クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ



聴いてみてもいいかも
お奨め! ライヴCD-R その2
23タイトル


いろいろなところで話題になったり、お客様から感動の便りをいただいている名演をセレクトしてお贈りします。



 貴重なライヴ音源を提供してくれる「名演奏家ライヴCD-R」レーベル。

 これらのシリーズは、フォーマットはCD-R、ブックレットも極めて簡素、音質もさまざまで音飛びやノイズが入ることもありえるようなきわめてマニアックな音源です。
 なので本当にかなりのマニアの方で、こうしたアイテムに免疫がある方でなければ近寄らないほうがよいでしょう。ただ一度はまるとなかなか抜け出せませんが・・・。
 CD-Rは通常のCDとは違いレーザー光線で情報を記録するメディアですが、再生方法・保存方法はCDとまったく同じです。ただ光には弱いのでお気をつけください。
 また、水に濡れると表面の印刷が落ちることがあるのでご注意ください。





オッテルロー&オランダ放送フィル管
放送用録音のブルックナー
VIBRATO
VHL-505
\1490
ブルックナー:交響曲第7番    オッテルロー(指)
オランダ放送フィル管 
1958年4月2日 ヒルヴェルスム 放送用音源  モノラル

ウィーン交響楽団との有名な録音ではなく、オランダ放送フィルとの放送用音源。




.
エッシェンバッハ指揮&ウィーン・フィル
2005年のロンドン・ライヴ
ドン・インダストリアーレ
DI 06-029B
(2CD−R)
\2980
ブルックナー:交響曲第8番 エッシェンバッハ指揮
ウィーン・フィル
2005年9月8日、ロンドンでのウィーン・フィルとの盛大なライヴ。
.
エッシェンバッハ
怪演で知られる2001年のマラ9
SOUNDS SUPREME
2S-025
(2CD−R)
\2180
ウェーベルン:管弦楽小曲集
マーラー:交響曲第9番
エッシェンバッハ指揮
北ドイツ放送響
”時代錯誤なテンポ変化など、安全運転愛好家は立ち寄るべからず”、だそうだ。
2001年1月14日の録音。
ELS 03-438/9と同じではないかと思われる。





オーマンディ&ヨーロッパ・オケのライヴ!
VIBRATO
2VHL 252
(2CD−R)
\2980
ウェーバー:「魔弾の射手」序曲
R.シュトラウス:
 交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
ストラヴィンスキー:パストラール/「火の鳥」組曲
ブラームス:交響曲第2番
オーマンディ指揮
フランス国立放送管
1965年6月23日、シャンゼリゼ劇場でのライヴ ステレオ 初出 
オーマンディがフランスのオケと共演した珍しい録音。
見事な統率力でオケをドライヴしている。ヒス・ノイズや軽いテープ劣化あり。
ドン・インダストリアーレ
DI 06-028A
\1490
チャイコフスキー:交響曲第5番 オーマンディ指揮
WDRケルン放送響
1959年 モノラル 世界初出
VIBRATO
VHL-569
\1490
R・シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」 オーマンディ(指)
コンセルトヘボウ管
1967 モノラル
自主製作盤にはない貴重録音
VIBRATO
VLL 228
\1490
(1)ショスタコーヴィチ:交響曲第6番
(2)ブラームス:交響曲第1番
オーマンディ指揮
フィラデルフィア管(1)
ロッテルダム・フィル(2)
(1)1969年5月、(2)1982年9月26日、ライヴ 共にステレオ 
共に既出演奏だが別音源で、特に(2)は音質が向上しているらしい。
NAVIKIZE
NAV 4021
\1090
ブラームス:悲劇的序曲
       交響曲第1番
ユージン・オーマンディ指揮
ロッテルダムPO.
1982.9.26
フィラデルフィアとのコンビでイメージの強いオーマンディだが、大ベテラン指揮者だけにロッテルダム・フィルを指揮しても、豪奢なオーマンディサウンドにしてしまう。



オーマンディ、アメリカのオケを振る!
RARE MOTH
RM-619-S
\1490
エルガー:エニグマ変奏曲
ベートーヴェン:交響曲第4番
オーマンディ(指)
ボストン響
1964年7月19日 タングルウッド  ライヴ・ステレオ録音
ドン・インダストリアーレ
DI 08-039A
\1490
(1)ラフマニノフ:交響詩「死の島」(*)
(2)プロコフィエフ:
 交響曲第1番「古典交響曲」
 交響曲第6番
オーマンディ指揮
フィラデルフィア管(*)
ボストン響
(1)1979年4月22日、 (2)1962年8月18日、共に初出 ライヴ
RARE MOTH
RM 582/3S
(2CD−R)
\2980
マーラー:交響曲第2番「復活」 ヴェロニカ・タイラー(S)
ヘレン・ワッツ(A)
オーマンディ指揮
クリーヴランド管&合唱団
1972年11月2日、クリーヴランドでのライヴ ステレオ 初出 

オーマンディの当曲といえば、SP期にミネアポリス響と入れた1935年録音と、手兵との1970年のRCA録音があるが、これは初のライヴ。
しかもセルが亡くなってまだ2年ほどのクリーヴランド管を振ったという稀少な演奏。
一期一会の緊迫感あふれる名演。終演後にも「ブラヴォー」の歓声が飛ぶ。微小の劣化はあるが、音質良好。
EN LARMES
ELS 15-975/6
(2CD−R)
\2980
ベートーヴェン:
 レオノーレ序曲第3番
 ピアノ協奏曲第4番
 交響曲第5番「運命」
アンレド・ワッツ(P)
オーマンディ(指)
ニューヨーク・フィル
1980.6.6 NY
最晩年のオーマンディ、ニューヨーク・フィルを指揮してのベートーヴェン・プログラム。





オーマンディ、フィラデルフィアとの「新世界」
RITARDANDO
RIT 5024
\1490
スメタナ:歌劇「売られた花嫁」序曲
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
シベリウス:トゥオネラの白鳥
オーマンディ指揮
フィラデルフィア管
1974年、ライヴ ステレオ
フィラデルフィアとの「新世界」スタジオ録音はモノラルしかなかった。





オーマンディ、ホロヴィッツとのラフマニノフ

有名なニューヨーク・フィルとの演奏は1978年の1月。
VIBRATO
VHL 389
\1490
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番 ホロヴィッツ(P)
オーマンディ指揮
フィラデルフィア管
1978年4月16日、アカデミー・ミュージックでのライヴ モノラル 音はよくない。
WME
M-1504
\1490
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番 ウラディミール・ホロヴィッツ(P)
オーマンディ(指)
フィラデルフィア管
1978/4/30 フィラデルフィア
上記1978/4/16(VLL-389)と同様、音質は芳しくない。 モノラル 





.
カイルベルト、マーラー・ライヴ!
VIBRATO
VHL 96
\1490
マーラー:交響曲第1番「巨人」 カイルベルト指揮
シュターツカペレ・ドレスデン
1950年2月4日の録音。モノラル

 カイルベルトの珍しいマーラー。しかもオーケストラがシュターツカペレ・ドレスデン。このオケもマーラーはあまり演奏しない。
 しかし現在の指揮者ではなかなか聴けない、豊かな雰囲気にあふれた演奏。巨人の歩みそのもののゆったりとした音楽が流れる。
VIBRATO
2-VHL-549
(2CD−R)
\2980
マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」 ムレッタ・ムセリ(s),
ゲルダ・シャイラー(s),
ヴィルマ・リップ(s)
ヒルデ・レッスル=マイダン(Cont.),
ウルスラ・ベゼ(Cont.),
フリッツ・ヴンダーリヒ(T),
ヘルマン・プライ(Br),
オット・エーデルマン(B)
フランツ・シュッツ(Org),
ウィーン楽友協会合唱団,
カイルベルト(指)
ウィーン響
モノラル録音
 1960.6.19 ウィーン楽友協会大ホール

 これまた貴重なカイルベルトのマーラー。しかも「第8番」。歌手陣もすごい。というかすごすぎる。




カイルベルト、ドイツのオケとのライヴ!
VIBRATO
VHL 175
\1490
(1)モーツァルト:交響曲第40番(1966)
(2)レーガー:ヒラー変奏曲(1950年代・モノラル)
カイルベルト指揮
バイエルン放送響(1)
ケルン放送響(2)
VIBRATO
VLL 107
\1490
ブルックナー:交響曲第8番 カイルベルト指揮
ケルン放送響
1960年代のステレオ録音。リハーサルの段階で相当細部まで練り上げたのだろうということが想像できる緻密な演奏。
カイルベルトのブルックナー、第8番は初登場。後にORFEOからも発売された。3楽章、4楽章に一部音の欠落がある。
WME-S-1020
\1490
ブルックナー:交響曲第6番 カイルベルト指揮
シュトゥットガルト放送響
1960年代の録音。ステレオ 世界初出。若干ヒスノイズあり。

有名なベルリン・フィルとの演奏があるがこちらはライヴ。





カイルベルト、バンベルク響との貴重なライヴ音源
EN LARMES
ELM 04-512
\1490
ブルックナー:交響曲第9番 カイルベルト指揮
バンベルク響
1962年のモノラル録音。
往年の巨匠カイルベルトの貴重なライヴ録音。
カイルベルトはこの曲をテルデックにも録音しているが、演奏内容はこちらの方が格段に優れているとのこと。
オケの素朴で南ドイツ風のサウンドが実によく作品にマッチしている。当時のものとしては音質良好の部類。世界初出
FKM-CDR83/4
(2CD-R)
\2980
ベートーヴェン:交響曲第3番
ブラームス:交響曲第4番
R・シュトラウス:
 ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯
ヨーゼフ・カイルベルト指揮
バンベルグSO.
1968年5月
1968年7月20日に心臓発作で亡くなるその2ヶ月前のライヴ。




カイルベルト
バンベルク響の前身プラハ・ドイツ・フィルとの演奏
TELEFUNKENからの復刻
VIBRATO
2-VHL-519
(2CD-R)
\2980
ハイドン:交響曲第101番[時計」
 1941年6月18日 モノラル
レーガー:ベックリンによる4つの音詩  
プフィッツナー:「パレストリーナ」より3つの序曲集
 1942年12月
シューマン:
 交響曲第1番「春」
  1941年3月
  交響曲第4番
  1942年 プラハ    
カイルベルト(指)
プラハ・ドイツ・フィル

 プラハ・ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団は、バンベルク響の前身。1940年にチェコのドイツ系住民によって創立された。
 同楽団は、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーの推薦で、ヨーゼフ・カイルベルトを首席指揮者に迎えて活動していた。
 ドイツの敗戦後の1945年、チェコからドイツへ逃れた同楽団の楽団員が集結してバンベルク響を創立することになる。

 今回の録音は同レーベルとしては珍しくTELEFUNKEN のLPからの復刻。音質良好。







ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2018 ARIA−CD.All rights reserved.08