クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ




その男、バルザム(P)
BRIDGEピアノ・ソロ/協奏曲/室内楽録音集





 アルトゥール・バルザムは1906年生まれ、ポーランド・ワルシャワ出身のアメリカのピアノ奏者。
 ベルリン音楽アカデミーに留学し1918年頃より独奏者として数多くのコンサート活動を続けた。
 1930年にはベルリン国際コンクールで第一位となり、翌年1931年メンデルスゾーン賞を受賞、ナチス台頭前夜にアメリカに移り、それからはメニューイン、モリーニ、ミルシテイン、フランチェスカッティらのヴァイオリン奏者の伴奏者として、また室内楽奏者、独奏者としても活動した。
 その後メーン州ブルーヒルにあるナイジェル室内楽学校のピアノ科の主任教授を務め、1970年からはマンハッタン音楽学校でピアノ科と室内楽科を教えていた。

 一般のファンには重鎮伴奏者として知られるバルザムだが、意外にソリストとしての録音も多い。
 また室内楽でもリバールやカウフマンといった名手との録音がある。

 協奏曲ではモーツァルトが多く、しかもあえて有名曲をはずしているところがなんとなくこのひとらしい。
 伴奏者として名高いだけに、「自分が自分が」というタイプの演奏ではないが、その控えめなゴージャスさがかえって優雅に聞こえる。
 このモーツァルトのピアノ協奏曲は知られざる名演と言っていいと思う。

 またソロ録音の中のショパンも聞き物。
 伴奏者として常に臨機応変、当意即妙の極意を身につけた男が、ひとりになったらこんなにも自由に融通無碍に音楽を奏でていたのか。
 普段謹厳実直な男が、誰も聴いていないと思ってつい奏でた演奏を誰かがこっそり録音していた・・・そんな風情なのである。。。


 このモーツァルトとショパンを聴いてバルザムが好きになった。




ドヴォルザーク&ショーソン
ペーター・リバール、ルイス・カウフマン共演!
BCD 9225
2CD\2800


 アルトゥール・バルザムのピアノに、ペーター・リバール、ルイス・カウフマンといった名ヴァイオリニストが加わった室内楽集。
 ルイス・カウフマン(1905−1994)は、米国オレゴン州ポートランド生まれのヴァイオリニスト。ハリウッドの映画音楽の演奏で有名な一方、20世紀の米国の音楽を積極的に紹介したことでも知られている。

Artur Balsam & Louis Kaufman - Music of Dvorak & Chausson
BCD 9225
(2CD)
\2800
(1)ドヴォルザーク:ピアノ四重奏曲第2番 変ホ長調 Op.87
(2)ドヴォルザーク:ピアノ三重奏曲第3番 ヘ短調 Op.65
(3)ドヴォルザーク:4つのロマンティックな小品 Op.75
(4)ショーソン:コンセール ニ長調 Op.21 ADD
アルトゥール・バルザム(Pf)
共演:
(1)ペーター・リバール(Vn)
オスカー・クロマー(Va)
アントニオ・トゥシャ(Vc)
(2)〜(4)ルイス・カウフマン(Vn)
(2)マルセル・セルヴェラ(Vc)
(4)パスカル四重奏団





アルトゥール・バルザム/ピアノ・ソロ
BCD 9226
2CD\2800

 伴奏ピアニストとして名高いアルトゥール・バルザム(1906−1994)が、マンハッタン音楽院で行ったリサイタルのライヴ録音。
 バルザムのソロの録音は少ないわけではないが、ディアベリ変奏曲のような大曲は珍しい。

Haydn: Piano Sonata No. 60 in C major, Hob.XVI:50, etc.
BCD 9226
(2CD)
\2800
バルザム80年代のピアノ・ソロ録音集
 「マンハッタン音楽院でのライヴ録音集」

 ハイドン:ピアノ・ソナタ ハ長調 Hob.XVI-50
 ベートーヴェン:ディアベリの主題による33の変奏曲 ハ長調Op.120
 ブラームス:
  間奏曲 ロ短調 Op.119-1,間奏曲 イ長調 Op.118-2,
  カプリッチョ 嬰ハ短調 Op.76-5
 メンデルスゾーン:無言歌 変ホ長調 Op.67-1「瞑想」
 ショパン:
  マズルカ ロ長調Op.63-1,マズルカ ヘ短調Op.63-2,
  マズルカ 嬰ハ短調Op.63-3,夜想曲 嬰ヘ短調Op.48-2,
  ポロネーズ 変ホ短調Op.26-2,マズルカ イ短調Op.17-4,
  華麗なる変奏曲 変ロ長調Op.12
アルトゥール・バルザム(ピアノ)
録音:1982,1986,1987年、ADD DDD





バルザム、2つの協奏曲録音集
各2CD¥2800

Mozart: Piano Concerto No.  8 in C major, K246 'Lutzow', etc.
BCD9196
(2CD)
\2800
「アルトゥール・バルザム 協奏曲録音集」
 モーツァルト:ピアノ協奏曲第8番 ハ長調 K.246
 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 ニ長調 Op.61(ヴァイオリン協奏曲からの編曲)
 モーツァルト:ピアノ協奏曲第13番 ハ長調 K.415
 フンメル:ピアノ協奏曲 イ短調 Op.85
 C.P.E.バッハ:ピアノ協奏曲 ニ短調 H.427 Wq23
アルトゥール・バルザム(P)
ウォルター・ゲール(指揮)
ヴィンタートゥール交響楽団
クレメンス・ダヒンデン(指揮)
ヴィンタートゥール交響楽団
ヘンリー・スヴォボダ(指揮)
コンサート・ホール交響楽団
オットー・アッカーマン(指揮)
ヴィンタートゥール交響楽団
ヴィクトル・デザルツェンス(指揮)
ヴィンタートゥール交響楽団
録音:1950年代前半モノラル、AAD、141:16
Artur Balsam - Mozart Recordings
BCD 9217
(2CD)
\2800
モーツァルト:ピアノ協奏曲集
 ピアノ協奏曲第15番変ロ長調K. 450/
 ピアノ協奏曲第17番ト長調K. 453/ロンドイ短調K. 511/
 ピアノ・ソナタハ長調K. 330/
 ピアノ協奏曲第14番変ホ長調K. 449/
 ピアノ協奏曲第18番変ロ長調K. 456
アルトゥール・バルサム(P)、
ハリー・ニューストーン指揮
ハイドン管
録音:1956年6月、放送録音(協奏曲)、1950年代、コンサートホール原盤(ソナタ)、1980年2月、ニューヨーク(ロンド)

 バルサムは当レーベルの国会図書館ライヴシリーズでブダペスト四重奏団やミルシテインなど大物アーティストとの共演で知られて知られていたが、このアルバムは古典派の協奏曲集(BCD9196)に続くソリストとしての復刻第2弾。
 バルサムは1906年ワルシャワで生まれ、ベルリン音楽アカデミーに留学して1930年ベルリン国際コンクールで1位となった。1940年アメリカに移住し、独奏者として活動したほか、ユーディ・メニューイン、ナタン・ミルシテイン、ジノ・フランチェスカッティ、ヨーゼフ・シゲティなどと共演した。ハイドンとモーツァルトの独奏曲全曲と多数の協奏曲や室内楽曲を録音している。
 バルサムは、「自分の演奏するモーツァルトを常に歌わせたいから、極端なテンポや強弱の対照は避けている。他の作曲家の作品で用いる音の範囲とは異なる美しい音質を目指さなくてはならない」、と書いている。その言葉通り、特に独奏曲では軽く繊細なタッチで、節度のある、しかし暖かみのある音楽が作り出されている。





ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2014 ARIA−CD.All rights reserved.08