クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ

. 


まさかの再入手!8枚のみ!!これが最後なのか?
ロシアの入手困難レーベル
BOMBA PITER(MANCHESTER FILES)
セレブリャコフの熱情
1CD\3000
〜4/7(日)


 新生ロシアのCDレーベルのひとつ「MANCHESTER FILES(発売元の名称「BOMBA PITER」に変わったらしい・・・)」。

 ロシアのレーベルらしい雑多で混沌としたレパートリーの中に、貴重な歴史録音があったかと思えば、現代音楽もあり、かと思えば名匠による名曲の新録音もある。
 しかし流通のほうは、ロシアらしくまったく読めない。突然全く入らなくなったかと思えば、いままで見たこともなかったようなアイテムが全然別のルートから入ったり、海外の倉庫でとてつもなく安い価格で数タイトルだけセールになったり、逆にとてつもなく高い価格でオファーされてきたり・・・と、もうほんとにまったく動向・情勢が読めない。
 そして昨年、どうやら事業終了らしき在庫処分セールがなされ、その後ついに入手困難となった。。
 つまりあの爆裂院長の「熱情」も手に入らなくなってしまったのである・・・

 しかしそんな中、探し続けて2年、ようやく8本だけ手に入れることができた。
 4/7までのご注文から抽選で。



 店主が講座などで「熱情」をかけるときたいてい引っ張り出してくる世紀の爆裂演奏。
 「熱情」を語るならこれを聞いてからに。
 



CDMAN 152
\3000
ラストの1分は防空壕で聴いてほしい。
 パーヴェル・セレブリャコフの熱情

 ベートーヴェン(1770-1827):ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調「熱情」Op.57
 ショパン(1810-1849):ピアノ・ソナタ第2番変ロ長調 Op.35
 ラフマニノフ(1873-1943):ピアノ・ソナタ第2番変ロ長調 Op.36

録音:1973-1976年

パーヴェル・セレブリャコフ(ピアノ)

 ことあるごとに絶賛してきたセレブリャコフの「熱情」アルバム。

 セレブリャコフは1906年生まれ。なんとレニングラード音楽院の院長にまでのぼりつめた人である。
 この演奏はその院長先生が院長の最終時期(1977年まで務めた)に残した録音。
 老獪、熟練、孤高・・・そうした言葉を受けつけないおそるべき70歳。
 この情熱・劇性はなんともはや・・・。
 ジャケットの写真さながらの、まさにこれぞ鍵盤の獅子王。
 「熱情」に関しては若干の指のもつれなど何のその、ギーゼキングの旧録音に匹敵する、聴くものを恫喝・威嚇・攻撃する超破壊演奏。ラストの1分は防空壕で聴いてほしい。

 そしてショパンの第2ソナタ。これはスタジオ録音ということだが、もしライヴだったとしたらホールにいる人間はまるで爆撃・銃撃に晒されているようなもの。
 「尻の青いこわっぱども、よく聴け!これがロシアのショパンだ!!」と叫びながら弾いていたに違いない。
 若いときは暴れん坊だったらしいセレブリャコフだが、老年期入ってもその熱血漢ぶりは変わらない。ここで聴かれるピアノは楽器ではなく武器である。ぼーっと聴いていたら大きな弾丸で心を蜂の巣にされること必至。

 ラストのラフマニノフは冒頭こそ爆裂演奏だが、中間部ではずっしりした抒情をたっぷり聴かせてくれて、この人がとんでもないロマンティストであることを初めて知った。






ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2015-2019 ARIA−CD.All rights reserved.