アリアCD 新店舗へようこそ

新店舗トップページへ

お買い物の方法  

ページ内の商品チェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ



名演奏家ライヴCD-R
EN LARMES その4
1CD-R¥1,700→¥1490



5タイトル買ったら1タイトルサービス!
サービスのタイトルは1枚もののアルバムとさせてください。

〜9/17(日)



 CD-Rは通常のCDとは違いレーザー光線で情報を記録するメディアですが、再生方法・保存方法はCDとまったく同じです。ただ光には弱いのでお気をつけください。また、水に濡れると表面の印刷が落ちることがあるのでご注意ください。

 音飛びやノイズなどについてはメーカーが把握しているものはコメントするようにしていますが、それ以外の場合でも発生する可能性があります。
 基本的に「再生不能」や明らかな「製作ミス」以外に関しては交換・返品をお受けできないのですが、どうか熱心なマニア向け商品ということでご了承くださいませ。


ELS 04-613 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ヤブロンスキー(P)
クルト・ザンデルリンク指揮
ハンブルク北ドイツ放送響
1996年9月6日、ハンブルクでの録音。壮大なスケールと内容の濃さが際立ったザンデルリンクならではの演奏。ソロも見事。音質良好 世界初出
ELS 04-614 ブルックナー:交響曲第7番 ハイティンク指揮
シュターツカペレ・ドレスデン
2004年9月3日、ロンドンでの録音。ドレスデンでのライヴ(04-596)から8日後、プロムスに参加した際の録音。昨今のハイティンクの充実ぶりは言語を絶している。壮麗さと豊かな叙情性をたたえた、現代最高のブルックナー。音質良好 世界初出
ELS 04-615 モーツァルト:交響曲第38番「プラハ」
ベルク:ヴァイオリン協奏曲
ドホナーニ指揮
ハンブルク北ドイツ放送響
ツィンマーマン(Vn)
2004年8月28日、リューベックでの録音。絶好のスタートを切ったドホナーニ&NDRコンビ。冴え渡った棒がオケを見事にリードしており、モーツァルトの格調の高さは特筆もの。ツィンマーマンをソロに迎えたベルクの内容の濃さもまた格別。音質良好 世界初出
ELS 04-616 メンデルスゾーン:交響曲第1番
シューマン:交響曲第1番「春」
ノリントン指揮
シュトゥットガルト放送響
2004年9月1日、シュトゥットガルトでの録音。斬新な解釈とフレッシュな音楽性でついに幅広い支持を得るに至ったノリントンだが、手兵シュトゥットガルト放送響とのコンサートは、ハイレベルな名演の連続。9月に行われたメンデルスゾーン&シューマンのチクルスもノリントンの面目躍如で、新鮮な魅力にあふれた見事な演奏。音質良好 世界初出
ELS 04-617 メンデルスゾーン:交響曲第3番「スコットランド」
シューマン:交響曲第3番「ライン」
ノリントン指揮
シュトゥットガルト放送響
2004年9月3日、シュトゥットガルトでの録音。チクルス第2夜のライヴ。斬新な解釈とフレッシュな音楽性が、作品の魅力を余すところなく引き出している。「ライン」にごく短い音とびがあるが、全体としては音質良好とのこと。世界初出
ELS 04-618 メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」
シューマン:交響曲第4番
ノリントン指揮
シュトゥットガルト放送響
2004年9月7日、シュトゥットガルトでの録音。チクルス第3夜のライヴ。性格の大きく異なる2作品の鮮やかな対比は実に見事。音質良好 世界初出
ELS 04-619 メンデルスゾーン:交響曲第5番「宗教改革」
シューマン:交響曲第2番
ノリントン指揮
シュトゥットガルト放送響
2004年9月9日、シュトゥットガルトでの録音。チクルス第4夜のライヴ。幅広いレパートリーを持つノリントンだが、やはりこの時代の作品との相性の良さは格別。実に鮮やかな名演。音質良好 世界初出
ELS 04-620/1
(2CD−R)
ウェーバー:歌劇「オベロン」序曲(2004/10/28)
R.シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」(同)
ベートーヴェン:交響曲第7番(同)
モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」(2004/9/3)
ハイティンク指揮
シュターツカペレ・ドレスデン
モーツァルトはロンドン、他はドレスデンでのライヴ。R.シュトラウスは珍しいレパートリーだが、風格ある堂々たる演奏。ベートーヴェンのスケールの大きさも格別。音質良好 世界初出
ELS 04-622 R.シュトラウス:
 交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
 同「ツァラトゥストラはかく語りき」
ライトナー指揮
バイエルン放送響
録音年月日不詳。構成力の確かさと風格の豊かさが際立つ名演。音質良好 世界初出
ELS 04-623 マーラー:交響曲第1番「巨人」 ドホナーニ指揮
ハンブルク北ドイツ放送響
2004年9月13日、ハンブルクでのライヴ。クライマックスの壮麗さは言語を絶するほどの凄まじさ。音質良好 世界初出
ELS 04-624 ワーグナー:ジークフリート牧歌(2004/10/15)
R.シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」(2004/11/15)
ドホナーニ指揮
ハンブルク北ドイツ放送響
どちらもハンブルクでのライヴ。奇をてらうことなく、正攻法を貫きながら、作品を完全に把握し、隅々にまで光を当てた力量に脱帽。音質良好 世界初出
ELS 04-625 ベートーヴェン:交響曲第8番(2004/9/24)
ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲(2004/11/19)
ヘルビッヒ指揮
ザールブリュッケン放送響
イザベル・ファウスト(Vn)
どちらもザールブリュッケンでのライヴ。近年急速に充実の度を深め、数少ないドイツ正統派の巨匠のひとりとなったヘルビッヒの貴重なライヴ。端正なスタイルの中に深い味わいを湛えた格調高い名演。イザベル・ファウストのソロも大健闘で、聴き応え充分。音質良好 世界初出
ELS 04-626 メンデルスゾーン:
 交響曲第2番「賛歌」〜シンフォニア/
 劇音楽「真夏の夜の夢」
ノリントン指揮
シュトゥットガルト放送響
2004年9月12日、シュトゥットガルトでの録音。一連のチクルスの中での録音。抜群の説得力で、一度はまると抜け出せない魅力がある。音質良好 世界初出
ELS 04-627 バルトーク:ハンガリーの風景SZ.97
ドヴォルザーク:交響曲第7番
イヴァン・フィッシャー指揮
バイエルン放送響
2004年11月12日、ミュンヘンでの録音。現在絶好調のイヴァン・フィッシャーがBRSOに客演した際のライヴ。得意のプログラムで自信に満ちた堂々たる演奏ぶり。オケも棒によく応え、気迫に満ちた凄まじい名演に仕上がっている。音質良好 世界初出
ELS 05-628 ベートーヴェン:
 交響曲第7番(1975/4/27)
 「プロメテウスの創造物」序曲(不明)
 シューベルト:「ロザムンデ」序曲(不明)
クーベリック指揮
バイエルン放送響
クーベリック・ファン待望の初出音源。ライヴでのクーベリックの力量の凄まじさを痛感させられる名演。7番は同じコンビのスタジオ盤を大きく上回る。音質良好 世界初出
ELS 05-629 ブラームス:交響曲第4番*(1971/4/30)
メンデルスゾーン:
 交響曲第5番「宗教改革」+(不明、モノラル)
クーベリック指揮
バイエルン放送響*
ケルン放送響+
ブラームスはオルフェオ盤の10年以上前の録音だが、完成度の高さは格別。より瑞々しい演奏となっている。初出のメンデルスゾーンはモノラルながら、格調高くクーベリックの持ち味がよく発揮されている。世界初出
ELS 05-630/1
(2CD−R)
ブルックナー:交響曲第8番 エッシェンバッハ指揮
ハンブルク北ドイツ放送響
2004年12月13日、ハンブルクでの録音。緊張感の持続する密度の濃い演奏で、エッシェンバッハの個性がフルに発揮されている。音質良好 世界初出
ELS 05-632 モーツァルト:交響曲第29番
マーラー:交響曲第4番
チョン・ミュンフン指揮
フランス国立フィルハーモニー管
2004年12月17日、パリでの録音。叙情性の際立ったマーラーの魅力的な表現は、この指揮者ならでは。音質良好 世界初出
ELS 05-633 モーツァルト:ミサ曲 ハ短調K427 チェリビダッケ指揮
シュトゥットガルト放送響
バイエルン放送合唱団
アーリン・オジェー(S)
ホルスト・ラウベンタール(T)
ウルリック・コールド(B)
1973年11月29日、シュトゥットガルトでの録音。初出ではないが、チェリビダッケのシュトゥットガルト時代の最大の遺産のひとつ。音質良好
ELS 05-634 ハイドン:交響曲第100番「軍隊」
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番
ライトナー指揮
ケルン放送響
アラウ(P)
1968年4月5日、ケルンでの録音。待望の初出音源。ハイドンの古典美にあふれた表現はライトナーの真骨頂。ブラームスはアラウの堂々たるソロと見事に渡り合い、気迫に満ちた音楽を聴かせてくれる。音質良好
ELS 05-636/7
(2CD−R)
ヴォーン・ウィリアムス:タリスの主題による幻想曲
マーラー:交響曲第6番「悲劇的」
ラトル指揮
ベルリン・フィル
ウィーン・フィル
2005年4月2日、ベルリンでのライヴ。今シーズン最大の話題となったラトル指揮のBPO&VPOのコンサートのライヴ。演奏の素晴らしさは想像をはるかに上回り、当日の聴衆の感動が伝わってくる。音質良好 世界初出
ELS 05-638/9
(2CD−R)
ブラームス:ピアノ協奏曲第2番
シベリウス:交響曲第2番
セーゲルスタム指揮
スウェーデン放送響
オピッツ(P)
2004年2月13日、ストックホルムでの録音。大曲を2つ並べた贅沢なプログラムで、内容の充実ぶりは凄まじいものがある。とりわけ得意のシベリウスは想像を絶した見事な演奏。音質良好 世界初出
ELS 05-640 ベートーヴェン:
 交響曲第3番「英雄」(2005/4/22)/
 序曲「レオノーレ」第3番(2004/1/30)
ヤンソンス指揮
バイエルン放送響
どちらもミュンヘンでの録音。人気、実力とも頂点を極めつつあるヤンソンス待望のベートーヴェン。奇をてらうことなく作品そのものに語らせるような正攻法のアプローチだが、随所に鋭いきらめきが聴かれ、読みの鋭さに驚かされる。音質良好 世界初出
ELS 05-641 モーツァルト:オーボエ協奏曲ハ長調K314
ブルックナー:交響曲第3番
ヤンソンス指揮
バイエルン放送響
フランソワ・ルルー(Ob)
2005年1月23日、デュッセルドルフでの録音。第4番(ELS 04-597)に続くヤンソンス&BRSOのブルックナー。極めて明快でスタイリッシュな演奏だが、決して軽薄になることなく、作品の豊かな内容を表現しきった名演。モーツァルトの端正な佇まいの美しさも特筆に値する。音質良好 世界初出
ELS 05-642 R.シュトラウス:交響詩「ドン・キホーテ」(2004/12/10)
マーラー:亡き子をしのぶ歌(2004/4/2)
ヤンソンス指揮
バイエルン放送響
ヘルマン・メニングハウス(Va)
ハインリッヒ・シフ(Vc)
Paeslkivi(Ms)
「ドン・キホーテ」における表現力の幅の広さと説得力の強さは大変なもの。マーラーの精緻な演奏もこの人ならでは。音質良好 世界初出
ELS 05-643 ベートーヴェン:「戴冠式」序曲
シューマン:交響曲第2番
スクロヴァチェフスキー指揮
ザールブリュッケン放送響
2004年12月12日、ザールブリュッケンでの録音。80歳を超えた巨匠の貴重なライヴ。ベートーヴェンでの堂々たる演奏ぶりも見事だが、シューマンでは、豊かな個性をフルに発揮し、圧倒的な名演を繰り広げている。音質良好 世界初出
ELS 05-644 モーツァルト:交響曲第33番/ピアノ協奏曲第24番
ハイドン:交響曲第96番「奇跡」
ノリントン指揮
カメラータ・ザルツブルク
ラン・ラン(P)
2005年1月21日、ザルツブルクでの録音。近年急速に注目を集め、一気に巨匠の地位に登りつめたノリントン。極めて個性的でありながら、強い説得力と、ある種の普遍性を獲得している。ラン・ランのソロも引き締まったオケとよく調和している。音質良好 世界初出
ELS 05-645 ブルックナー:交響曲第6番 ブロムシュテット指揮
スウェーデン放送響
2004年1月6日、ストックホルムでの録音。一見地味なようで多くのファンを持つブロムシュテット待望のライヴ。決して枯れることなく、瑞々しい音楽性でファンを魅了する。音質良好 世界初出
ELS 05-646 シューベルト:ミサ曲第5番 アーノンクール指揮
ベルリン・フィル
オルゴナソヴァ
レンメルト
シュトライト
ゲルハーハー
ベルリン放送合唱団
2005年4月16日、ベルリンでの録音。どちらかと言うと地味な曲だが、アーノンクールの手にかかると実に聴き応えのある作品に変貌する。50分の長丁場を弛緩させることなくじっくり聴かせてくれる。音質良好 世界初出
ELS 05-647/8
(2CD−R)
マーラー:交響曲第6番「悲劇的」 チョン・ミュンフン指揮
フランス放送フィル
2005年4月1日、パリでの録音。堂々としたスケールの大きさと、内容の濃さ、まさにこの指揮者ならではの感動的なマーラー。全体をしっかりと見渡し、作品の長さを意識させないほどの構成のしっかりとした演奏。音質良好 世界初出
ELS 05-649/50
(2CD−R)
プロコフィエフ:
 交響曲第1番「古典交響曲」/同第2番/同第3番
ゲルギエフ指揮
ロンドン響
2004年5月1日、ロンドンでの録音。ゲルギエフの活躍ぶりは驚異的ですらあるが、LSOに客演した今回のプロコフィエフも実に見事。なかでも比較的地味な第2番、第3番の雄弁な指揮ぶりはゲルギエフの面目躍如といって良いだろう。音質良好 世界初出
ELS 05-652 (1)ハイドン:交響曲第64番(録音年月日不詳)
(2)ブラームス:大学祝典序曲(録音年月日不詳)
(3)ヤナーチェク:シンフォニエッタ(1980/3/3、ハンブルク)
テンシュテット指揮
バーデン・バーデン南西ドイツ放送響(1)
バイエルン放送響(2)
ハンブルク北ドイツ放送響(3)
ハイドンは非常に珍しいレパートリーだが、さすが巨匠ならではの味わい深い演奏。こんな素敵な曲だったとは。格調高いブラームス、生命力みなぎるヤナーチェク、いずれもテンシュテットの魅力全開。音質良好 世界初出
ELS 05-653 ベルク:管弦楽のための3つの小品Op.6
シューベルト:交響曲第9番「グレイト」
フランツ・ウェルザー=メスト指揮
バイエルン放送響
2005年5月6日、ミュンヘンでの録音。自国の作品に対する共感の深さが大きな説得力を持つ演奏に結びついている。とりわけ「グレイト」の壮麗な指揮ぶりは格別。音質良好 世界初出
ELS 05-654/655
(2CD−R)
ブラームス:
 ピアノ協奏曲第2番/
 交響曲第4番
チョン・ミュンフン指揮
シュターツカペレ・ドレスデン
アックス(P)
2005年4月2−3日、ドレスデンでの録音。絶好調のミュンフンがドイツの名門と共演した注目のライヴ。カリスマ的な集中力の凄まじさと圧倒的な説得力。オケを見事にドライヴしながら作品の内幕に迫っていくエネルギーに感服させられる。アックスの堂々たるソロも聴きもの。音質良好 世界初出
ELS 05-656 ヴォーン=ウィリアムズ:
 交響曲第6番
ブラームス:交響曲第4番
ノリントン指揮
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管
2005年3月10-11日、ライプツィヒでの録音。ヴォーン・ウィリアムズの力強い演奏も立派だが(ノリントンはこの曲がお気に入りらしく、シュトゥットガルトのリハに立ち会ったときもぜひこの曲の通しを聴いていってほしいと言っていた)、ブラームスでの格調の高さも必聴(結構無茶やってて、オケが空中分解しそうになったりします。でも後半へ向けてグググと盛り上がります)。音質良好 世界初出
ELS 05-657 ベルリオーズ:序曲「ローマの謝肉祭」
ドビュッシー:夜想曲
ワーグナー:「パルシファル」前奏曲
ストラヴィンスキー:交響詩「夜鳴きうぐいすの歌」
ブーレーズ指揮
バーデン・バーデン南西ドイツ放送響
1967-68年の録音。60年代後半、ブーレーズの個性が光り輝いていた時代の貴重な録音。いずれも曖昧な部分を全く感じさせない好演ぞろい。音質良好 世界初出
ELS 05-658 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番 ポリーニ(P)
アバド指揮
ルツェルン祝祭管
2004年8月19日、ルツェルンでの録音。正味30分という、大変短い収録時間だが、中身の濃さは破格。現代を代表するコンビの究極のベートーヴェン。音質良好 世界初出
ELS 05-659/60
(2CD−R)
マーラー:交響曲第9番 チョン・ミュンフン指揮
フランス放送フィル
2005年6月24日、パリでの録音。このところ一連のマーラーが好評を得ているチョン・ミュンフン&フランス放送フィルのコンビだが、いよいよ待望の9番が登場。期待通りの熱気にあふれた凄絶な演奏で、この作品の核心に一気に迫っていく。音質良好 世界初出
ELS 05-661 モーツァルト:
 ピアノ協奏曲第27番/交響曲第41番「ジュピター」
エッシェンバッハ指揮
北ドイツ放送響
ルプー(P)
1999年6月6&7日、ハンブルクでの録音。協奏曲は叙情的でありながらも、作品の深みを見事に表現。「ジュピター」の壮麗な演奏ぶりも格別。音質良好 世界初出
ELS 05-662/3
(2CD−R)
マーラー:交響曲第2番「復活」 サロネン指揮
スウェーデン放送響&合唱団
エリック・エリクソン室内合唱団
Paasikivi(Ms) 他
2004年8月19日、ストックホルムでの録音。小細工を一切せずに作品の壮大さを表現し尽くした、指揮者の力量を感じさせる見事な演奏。音質良好 世界初出
ELS 05-664/5
(2CD−R)
モーツァルト:
 協奏交響曲変ホ長調K.297b/
 交響曲第35番「ハフナー」
ハイドン:交響曲第101番「時計」
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」
ブリュッヘン指揮
北ドイツ放送響(モーツァルト)
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管
ブリュッヘンがドイツの名門2団体と共演した貴重なライヴ。とりわけベートーヴェンでの凄絶な演奏振りは極めて印象的。録音:1995年9月20、29日、ハンブルク(モーツァルト)、1999年8月18日、ライプツィヒ(他) 音質良好 世界初出
ELS 05-666 シューベルト:交響曲第8番「未完成」(2005/4/22)
ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲(2005/6/3)
リスト:交響詩「前奏曲」(同)
ヤンソンス指揮
バイエルン放送響
全てミュンヘンでの録音。どれもヤンソンスの表現力の幅広さが実感できる名演ばかり。「未完成」の格調の高さ、ワーグナー、リストの壮大なスケールと色彩の豊かさなど、どれも必聴。音質良好 世界初出
ELS 05-667 ブラームス:悲劇的序曲/交響曲第1番 ノリントン指揮
シュトゥットガルト放送響
異端の存在だったノリントンも今や幅広く認められる巨匠となった。強烈な個性の持ち主だが、説得力の豊かさも格別で、このブラームスもノリントンの魅力全開。録音:2005年2月16日、シュトゥットガルト 音質良好 世界初出
ELS 05-668 ブラームス:交響曲第2番 ノリントン指揮
シュトゥットガルト放送響
ブラームスの交響曲4曲の中でノリントンの指揮で1番聴いてみたいのがこの2番。聴き慣れた名曲が新鮮な味わいでよみがえる。録音:2005年5月6日、シュトゥットガルト 音質良好 世界初出
ELS 05-669 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番 アルゲリッチ(P)
デュトワ指揮
スイス・ロマンド管
2004年11月24日、ジュネーヴでの録音。なんとベートーヴェンのピアノ協奏曲1番のみの超短時間収録。しかし中身の濃さは抜群。自由自在にダイナミックなベートーヴェンの世界を展開していくアルゲリッチの至芸にはただただ感服するばかり。音質良好 世界初出
ELS 05-670 (1)シューベルト:交響曲第2番(2005/4/16,ベルリン)
(2)ハイドン:交響曲第97番(2005/6/30,グラーツ)
アーノンクール指揮
ベルリン・フィル(1)
ヨーロッパ室内管(2)
どちらもアーノンクールの実力が遺憾なく発揮された格別の名演。どちらも地味な作品ながらアーノンクールの手にかかると実に魅力的な作品として輝きだす。音質良好 世界初出
ELS 05-671 プーランク:2台のピアノの為の協奏曲ニ短調
ブラームス:交響曲第2番
ギーレン指揮
SWRバーデンバーデン&フライブルク響
ラベック姉妹
2005年5月31日、フライブルクでの録音。ラベック姉妹と共演したプーランクは、作品の良さを見事に描ききった快演。ブラームスでは、ギーレンの個性が冴え渡り、ドライでホットなユニークなブラームスの仕上がっている。極めて刺激的な一枚。音質良好 世界初出
ELS 05-672 シューマン:歌劇「ゲノヴェーヴァ」序曲
メンデルスゾーン:交響曲第3番「スコットランド」
ツェンダー指揮
SWAバーデンバーデン&フライブルク響
2005年5月14日、フランクフルトでの録音。個性味豊かなツェンダー会心の名演。知的で明晰な演奏だが、内容も豊か。随所で聴かれる鋭い切り込みが聴き手を捉えて離さない。音質良好 世界初出
ELS 05-673 バルトーク:管弦楽の為の協奏曲
ラヴェル:
 高雅にして感傷的なワルツ/ラ・ヴァルス
フランツ・ウェルザー=メスト指揮
クリーヴランド管
2005年8月26日、ルツェルン
ELS 05-674 ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」
ブラームス:運命の歌
ムーティ指揮
ウィーン・フィル
ウィーン国立歌劇場合唱団
2005年8月15日、ザルツブルク
ELS 05-675 ドビュッシー:海
ラヴェル:ピアノ協奏曲/ダフニスとクロエ 第2組曲
サロネン指揮
ヘルシンキ・フィル
グリモー(P)
2005年8月16日、BALTIC SEA FESTIVAL
ELS 05-676 チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」 ノリントン指揮
シュトゥットガルト放送響
2004年3月10日、シュトゥットガルト
ELS 05-677 マーラー:交響曲第4番 ハーディング指揮
マーラー室内管
LISA LERSSON(S)
2005年8月14日、ルツェルン
ELS 06-678 ベートーヴェン:荘厳ミサ曲Op.123 ウェルザー=メスト指揮
クリーヴランド管&合唱団
マギー(S)
ネフ(A)
カウフマン(T)
ゼーリヒ(B)
2005年8月31日、ロンドンでの録音。
ELS 06-679 ブルックナー:交響曲第7番 ドホナーニ指揮
北ドイツ放送響
2005年11月7日、ハンブルクでの録音
ELM 06-680 ブルックナー:交響曲第5番 ロスバウト指揮
SWR響
1962年1月 モノラル
ELS 681 ブルックナー:交響曲第7番 クルト・ザンデルリンク指揮
BBCフィル
1990年の録音
ELS 06-682 ベルリオーズ:幻想交響曲
オッフェンバック:舟歌(ホフマン物語より)(アンコール)
プレートル指揮
ウィーン・フィル
2004年8月15日 パリでのライヴ 音質良好
ELS 06-683/4
(2CD−R)
マーラー:交響曲第2番「復活」 サロネン指揮
ORTF国立管・合唱団
ルート・ツィーザク(S)
シャルロッテ・ヘレカント(Ms)
2004年4月27日、パリでのライヴ 音質良好
ELS 06-685 ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 エッシェンバッハ指揮
ORTF国立管・合唱団
エヴァ・メイ(S)
ノーラ・ゲレシュ(Ms)
ロバート・ディーン=スミス(T)
アンドレアス・シュミット(B)
2004年9月30日、パリでのライヴ 音質良好
ELS 06-686 シューマン:交響曲第3番「ライン」
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」
ティーレマン指揮
ウィーン・フィル
2006年3月26日、ウィーン・ムジークフェラインザール・ライヴ
ELS 06-687/7
(2CD−R)
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」(2006/3/24)
モーツァルト:ファゴット協奏曲K191(2006/3/26)
シューマン:
 交響曲第1番「春」(同)/
 「ゲノフェーファ」(同)
ティーレマン指揮
ウィーン・フィル
ステファン・トゥルノフスキー(Fg)
ELS 06-689/690
(2CD−R)
メンデルスゾーン:交響曲第3番「スコットランド」
シューベルト:交響曲第9番「グレイト」
ティーレマン指揮
ミュンヘン・フィル
2006年1月15日、ミュンヘン、ガスタイク・ホールでのライヴ
ELM 06-691 ブルックナー:交響曲第8番 ロスバウト指揮
南西ドイツ放送響
1950年代のライヴ モノラル
ELS 06-692 ベートーヴェン:「レオノーレ」序曲第3番
R.シュトラウス:4つの最後の歌
ベートーヴェン:交響曲第7番
ヤンソンス指揮
バイエルン放送響
オルゴナソーファ(S)
2006年4月8日、ルツェルンでのライヴ 音質良好
ELS 06-693 R.シュトラウス:死と変容/4つの最後の歌 ギーレン指揮
南西ドイツ放送響
バンゼ(S)
2006年5月4日、フライブルクでのライヴ 音質良好
ELS 06-694 シューマン:交響曲第1番「春」
メンデルスゾーン:交響曲第5番「宗教改革」
ノリントン指揮
ライプチヒ・ゲヴァントハウス管
1998年2月26-27日のライヴ 音質良好
ELS 06-695/6
(2CD−R)
ラヴェル:マ・メール・ロワ
ドビュッシー:ノクターン
ストラヴィンスキー:組曲「火の鳥」(1910年版)
ブーレーズ指揮
フランス国立放送フィル
2005年11月9日、パリでのライヴ 音質良好
ELS 06-697/8
(2CD−R)
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番
ミュンフン指揮
ザールブリュッケン放送響
2000年代、ザールブリュッケンでのライヴ
ELS 06-699 R.シュトラウス:ドン・ファン
ベルリオーズ:幻想交響曲
オッフェンバック:舟歌
プレートル指揮
シュターツカペレ・ドレスデン
2006年3月6-7日、ドレスデンでのライヴ
ELS 06-700 ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」 スメタチェク指揮
南西ドイツ放送響
録音日不詳 音質良好
ELS 06-701/2
(2CD−R)
マーラー:交響曲第6番「悲劇的」 ヤンソンス指揮
コンセルトヘボウ管
2005年6月29日、ルツェルン・ライヴ
KA 256M(2CD−R)2005年 8月29日と同じ録音のようである。KARNAのほうの日付があっていると思われる。
ELS 06-703 シューマン:
 チェロ協奏曲(2000/6/22)/
 交響曲第3番「ライン」(2000/1)
マゼール指揮
バイエルン放送響
ハンナ・チャン(Vc)
どちらもミュンヘンでのライヴ。
ELS 06-704 ブルックナー:交響曲第7番 ラトル指揮
ベルリン・フィル
2006年6月26日 ベルリンでのライヴ
ELS 06-705/6
(2CD−R)
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番
ショスタコーヴィチ:交響曲第15番
ゲルギエフ指揮
キーロフ管
アレクサンダー・トラーゼ(P)
2006年7月7日、ミッケリ・ライヴ
ELS 06-707 シェーンベルク:管弦楽のための変奏曲
ラヴェル:シェヘラザード
シマノフスキー:ヴァイオリン協奏曲第1番
コジェナー(Ms)
ツィンマーマン(Vn)
ラトル指揮
ベルリン・フィル
2006年8月26日、ベルリン・ライヴ ステレオ
ELS 06-708 べートーヴェン:交響曲第6番「田園」
J・シュトラウス供Д櫂襯「ハンガリー万歳」
ラトル指揮
ウィーン・フィル
1999年、プロムスでのライヴ ステレオ 初出 ポルカはアンコールで、ラトルの英語説明付き。
ELS 06-709/10
(2CD−R)
ショスタコーヴィチ:交響曲第7番「レニングラード」 ゲルギエフ指揮
キーロフ管
2005年、バルチック海音楽祭(ストックホルム)でのライヴ ステレオ
ELS 06-711 ショスタコーヴィチ:交響曲第4番 ゲルギエフ指揮
スウェーデン放送響
2005年12月17日のライヴ ステレオ
ELS 06-712 べートーヴェン:
 交響曲第1番/同第7番/
 「プロメテウスの創造物」序曲
エッシェンバッハ指揮
フィラデルフィア管
2006年8月31日、べートーヴェン・ホール ステレオ
ELS 06-713 べートーヴェン:「エグモント」序曲
マーラー:交響曲第1番「巨人」
ヤンソンス指揮
ロイヤル・コンセルトヘボウ管
2006年9月11日、ベルリン・ライヴ ステレオ
ELS 06-714/5
(2CD−R)
ブルックナー:交響曲第8番 ブロムシュテット指揮
バンベルク響
2006年7月14日のライヴ ステレオ
ELS 06-716 ブラームス:交響曲第4番
S・マテュス(1934-):公園の夜景(1987)
ティーレマン指揮
フィラデルフィア管
1998年のライヴ ステレオ 
ELS 07-717 ブルックナー:交響曲第7番 ティーレマン指揮
ウィーン・フィル
2003年11月17日、ライヴ ステレオ ウィーン・フィルを見事に手中に入れていることがよく分かる。雄大かつ骨太な解釈が見事。
ELS 07-718/9
(2CD−R)
マーラー:交響曲第9番 マゼール指揮
バイエルン放送響
1999年、ミュンヘンでのライヴ 初出 音楽監督の任期のちょうど中ごろのライヴ。迫力と気迫に満ち、かつ喜悦も忘れてはいない演奏。
ELS 07-720 マーラー:交響曲第1番「巨人」 マゼール指揮
NYP
2006年5月25日、ライヴ、ステレオ 音楽監督になって3年半、このコンビの親密度を実感できるライヴ。唸る金管や打楽器群と極めて精度の高いアンサンブルがマゼールの老練な棒によって見事にまとめられている。音質良好
ELS 07-721 ベルリオーズ:幻想交響曲 マゼール指揮
バイエルン放送響
2000年11月3日、ライヴ 見事にオケをドライヴし、迫力満点。数箇所に音とびあり。
ELS 07-722 ストラヴィンスキー:組曲第2番
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番
アンコール:
 イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタより
セルゲイ・ハチャトゥリアン(Vn)
インバル指揮
フランクフルト放送響
2006年11月3日、ライヴ ステレオ 初出 インバルとフランクフルト響の顔合わせは久しぶり。鋭角な名演。少々ノイズあり。
ELS 07-723/4
(2CD−R)
モーツァルト:協奏交響曲K297b*
マーラー:カンタータ「嘆きの歌」
ノラ・シスモンディ(Ob)*
パトリック・メシナ(Cl)*
ヴァンサン・レオナール(Hr)*
フィリップ・アノン(Fg)*
トワイラ・ロビンソン(S)*
イリス・フェルミリオン(A)*
エンドリク・ヴォットリヒ(T)*
ヘンク・ネーフェン(Br)*
ズヴェーデン指揮
フランス国立管
ラジオ・フランス合唱団
2007年1月20日、シャンゼリゼ劇場ライヴ ステレオ 初出 ズヴェーデンとしては珍しいフランス・オケとの共演で、エレガントさとカリスマ性を兼ね備えた、正にその実力通りの名演。数箇所に傷あり。
ELS 08-725/6
(2CD−R)
ブラームス:
 大学祝典序曲
 ヴァイオリン、チェロと管弦楽の為の協奏曲
 交響曲第2番
 ハンガリー舞曲第5番(アンコール)
マゼール指揮
バイエルン放送響
V.トレチャコフ(Vn)
マイスキー(Vc)
1998年1月25日、ライヴ 初出 音質良好
ELS 08-727 (1)モーツァルト:シンフォニア・コンチェルタンテK364
(2)ドヴォルザーク:交響曲第7番
ラインスドルフ指揮
ボストン響
J.シルヴァーシュタイン(Vn)
B.ファイン(Va)
(1)1965年4月11日、(2)1963年2月8日 ライヴ 初出 60年代のステレオとしては良好な音質
ELS 08-728 ハイドン:
 交響曲第83番「雌鳥」
 ハルモニア・ミサ
アーノンクール指揮
ベルリン・フィル
バルトルリ
E・フォン・マグナス
H・リッペルト
O・ウィドマー
2000年10月12日、ベルリン ライヴ 初出 音質良好
ELS 08-729 ブラームス:悲劇的序曲/ヴァイオリン協奏曲
アンコール:
 J.S.バッハ:サラバンデとダブル
  (無伴奏Vnパルティータ第1番より)
G.シャハム(Vn)
マゼール指揮
バイエルン放送響
1998年、ミュンヘン、ガスタイク・ホールでのライヴ 初出
ELS 08-730/1
(2CD−R)
ドヴォルザーク:交響曲第8番*
ベートーヴェン:交響曲第7番
ブラームス:交響曲第2番
ドホナーニ指揮
ウィーン・フィル*
フィルハモニア管
1979年8月29日(ドヴォルザーク)、2000年代(その他) 共にライル 初出
ELS 08-732 バルトーク:中国の不思議な役人
R.シュトラウス:ドン・キホーテ
リン・ハレル(Vc)
マゼール指揮
バイエルン放送響
1998年 ステレオ ライヴ 
ELS 08-733 ロッシーニ:歌劇「絹のはしご」序曲
メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」
グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲*
J.シュトラウスII:美しき青きドナウ
マゼール指揮
NYP
ジェームス・エーネス(Vn)*
2007年12月、エイヴェリー・フィッシャー・ホールでのライヴ ステレオ 初出
ELS 08-734 ブラームス:
 セレナーデ 第2番、
 ハイドンの主題による変奏曲
マゼール指揮
バイエルン放送響 
1998年2月11日 ミュンヘン・ガスタイクでのライヴ
ELS 08-735 ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲
リスト:前奏曲
チャイコフスキー:交響曲第5番
ゲルギエフ指揮
ウィーン・フィル
2008年2月21日、パリでのライヴ ステレオ 初出
ELS 08-736 べートーヴェン:交響曲第2番/「レオノーレ」序曲第2番 ガーディナー指揮
ロンドン響
2008年2月2日、パリでのライヴ ステレオ 初出
ELS 08-737 ブルックナー:交響曲第9番 パーヴォ・ヤルヴィ指揮
フランス放送フィル
2008年2月22日、パリでのライヴ ステレオ 初出
ELS 08-738/9
(2CD−R)
マーラー:交響曲第1番「巨人」/交響曲第4番  J・ブレーゲン(S)
レヴァイン指揮
NYP
1977年、ニューヨークでのライヴ ステレオ
ELS 08-740 チャイコフスキー:幻想序曲「ハムレット」
プロコフィエフ:交響曲第7番
ゲルギエフ指揮
ロンドン響
2008年4月28日、ライヴ ステレオ 初出
ELS 08-741 モーツァルト:交響曲第32番
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
アンコール:
 イザイ&パガニーニの作品  
レーピン(Vn)
クリヴィヌ指揮
ルクセンブルク・フィル
2007年11月2日、ルクレンブルクでのライヴ ステレオ 初出
ELS 08-742 サン=サーンス:ピアノ協奏曲第5番
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」
チッコリーニ(P)
マゼール指揮
クリーヴランド管
1976年、ニューヨークでのライヴ ステレオ
ELS 08-743 ブラームス:ピアノ協奏曲第2番 アシュケナージ(P)
マゼール指揮
クリーヴランド管
1979年1月1日、セヴェランス・ホールでのライヴ  ステレオ
ELS 08-744 モーツァルト:
 アイネ・クライネ・ナハトムジーク/
 ピアノ協奏曲第20番
フルクシュニー(P)
マゼール指揮
クリーヴランド管
1978年5月5日、1974年1月24日 セヴェランス・ホールでのライヴ ステレオ
ELS 745/6
(2CD−R)
(1)ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
(2)J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番〜
 アレグロ
シューマン:
  (3)「マンフレッド」序曲/
  (4)交響曲第4番  
ギル・シャハム(Vn)(1)
ティーレマン指揮(1)(3)(4)
ミュンヘン・フィル(1)(3)(4)
2008年5月23日、シャンゼリゼ劇場でのライヴ ステレオ 初出
ELS 747/8
(2CD−R)
ブルックナー:交響曲第5番 オイゲン・ヨッフム指揮
ベルリン・フィル
1982年10月6日、ライヴ ステレオ
ELS 749/50
(2CD−R)
(1)ブラームス:ピアノ協奏曲第1番
アンコール:
 (2)ショパン:夜想曲 Op.27-2
 (3)リスト:「巡礼の年第2年 イタリア」
       〜ペトラルカのソネット
(4)ブラームス:運命の歌
(5)ドビュッシー:海
バレンボイム(P)(1)(2)
マリス・ヤンソンス指揮(1)(4)
バイエルン放送響&合唱団(1)(4)
2007年6月15日、ミュンヘン、ガスタイク・ホールでのライヴ ステレオ 初出
ELS 751/2
(2CD−R)
マーラー:
 (1)「子供の角笛」より 6曲/
 (2)交響曲第4番
ドロテア・レシュマン(S)(1)
ブーレーズ指揮
シュターツカペレ・ベルリン
2008年11月3日、パリでのライヴ ステレオ 初出
ELS 753/4
(2CD−R)
(1)コダーイ:ガランタ舞曲
(2)ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番
(3)J.S.バッハ:サラバンド(アンコール)
(4)ストラヴィンスキー:火の鳥(1919年版)
ニコライ・ズナイダー(Vn)(2)(3)
ドゥダメル指揮(2)(4)
フランス国立放送フィル(2)(4)
2008年5月30日、サル・プレイエルでのライヴ ステレオ
ELS 09-755 ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲
バルトーク:ピアノ協奏曲第1番
ジャン=エフラム・バウゼ(P)
ガッティ指揮
フランス国立管
2008年10月15日、シャンゼリゼ劇場でのライヴ ステレオ 初出
ELS 09-756/7
(2CD−R)
ヤナーチェク:
 シンフォニエッタ/
 ピアノと室内楽のためのコンチェルティーノ/
 グラゴル・ミサ
ジャン=エフラム・バウゼ(P)
ジャンヌ=ミッシェル・シャルボネ(S)
アンナ・ステファニー(Ms)
サイモン・オニール(T)
ぺーター・フリート(B)
ブーレーズ指揮
BBC響&同合唱団
ロンドン響合唱団
2008年8月15日、プロムス・ライヴ ステレオ 初出
ELS 09-758 スメタナ:連作交響詩「我が祖国」 ヴラディーミル・ヴァレーク指揮
チェコ・フィル
1998年5月12日でのライヴ ステレオ     
ELS 09-759/60
(2CD−R)
モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番
ショパン:練習曲「革命」
バルトーク:バレエ「かかし王子」
イェフィム・ブロンフマン(P)
ジンマン指揮
パリ管
2007年4月4日でのライヴ ステレオ 初出
ELS 09-761 (1)J.シュトラウス II:
 喜歌劇「ジプシー男爵」序曲/芸術家のカドリーユ
(2)ブラームス:交響曲第3番
ラインスドルフ指揮
シカゴ響(1)
ボストン響(2)
(1)1980年代、(2)1966年1月1日 共にライヴ ステレオ
ELS 09-762 マーラー:交響曲第1番「巨人」 エッシェンバッハ指揮
フィラデルフィア管
2004年4月29日、ライヴ ステレオ 初出
ELS 09-763/4
(2CD−R)
(1)シベリウス:「4つの伝説」より
 レンミンカイネンの帰郷、トゥオネラの白鳥
(2)ラヴェル:マ・メール・ロワ
(3)サロネン:ピアノ協奏曲
アンコール
 (4)シューマン:アラベスク Op.18
ブロンフマン(P)(2)(4)
サロネン指揮
フランス放送フィル
2008年12月29日、サル・プレイエルでのライヴ ステレオ 初出
ELS-09-765/6
(2CD−R)
リスト/ハインツ・ホリガー編曲:暗い雲/不運
サン=サーンス:ピアノ協奏曲第5番
アンコール
 ドビュッシー:2曲
 ラヴェル:「鏡」〜洋上の小舟
 ドビュッシー:管弦楽のための3つの映像 
チッコリーニ(P)
クリヴィヌ指揮
ルクセンブルク・フィル
2008年10月20日、サル・プレイエルでのライヴ ステレオ 初出
ELS 09-767/8
(2CD−R)
マーラー:交響曲第6番「悲劇的」
アバドのインタビュー
アバド指揮
クリーヴランド管
1972年9月21日、セヴェランス・ホールでのライヴ ステレオ 第4楽章の10:19、19:25、21:03にノイズあり
ELS 09-769 プロコフィエフ:3つのオレンジの恋
サン=サーンス:ピアノ協奏曲第5番
アンコール 
ジャン=イヴ・ティボーデ(P)
ベルトラン・ド・ビリー指揮
スイス・ロマンド管
2007年11月14日、ライヴ ステレオ
ELS 09-770 マーラー:交響曲第5番 ドゥダメル指揮
バンベルク響
2004年5月2日、ステレオ ライヴ
ELS 09-771/2
(2CD−R)
メシアン:微笑
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲/交響詩「海」
ガッティ指揮
フランス国立管
2008年9月18日、シャンゼリゼ劇場でのライヴ ステレオ 初出
ELS 09-777 べートーヴェン:「エグモント」序曲
ショスタコーヴィチ:交響曲第10番
スクロヴァチェフスキー指揮
ハレ管
2002年11月9日、ライヴ ステレオ 初出
ELS 09-778 ショスタコーヴィチ:交響曲第10番 ラトル指揮
ベルリン・フィル
2008年8月29日、ライヴ ステレオ 初出
ELS 09-779 (1)T・ベルガー:メランコリー
(2)シューマン:交響曲第2番
チェリビダッケ指揮
シュトゥットガルト放送響
(1)1981年11月12日、(2)1972年10月26日、共にライヴ ステレオ
ELS 09-780 (1)シェーンベルク:大オーケストラのための変奏曲 Op.31
(2)ブラームス:ピアノ協奏曲第1番
フォークト(P)
ラトル指揮
ベルリン・フィル
(1)2004年4月27日、(2)2008年11月6日 共にライヴ ステレオ (1)にヒスノイズあり
ELS 09 781/2
(2CD−R)
ウェーベルン:パッサカリア
R.シュトラウス:交響詩「死と変容」
ブルックナー:交響曲第7番
アバド指揮
ウィーン・フィル
1976年4月、ニューヨークでのライヴ ステレオ
ELS 10-790/1
(2CD−R)
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲
シューベルト:交響曲第3番
バルトーク:中国の不思議な役人
レオニダス・カヴァコス(Vn)
メータ指揮
ベルリン・フィル
2009年12月6日、ライヴ。ステレオ、初出 
ELS 10-792/3
(2CD−R)
ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲
カステジャーノス:交響組曲「パカイリグアの聖なる十字架」
ベルリオーズ:幻想交響曲
アンコール
ドゥダメル指揮
シモン・ボリバル・ユース管
2009年10月23日、パリでのライヴ ステレオ 初出
ELS-10-794/5
(2CD−R)
マゼール:モナコ・ファンファーレ/告別
シベリウス:交響曲第2番
マゼール指揮
NYP
2009年11月、エイヴリー・フィッシャー・ホールでのライヴ ステレオ 初出
ELS-10-796/7
(2CD−R)
リスト:前奏曲
エルガー:南国にて
プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」(抜粋)
ムーティ指揮
NYP
2009年12月3日、エイヴリー・フィッシャー・ホールでのライヴ ステレオ 初出
ELS-10-798/9
(2CD−R)
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番
J.S.バッハ:
 サラバンド(無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番より)
 (アンコール)
ストラヴィンスキー:木管楽器のための交響曲
シェーンベルク:浄夜
G・ブラウンシュタイン(Vn)
ビシュコフ指揮
ベルリン・フィル
2009年10月10日、ライヴ ステレオ 初出
ELS-10-800/1
(2CD−R)
(1)R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
(2)シューベルト:交響曲第8番「未完成」
(3)マーラー:交響曲「大地の歌」
クリスティアンヌ・ストーティン(Ms)
アンソニー・ディーン・グリフェイ(T)
ハイティンク指揮
ロンドン響
(1)2008年6月18日 (2)2009年11月15日 ライヴ ステレオ 初出
ELS-10-802/3
(2CD−R)
ドヴォルザーク:「謝肉祭」序曲
マルティヌー:ピアノ協奏曲第3番
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
イヴォ・カハネック(P)
ステファン・ソリヨム指揮
BBCスコットランド響
2009年11月、グラスゴーでのライヴ ステレオ 初出
ELS-10-804 ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲
R.シュトラウス:
 オーボエ協奏曲/「薔薇の騎士」組曲
オーボエ・ソロ不詳
ロジェストヴェンスキー指揮
ロイヤル・フィル
2007年8月5日、ライヴ ステレオ 初出
ELS-805は欠番
ELS-10-806/7
(2CD−R)
ブラームス:ピアノ協奏曲第2番*
メンデルスゾーン:「フィンガルの洞窟」序曲
ブラームス:交響曲第3番
ブロンフマン(P)*
ドホナーニ指揮
フィルハモニア管
2009年10月、ライヴ ステレオ 初出
ELS-10-808 J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第5番
チャイコフスキー:管弦楽のための組曲第3番
マゼール指揮
NYP
2008年10月、エイヴリー・フィッシャー・ホールでのライヴ ステレオ 初出
ELS-10-809 ブルックナー:交響曲第6番 サー・エドワード・ダウンズ指揮
BBCフィル
2006年、スタジオ ステレオ 初出 BBCフィルとの最後のスタジオ録音
ELS-10-810 ショスタコーヴィチ:交響曲第7番「レニングラード」 サー・エドワード・ダウンズ指揮
BBCフィル
2004年、ライヴ ステレオ 初出
ELS-10-811/2
(2CD−R)
(1)シェーンベルク:ペレアスとメリザンド(全曲)
  (指揮者による曲の解説つき)
(2)ベルリオーズ:幻想交響曲
アラン・ギルバート指揮
NYP
2009年10月、ニューヨークでのライヴ ステレオ 初出
ELS-10-813 シューベルト:交響曲第5番
シェーンベルク:管弦楽のための変奏曲
ラヴェル:ラ・ヴァルス
マゼール指揮
NYP
2006年3月23日、エイヴリー・フィッシャー・ホールでのライヴ ステレオ 初出
ELS-10-814/5
(2CD−R)
(1)チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
(2)ショスタコーヴィチ:
 交響曲第7番「レニングラード」
グリゴリー・ソコロフ(P)(1)
フェドセーエフ指揮(1)(2)
バイエルン放送響(1)
フィンランド放送響(2)
(1)1990年代、(2)2006年11月29日、以上ライヴ ステレオ 初出
ELS 10-816 ブラームス:ピアノ協奏曲第1番 エマニュエル・アックス(P)
マゼール指揮
NYP
2007年2月15日、ニューヨークでのライヴ ステレオ 第1楽章の17:23にノイズあり
ELS 10-817/8
(2CD−R)
アイヴズ:答えのない質問
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番
リンドバーグ:エキスポ
アイヴズ:交響曲第2番
アンコール:
 メンデルスゾーン:弦楽八重奏曲(オケ版)〜スケルツォ
エマニュエル・アックス(P)*
アラン・ギルバート指揮
NYP
2009年、ニューヨークでのライヴ ステレオ 初出 演奏前に指揮者による説明あり。
ELS 10-819/20
(2CD−R)
メンデルスゾーン:
 (1)序曲「フィンガルの洞窟」
 (2)ヴァイオリン協奏曲
 (3)劇音楽「真夏の夜の夢」(全曲)
セルゲイ・ハチャトゥリアン(Vn)(1)
Amel Brahim=Djelloul(S)(3)
Renata Pokupic(Ms)(3)
マズア指揮
フランス国立管
2009年6月18日、パリでのライヴ ステレオ 初出
ELS 10-821 ドヴォルザーク:序曲「謝肉祭」
R.シュトラウス:4つの最後の歌*
ツェムリンスキー:交響曲第2番
ヴァルトラウト・マイアー(S)*
インバル指揮
フランス放送フィル
2009年7月25日、パリでのライヴ ステレオ 初出  交響曲第2番の第1楽章 2:08 に軽い音とびあり
ELS 10-822/3
(2CD−R)
ラフマニノフ:
 (1)ピアノ協奏曲第2番
 (2)前奏曲集 Op.23 〜
    2, 4& 5
 (3)ピアノ協奏曲第3番
グリゴリー・ソコロフ(P)
デュトワ指揮(1)
モントリオール響(1)
トルトゥリエ指揮(3)
BBC響(3)
(1)1990年代、(2)1991年12月、(3)1995年7月27日、ロンドンでのライヴ 以上 ステレオ
ELS 10-824/5
(2CD−R)
ブルックナー:交響曲第8番 ネゼ=セガン指揮
ロンドン・フィル
2009年10月24日のライヴ ステレオ 初出
ELS 10-826 (1)ストラヴィンスキー:
 「ペトルーシュカ」からの3楽章
(2)ショパン:前奏曲Op.28-4、マズルカOp.30-1
(3)J.S.バッハ:前奏曲 ロ短調
(4)チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
グリゴリー・ソコロフ(P)
ブルーノ・ヴァイル指揮(4)
デュイスブルク響(4)
(1)(2)(3)1991年12月、(4)1995年11月22日、以上 ライヴ ステレオ 初出
ELS 10-827/8
(2CD−R)
(1)マルティヌー:フランチェスカのフレスコ
(2)ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番
(3)シベリウス:交響曲第2番
ルノー・カプソン(Vn)
キリル・カラビツ指揮
ボーンマス響
2009年10月30日のライヴ ステレオ 初出 カプソンによるアンコールが(2)と(3)の間に収録されている
ELS-10-829 ベルリオーズ:幻想交響曲 ネゼ=セガン指揮
ロッテルダム・フィル
2009年のライヴ ステレオ 初出
ELS-10-830/1
(2CD−R)
ワーグナー:「パルジファル」前奏曲
リンドベリ:クラリネット協奏曲
ブルックナー:交響曲第3番
カーリ・クリック(Cl)
アンドリス・ネルソンズ指揮
バーミンガム市響
2009年11月、バーミンガム・シンフォニー・ホールでのライヴ ステレオ 初出
ELS-10-832 (1)ウィドマン:ヴァイオリン協奏曲
(2)サー・マクスウェル・デヴィース:
  アッシジの聖フランチェスコ
(3)シベリウス:交響曲第7番
クリスティアン・テツラフ(Vn)
イラン・ヴォルコフ指揮
BBCスコットランド響
2009年10月のライヴ ステレオ 初出
ELS-10-833/4
(2CD−R)
エルガー:南国にて
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」
イルジー・ビエロフラーヴェク指揮
BBC響
2009年9月17日、ライヴ ステレオ 初出
ELS-10-835 マーラー:交響曲第9番 ギュンター・ヘルビッヒ指揮
コロンバス響
2009年11月25日のライヴ ステレオ 初出
ELS-10-836/7
(2CD−R)
ヴェーベルン:パッサカリア
ベルク:ヴァイオリン協奏曲
アンコール:
 J.S.バッハ:ラルゴ(無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番より)
ブラームス:交響曲第4番
クリスティアン・テツラフ(Vn)
インゴ・メッツマッハー指揮
ベルリン・ドイツ響
2009年9月、エディンバラ音楽祭でのライヴ ステレオ 初出
ELS-10-838 チャイコフスキー:交響曲第5番 マイケル・ティルソン・トーマス指揮
サンフランシスコ響
2009年1月のライヴ ステレオ 初出
ELS-10-839/40
(2CD−R)
J.シュトラウスII:皇帝円舞曲
プーランク:2台のピアノのための協奏曲
R.シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」  
アンドレア・グラウ(P)
ゲッツ・シュマヒャー(P)
プレートル指揮
シュトゥットガルト放送響
1991年11月26日、ライヴ ステレオ 初出
ELS 10-842/3
(2CD−R)
マーラー:交響曲第2番「復活」 マイケル・ティルソン・トーマス指揮
L・クレイクーム(S)
K・カルネウス(Ms)
サンフランシスコ響&合唱団
2010年3月、ライヴ ステレオ 初出
ELS-10-844 マーラー:
 (1)亡き子をしのぶ歌
 (2)交響曲第1番「巨人」
メータ指揮
トーマス・クヴァストホフ(Br)(1)
シュターツカペレ・ドレスデン(1)
ロス・フィル(2)
(1)2010年1月、(2)1976年11月
ELS-10-845 モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」
R.シュトラウス:
 ホルン協奏曲第1番*
 「町人貴族」組曲
マッケラス指揮
BBCスコットランド室内管
ホルン・ソリスト不詳
2010年1月17日、エジンバラ音楽祭でのライヴ
ELS-10-846 チャイコフスキー:交響曲第5番 キタエンコ指揮
ベルゲン・フィル
2009年のライヴ ステレオ 初出
ELS-10-847/8
(2CD−R)
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番
アンコール:
 ショパン:ワルツ第3番
ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」
マンフレート・ホーネック指揮
ピッツバーグ響
ギャリック・オールソン(P)
2008年11月のライヴ ステレオ 初出 
ELS-10-849 ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」 ベンジャミン・ザンダー指揮
ボストン響
2008年11月のライヴ ステレオ 初出 ザンダーのコメント付
ELS-10-850 ショスタコーヴィチ:交響曲第10番 ギュンター・ヘルビッヒ指揮
コロンバス響
2010年2月8日のライヴ ステレオ
ELS-10-851 プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」
 第1組曲&第2組曲
ゲルギエフ指揮
ロッテルダム・フィル
2004年のライヴ ステレオ 初出
ELS-10-852 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番*
バルトーク:管弦楽のための協奏曲
ハイティンク指揮
ボストン響
エマニュエル・アックス(P)*
2010年5月1日、ボストンでのライヴ ステレオ 初出
ELS 10-853 ボロディン:中央アジアの草原にて
リムスキー=コルサコフ:シェヘラザード
トゥガン・ソヒエフ指揮
フランス国立管
2009年10月8日、シャンゼリゼ劇場でのライヴ ステレオ 初出
ELS 10-854/5
(2CD−R)
(1)ブラームス:交響曲第2番
(2)ベートーヴェン:交響曲5番「運命」
(3)ブラームス:交響曲第1番
マリオ・ヴェンツァーゴ指揮
インディアナポリス響
(1)2008年3月19日、(2)(3)2009年5月15日 以上 ライヴ ステレオ 初出
ELS 10-856 ブラームス:交響曲第1番 ドホナーニ指揮
クリーヴランド管
2010年4月3日、セヴェランス・ホールでのライヴ ステレオ 初出
ELS 10-857 ヴォーン・ウィリアムズ:
 ヘロイック・エレジー&トライアンファル・エピローグ
  (近年発見されたスコアによる)
モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番
フォークト(P)
マーク・エルダー指揮
ハレ管
2009年10月13日、マンチェスターでのライヴ 世界初出
ELS 10-858/9
(2CD−R)
マーラー:花の章/交響曲第4番
シューベルト/デトレフ・グラネルト編曲:歌曲「孤独に」D.620
キャロリン・サンプソン(S)
マルクス・シュテンツ指揮
ハレ管
2010年4月のライヴ ステレオ 初出
ELS 10-860/1
(2CD−R)
ハイドン:
 交響曲第82番「熊」/
 交響曲第104番「ロンドン」
シューマン:交響曲第4番
ワーグナー:「パルジファル」〜
  前奏曲と聖金曜日の音楽
ノセダ指揮
BBCフィル
2009年6月、ブリッジウォーター・ホール、マンチェスターでのライヴ ステレオ 初出
ELS 10-862 ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲
アンコール:
 パガニーニ:
  「ゴッド・セイヴ・ザ・キング」
 J.S.バッハ:
   「ラルゴ」(無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番より)
フランク・ペーター・ツィンマーマン(Vn)
マンフレート・ホーネック指揮
ピッツバーグ響
2010年5月、ライヴ ステレオ 初出
ELS 10-863/4
(2CD−R)
ドヴォルザーク:10の伝説
マルティヌー:ピアノ協奏曲第4番「呪文」
ヤナーチェク:シンフォニエッタ
ギャリック・オールソン(P)
イラン・ヴォルコフ指揮
BBCスコティッシュ響
2009年、グラスゴーでのライヴ ステレオ 初出
ELS-11-865/6
(2CD−R)
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
ドビュッシー:遊戯
デュティユー:交響曲第2番
ストラヴィンスキー:「カルタ遊び」組曲
ラヴェル:ボレロ
ゲルギエフ指揮
ロンドン響
2009年12月18日、ステレオ 初出
ELS-11-867 ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
アンコール:
 J.S.バッハ:
  ラルゴ(無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番より)
クリスティアン・テツラフ(Vn)
イラン・ヴォルコフ指揮
BBCスコットランド響
2010年、グラスゴー ステレオ 初出
ELS-11-868 メンデルスゾーン:
 交響曲第4番「イタリア」、同第5番「宗教改革」
エッシェンバッハ指揮
クリーヴランド管
1982年、セヴェランス・ホール、ステレオ
ELS-11-869 (1)ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
(2)ワーグナー:
 「ニュルンベルクのマイスタージンガー」序曲
(3)ロッシーニ:歌劇「セミラーミデ」序曲
(4)ヴェルディ:歌劇「運命の力」序曲
マリオ・ヴェンツァーゴ指揮
インディアナポリス響
(1)2009年1月21日、ステレオ、(2)(3)(4)2009年2月27日、モノラル
ELS-11-870/1
(2CD−R)
ブルックナー:交響曲第8番 ティーレマン指揮
ミュンヘン・フィル
2007年3月25日、ムジークフェライン ステレオ
ELS-11-872 ブルックナー:交響曲第1番 オハン・ドゥリアン指揮
バイエルン放送響
1978年3月2日、ライヴ ステレオ 初出

ELS-11-873 チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」 アレクサンドル・ティトフ指揮
BBCスコットランド響
ひさびさたっぷり聴かせてくれる「悲愴」に出会った。
アレクサンドル・ティトフ。レニングラードに生まれの実力派。ムーシンのもとでオーケストラの指揮を学び、ロジェストヴェンスキー、ロストロポーヴィチの助手をつとめる。1991年からマリインスキー劇場管弦楽団、2002年からボリショイ劇場管弦楽団の客演指揮者となり、サンクトペテルブルク交響楽団、BBC交響楽団とも数多く共演。サンクトペテルブルク音楽院の教授もつとめる。
EN LARMESは1時音質が低下しましたが、もう大丈夫みたいです。 
ELS-11-874 ブルックナー:交響曲第3番<第一稿> インバル
フランクフルト放響
 1978・9・15 フランクフルト
ELS-11-875/6
(2CDR)
モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番、
R・シュトラウス:アルプス交響曲
J・ビス、
M・ヤノフスキー
ピッツバーグ響
R・シュトラウスのPt-1、2:41&7:40に音とびあり。2008年
ELS-11-878 ブルックナー:交響曲第2番 ジュリーニ(指)
ウィーン響
1974/8/28 ステレオ 初出音源 音質レベル:A フィンランディア・ホール
ELS-11-879/80
(2CD-R)
ブラームス:交響曲第4番
ブラームス:ピアノ協奏曲第2番
ハイティンク(指)
ヨーロッパ室内管
エマニュエル・アックス(P)
2011/8/19 ステレオ 初出音源 音質レベル:A
ELS-11-881 ドビュッシー:夜想曲より「雲」「祭り」
ハイドン:交響曲第85番
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番
ウェルザー=メスト(指)
クリーヴランド管
2009/10/25 ステレオ 初出音源 音質レベル:A
ELS-11-882/3
(2CD-R)
スメタナモルダウ
ブラームス:ドッペル協奏曲
ドヴォルザーク:交響曲第7番
マーク・エルダー(指)
ハレ管
アリーナ・イブラギモーヴァ(V)、
トルレイフ・テディーン(Vc)
2010/9/22 ステレオ 初出音源 音質レベル:A
ELS-11-884/5
(2CD-R)
R・シュトラウス:交響詩「死と変容」
ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」
シノ−ポリ(指)
フィルハーモニア管
1988/9/1 ステレオ 初出音源 音質レベル:A *「ロマンティック」の第2楽章 6:03にノイズ混入。
ELS-11-886 ブルックナー:交響曲第8番<ノヴァーク版> テンシュテット(指)
シカゴ響
ステレオ 初出音源 1981.12.3 シカゴ・シンフォニーホール 音質評価:A
ELS-11-887 ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 ショルティ(指)
LPO
ロンドン・フィル合唱団
J・ノーマン(S),
S・ノーマン(A),
L・ゴルトベルク(T)
,H・ゾーティン(B)
ステレオ 初出音源 1986 ロンドン 音質評価:A
ELS-11-888 ブルックナー:交響曲第3番<ノヴァーク版> ロジェストヴェンスキー(指)
シュターツカペレ・ドレスデン
ステレオ 初出音源 1976.8.4 ザルツブルク 音質評価:A
ELS-11-889/90
(2CD-R)
マーラー:交響曲第9番 ガッティ(指)
フランス国管
ステレオ 初出音源 2011.9.15パリ・シャトレ座 音質評価:A  第4楽章15:12に音とび
ELM-12-891/2
(2CD-R)
(1)ハイドン:交響曲第83番「雌鶏」
(2)ハイドン:交響曲第104番「ロンドン」
(3)J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番
(4)エルガー:エニグマ変奏曲
ハンス・ロスバウド(指)
SWR(1)-(3)
ロンドン・フィル合唱団
ケルン放送響(4)
(1)1953年 モノラル ステレオ 初出 音質レベル:A スタジオ録音 (2)1962年 モノラル 初出音源 音質レベル:A スタジオ録音 (3)1962.1.25 モノラル 初出音源 音質レベル:A スタジオ録音 (4)1953 モノラル 初出音源 音質レベル:A スタジオ録音
ELS-12-893 マーラー:交響曲第5番 テンシュテット(指)
フィラデルフィア管
1979.3.29 ステレオ 初出音源 音質レベル:A
ELS 12-894/5
(2CD-R)
マーラー:交響曲第2番「復活」 ルート・ツィザーク(S),
シャルロット・エレカント(Ms)、
サロネン(指)
フィルハーモニア管と合唱団
2004年4月27日 パリ・シャトレ座
 
ELS 12-896 ブルックナー:交響曲第5番<シャルク版> バーギン(指)
ボストン響 
1959年12月26日 シンフォニーホール
*鮮明なステレオ録音
 
ELS 12-897 ショスタコヴィッチ:交響曲第11番 ビシュコフ(指)
BBC響
2009年8月19日
 
ELS 12-898/9
(2CD-R)
ハイドン:交響曲第60番 
ウェーバー:
 ホルンと管弦楽の為のコンチェルティーノ
 交響曲第2番 
シューベルト:交響曲第5番
ロジャー・モンゴメリー(Hr)
ブッリュヘン(指)
ジ・エイジ・オブ・エンライトメント管
2011年11月1日 ロンドン
 
ELS 12-900/1
(2CD-R)
マーラー:交響曲第9番 ハーディング(指)
スウェーデン放響
2011年4月
 
ELS 12-902 ブルックナー:ミサ曲第3番 ルート・ツィザーク(S)、
インゲボルグ・ダンツ(A)、
ヘルベルト・リッペル(T)
カルロ・コロンバーラ(B)、
ムーティ(指)
バイエルン放響と合唱団
2002年10月25日 ミュンヘン・ヘラクレスザール
 
ELS 12-903/4
(2CD-R)
J.S.バッハ:6つのブランデンブルク協奏曲集 ガーディナー(指)
ロンドン・バロック・ソロイスツ 
2010年8月13&14日 ロンドン・カドガン・ホール ガーディナーのコメント付き ライヴ・ステレオ録音
 
ELS 12-905 モーツァルト:
 歌劇「フィガロの結婚」序曲、
 ピアノ協奏曲第21番
ベートーヴェン:交響曲第1番、
アンコール>
 メンデルスゾーン:「真夏の夜の夢」より
  「スケルツォ」
マレイ・ペライア(P)
アバド(指) 
マーラー室内管
2004年9月28日 ボローニャ ライヴ・ステレオ録音
 
ELS 12-906 ブラームス:交響曲第4番 
 コンセルトヘボウ管
  2009年12月
ドビュッシー:「夜想曲」より「雲」と「祭り」
 ピッツバーグ響
   2009年
ヤンソンス(指)
ライヴ・ステレオ録音
 
ELS 12-907 フランク:交響曲二短調
 コンセルトヘボウ管 
  2009年
レスピーギ:交響詩「ローマの松」
 ピッツバーグ響 
  2009年 
ヤンソンス(指)
ライヴ・ステレオ録音
   
ELS 12-908 ブルックナー:交響曲第3番 ヘルヴェッヘ(指)
ロイヤル・フランダース・フィル
1997年12月14日 1997年12月14日 ライヴ・ステレオ録音
 
ELS 12-909/10
(2CD-R)
シューマン:
 交響曲第4番,
 ピアノ協奏曲、
 交響曲第1番「春」
アンコール>
 シューマン:交響曲第2番より「アダージョ」
エレーヌ・グリモー(P)
P・ヤルヴィー(指)、
ドイツ室内フィル・ブレーメン
2010年6月9日 1997年12月14日 ライヴ・ステレオ録音
ELS-13-911
\1490
ヴァッセナール:コンチェルト・アルモニコ第4番
ロカテルリ:ヴァイオリン協奏曲第7番「アリアドネの嘆き」
ベートーヴェン:交響曲第1番
エリザベート・ペリー(V)
ブリュッヘン(指)
オランダ放送室内管 
2007年5月20日 ライヴ・ステレオ録音
 
ELS-13-912
\1490
ブルックナー:交響曲第9番<ノヴァーク版> P・ヤルヴィー(指)
フランクフルト放響
2008年2月29 フランクフルト・アルテオーパー 「第7番」共々、細部まで磨き上げられた名演。チェリビダッケを彷彿とさせるが、彼独自の解釈も際立っている。ライヴ・ステレオ録音
 
ELS-13-913
\1490
ブルックナー:交響曲第7番<ノヴァーク版> P・ヤルヴィー(指)
フランクフルト放響
 2006年11月24 フランクフルト・アルテオーパー ライヴ・ステレオ録音
 
ELS-13-914
\1490
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 アンナ・コロンディ(S)、
マリアンネ・ベアーテ・シエラン(Ms)
アンドレアス・ウェラー(T)、
トーマス・バウアー(Br)
フランドル放送合唱団、
オランダ放送合唱団
ヘレヴェッヘ(指)
ローヤル・フランダース・フィル
2006年5月31日 ブリュッセル・パレ・デ・ボザール ピリオド奏法、唱法による珍しい「第9」 ライヴ・ステレオ録音
 
ELS-13-915
\1490
C.P.E.バッハ:
 管弦楽の為のシンフォニアト長調、Wq183
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番
アンコール>
 バッハ:フランス組曲第5番より「サラバンデ」
モーツァルト:交響曲第39番
ピョートル・アンデルジェフスキー(P)、
ネゼ=セガン(指)
ヨーロッパ室内管
2011年9月 ザルツブルク ライヴ・ステレオ録音
 
ELS-13-916
\1490
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」 ハイティンク(指)
シカゴ響
2010年7月 ライヴ・ステレオ録音
 
ELS-13-917
\1490
ハイドン:交響曲第82番「熊」
ラフマニノフ:3つの交響詩
 「ロスティスラフ公」「死の島」
 「ジプシーの主題による奇想曲」
ノセダ(指)
BBCフィル
2010年7月 ライヴ・ステレオ録音
 
ELS-13-918
\1490
ハイドン:ミサ第3番「聖チェチリアのミサ」 ベルナンダ・ボブロ(S)、
エリザベート・マグナス(Ms),
ダニエル・ヨハンセン(T)、
フロリア・ボッシュ(Br),
アーノルド・シェーンベルク合唱団
アーノンクール(指)
ウェーン・コンツェントゥス・ムジクス 
2011年6月25日 オーストリア・シュティリアルテ音楽祭 ライヴ・ステレオ録音
 
ELS-13-919/20
(2CD-R)
\2980
モーツァルト:交響曲第32番
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
2つのアンコール>
 1.イザイ:ソナタ第3番
 2.パガニーニ:ヴェネチアの謝肉祭
ブラームス:交響曲第1番
ヴァディム・レーピン(V)
クリヴィヌ(指)
ルクセンブルク・フィル管
2007年1月 ライヴ・ステレオ録音
 
ELS-13-921/2
(2CD-R)
\2980
モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番(ブロンフマンのトーク付)
2つのアンコール>
 1.ショパン:練習曲第12番「革命」
 2.プロコフィエフ :ソナタ第2番〜スケルツォ
R・シュトラウス:交響詩「死と変容」
ベートーヴェン:交響曲第7番
イェフィム・ブロンフマン(P)
ホネック(指)
ピッツバーグ響
2009年5月 ピッツバーグ・ハインツ・ホール ライヴ・ステレオ録音
 
ELS-13-923/4
(2CD)
\2980
ヴォルフ:
 メリケの詩集より
  「世を逃れて」「春に」「妖精の歌」
 ゲーテの詩集より
   「アナクレオンの墓」「君を知るや南の国」
R・シュトラウス:「安らかに」作品39−4
ブルックナー:交響曲第7番
ルネ・フレミング(S)
ティーレマン(指)
ドレスデン国管
2012年9月2日 ドレスデン・ゼンパオーパー ライヴ・モノラル録音




ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD 新店舗トップページへ



Copyright(C) 2008−2013 ARIA−CD.All rights reserved.