クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ




スヴェンセン:交響曲&管弦楽曲集
CPO (3CD)\4200→\2690
〜5/19(日)


 ヨハン・スヴェンセン(1840年9月30日 - 1911年6月14日) は、ノルウェーの作曲家。
 スウェーデン統治下のノルウェーのクリスチャニアに生まれ、生涯のほとんどをデンマークのコペンハーゲンに過ごし、70歳で同地にて他界した。


 グリーグとともにノルウェーの国民主義音楽を代表する作曲家の一人スヴェンセン。
 いくつかの交響曲はすでに人気を博しているが、この3 枚組では彼の仕事をたっぷり楽しむことができる。
 さまざまな作曲家の影響を受けつつも独自の作風を確立していくスヴェンセンの軌跡が理解できる嬉しい曲集。




 30代後半からは指揮活動がメインとなったスヴェンセンだが、交響曲は作曲活動全盛の30代中盤の作品。
 とくに交響曲第2番は作曲家スヴェンセンのまがうことなき代表作であり、ノルウェーの交響曲の中でも最高傑作と言っていい。
 ただ、ドイツの正統派音楽に傾倒したスヴェンセンらしく作品的には北欧ものというよりドイツ・ロマン派に近い。とはいうもののもちろん民族的北欧ロマンは随所で感じることができる。その北欧的素材が、いかにもドイツ音楽的で重厚な雰囲気の中に練りこまれていく様子は本当に見事。音楽の流れ、旋律の歌わせ方、リズムの展開、あらゆる点でスマートでソツがないのである。しかも亜流とか模倣とかいうにおいを感じさせない。作品に確固たる個性を感じる。だから何度でも聴きたくなるし、そのたびに深く新しい感慨を得る。

 ・・・そう、これは大家の音楽である。

 グリーグはスヴェンセンの交響曲を聴いて自作交響曲の演奏を禁じ、その後交響曲の作曲を一切やめてしまったという。それもうなずける話である。



777372-2
(3CD)
\4200→\2690

スヴェンセン(1840-1911):交響曲.管弦楽曲集

CD1

 1.交響曲第1 番 Op.4/2.交響曲第2 番 Op.15
CD2
 1.ノルウェイ芸術家の謝肉祭 Op.14/
 2.ロメオとジュリエット Op.18/3.パリの謝肉祭 Op.9/
 4.ゾラハイダ Op.11/5.祝祭ポロネーズ Op.12/
 6.アンダンテ・フュネーブル

CD3
 1.シーグル・スレンベ Op.8/
 2.ノルウェー民謡による変奏曲 Op.31/
 3.ノルウェイ狂詩曲 第1 番 Op.17/
 4.ノルウェイ狂詩曲 第2 番 Op.19/
 5.ノルウェイ狂詩曲 第3 番 Op.21/
 6.ノルウェイ狂詩曲 第4 番 Op.22
ラトヴィア国立交響楽団/
テリェ・ミッケルセン(指揮)



ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2014 ARIA−CD.All rights reserved.08