アリアCD 新店舗へようこそ

新店舗トップページへ

お買い物の方法  

ページ内の商品チェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ



LANNE
旧シリーズ
1CD−R\1,300→\800
2CD-R\1,500→\900

 LANNEの旧シリーズ、今回特価セールとして登場。
 すべて薄CD袋入りCD盤面印刷なしのジャケ印刷のみです。音源だけを純粋に楽しみたいというマニアのために。

 新シリーズはこちら

LHC 7001 (1)ドヴォルザーク:チェロ協奏曲(1968/8/4,ザルツブルク)
(2)ベートーヴェン:魔笛の7つの変奏曲(1969/9/26,ベルリン)
デュプレ(Vc)
メータ指揮(1)
ベルリン・フィル(1)
バレンボイム(P)(2)
ベルリン・フィルとの共演ライヴは初出 (1)モノラル (2)ステレオ 少々ノイズあり
LHC 7003 ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 ミュンシュ指揮
ボストン響
1962年4月27日、ライヴ ステレオ ミュンシュのボストンでのラストコンサート 4楽章で一部左チャンネルで音のひずみあり。
LHC 7004 プフィッツナー:ヴァイオリン協奏曲 作品34
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
パイネマン(Vn)
ケンペ指揮
スイス音楽祭管
1973年8月15日、ルツェルン ステレオ 初出 一部DVDが発売された(4楽章コーダのみ)新世界の全曲ライヴ
LHC 7006 マーラー:交響曲第5番 バーンスタイン指揮
NYP
1974年9月10日、ステレオ 5楽章の一部に欠落50秒弱あり、他ノイズあり ライヴならではの感動がある
LHC 7010 ヘンデル:合奏協奏曲Op.6-10
J.S.バッハ:
 ブランデンブルク協奏曲第4&5番
ボーナス:
 リスト:ピアノ協奏曲第1番〜第1楽章*
リヒター指揮
ミュンヘンバッハ管
ジネット・ドワイアン(P)*
ロザンタール指揮*
フランス国立管*
ルガーノ音楽祭のリヒター&インゴ・ジンホーファー(Vn)、コンラート・クレン(フルート)のメンバーによる繊細なるソロが楽しめる。ボーナス・トラックのドワイヤンの協奏曲は多分この一部しかでていない模様。1974年5月7日、ルガーノ音楽祭 初出 ステレオ、1950年代、フランス、モノラル(ボーナス) 
LHC 7012 シューベルト:交響曲第8番「未完成」
バルトーク:管弦楽の為の協奏曲
アンセルメ指揮
スイス・ロマンド管
1950-60年代の録音 アンセルメ独特の展開をみせる展開。モノラル 初出 
LHC 7016 ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」 クーベリック指揮
バイエルン放送響
1966年、フランクフルト ヘキスト化学社創立100周年記念放送録音 ステレオ 初出 入手困難なプライヴェート盤よりの復刻 バランスがとれた良い演奏とのこと。
LHC 7018 ベートーヴェン:交響曲第2番
バルトーク:管弦楽の為の協奏曲
カラヤン指揮
ベルリン・フィル
1974年5月3日、ドルトムントでのライヴ ステレオ 音質良好
LHC 7019 ドヴォルザーク:
 交響曲第9番「新世界より」(1974/12/8,ベルリン)
J.S.バッハ:
 ブランデンブルク協奏曲第1番(1973/10/26)
カラヤン指揮
ベルリン・フィル
全体的に軽いノイズあり ステレオ
LHC 7021 ベートーヴェン:
 (1)交響曲第1番(1974/8/3,ザルツブルク)/
 (2)同第7番(1977/3/1)*
キタエンコ指揮
ドホナーニ指揮*
ウィーン・フィル
(1)はキタエンコがウィーン・フィルを指揮した若き情熱のライヴ ステレオ
LHC 7022 ブラームス:交響曲第1番(1985/9/7)
バーンスタイン:ディヴェルティメント(1989,ボストン)*
バーンスタイン指揮
イスラエル・フィル
ボストン・ポップス管*
ステレオ 初出
LHC 7023
(2CD−R)
\900
モーツァルト:
 交響曲第40番/フルート協奏曲第1番
ファリャ:三角帽子より
カール・ハインツ・ツェラー(Fl)
アントニオ・ロス・マルバ
ベルリン・フィル
1983/11/30 ベルリン
カラヤン指揮者コンクール受賞者演奏会
 (1)ワーグナー:トリスタンとイゾルデ〜前奏曲と愛の死
 (2)チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」
指揮者不明(1)
ベルリン・フィル(1)
シナイスキー指揮(2)
ベルリン・フィル(2)
1973/11/26 ベルリン
ステレオ 不明の(1)は小泉和裕ではないかという情報あり。
LHC 7026 シベリウス:
 (1)交響曲第5番
 (2)同第1番
オッコ・カム指揮
ベルリン・フィル(1)
プラハ響(2)
(1)1970年10月9日、ライヴ (2)1979年5月27日、ライヴ 最近のカムの演奏より、重厚。ここまで鳴らすか?
LHC 7027 マーラー:交響曲第9番 コンドラシン指揮
モスクワ国立管
1971年5月30、ライヴ ステレオ 初出 プラハの春での演奏会。快速テンポで内容の濃い演奏。
LHC 7029 シベリウス:交響曲第5番(1978,スペインLIVE)
バルトーク:管弦楽の為の協奏曲(1970年代,プラハLIVE)*
チェリビダッケ指揮
スペイン国立管
チェコ・フィル*
モノラル録音 初出 興味深い客演の音源。
LHC 7030 プロコフィエフ:
 交響曲第6番/
 ロメオとジュリエット〜組曲第2番
ムラヴィンスキー指揮
レニングラード・フィル
1982年6月3日、ウィーン、ムジークフェラインでのライヴ ステレオ 初出
LHC 7031 モーツァルト:交響曲第40番
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」
ネルソン指揮
バイエルン放送響
1980年10月23日、ヘラクレス・ライヴ ステレオ 初出 貴重な音源
LHC 7033 (1)ハイドン:交響曲第100番
(2)メンデルスゾーン:弦楽の為の交響曲第8番
(3)モーツァルト:ディヴェルティメントK138
カール・ミュンヒンガー指揮(1)(2)
シュトゥットガルト放送響(1)
シュトゥットガルト室内管(2)
コレギウム・アウレウム(3)
(1)1986年10月16日、リーダー・ハレでのライヴ (2)1983年5月12日、ロココでのライヴ (3)1978年1月22日、モーツァルテウムでのライヴ ステレオ かなりレアな内容。一部ノイズあり
LHC 7036
(2CD−R)
\900
(1)ブラームス:交響曲第1番
(2)ベートーヴェン:交響曲第7番
(3)ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ(1911)
モントゥー指揮
ボストン響(1)
フランス国立管
コンセルトヘボウ管
(1)1962年8月24日、ボストンでのライヴ (2)1955年6月9日、シャンゼリゼでのライヴ ステレオ&モノラル スタジオ録音とは全く違う。
LHC 7038 (1)シューマン:ヴァイオリン協奏曲
(2)ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番
(1)シェリング(Vn)
ロスバウト指揮
南西ドイツ放送響
(2)バックハウス(P)
ロスバウト指揮
ケルン放送響
(1)1960年代のライヴ (2)1950年10月16日、ケルンでのライヴ モノラル ナレーション入り
LHC 7039 ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」
フランス国立管との「幻想交響曲」のリハーサル
ミュンシュ指揮
ボストン響
ステレオ 初出 
LHC 7040 モーツァルト:交響曲第40番
R.シュトラウス:ツァラトゥストラはかく語りき
ベーム指揮
ベルリン・フィル
1962年8月19日、ザルツブルクでのライヴ モノラル
LHC 7041 (1)ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番
(2)ブラームス:交響曲第1番
ワイセンベルク(P)(1)
カラヤン指揮
ベルリン・フィル
(1)1977年11月10日、(2)同年11月9日、ライヴ モノラル
LHC 7043 シベリウス:ヴァイオリン協奏曲(1956/4/22,ベルリン)
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲(1960/5/6,ベルリン)
ギンベル(Vn)
E.ヨッフム指揮
ベルリン・フィル
ネルソバ(Vc)
G.L.ヨッフム指揮
ベルリン・リアス響
モノラル
LHC 7044 フリッチャイ追悼コンサート
 ベートーヴェン:交響曲第3番〜第2楽章
 J.S.バッハ:
  ヴァイオリン協奏曲第2番BWV1042
 マーラー:大地の歌〜Farewell
ディースカウ
メニューイン
クーベリック指揮
ベルリン放送響
1963年3月24日、ベルリン、ライヴ モノラル
LHC 7046 ショスタコーヴィチ:交響曲第7番「レニングラード」 バーンスタイン指揮
ボストン響
1948年12月22日、ボストンでのライヴ モノラル
LHC 7047 シベリウス:交響曲第5番(1949/10/7,ストックホルム)
ルーセンベリ:コンツェルト1(1954,トリノ)
インタビュー&リハーサル
カラヤン指揮
ストックホルム・フィル
トリノRAI
モノラル
LHC 7048
(2CD−R)
\900
(1)J.S.バッハ:
 ブランデンブルク協奏曲(全曲)
(2)モーツァルト:
 フルートとハープの為の協奏曲K299
(1)リヒター指揮
ミュンヘンバッハ管
ニコレ
シュナイダーハン
(2)ニコレ
ウルズラ・ホリガー
プラハ室内管
(1)1966年6月2日、ウィーン芸術週間 ライヴ (2)1981年5月16日、スメタナ ライヴ モノラル&ステレオ
(1)は先日LANTA FEで出た音源と同じものと思われる。
LHC 7052 (1)ベートーヴェン:交響曲第8番(1953,ベルリン)
(2)フランク:交響曲ニ短調(1964/9/18,ルーマニア)
クリュイタンス指揮
ベルリン・フィル(1)
ルーマニア放送響(2)
モノラル 初出
LHC 7053 モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲/交響曲第40番
シューマン:交響曲第2番
エネスコ指揮
NYP
1937年1月31日、NYライヴ モノラル 初出
LHC 7056 ブラームス:
 ヴァイオリン、チェロの為の二重協奏曲/ 
 交響曲第2番
トマス・ブランディス(Vn)
オトマー・ボルヴィッキ(Vc)
カラヤン指揮
ベルリン・フィル
1977年10月21日、ベルリン・ライヴ ステレオ 初出
LHC 7059 ヨハン&ヨゼフ・シュトラウス作品集
 「ジプシー男爵」序曲/天体の音楽/アンネン・ポルカ/
 うわごと/常動曲/皇帝円舞曲/ラデッキー行進曲
カラヤン指揮
ウィーン・フィル
1989年2月28日、NYカーネギー・ホール、ライヴ
LHC 7060 ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 ミュンシュ指揮
ボストン響
ボストン・フェスティヴァル合唱団
アディソン、コープレフ
スターン、グラム
1958年8月10日、ボストンでのライヴ モノラル 初出
LHC 7062 ブラームス:ヴァイオリン協奏曲(1961/9/11,ルーマニア)*
ベルリオーズ:「ローマの謝肉祭」序曲(1971/7/9,ブロッサム)
ブラームス:大学祝典序曲(1972/7/14,同)
ステファン・ルーハ(Vn)*
マゼール指揮
ルーマニア放送響
モノラル&ステレオ 初出
LHC 7063 プロコフィエフ:交響曲第1番「古典」
ベートーヴェン:交響曲第7番
チェリビダッケ指揮
ラインランド国立フィル
1978、ラインランドでのライヴ モノラル 初出
LHC 7064 ウェーバー:「オベロン」序曲
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲*
 (1962/11/18,NY)
ブラームス:二重協奏曲+
 (1962/11/11,NY)
ベーム指揮
NYP
リッチ(Vn)*
コリリアーノ(Vn)+
ヴァルガ(Vc)+
リッチとベームの共演に感謝 モノラル 初出
LHC 7065
(2CD−R)
\900
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲/ロマンス第2番
シューマン:交響曲第3番「ライン」
ボーナス:
 ベートーヴェン:交響曲第7番
  ドラティ指揮、フィンランド放送響(1969/5/18,ヘルシンキ,モノラル)
ツィンマーマン(Vn)(1)
ケルン・フィル(1)
エッセン・フィル(2)
ティーレマン指揮(1)(2)
若きティーレマンが聴ける。ラインはメリハリの効いた内容で、ティンパニーが炸裂!!
LHC 7066
(2CD−R)
\900
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番/交響曲第1番 ディノ・チアーニ(P)
アバド指揮
ハンガリー国立管
1968年3月23日 ブダペストでのライヴ モノラル 一部初出
LHC 7067 シューマン:ピアノ協奏曲
ベートーヴェン:交響曲第7番
カッチェン(P)
ベーム指揮
NYP
1962年11月25日、NYでのライヴ モノラル 初出
LHC 7068 シベリウス:交響曲第2番
ラヴェル:マ・メール・ロア
コンドラシン指揮
フランス国立管
1974年、パリでのライヴ ステレオ 初出
LHC 7069
(2CD−R)
\900
(1)ブルックナー:交響曲第8番
(2)モーツァルト:ディヴェルティメント第17番K334
カラヤン指揮
ウィーン・フィル(1)
ベルリン・フィル(2)
(1)1989年2月26日、NYカーネギーホール・ライヴ、ステレオ? (2)1969年3月31日、ザルツブルク、イースター音楽祭ライヴ ステレオ (2)は初出

(2)は第5楽章が割愛されている。当時演奏されなかったのでは、とも言われている。
LHC 7070 (1)モーツァルト:クラリネット協奏曲
(2)プロコフィエフ:交響曲第5番
チェリビダッケ指揮
イスラエル・フィル
チュリヒ・トーンハレ管  
(1)1958年11月18日、イスラエル、ライヴ (2)年月日不明、ライヴ 共にモノラル 初出 イスラエル・フィルとトーンハレ管へ客演したレア音源。ソロは多分イスラエル・フィルの首席では?
LHC 7071 (1)チャイコフスキー:交響曲第4番
(2)べートーヴェン:交響曲第3番「英雄」〜1楽章
バーンスタインによる解説(ドイツ語)
バーンスタイン指揮
タングルウッド祝祭管
1987年7月11日、タングルウッドでのライヴ ステレオ 初出 (1)は劇的で強烈なパンチの効いた演奏、金管が鳴りまくる。
LHC 7073 モーツァルト:
 交響曲第21番/ヴァイオリン協奏曲第3番/
 交響曲第29番
シュナイダーハン(Vn&指揮)
モーツァルテウム管
1977年8月7日、モーツァルテウム、ザルツブルク音楽祭でのライヴ。ステレオ 初出 指揮とソロのワンマンショー!!。ファンにはたまらないアルバム。
LHC 7074 べートーヴェン:
 (1)交響曲第7番(1980、スタジオ)/
 (2)同第8番(1982、ライヴ)
エルネスト・ブール指揮
オランダ放送室内管
共にステレオ。(2)は初出 ブールの意外と知られていないベートーヴェンへのアプローチは、木管が強調された面白いスタイルで、弦が唸る演奏。
LHC 7075 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番*
ムソルグスキー:禿山の一夜
グラナドス:わら人形
エステヴァン・サンチェス(P)*
P.ガンバ指揮
コペンハーゲン・フィル
1966年11月3日、コペンハーゲンでのライヴ ステレオ
LHC 7076 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
ラヴェル:
 スペイン狂詩曲*/
 「ダフニスとクロエ」第2組曲*
ラザール・ベルマン(P)
ドラティ指揮
ワシントン・ナショナル響
フランス国立管*
1976年10月24日、国連でのライヴ、1965年、パリでのライヴ ステレオ
LHC 7077 ヴォーン・ウィリアムズ:タリスのテーマによる幻想曲
べートーヴェン:交響曲第4番
エルガー:エニグマ変奏曲
モントゥー指揮
ボストン響
1963年12月20日、ボストンでのライヴ ステレオ モントゥーの劇的なライヴ。オケがノリノリで、切れ味最高。
LHC 7078 (1)べートーヴェン:交響曲第5番「運命」*
(2)ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲
エルネスト・ブール指揮
オランダ放送室内管*
南西ドイツ放送響
(1)1984年9月、(2)1964年1月1日、バーデン=バーデンでのライヴ ステレオ
LHC 7079 スヴェトラーノフ・アーカイヴズ Vol.1
 R.シュトラウス:
  交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯」
 デュカス:交響詩「魔法使いの弟子」
 ラヴェル:ラ・ヴァルス
 ベルリオーズ:ハンガリー行進曲
 マーラー:交響曲第5番〜アダージェット
スヴェトラーノフ指揮
ソビエト国立響
1982年11月26日、モスクワでのライヴ ステレオ 重量級の響き 凄いの一言
LHC 7080 べートーヴェン:交響曲第5番「運命」(2種) ヨッフム指揮
フランス国立管(1)
ベルリン・フィル(2)
(1)1967年5月27日、パリでのライヴ  (2)1986年4月17日、ベルリンでのライヴ 共にステレオ どちらもスリル満点のライヴ!!
LHC 7081 (1)ラフマニノフ:交響曲第1番
(2)ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
(3)メンデルスゾーン:結婚行進曲
(4)J.S.バッハ:アリア(管弦楽組曲第3番より)
スヴェトラーノフ指揮
ソビエト国立響
(1)1987年11月15日、ムジークフェラインザールでのライヴ (2)(3)(4)1980年代、モスクワでのライヴ ステレオ (1)は初出
LHC 7082 (1)メンデルスゾーン:「ルイ・ブラス」序曲
(2)シューマン:ヴァイオリン協奏曲
(3)ワーグナー:ジークフリート牧歌
(4)モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲
オハン・ドゥリアン指揮
バイエルン放送響(1)(2)
モスクワ響(3)
フランス放送管(4)
ヘンリク・シェリング(Vn)(2)
(1)(2)1980年1月10日、ヘラクレスザールでのライヴ、(3)1991年、モスクワでのライヴ、(4)1981年5月8日、パリでのライヴ ステレオ オハン・ドゥリアンの貴重なライヴが聴ける。音は劣悪。
 一年以上前に、へんてこりんなシャドウ・コンダクティングのDVDを中心にお知らせした謎の指揮者オハン・ドゥリアン。結構注文が殺到したにもかかわらず、全体の3割しか入荷しないままマネージャーが行方不明になってその後まったく商品が入ってこなかった。
 そのオハン・ドゥリアンの貴重なライヴ集がLANNEから出ることに。

 「世界にはまだこんな怪物がいた。
 オハン・ドゥリャン。Ohan Dourian。
 全然無名のインチキ手品師みたいなじいさんが画面に現れたときは、即刻切ろうかと思ったが、音楽が始まった途端にもう何も手につかなくなってしまった。
 結局4本観終えた後放心状態。ようやく気を取り直して何度も何度も観返して観返して、一体その日何回観たことか。
 家に帰ってからもその演奏が心に焼き付いて離れず、夢の中にまでその音楽が鳴り響いた。
 オハン・ドゥリャン。Ohan Dourian。
 1922年エルサレム生まれ。シェルヘン、デゾルミエール、マルティノンに師事し、その後アルメニアに移る。
 ニキシュ、カラヤン、バーンスタイン、ストコフスキーと比較され、ワルシャワでは「東ヨーロッパのトスカニーニ」と呼ばれた。ショスタコーヴィチやカラヤンからその才能を認められ、ゲルギエフにはその「カラヤン並みの世界最高の指揮者の一人」と賞賛された。
 1959年から1964年までアルメニア・フィルの首席指揮者を務め、その後はアルメニア国立放送soを設立したりしている。ただアルメニアでのみ活躍したわけではなく、世界中の110に及ぶオーケストラを指揮、コーガン、オイストラフ、ロストロポーヴィチ、シェリング、リッチ、フランソワ、ワイセンベルクなどと共演している。
 実はCDも出ていて、PHILIPSからはショスタコーヴィチの交響曲第12番をライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団と、BERLIN Classics からはケーゲルの「展覧会の絵」の余白にベルリン放送響との「禿山の一夜」を入れている。PHILIPSのほうは永く廃盤だが、BERLIN Classics のほうは BC 32352 でまだ現役盤である。
 ・・・とはいうものの、現段階ではほとんど無名。これまでその名を聞いた記憶がない。
 そんな指揮者がこんなとてつもない音楽を創り上げていたのである。」 <DVD発売当時のコメントから>

 残念ながらここで話したDVDは現在入手不能だが、今回リリースのCD-Rでドゥリャンの魅力をまた味わいたい。 
LHC 7083 べートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 H・ドナート(S)
G・ヤーン(A)
R.コロ(T)
W.ベリー(B)
ベーム指揮
ウィーン・フィル
ウィーン国立歌劇場合唱団
1973年1月13日、ウィーン、オットー・ニコライ・コンサートのライヴ ステレオ 初出
LHC 7084 J.S.バッハ:カンタータ集
 第31番「天は笑い、地は喜ぶ」/
 第39番「餓えた人々にパンをわけあたえなさい」/
 第34番「永遠の炎よ」]
E・シュパイザー(S)
A・レイノルズ(A)
G・ニムスゲルン(B)
K・エクイルズ(T)
カール・リヒター指揮
ミュンヘン・バッハ管&合唱団
1971年6月20日、ヘラクレスザールでのライヴ ステレオ
LHC 7085 モーツァルト:
 ピアノ協奏曲第17番*/
 ディヴェルティメント第3番 K.138/
 行進曲 K.408
イングリッド・ヘブラー(P)*
パウムガルトナー指揮
モーツァルテウム管
1965年、ライヴ ステレオ 魅惑の調べに加え、個性溢れる内容。
LHC 7086 ショスタコーヴィチ:交響曲第10番 オハン・ドゥリアン指揮
バイエルン放送響
1980年1月10日、ヘラクレスザールでのライヴ ステレオ 初出 スリリングな音を表現し、色彩豊かな希少ライヴ。ドゥリアンの魅力全開。音は劣悪。
LHC 7087 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
シューベルト:交響曲第3番
べートーヴェン:序曲「レオノーレ」第3番
フランス・クリダ(P)
ルネ・クロプフェンシュタイン指揮
NDR響
バンベルグ響
プラハ響
(1)1979年9月3日、(2)1978年9月10日 (3)1980年9月29日 全てモントルーでのライヴ ステレオ 絶妙なタッチから生まれるしっかりとした低音部は、素晴らしい説得力。
LHC 7088 ベルリオーズ:「ローマの謝肉祭」序曲
ウェーバー:「魔弾の射手」序曲
リスト:ピアノ協奏曲第1番*
べートーヴェン:交響曲第5番「運命」
B・エンゲラー(P)*
ロストロポーヴィチ指揮
ベルリン・フィル
1982年5月14日、ベルリンでのライヴ ステレオ ベルリン・フィル創立100周年の年、ロストロポーヴィチが燃えた熱狂的ライヴ!!
LHC 7089 べートーヴェン:
 (1)ピアノ協奏曲第4番/
 (2)同第3番
フィルクシュニー(P)(1)
ヤコブ・ボガート(P)(2)
エルネスト・ブール指揮(1)(2)
南西ドイツ放送響(1)
オランダ放送管(2)
(1)1964年のセッション録音、(2)1980年代のライヴ 共にステレオ なんとフィルクシュニーとの共演。
LHC 7091 (1)マルティノン:ヴァイオリン協奏曲第2番
(2)チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
シェリング(Vn)
マルティノン指揮(1)
ワールド青少年管(1)
スクロヴァチェフスキー指揮(2)
NDR響(2)
(1)1975年8月19日、ブリュッセル、(2)1975年9月7日、モントルー、ともにライヴ ステレオ
LHC 7092 ベルリン・フィル・アーカイブズ
 (1)ラヴェル:ラ・ヴァルス
 (2)ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲
 (3)メンデルスゾーン:交響曲第4番〜第4楽章/
 (4)チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」〜
   第3楽章&第4楽章
ラインスドルフ指揮(1)
フムラ指揮(2)
B・ヴァイル指揮(3)
ゲルギエフ指揮(4)
ベルリン・フィル
(1)1989年10月10日 (2)1986年1月15日 (3)1979年9月30日 (4)1977年10月1日 ステレオ 初出 ゲルギエフは当時24歳!!
LHC 7094 モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」
ブラームス:ピアノ協奏曲第2番  
イェルク・デムス(P)
カイルベルト指揮
バンベルク響
1967年、バンベルクでのライヴ ステレオ ライヴならではの熱気に満ちたレア音源。
LHC 7095 ショスタコーヴィチ:交響曲第7番「レニングラード」   コンドラシン指揮
モスクワ・フィル
1975年5月14日、スメタナ・ホールでのライヴ ステレオ
LHC 7096 ショスタコーヴィチ:交響曲第8番 コンドラシン指揮
フランス国立管
1969年7月29日、パリでのライヴ ステレオ
LHC 7099 チャイコフスキー:交響曲第4番
グリンカ:2つのロシアの主題による交響曲
スヴェトラーノフ指揮
ソビエト国立響
1985年5月17日、ウィーンでのライヴ ステレオ 力強いスケールと激しく高揚する表現力にウィーンの観衆が酔いしれた名演。
LHC 7100 ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」
ブーレーズ:エクラ・ミュルティブル(1965-71)
ブーレーズ指揮
シュトゥットガルト放送響
1979年11月30日、べートーヴェン・ホールでのライヴ ステレオ ブーレーズがドイツのオケを指揮した貴重な音源。「エクラ」は断片的作品で、25名の奏者による東洋風コラボ。
LHC 7101 シベリウス:交響曲第4番
バルトーク:弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 
アンセルメ指揮
ヘルシンキ市響
ハンガリー国立響
1963年、シベリウス音楽祭、1961年、ブタペスト ライヴ モノラル
LHC 7102 ショスタコーヴィチ:交響曲第10番 ロストロポーヴィチ指揮
カーティス音楽祭管
1994年5月18日、カーティスでのライヴ ステレオ カーティス音楽祭管との共演で、興奮度100%の凄まじさ。オケの掛け合いは見事。
LHC 7104 ストラヴィンキー/自作自演集
 ストラヴィンスキー:春の祭典(本番とリハ)
ストラヴィンスキー指揮
スウェーデン放送響
1961年9月、スウェーデンでのライヴ モノラル 
LHC 7105 モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第1番
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番
グリュミオー(Vn)
ドヌー指揮
ベルギー放送室内管
アイザック・スターン(Vn)
フムラ指揮
フランス国立管
1973年、1975年5月30日、パリでのライヴ ステレオ
LHC 7107 スヴェトラーノフ・アーカイヴズ Vol.4
 ラフマニノフ:交響曲第3番
 スヴェトラーノフ:狂詩曲第2番
スヴェトラーノフ指揮
ソビエト国立響
1968年12月30日、モスクワでのライヴ ステレオ 
LHC 7108 スヴェトラーノフ・アーカイヴズ Vol.5
 (1)ショスタコーヴィチ:交響曲第1番
 (2)ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
 (3)リスト:ノクターン 他
スヴェトラーノフ指揮
ソビエト国立響
(1)1968年12月30日、モスクワ (2)(3)1980年代 ライヴ ステレオ 衝撃的なアプローチと繊細な響きを堪能。
LHC 7109 マーラー:交響曲第9番 コンドラシン指揮
モスクワ・フィル
1973年11月2日、アムステルダムでのライヴ ステレオ
LHC 7110 ワーグナー:
 「さまよえるオランダ人」序曲/
 「トリスタンとイゾルデ」〜愛の死/
 「神々の黄昏」より
B・ニルソン(S)
マタチッチ指揮
モンテカルロ国立歌劇場管
1974年8月、モンテカルロでのライヴ モノラル マニア向けアイテム
LHC 7111 フォーレ:レクイエム
ショーソン:交響曲
パレー指揮
フランス国立管
1971年、パリでのライヴ ステレオ
LHC 7113 ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
べートーヴェン:交響曲第7番
ズーカーマン(Vn)
アツモン指揮
ベルリン・フィル
1974年6月30日、ベルリンでのライヴ ステレオ 躍動感が見事!!
LHC 7114 スヴェトラーノフ・アーカイヴズ6
 スクリャービン:交響曲第2番
 ショスタコーヴィチ:祝典序曲
 グラズノフ:スペイン舞曲
スヴェトラーノフ指揮
ソビエト国立響
1985年5月19日、ウィーンでのライヴ ステレオ 初出 重圧感に圧倒されるウィーンでのライヴ
LHC 7115 (1)レーガー:ピアノ協奏曲 ヘ短調Op.114
(2)ストラヴィンスキー:花火
メイヤー(P)
ブール指揮
ハーグ・フィル
南西ドイツ放送響
(1)1980年11月1日、ハーグでのライヴ ステレオ、(2)1960年代のライヴ モノラル ブールの世界がほとばしる。
LHC 7116 シューベルト:交響曲第9番「グレイト」 マゼール指揮
トリノRAI 響
1956年3月30日、トリノでのライヴ モノラル 若き天才の指揮振りを堪能できる。
LHC 7117 (1)べートーヴェン:交響曲第5番「運命」
(2)ブラームス:交響曲第4番(#)
オフチニコフ指揮(1)
モスクワ・フィル(1)
エリアスベルク指揮(2)
レニングラード・フィル(2)
(1)1977年2月23日、モスクワでのライヴ ステレオ、(2)1960年5月9日、レニングラードでのライヴ モノラル ロシアの指揮者を知る!!極めて個性的な演奏。
LHC 7118 (1)ブラームス:セレナーデ第1番
(2)J・C・F・バッハ:
 交響曲第20番 変ロ長調(1794)
アバド指揮(1)
ベルリン・フィル(1)
リリング指揮(2)
シュトゥットガルト・バッハ・コレギウム(2)
(1)1981年5月8日 ベルリンでのライヴ (2)1980年8月3日、シュティフト・キルへ、夏のバッハアカデミーでのライヴ ステレオ アバドの気品と奥行き鋭いベルリン・フィルのアンサンブルに脱帽。(2)はJ.C.F.バッハ晩年の作品。ハイドンの交響曲に影響を受けた4楽章構成の曲。
LHC 7119 マーラー:交響曲「大地の歌」 クルト・ザンデルリング指揮
ロス・フィル
ソリスト不明
1989年3月12日、ドロシー・チャンドラでのライヴ ステレオ 心地よいテンポとアンサンブルが見事!!
LHC 7121 べートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 パレー指揮
デトロイト響
ソリスト不明
1962年3月29日、デトロイトでのライヴ ステレオ
LHC 7122 ブルックナー:交響曲第2番 ケンペ指揮
ヘッセン放送響
1960年代のモノラル録音 スタジオ収録 レアな音源で魅力ある内容
LHC 7123 スヴェトラーノフ・アーカイヴズ 7
 ステーンハンマー:交響曲第1番 ヘ長調
スヴェトラーノフ指揮
スウェーデン放送響
1998年、ベルヴァルド・ホールでのライヴ ステレオ
LHC 7124 スヴェトラーノフ・アーカイヴズ 8
 プロコフィエフ:5つの小品
 スヴェトラーノフ:ソナチネ/メロディ第4番
 ヘンデル:ソナタ第6番
 サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
  他全8曲
スヴェトラーノフ(P)
V・クリモフ(Vn)
1982年4月13日、モスクワでのライヴ ステレオ
LHC 7125 スヴェトラーノフ・アーカイヴズ 9
 R.シュトラウス:アルプス交響曲
スヴェトラーノフ指揮
ソビエト国立響
1968年5月5日、モスクワでのライヴ ステレオ
LHC 7127 (1)メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」
(2)ブラームス:悲劇的序曲
(3)R.シュトラウス:
 交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯」
ディクソン指揮
ヘッセン放送響(1)(2)
フランクフルト放送響(3)
(1)1969年5月24日、(2)1968年9月12日、(3)1974年4月5日 全てライヴ ステレオ
LHC 7128 ヨハン&ヨゼフ・シュトラウス・コンサート
 皇帝円舞曲/「こうもり」序曲/美しく青きドナウ/
 ラデツキー行進曲 他 全8曲
ベーム指揮
ベルリン・フィル
1954年2月11日、ウィーンでのライヴ モノラル
LHC 7129 フルトヴェングラー:
 ピアノと管弦楽のための交響的協奏曲 ロ短調
パウル・バドゥラ=スコダ(P)
ツァグロセク指揮
オーストリア放送響
1986年1月17日、ウィーン、ムジークフェラインザールでのライヴ ステレオ
LHC 7130 シューベルト:交響曲第3番
チャイコフスキー:交響曲第5番
カエターニ指揮
バイエルン放送響
1986年1月24日、ヘラクレスザールでのライヴ ステレオ
LHC 7131 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」
オラシオ・グティエレス(P)
マゼール指揮
フランス国立管
1980年7月31日、ザルツブルクでのライヴ ステレオ
LHC 7132 ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集 Op.46&72 サヴァリッシュ指揮
チェコ・フィル
1993年3月24日、ドヴォルザーク・ホールでのライヴ ステレオ
LHC 7133 マーラー:交響曲「大地の歌」 スタインバーグ指揮
ボストン響
独唱者不明
1970年1月2日、ボストンでのライヴ ステレオ
LHC 7134
廃盤
(1)エリザベス組曲
(2)ハイドン:交響曲第88番
(3)シューベルト:交響曲第5番
バルビローリ指揮
NYP
G・エネスコ・フィル
(1)(2)1959年1月10日、ニューヨークでのライヴ、(3)1961年、ルーマニアでのライヴ モノラル
LHC 7135 スヴェトラーノフ・アーカイヴズ Vol.10
 (1)バラキレフ:交響詩「タマーラ」
 (2)スヴェトラーノフ:ピアノ協奏曲
 ワーグナー:
  (3)「パルジファル」〜第1幕前奏曲/
  (4)「さまよえるオランダ人」序曲
スヴェトラーノフ(P&指揮)
ヴラジーミル・ヴェルヴィツキー指揮(2)
USSR響
(1)1977年3月28日、(2)1976年11月14日、(3)1977年2月8日、(4)1972年2月8日 全てライヴ ステレオ
LHC 7136 (1)シューベルト:交響曲第3番
(2)シベリウス:交響曲第2番
カエターニ指揮(1)
オーストリア放送響(1)
マリナー指揮(2)
ベルリン放送響(2)
(1)1984年11月1日、ウィーン・コンツェルトでのライヴ、(2)1981年2月15日、ベルリンでのライヴ ステレオ (2)の最終楽章が見事
LHC 7137 (1)R.シュトラウス:交響詩
  「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯」
(2)バーバー:序曲「悪口学校」
(3)J.シュトラウスII:
 芸術家の生活/「ヴェネツィアの夜」序曲
(4)J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番
マゼール(指揮&Vn(4))
NDR響(1)
ベルリン放送響(3)
ナポリ・スカルラッティ管(4)
(1)(2)1986年12月、ハンブルク、ステレオ、(3)1975年6月17日、ウィーン、ステレオ、(4)1959年3月24日、ナポリ、モノラル 全てライヴ
LHC 7139 チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」 ハインツ・ワルベルク指揮
エッセン・フィル
1984年1月12日、エッセンでのライヴ ステレオ
LHC 7141 ベルリオーズ:幻想交響曲 サヴァリッシュ指揮
スイス・ロマンド管
1973年9月5日、モントルーでのライヴ ステレオ
LHC 7142 シューベルト:交響曲第9番「グレイト」 パヴェル・コーガン指揮
モスクワ響
1981年、モスクワでのライヴ ステレオ
LHC 7144 リスト:ハンガリー幻想曲
シューマン:交響曲第2番
アール・ワイルド(P)
ブルーノ・マデルナ指揮
クリーヴランド管
1972年8月5日、ブロッサムでのライヴ ステレオ
LHC 7145 ブルックナー:交響曲第3番(ノヴァーク版) ウリ・セガル指揮
ベルリン・フィル
1974年3月6日、ベルリンでのライヴ ステレオ
LHC 7146 (1)ベルリオーズ:交響曲「イタリアのハロルド」
(2)ラヴェル:ラ・ヴァルス
マゼール指揮
ベルリン・フィル(1)
フランス国立管(2)
(1)1984年4月4日、ベルリンでのライヴ (2)1981年11月12日、パリでのライヴ ステレオ
LHC 7148 オルフ:カルミナ・ブラーナ パレー指揮
デトロイト響 他
1960年12月29日、デトロイトでのライヴ ステレオ
LHC 7152 (1)チャイコフスキー:交響曲第2番
(2)シューベルト:交響曲第6番
シャイー指揮
ベルリン放送響.
(1)1987年2月7日、(2)1982年10月3日、以上ベルリンでのライヴ ステレオ
LHC 7153 (1)フランク:交響曲
(2)シューマン:ピアノ協奏曲
ポリーニ(P)
シャイー指揮
ロンドン・フィル
ロンドン・シンフォ二エッタ
(1)1980年9月14日、(2)1981年8月24日 ロンドンでのライヴ ステレオ
LHC 7154 ブルックナー:交響曲第7番 オハン・ドゥリアン指揮
オーケストラ不明
1960年代、スタジオ録音 モノラル
LHC 7155 ブルックナー:交響曲第4番 オハン・ドゥリアン指揮
ベルリン放送響
1964年、ベルリン、スタジオ録音 モノラル






ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD 新店舗トップページへ



Copyright(C) 2010 ARIA−CD.All rights reserved.