クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ

. 

3枚ずつの限定入荷
パク・ヨンミン指揮&プチョン・フィル
韓国SONY
☆マーラー:交響曲第1番
☆マーラー:交響曲第6番



 第96号でお知らせした人気アイテム、完売したため入手に奔走した結果なんとか3枚ずつ入手。

 

  指揮者パク・ヨンミンは 国立ソウル大学・大学院を卒業後、オーストリアの モーツァルト国立音大でギーエンに師事、 国際モーツァルト財団ではパウムガルトナー 賞 (Paumgartner Medal)を受賞した。

 2015年より プチョン・フィルの音楽監督・指揮者を務めている。

 プチョン・フィルは富川(プチョン)市の全幅的な支援によって創設されたオケ。
 先日ご紹介して日本の音楽ファンを震撼させたブルックナー交響曲全集で一躍名を成したイム・ホンジョンを常任指揮者に迎え入れ、韓国最高のオーケストラに成長したらしい。
 そのイム・ホンジョンが行った プチョン・フィルのマーラー交響曲全曲シリーズは、韓国に‘マーラー・シンドローム’を引き起したという。
 今回のパク・ヨンミンによるマーラー録音も、その勢いその流れで為されたものだろう。


 抽選漏れ、完売の際はどうかご容赦を・・・。



8803581182972
\3200
マーラー:交響曲第1番「巨人」(花の章付き) パク・ヨンミン指揮
プチョン・フィル


8803581182309
(2CD)
\3600
マーラー:交響曲第6番 パク・ヨンミン指揮
プチョン・フィル








こちらも在庫確認!まだ入る可能性アリ!
日本の音楽ファンを震撼させた
イム・ホンジョンの2つのアルバム


韓国Decca
DD 41143
(10CD)\4990
枚数限定
イム・ホンジョン&韓国交響楽団
 ブルックナー交響曲全集

  交響曲第1番 ハ短調 WAB 101 (1891年ウィーン稿・G. ブロッシェ版)
  交響曲第2番 ハ短調 WAB 102 (1877年稿・ノヴァーク版)
  交響曲第3番 ニ短調 WAB 103 (1889年稿・ノヴァーク版)
  交響曲第4番 変ホ長調 「ロマンティック」 WAB 104 (1881年稿・ハース版)
  交響曲第5番 変ロ長調 WAB 105
  交響曲第6番 イ長調 WAB 106 (ノヴァーク版)
  交響曲第7番 ホ長調 WAB 107 (1885年稿・ハース版)
  交響曲第8番 ハ短調 WAB 108 (1887年稿および1890年稿・ハース版)
  交響曲第9番 ニ短調 WAB 109 (1894年初稿・オーレル版)
イム・ホンジョン(林憲政) (指揮)
韓国交響楽団
録音: (第1番)2015.10.29、(第2番)2016.4.26、(第3番)2015.5.12、(第4番)2016.2.25、(第5番)2016.9.9、
    (第6番)2015.2.26、(第7番)2014.11.21、(第8番)2015.12.15、(第9番)2016.12.1
ソウル・アール・センター



 韓国でも入手困難状態になりつつあったイム・ホンジョン&韓国交響楽団によるブルックナー交響曲全集。

 ずっと探し回っていたら、なんととんでもない価格の在庫を発掘!さらにいっしょに探していたブラームスの交響曲第1番も同じく特価で発掘。

 昨年購入された方には申し訳ない価格だが、本数が限られているということでどうかご容赦を・・・




 このおそるべきパワー。

 聴いていて、ぞぞぞっと鳥肌が立つような強烈なエネルギー。
 細部などこだわらないで力任せに相手をねじ伏せるような、怒涛の勢い。

 恐ろしい。

 韓国映画をご覧になられた方はご存知かと思うが、韓国映画のパワーは並大抵ではない。
 旺盛なサービス精神と、有無を言わせぬ迫力、観る人の精神をこれでもかこれでもかと圧迫して来る強引さ。

 あの韓国映画と同じような執念のごとき「力」を、彼らのブルックナーに感じた。

 もちろんヨーロッパのオケはすごい。本気のベルリン・フィルでブルックナーを聴いたらそれはもう気絶しそうになる。
 しかし、それでもどんなに凄まじい演奏でも、ヨーロッパのオーケストラが弾くブルックナーが檻から出てくることはない。凶暴化して襲い掛かってくることはない。

 ・・・しかし・・・この韓国オケのブルックナー。

 何かの拍子に檻から抜け出して、こちらに飛び掛ってきそうなのである。
 どんなに逃げても逃げても追いかけてくる精力絶倫のモンスターのように。

 ただ音量が大きいだけでもない、ただやみくもに強弱をつけているわけでもない。
 なのに聴くものに畏怖を感じさせるような、底から地面を突き破って湧き上がり噴出してくる音の塊、、情念の塊。
 ゴリゴリと音楽を塊でぶつけてくる、あえていえば戦前のオーケストラがもっていたあの傍若無人な押しの強さ、アクの強さ。

 全編緊張感に満ちた一片の緩みもない演奏とは言わない。細部の隅々まですべて完璧な演奏とも言わない。ウィーン・フィルのような弦、ベルリン・フィルのような管とか言わない。
 しかしこちらにまっすぐひたすら前へ前へ突き進んで来るこの無尽蔵なエネルギーは、空恐ろしくすらある。
 

 こんなゾゾゾっとするようなブルックナー、最近ではなかなか聴けないのではないか。その荒々しさ、素朴さがかえって怖いのだ。
 世間一般のブルックナー演奏とは、そもそもベクトルが違っているような気がする。



 指揮は2014年より同団音楽監督を務める イム・ホンジョン(林憲政)。
 プチョン(富川)・フィルの常任指揮者となってこのオーケストラを韓国有数のオケに育て上げ、1999年-2003年のマーラー交響曲全曲チクルスによって韓国「マーラー・シンドローム」を巻き起こしたという。



 オケは韓国交響楽団。1985年に韓国初の自主運営団体として創設されたソウルのオーケストラ。1997年に国立劇場と契約してオペラ、バレエなども手がけるようになり、2001年にはソウル・アーツ・センターの専属となり、楽員90名を擁する韓国を代表する韓国を代表するオーケストラに成長した。





.


韓国ユニバーサル
808678
\3000→\1990
枚数限定
こちらも現地在庫僅少
 イム・ホンジョン&プチョン・フィル
  ブラームス:交響曲第1番
イム・ホンジョン(林憲政) (指揮)
プチョン・フィルハーモニック管弦楽団

 イム・ホンジョンの指揮のCDがないか探したらこんなのを見つけた。
 オケはプチョン・フィル。
 富川(プチョン)市の全幅的な支援によって創設されたオケ。
 イム・ホンジョンを常任指揮者に迎え入れ、韓国最高のオーケストラに成長したらしい。
 特にマーラー交響曲全曲シリーズは、‘マーラー・シンドローム’という音楽界の新しい風を引き起し、それによりイム・ホンジョンも韓国マーラー・ブームの立役者と呼ばれるようになったという。

 さっそく今聴いているが、冒頭から低音をグリグリ響かせた超重量級演奏。






ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2018 ARIA−CD.All rights reserved.