アリアCD 新店舗へようこそ

新店舗トップページへ

お買い物の方法  

ページ内の商品チェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ



薄型ケース入り
名盤復刻レーベル
Ardmore Classics 通常(M)シリーズ
1CD-R\1,600→\1390


 ARDMOREが登場してごく初期の頃のメイン・シリーズだった「Mシリーズ」。
 パッケージは薄型ケース入り、ジャケ印刷とCD-R盤面印刷。


<Ardmore Classicsより>

 CD-R盤でしか実現出来ないスペシャル・プライスでおまけに内容も充実のLP復刻盤レーベルです。
 極め付きレア物音源や高額LPの復刻で、今迄にない貴重な内容。
 LPオリジナルの深みある奥行き間などを忠実に再現、オリジナルの音を大切に考え、貧弱な音の復刻ではありません。(針音やオリジナルノイズはありますが、ある程度の編集作業は行なっております。)

 全てモノラル録音(一部ステレオ録音もあります)。
 HECTORとの共通ブログを開設したそうです。こちら



掲載写真は参考画像とお考えください。実際の商品ジャケットとは異なります。
Imgp2659
M-005
\1390
J.C.F.フィッシャー(1665?-1746::組曲第8番ハ長調
ル・デュク(1742-1777):交響曲第1番ニ長調
メユール(1763-1817):交響曲第2番ニ長調       
フェルナン・ウーブラドゥ指揮
パリ室内音楽協会管       
[1950年代後期 パリ録音] LP PATHE DTX249
フィッシャーの組曲は祝典ムードがムンムンで管楽器大活躍の曲です。メユールの交響曲はミュンシュも吹っ飛ぶ劇的アプローチ!当時パリでのトップ奏者達を集めたオケは見事。「パリのモーツァルト」でお馴染みのウーブラドゥがフランスの18世紀作曲家を極め細やかに演奏している。意外と低弦に深みがある驚愕の響き。このフランス・パテ盤はあまり知られていないレア盤の復刻。(Ardmore Classicsより)

Imgp2680

Imgp2679
M-008
\1390

ベートーヴェン:ロマンス第1番ト長調 第2番ヘ長調 (ヴァイオリン)マックス・ロスタル
 ワルター・ゲール
指揮
 ヴィンタートゥール響
  [1950年代初期 録音] LP 7inch Club National Du Disque MMS917
(ヴァイオリン)クリスティアン・フェラス
 レオポルド・ルートヴィヒ
指揮
  ハンブルグ国立フィル [1950年代 録音]
   LP 7inch Telefunken UV114      
  
ロマンスの聞き比べの魅力を堪能。ロスタル盤は以前CDが発売されていたが今は廃盤?知る人ぞ知るゆったりとした旋律は魅力的。
フェラス盤は7inch盤だけのレア物で、オケが凄くうまい!若きフェラスは実に感動的。(Ardmore Classics)
ロスタルとフェラスの聴きくらべ。
ロスタルは1905年生まれなので、これは40代の演奏。フェラスは1933年生まれなので20代の時の録音。しかもともに伴奏がゲールとルートヴィヒという当時の名匠。こんなことを言っては失礼だが協奏曲の伴奏をやらせたら天下一品の二人。本当にしみじみと音楽を奏でてくれる。
そして主役の二人。聴き比べというには、あまりに贅沢な聴き比べ。オーストリア出身のロスタルの甘く、そして優雅な音色。そしてきりりと引き締まった情感をかっこよく決めてくれるフェラス。どちらも絶品!
Imgp2723
M-009
\1390
タルティーニ:ヴァイオリン協奏曲ト短調*
バッハ:ヴァイオリン・ソナタホ短調BWV.1023
H.I.ビーバー:パッサカリア ハ短調
 [1950年代中期録音] LP Concert Hall Society CHS1174  
(ヴァイオリン)マックス・ロスタル
(ハープシコード)F.ぺレグ
(チェロ)A.トゥサ
ワルター・ゲール指揮
ヴィンタートゥール響 *
好評発売中のM.ロスタルを今回も発売!アメリカ盤コンサートホールでしか存在しないオリジナル盤LPよりの復刻。(シンポジウム輸入CDが以前発売されていた)オリジナルの素晴らしい厚みある音質で迫るロスタルの魅力を堪能して頂けます。 とくにパッサカリアは見事な弱音と繊細な響きに時折感動のあまりに涙をぬぐいたくなる程に印象深い旋律が心にしみわたる絶品でロスタルを新たに知るCD-R盤です。感性豊かなマニアの方は絶対に泣けます!
Imgp2783
M-014
\1390
フロール・ヴァンのレア音源
 ドビュッシー:
  抒情的散文 / ビリティスの3つの歌 /
  フランソワ・ヴィヨンの3つのバラード
*シューベルト:野ばら  / 糸を紡ぐグレートヒェン
  [1954年 3月9日 パリ サル・アディヤール]
  A.シャルラン録音 (F)VENDOME CM9101
       *[1950年代録音]放送音源
(ソプラノ)フロール・ヴァン
(ピアノ)オデット・ガルテンラウブ
*伴奏者不明
知る人ぞ知るスイスのソプラノ、フロール・ヴァン(FLORE WEND)。ドビュッシーを得意とする彼女の歌い口はなんとなく正統派のソプラノ歌手とは違う。シャンソンでも歌ってそうなどこかけだるい感じ。語りかけるように歌うそのアンニュイさがなんかかっこいい。モーツァルトの歌曲を同レーベルに録音しているというからそれも聴いてみたい。不思議な色気を持った歌手である。

録音はACCディスク大賞を受賞した名盤で知る人ぞ知るヴァンドーム盤秘蔵音源です。また、N.ブーランジェとの共演でシャルパンティエの曲をCDで発売されるなど数少ない音源はマニアには希少です。ボーナスとしてシューベルトの歌曲を収録。
Imgp2820
M-015
\1390
モーツァルト:フルート四重奏曲(全4曲)
  [1950年代録音 モノラル録音] (F)
   BAM LD 055 2回目の録音
(Fl)ジャン=ピエール・ランパル
パスキエ三重奏団
名手ランパル、若き日のモーツァルト。軽快で清らかな、うららかな春の日のような名演。決して華やかではないが、自然体で透明感に満ちた演奏。
ランパルはモノラル時代がもっとも素晴らしいといっていいかもしれない。
また今回の復刻は、弦が凄くリアルで生々しい音で感動して頂けます。

Imgp2823
M-016
\1390

フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第1番 第2番
  [1958年 パリ ]
 LP Erato LDE3061
(Vn)ピエール・ドゥーカン
(Pf)T.コシェ
 ドゥーカンの深き繊細な響きを知る名盤の一枚で、素晴らしき演奏とモノ録音に感動していただける内容です。

 フランス・ヴァイオリン界いぶし銀の名手、ドゥーカンのフォーレ。オペラ座管などの首席ヴァイオリン奏者や室内楽奏者として、また後進の指導に力を注いだドゥーカン。ドゥーカンはLP4枚分の録音を残した。そのうちのフォーレのヴァイオリン・ソナタは1958年度ADFディスク大賞受賞し一躍その名前が知られるところとなったが、そこで録音活動をやめてしまい幻のヴァイオリニストになっていました。
 一連の録音は先日タワー・レコードでも復刻されたが(WQCC181(3CD)\2500)、ARDMOREも同時期に復刻。華やかさとは一線を画し、虚飾を排した端正なスタイルと歌心をちりばめた演奏からは、卓越したドゥーカンの音楽性が感じられる。

Imgp2961
M-019
\1390

ヴィヴァルディ:6つのフルート協奏曲 Op.10 (全曲)
 第1番ヘ長調 ”海の嵐”  第2番ト短調 ”夜”
 第3番ニ長調 ”ごしきひわ” 第4番ト長調
 第5番ヘ長調 第6番ト長調
   [1950年代後期 パリ録音] フランス盤 CRITERE LP CRD 170
(Fl)ジャン=ピエール・エスターシュ
ロラン・ドゥアット指揮
パリ・コレギウム・ムジクム
4752812557
M-021
\1390
モーツァルト:フルート四重奏曲(全4曲)
  1946年録音 MONO  (F)BAM LD 03  
(F)ジャン=ピエール・ランパル
パスキエ三重奏団
モーツァルトのフルート四重奏は今回が1回目の録音で2回目の録音はアードモア(M015)にて好評発売中です。ランパルはモノ録音時代のほうが感性豊かで素晴らしい内容のアルバムが多いです。LP最初期BAM盤で、一部SP盤の復刻でランパルのデヴューアルバムです。
Od1003
M−023
\1390
サンサーンス:組曲「動物の謝肉祭」全14曲
 (1950年代中期録音 MONO)
 10inch ODEON OD1003
エドゥアルト・リンデンべルグ指揮&
アンサンブル
(Pf)R.トラール
(Vn)メルケル、アレ
(Vla)ルヴェルジョン
(Vc)A.ナヴァラ
(Fl)F.カラージュ
(Cl)ディオネ
(Celesta)エルヴァン 他
華麗なるソリスト達のアンサンブルに脱帽!なかでもナヴァラの「白鳥」は凄い・・・メルケルとアレも見事です。オリジナル盤の復刻でコレしかない希少アイテム!他もいいので大満足です。

Imgp3115

Imgp3113
M-024
\1390

ラロ:スペイン交響曲 ノルウェー狂詩曲
ラヴェル:ツィガーヌ*
 (1956年10月 パリ録音 LP Ducrete Thomson 320 C124)MONO
 (1950年代ライヴ録音 アセテート盤) MONO 
(ヴァイオリン)ドゥヴィ・エルリー
デジレ=エミール・アンゲルブレシュト指揮
フランス国立管弦楽団 *
ロンドン・フィル
全てが素晴らしい内容で、今回のラヴェルは可也レア。
Imgp3213
M-026
\1390
シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第1番 & 第2番
(1950年代中期録音 LP Erato LDE 3048)MONO 
(Vn)ピエール・ドゥーカン
(ピアノ)フランシス・ぺティテ
ドゥーカンのエラート盤希少LPで全て素晴らしい内容!(同レーベルにてフォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第1、2番が好評発売中。 M016)
Imgp3221t

Imgp3219a

Imgp3215
M-027
\1390
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調Op.64
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.35
 (1950年代後期録音 LP Pretoria CL8013)MONO
(Vn)サルヴァトーレ・アッカルド
ヘルベルト・アルベルト指揮
パドゥルー管
若きアッカルドの名演。フランス盤プレトリア(オリジナル)より復刻
Imgp3296
M-028
\1390
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.77
 (1950年代後期録音 LP 
    Le Club Francais du Disque 306)MONO
(Vn)ポール・マカノヴィツキー
R.アルベルト指揮
ミュンヘンPO
これぞ絶品!哀愁漂う自然な流れのソロにうちのめされる。マニアでの評判は可也なもの(LPは高額)今回の復刻はお買い得。オケがものたりないが・・・こんなブラームスも魅力的。    
M-031
\1390
ベートーヴェン:
 ピアノ・ソナタ第8番Op.13「悲愴」
 ピアノ・ソナタ第14番Op.27-2「月光」
 ピアノ・ソナタ第26番Op.81a「告別」
  LP ELITE PLPE30032 1950年代後期MONO録音
ハンス・エーリヒ・リーヴェンザーム(ピアノ)
ウラッハの演奏があったスイスのエリート盤の復刻。今回ほとんど録音がない珍品希少アイテムのピアノ奏者は極めて素晴らしい内容では?
Imgp3482
M-032
\1390
シューベルト:弦楽四重奏曲第11番ホ長調D.353,Op.125-2
シューマン:弦楽四重奏曲第1番イ短調,Op.41-1
 LP(F)PACIFIC LDP F76
パレナン弦楽四重奏団
J.パレナン(Vn)
M.シャルパンティエ(Vn)
S.コロ(Vla)
P.ぺナソゥ(Vc)
1950年代初期MONO録音
M-033
\1390
K.シュターミッツ:2つのヴァイオリンのための協奏交響曲
J.B.ヴァンハル:交響曲イ短調
P.ウィンター:クラリネットとチェロのためのコンチェルティーノ
 LP Le Club Francais du Disque 279
(Vn)ゲオルグ・フリードリヒ・ヘンデル
(Vn)パウル・マカノヴィツキー
(Cl)ジョスト・ミッシェル
(Vc)イリーネ・ギューデル
(Ob)ヘルムート・ヴィンシャーマン
カール・リステンパルト
指揮
ザール室内管
1950年代後期MONO録音
好評マカノヴィツキーとリステンパルトの共演盤でシュターミッツではヴィンシャーマンも参加している。
M-034
\1390
ヒルデ・ギューデンの不思議な魅力を放つ音楽集
 アイヴォー・ノヴェロ&ノエル・カワード作品集(12曲)+
 マックス・シェーンヘル編曲集「ウィーンの香りと共に」(15曲)*
 R・シュトルツ作曲「プラター公園の春」
 J・シュトラウス作曲「ジーヴェリングで」
 R・ジーチンスキー作曲「ウィーンわが夢の街」
 J・シュトラウス作曲「ウィーン気質」
ヒルデ・ギューデン(s)
スタンリー・ブラック指揮+
管弦楽団+
アドラー指揮*
管弦楽団*
カール・ローベ指揮
管弦楽団
オーストリアの生んだ20世紀最高のソプラノ歌手ヒルデ・ギューデンの珍しいレパートリーの歌唱集。ニューヨークの中古屋で手に入れたLPからの復刻らしい。
アイヴァー・ノヴェロはソングライター、劇作家、俳優、ピアニスト、プロデューサーとして活躍した人。彼の名を冠した「アイヴァー・ノヴェロ賞」はイギリスで毎年ソングライターにおくられる権威ある賞で、歴代受賞者にはポール・マッカートニー、ピート・タウンゼント、フレディ・マーキュリーらも名を連ねる。
またノエル・カワードも、イギリスの俳優で、作詞・作曲、映画監督もしたマルチタレント。
製作者の話ではとっても素敵らしいので、本盤を聴いたらまた感想を記したい。
 (LP London LL1703 1955年録音)MONO+   (10inch DEECA LX3108 1953年録音)MONO* (LP Telefunken 14243 1960年録音)STEREO

Imgp3522

Imgp3517
M-035
\1390

シューベルト:
 弦楽四重奏曲第14番ニ短調D.810「死と乙女」
  弦楽四重奏曲第12番ハ短調D.703「断章」
 (LP Resonances#22 1958年10月16,17日パリ録音MONO)
シェーファー弦楽四重奏団
クルト・シェーファー(第1ヴァイオリン)
フランツジョゼフ・マイアー(第2ヴァイオリン)
フランツ・バイヤー(ヴィオラ)
クルト・ヘルツブルッフ(チェロ)
M-036
\1390
ヒルデ・ギューデンのリヒャルト・シュトラウス歌曲集
 ひとつのものOp.69-3、葉を鳴らせ愛らしいミルテよOp.68、
 星Op.69-1、ひどいあらしの日Op.69-5、
 私は花束を編みたかったOp.68-2、
 あなたの歌がひびいたときOp.68-4、親しき幻Op.48-1、
 高鳴る胸Op.29-2、帰郷Op.15-5、解脱Op.39-4、夜Op.10-3、
 ぼくたち隠しておいていいものだろうかOp.19-4、
 わが子にOp.37- 3 (全13曲)
  (LP London LL1591 1956年9月ウィーン録音)MONO
(ソプラノ)ヒルデ・ギューデン
(ピアノ)フリードリヒ・グルダ
M-039
\1390
ベートーヴェン:
 ピアノ、ヴァイオリンとチェロのための三重奏協奏曲ハ長調Op.56
ブラームス:
 ヴァイオリンとチェロのための協奏曲イ短調Op.102 *
  (LP Ducrete Thomson 260 C087 1956年録音&
  270 C110 1957年録音*) MONO
(ピアノ)モニーク・ファロ
(チェロ)ギイ・ファロ
(ヴァイオリン)ドゥヴィ・エルリー
エルネスト・ブール指揮
南西ドイツ放送響 
Imgp2354u
M-040
\1390
フランク:ヴァイオリン・ソナタイ長調
グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ第3番ハ短調
 LP (F)Erato LDE3091 - 1958年パリ録音MONO
(ヴァイオリン)ピエール・ドゥーカン
(ピアノ)テレーズ・コシェ

Imgp3864_4
M-041廃盤
アリア・レーベルに移行

ジャニーヌ・アンドラード
 ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調

   LP (F)VEGA 30MT10121 - 1950年代後期録音MONO
(ヴァイオリン)ジャニーヌ・アンドラード
ハンス・ユルゲン=ヴァルター指揮
ハンブルク・プロ・ムジカ管弦楽団




ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD 新店舗トップページへ



Copyright(C) 2016 ARIA−CD.All rights reserved.