クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ





ご期待にお応えして・・・
アトランタ交響楽団自主制作盤
ロバート・ショウ、アトランタ響音楽監督引退公演ライヴ
ベートーヴェン:交響曲第9番


 ご期待にお応えして再登場。



 アトランタ交響楽団は1947年創設の比較的新しいオーケストラだが、創設5年で早くもアメリカ・トップ25のオケにランクしていたことからわかるとおり、相当な実力を持つ。よく知られているのは音楽監督ロバート・ショウ時代の美しい声楽作品の録音集。その後ヨエル・レヴィに引き継がれ、現在はロバート・スパーノが音楽監督を務め、新たな黄金時代を築こうとしている。

 スパーノはアメリカ生まれの1961年の中堅指揮者。最近DGやTELARCから精力的に録音を出していてちょっと注目株。
 店主もゴリジョフのアルバム以来注意している。


 さてそのアトランタ響の自主製作盤にベートーヴェンの第9。






ロバート・ショウ
アトランタ合唱団との血と汗と愛と涙の結晶
8分41秒の拍手を収録
アトランタ交響楽団音楽監督引退公演ライヴ
ベートーヴェン:交響曲第9番



 ロバート・ショウは、 1916年生まれのアメリカの指揮者。
 合唱指揮者としては世界でもっとも有名かと。

 学生の時、自身の合唱団を組織して活動を始め、1949年にロバート・ショウ合唱団を設立して全米屈指の合唱団に育て上げる。
 そしてトスカニーニにその実力を認められ、NBC交響楽団と共演を果たし(トスカニーニの第九の合唱指揮者はこの人)、その後ジョージ・セルの下でクリーヴランド管弦楽団の副指揮者として研鑽を積み、クリーヴランド管弦楽団付属合唱団の指揮者を務めた。
 1967年にアトランタ交響楽団の音楽監督に就任すると、併設の合唱団を組織、共にメジャー団体としての地位を築いた。
 21年の長きに渡ってその地位を務め(グラミー賞を14回も受賞した)、1988年に退任後1999年に亡くなるまで名誉音楽監督の地位にあった。
 

 その重鎮ショウが1988年に指揮した「第9」・・・。
 そう、これはショウのアトランタ交響楽団音楽監督引退公演のライヴなのである。
 
 この「第9」、まちがいなく終楽章を聴かせるための公演。
 ショウとアトランタ合唱団の血と汗と愛と涙の結晶。
 これはもう「歓喜を突き抜けた歌」。中盤からの熱い熱い歌唱にはまちがいなく心震える。
 ここまで歌うことの凄まじさと悦びを感じさせてくれる「第9」には二度と出会えないのではないか。

 それを証明するために、このCDにはなんと終演後8分41秒の拍手を収録している。
 この歓喜の拍手を含めてのショウとアトランタの「第9」というわけである。


 21世紀に登場した歴史的な一枚。
 こういうアルバムは持っておきたい。

 

ASO
\3200→¥2890
ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 「合唱付き」 Op. 125 ベニタ・ヴァレンテ(ソプラノ)
ジャニス・テイラー (メゾ・ソプラノ)
リチャード・リーチ (テノール)
ウィリアム・ストーン (バリトン)
アトランタ交響合唱団
アトランタ交響楽団
ロバート・ショウ (指揮)

録音 1988-5-21






 



ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2014 ARIA−CD.All rights reserved.08