クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ




BRILLIANT 大型セール
〜11/25(日)
原盤RELIEF、定番中の定番
フェドセーエフ&モスクワ放送チャイコフスキー響
グラズノフ:交響曲全集
(4CD)¥2600→\1990







 いつか全曲聴いてみたいと思いながら、なかなか手が出ないグラズノフ交響曲全集。
 CD全集も分売で何種類か出てはいるが、なかなか全曲を揃える勇気はない。・・・そういう方多いと思います。

 そんなあなたのためのフェドセーエフ&モスクワ放送チャイコフスキー響のグラズノフ:交響曲全集

 ご存知RELIEFレーベルから¥5000前後で発売になっていた大ベストセラー・セットが、半額になってBRILLIANTから登場。今回はさらにそこから大きく値引きという超特価。
 
 フェドセーエフのグラズノフの交響曲はロシア的というよりはソ連的味わいがしますが、1970年代のソ連のオーケストラの底力を堪能させてくれます。
 グラズノフの交響曲は全8曲いずれも規模が大きく、内容も変化に富んで聴き応え満点。
 とは言っても晦渋なものではなく、メロディ・メーカーのグラズノフならではの甘くチャーミングなメロディにあふれ、またどれもがバレエ音楽的な極彩色の夢幻性と流れるようなスピード感で楽しさ満点。
 また、フェドセーエフの解釈は、同じく全集を録音しているロジェストヴェンスキーやスヴェトラーノフと比べ若々しさに満ちています。



グラズノフ:交響曲全集
第1番 天才グラズノフ、16歳のときの作品。若書きどころか、4番、5番につぐ傑作とされる。とくに第1、2楽章のロマンあふれる若々しさは魅力的。
第2番 ボロディンの2番と対比される「英雄的」作品。ただ若干緩慢な嫌いも。
第3番 20代中盤、さすがに作風も練れてくる。いかにもロシア音楽、といった感じで抒情的・映画音楽的。
第4番 さらに進歩して、ロシア・シンフォニーの代表に仲間入りするような完成度を持つようになる。第4番は民謡的素材を優雅にあしらいながら、哀しさ、愛らしさにも事欠かない。
第5番 そして最高傑作とされる第5番。優しさ、素朴さのなかに、人間的成長をうかがわせる音楽的な深さを感じさせてくれる。
第6番 美しさや抒情よりも、構成的な強固さを求めたか、やや難解な作品。
第7番 「田園」の副題をもつ第7番。ベートーヴェンを思わせる楽しく美しい第1楽章が印象的。
第8番 完成した最後の作品。天才的なメロディーや音楽的発想は影を潜め、難産だったかな、というような苦渋の展開が続く。
 1989年(交響曲第1−8番)※未完の交響曲第9番は含まれておりません。



BRL94719
(4CD)
¥2600→\1990

フェドセーエフ&モスクワ放送チャイコフスキー響
 グラズノフ:交響曲全集


グラズノフ:
交響曲第1番ホ長調Op.5『スラヴ』
交響曲第2番嬰ヘ短調Op.16
交響曲第3番ニ長調Op.33
交響曲第4番変ホ長調Op.48
交響曲第5番変ロ長調Op.55
交響曲第6番ハ短調Op.58
交響曲第7番ヘ長調Op.77
交響曲第8番変ホ長調Op.83

演奏会用ワルツ第1番ニ長調Op.47
ウラジーミル・フェドセーエフ指揮、
モスクワ放送チャイコフスキー交響楽団
録音:1974-82年、モスクワ音楽院大ホール






ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2018 ARIA−CD.All rights reserved.08