019 ARIA−CD.All rights reserved.