アリアCD 新店舗へようこそ

新店舗トップページへ

お買い物の方法  

ページ内の商品チェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ


名演奏家ライヴCD-R
ETERNITIES(1)
多分これが最後のセール
1CD-R\2,400→\2,190→¥1990
2CD-R\4,800→\4,380→¥3980

 20世紀の巨匠たちをはじめ、現在活躍中のマエストロたちの不滅の名演ライヴをご紹介。初出音源や既出だが惜しくも廃盤になってしまった選りすぐりの名演も音質向上で復活。

 DIRIGENTと並んで決して大幅な値下げをしないレーベルとして知られるが、今回はアリアCDによる単独セール。普段手が出にくかったものが少しでもお安くなれば。
 これらのシリーズは、フォーマットはCD-R、ブックレットも極めて簡素、音質もさまざまで音飛びやノイズが入ることもありえるようなきわめてマニアックな音源です。なので本当にかなりのマニアの方で、こうしたアイテムに免疫がある方でなければ近寄らないほうがよいでしょう。ただ一度はまるとなかなか抜け出せませんが・・・。
 CD-Rは通常のCDとは違いレーザー光線で情報を記録するメディアですが、再生方法・保存方法はCDとまったく同じです。ただ光には弱いのでお気をつけください。また、水に濡れると表面の印刷が落ちることがあるのでご注意ください。

ETCD 001/2-S
(2CD−R)
ベートーヴェン:
 レオノーレ序曲第2番/
 交響曲第6番「田園」/
 同第5番「運命」
マゼール指揮
バイエルン放送響
1995年2月19日、ミュンヘンでのライヴ ステレオ
ETCD 003/4-S
(2CD−R)
ブルックナー:交響曲第8番(ノヴァーク版) マゼール指揮
バイエルン放送響
1993年2月、ミュンヘンでのライヴ ステレオ 僅かなノイズが数箇所あり
ETCD 005-S メシアン:「ほほえみ」
デュティユー:チェロ協奏曲「遥かなる遠い国へ」
シューマン:交響曲第3番「ライン」
マレク・ヤノフスキ指揮
ブダペスト祝祭管
ミクローシュ・ペレーニ(Vc)
1997年5月2日、ブダペストでのライヴ ステレオ
ETCD 006-S ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番
レーガー:モーツァルトの主題による変奏曲とフーガ
マズア指揮
ドレスデン・フィル
ハンス・リヒター=ハーザー(P)
1971年5月12日、ドレスデンでのライヴ ステレオ
ETCD 007/8-S
(2CD−R)
ベートーヴェン:「コリオラン」序曲
ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第2番
ブラームス:交響曲第4番 
クルト・ザンデルリング指揮
スイス・ロマンド管
ミヒャエル・ザンデルリング(Vc)
1998年11月11日、ジュネーヴでのライヴ ステレオ
ETCD 009/10-S
(2CD−R)
メンデルスゾーン:八重奏曲(弦楽合奏版)
マーラー:交響曲第1番「巨人」
メータ指揮
シュターツカペレ・ドレスデン
1994年、ドレスデンでのライヴ ステレオ
ETCD 011-M ブラームス:交響曲第1番 マルケヴィチ指揮
ジョルジュ・エネスコ・フィル
1975年5月9日、ブカレストでのライヴ モノラル 不安定だがまずまずの音質で、ヒスノイズが目立つとのこと。
ETCD 012-S シューベルト:交響曲第5番/ミサ曲第1番 カール・リヒター指揮
エディト・マティス(S)
ウルライク・メル(A)
ハインツ・ツェドニク(T)
ハンス・ゾーティン(B)
ルドルフ・ショルツ(Org)
ウィーン・フィル
ウィーン楽友協会合唱団
1978年6月4日、ウィーンでのライヴ ステレオ
ETCD 013-S (1)チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
(2)ハイドン:交響曲第60番
フランク・ペーター・ツィンマーマン(Vn)(1)
サヴァリッシュ指揮
ベルリン・フィル
2001年6月19日、ベルリンでのライヴ ステレオ 
ETCD 014/5-S
(2CD−R)
ドヴォルザーク:交響曲第5番
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番
アルド・チェッカート指揮
ハンガリー放送響
1985年5月15日、ブダペストでのライヴ ステレオ
ETCD 016/7-S
(2CD−R)
(1)R.シュトラウス:組曲「町人貴族」
(2)モーツァルト:ピアノ協奏曲第26番「戴冠式」
(3)R.シュトラウス:交響詩「死と変容」
ブルーノ=レオナルド・ゲルバー(P)(2)
テンシュテット指揮
ハンブルク北ドイツ放送響
1979年4月23日、ハンブルクでのライヴ ステレオ
ETCD 018-S ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」(チェコ語) ジュリーニ指揮
チェコ・フィル
プラハ・フィルハーモニー合唱団
M・ボハチョヴァ(S)
M・ムラゾヴァ(Ms)
O・スピサル(T)
A・シュヴァルツ(B)
1977年6月3日、プラハでのライヴ 第1楽章冒頭にノイズがある 音質はまずまずとのこと
ETCD 019/20-S
(2CD−R)
ハイドン:交響曲第45番「告別」
マーラー:交響曲第4番
アダム・フィッシャー指揮
ハンガリー国立管
イボラ・ヴェレビクス(S)
1996年5月18日、ブダペストでのライヴ ステレオ
ETCD 021-S シューベルト:
 交響曲第8番「未完成」/
 同第9番「ザ・グレイト」
ヤーノシュ・フェレンチク指揮
ブダペスト・フィル
1983年12月18日、ブダペストでのライヴ ステレオ 初出 各曲第2楽章で音飛びが1ヶ所ずつあり
ETCD 022/3-S
(2CD−R)
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番*
フランク:交響曲 ニ短調
マゼール指揮
バイエルン放送響
キーシン(P)*
2000年2月2日、ミュンヘンでのライヴ ステレオ 初出
ETCD 024/5-S
(2CD−R)
ブラームス:
 ピアノ協奏曲第2番、交響曲第2番
マゼール指揮
バイエルン放送響
オラシオ・グティエレス(P)
1993年3月16日、マドリッドでのライヴ ステレオ 初出 音質良好 ※協奏曲で音飛び箇所あり。
ETCD 026-M ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 マルケヴィチ指揮
ルーマニア放送響&合唱団
E.ネクルス=カーティス(S)
M.ケスラー(Ms)
V.テオドリアン(T)
G.クラスナル(B)
1972年5月17日、ブカレストでのライヴ モノラル 
ETCD 027-S ウェーバー:歌劇「オイリアンテ」序曲
シューマン:チェロ協奏曲
ブラームス:交響曲第4番
オイゲン・ヨッフム指揮
NYP
ローン・マンロー(Vc)
1977年3月5日、ニューヨークでのライヴ ステレオ
ETCD 028/29-S
(2CD−R)
チャイコフスキー:
 ピアノ協奏曲第1番、交響曲第4番
ランベルト・ガルデッリ指揮
ハンガリー放送響
ボリス・ベレゾフスキー(P)
1993年11月19日、ブダペストでのライヴ ステレオ
ETCD 009/10-S
(2CD−R)
メンデルスゾーン:八重奏曲(弦楽合奏版)
マーラー:交響曲第1番「巨人」
メータ指揮
シュターツカペレ・ドレスデン
1994年、ドレスデンでのライヴ ステレオ
ETCD 011-M ブラームス:交響曲第1番 マルケヴィチ指揮
ジョルジュ・エネスコ・フィル
1975年5月9日、ブカレストでのライヴ モノラル 不安定だがまずまずの音質で、ヒスノイズが目立つとのこと。
ETCD 012-S シューベルト:交響曲第5番/ミサ曲第1番 カール・リヒター指揮
エディト・マティス(S)
ウルライク・メル(A)
ハインツ・ツェドニク(T)
ハンス・ゾーティン(B)
ルドルフ・ショルツ(Org)
ウィーン・フィル
ウィーン楽友協会合唱団
1978年6月4日、ウィーンでのライヴ ステレオ
ETCD 013-S (1)チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
(2)ハイドン:交響曲第60番
フランク・ペーター・ツィンマーマン(Vn)(1)
サヴァリッシュ指揮
ベルリン・フィル
2001年6月19日、ベルリンでのライヴ ステレオ 
ETCD 014/5-S
(2CD−R)
ドヴォルザーク:交響曲第5番
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番
アルド・チェッカート指揮
ハンガリー放送響
1985年5月15日、ブダペストでのライヴ ステレオ
ETCD 016/7-S
(2CD−R)
(1)R.シュトラウス:組曲「町人貴族」
(2)モーツァルト:ピアノ協奏曲第26番「戴冠式」
(3)R.シュトラウス:交響詩「死と変容」
ブルーノ=レオナルド・ゲルバー(P)(2)
テンシュテット指揮
ハンブルク北ドイツ放送響
1979年4月23日、ハンブルクでのライヴ ステレオ
ETCD 018-S ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」(チェコ語) ジュリーニ指揮
チェコ・フィル
プラハ・フィルハーモニー合唱団
M・ボハチョヴァ(S)
M・ムラゾヴァ(Ms)
O・スピサル(T)
A・シュヴァルツ(B)
1977年6月3日、プラハでのライヴ 第1楽章冒頭にノイズがある 音質はまずまずとのこと
ETCD 019/20-S
(2CD−R)
ハイドン:交響曲第45番「告別」
マーラー:交響曲第4番
アダム・フィッシャー指揮
ハンガリー国立管
イボラ・ヴェレビクス(S)
1996年5月18日、ブダペストでのライヴ ステレオ
ETCD 021-S シューベルト:
 交響曲第8番「未完成」/
 同第9番「ザ・グレイト」
ヤーノシュ・フェレンチク指揮
ブダペスト・フィル
1983年12月18日、ブダペストでのライヴ ステレオ 初出 各曲第2楽章で音飛びが1ヶ所ずつあり
ETCD 022/3-S
(2CD−R)
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番*
フランク:交響曲 ニ短調
マゼール指揮
バイエルン放送響
キーシン(P)*
2000年2月2日、ミュンヘンでのライヴ ステレオ 初出
ETCD 024/5-S
(2CD−R)
ブラームス:
 ピアノ協奏曲第2番、交響曲第2番
マゼール指揮
バイエルン放送響
オラシオ・グティエレス(P)
1993年3月16日、マドリッドでのライヴ ステレオ 初出 音質良好 ※協奏曲で音飛び箇所あり。
ETCD 026-M ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 マルケヴィチ指揮
ルーマニア放送響&合唱団
E.ネクルス=カーティス(S)
M.ケスラー(Ms)
V.テオドリアン(T)
G.クラスナル(B)
1972年5月17日、ブカレストでのライヴ モノラル 
ETCD 027-S ウェーバー:歌劇「オイリアンテ」序曲
シューマン:チェロ協奏曲
ブラームス:交響曲第4番
オイゲン・ヨッフム指揮
NYP
ローン・マンロー(Vc)
1977年3月5日、ニューヨークでのライヴ ステレオ
ETCD 028/29-S
(2CD−R)
チャイコフスキー:
 ピアノ協奏曲第1番、交響曲第4番
ランベルト・ガルデッリ指揮
ハンガリー放送響
ボリス・ベレゾフスキー(P)
1993年11月19日、ブダペストでのライヴ ステレオ
ETCD 030-S シューマン:ピアノ協奏曲
ブラームス:交響曲第3番
ポリーニ(P)
アバド指揮
ベルリン・フィル
1989年9月5日、ベルリンでのライヴ ステレオ 初出
ETCD 031/2-S
(2CD−R)
マーラー:交響曲第9番 バーンスタイン指揮
イスラエル・フィル
1985年9月3日、ステレオ、ライヴ ※音質はまずまずで、モノラルに近い
ETCD 033/4-S
(2CD−R)
マーラー:交響曲第9番  バーンスタイン指揮
イスラエル・フィル.
1985年9月5日、ステレオ、ライヴ ※音質はまずまずで、モノラルに近い
ETCD 035-M モーツァルト:交響曲第39番
ストラヴィンスキー:「ミューズを率いるアポロ」 
ハンス・フォンク指揮
オランダ放送フィル
1977年1月24日、アムステルダムでのライヴ モノラル
ETCD 036/7-S
(2CD−R)
モーツァルト:
 第39番、第40番、第41番「ジュピター」
マゼール指揮
バイエルン放送響
1999年1月10-11日、ミュンヘンでのライヴ ステレオ
ETCD-038/9-S
(2CD−R)
ベートーヴェン:
 ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
 交響曲第6番「田園」
イェルジー・セムコフ指揮
ワルシャワ・フィル
ユージン・イストミン(P)
1976年4月18日、ワルシャワでのライヴ ステレオ 初出 ※「皇帝」第1楽章後半で数小節の欠落あり
ETCD-040-S マーラー:交響曲「大地の歌」 シャイー指揮
ロイヤル・コンセルトヘボウ管
ヤルト・ヴァン・ネス(Ms)
イェスタ・ヴィンベルイ(T)
1990年9月10日、ロンドン、ロイヤル・アルバート・ホールでのライヴ ステレオ
ETCD-041/2-S
(2CD−R)
ハイドン:交響曲第104番「ロンドン」
マーラー:交響曲第5番
ブーレーズ指揮
ウィーン・フィル
1996年3月24日、ウィーンでのライヴ ステレオ
ETCD-043-S
発売中止
モーツァルト:セレナード第7番「ハフナー」 ベーム指揮
ベルリン・フィル
トマス・ブランディス(Vn)
1976年9月14日、ベルリンでのライヴ ステレオ



ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD 新店舗トップページへ



Copyright(C) 2006-2012 ARIA−CD.All rights reserved.