クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ

. 


アンサンブル・キアロスクーロ
イタリア・バロック初期から後期まで
ちょっとうつむき加減の弦楽作品



 バロック音楽発祥の地といえば、オペラを生んだ国、イタリア。
 しかし同時に弦の国として大きな存在感を示していた。


 ここに登場するのは、バロック初期に活躍した

  ジョヴァンニ・パオロ・チーマ (1570-1630):
  ピエトロ・パオロ・ライモンド
  ジローラモ・アレッサンドロ・フレスコバルディ (1583-1643)
  ダリオ・カステッロ - Dario Castello
  トバイアス・ヒューム (1569-1645)

 そして後期に活躍した

  ミケーレ・マシッティ - Michelle Mascitti (1664-1760)
  アントニオ・ヴィヴァルディ - Antonio Vivaldi (1678-1741)

 7人。その弦楽作品。
 
 おもしろいのは、ここで紹介している作品がみなヴァイオリンの技巧と華麗で明朗な音色で鮮やかに聴かせる・・・というよりは、切々と歌心を綴るという面持ちの内向的な作品であること。
 ちょっと暗いのだ。

 ヴェネツィアの超絶ヴァイオリニストとして鳴らしたヴィヴァルディの作品もどちらかというつむき加減の作品。
 活躍していたピエタ音楽院との契約が更新されなかった時に書かれた「作品2」の1曲。

 一聴するとちょっととっつきにくいくらいの曲が多いのだが、逆に、聴けば聴くほど胸にしみこんでくるようになる。
 



イタリア・バロック、独奏と室内楽
 ジョヴァンニ・パオロ・チーマ (1570-1630):
  。伽爾離愁淵 ▲凜.ぅリンと低音弦のためのソナタ
 ピエトロ・パオロ・ライモンド
  カサンドラ(編:ジャンカルロ・ピナルディ)
 ジローラモ・アレッサンドロ・フレスコバルディ (1583-1643)
  ぅ好團優奪燭泙燭魯螢紂璽箸里燭瓩離肇奪ータ
 ダリオ・カステッロ - Dario Castello
  ゥ凜.ぅリンと低音部のための第1ソナタ
  ζ 第2ソナタ
 トバイアス・ヒューム (1569-1645)
  ベース・ヴァイオルのための「恋よさらば」
 ミケーレ・マシッティ - Michelle Mascitti (1664-1760)
   ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ イ短調 op.3-10
 アントニオ・ヴィヴァルディ - Antonio Vivaldi (1678-1741)
   ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ ニ短調 op.2-3(RV 14)
アンサンブル・キアロスクーロ
           (古楽器使用)
 ファブリツィオ・チプリアーニ(vn)
 アントニオ・フォンティヌオーリ(vc)
 ジャンカルロ・ピナルディ(リュート)
 シリオ・レスターニ(cmb)
CONCERTO
CNT2095
(輸入盤)
\2700

 バロックの王道=イタリア。
 本場最前線の名手たちが技芸のかぎりを尽くした精選傑作集で、時代の変遷を。


 本盤の4人は、それぞれにベルギーやオランダ、ドイツなど欧州随一の熾烈な古楽環境を生き延び、さまざまなアンサンブルでも活躍してきた名手たち!サヴァールやクリスティらのアンサンブルで彼らの名を目にした人も多いのではないでしょうか。
 ルネサンス末期風のチーマやバロック初期のカステッロから、フランス人たちをも魅了したマシッティ、そしてヴィヴァルディ初期の躍動感にいたるまで、様式感をみごとに描き分けながら、イタリアならではの音楽感覚を縦横無尽に味あわせてくれる――ヴァイオリン曲のみならず、リュートやチェンバロの活躍にも注目です!





ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2015-2017 ARIA−CD.All rights reserved.