クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ



2セット確保!
韓国ユニバーサル
ウエストミンスター・レガシー
第1巻室内楽コレクション
DG 40020(59CD)\32000→\19990


 1949年にニューヨークで創立され、短期間に綺羅星のごとく名録音の数々を残したウエストミンスター・レーベル。
 創立の中心メンバーであったジェイムズ・グレイソンがイギリス人で、元々ロンドンのウエストミンスター寺院のそばに住んでいたので、「ウエストミンスター」と命名された。そのウエストミンスターの貴重な音源を集大成した韓国ユニバーサルの偉大なセット。

 で、店主が「このセット、間違いなくすぐに売り切れます。」と当初から断言していたように、あっというまに第1巻は完売、その後猛烈な要請から再生産・・・しかしそのもすぐに完売。現在は中古市場やオークション市場で60000円前後で取引されているのを見る。

 しかし、その第1巻を2セット確保。しかも・・・安い。

 夏休み特別企画ということで先着で販売させていただきます。





 設立当初の中心的なアーティストは、ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団とウィーン・フィルハーモニー木管グループで、1952年からはこれにバリリ四重奏団が加わった。
 彼らはみなウィーン交響楽団やウィーン・フィルなど、ウィーンで活躍していた演奏家たちだった。
 ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団とバリリ四重奏団によるモーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトの弦楽四重奏曲集を主とした室内楽演奏、クラリネットのレオポルト・ウラッハの代表盤といえるクラリネット五重奏曲、ウィーン・フィル木管グループの《グラン・パルティータ》等々、ウィーンのプレイヤーたちならではの音色が存分に堪能できる贅沢な録音は多くの人々を魅了した。
 ウエストミンスターは、その演奏内容と録音の良さでアメリカ新興レーベルの中で傑出した評価を勝ち得ていたが、次第に資金繰りに行き詰まるようになり、次々とオーナーが変わっていき、いつのまにか「幻のレーベル」として人々から忘れ去られていく。
 その後日本のMCAビクター・スタッフがニューヨークのビクターの倉庫にマスターテープを発掘、ついにその「幻のレーベル」が復活。当時オリジナルテープから復刻されたCDは、一大センセーションを呼び起こした。店主も根こそぎ買いあさった。
 しかしその後すぐに廃盤、さらに権利はユニバーサルに移るもほとんど飼い殺し状態が続く。ようやく国内盤でボックス・セットが颯爽と登場したはいいが、それもあっというまに廃盤。またも飼い殺し状態が続いていた。

 そういう状況でリリースされた韓国ユニバーサルのとてつもないボックス・セット・・・。

 バリリ四重奏団のベートーヴェン四重奏団全曲・モーツァルト五重奏・四重奏集。
 ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団のシューベルト四重奏全曲、ベートーヴェン・モーツァルト・ハイドンの四重奏集。
 アマデウス四重奏団のモーツァルト、ウラッハのモーツァルト・ブラームス・シューベルト、バドゥラ=スコダの新旧の「ます」。
 さらに余録としてハスキルのスカルラッティ、バレンボイムのベートーヴェン。

 装丁はご存知のようにここまで丁寧にしなくてもという重厚なあつらえ。
 内袋入りの各ディスクは、それぞれオリジナル・デザインが印刷された紙ジャケットに収納されてます。
*美麗紙ボックス仕様(サイズ:縦140mm×横290mm×奥行135mm)、ブックレット(韓、英語表記)。



DG 40020 (59CD)\19990
CD1
 シューベルト:ピアノ五重奏曲「ます」Op.114 D667*
  パウル・バドゥラ=スコダ
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
 シューベルト:ピアノ五重奏曲「ます」Op.114 D667**
  パウル・バドゥラ=スコダ
  バリリ四重奏団
  Recorded in 1950 (* MONO) and 1958 (** STEREO);
  コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD2
 シューベルト:弦楽五重奏曲Op.163 D.956
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1950; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD3
 シューベルト:八重奏曲Op.166 D.803
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  レオポルト・ウラッハ(clarinet), カール・エールベルガー(basson),
  ゴットフリート・フォン・フライベルク(horn)ヨーゼフ・ヘルマン(double bass)
  Recorded in 1951;コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD4
 シューベルト:ソロ・ヴァイオリンと弦楽四重奏の為のロンド D.483
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1953;コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD5
 ベートーヴェン:
   管楽三重奏曲Op.87/
   ドン・ジョヴァンニの「お手をどうぞ」による変奏曲ハ長調/
   八重奏曲 Op.103/ロンド WoO25
    ウィーン・フィルハーモニー木管グループ
    Recorded in 1949&54

CD6
 ベートーヴェン:七重奏曲 Op. 20*/ 六重奏曲 Op. 71
  ウィーン・フィルハーモニー木管グループ、バリリ弦楽アンサンブル*
  Recorded in 1954&50;コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD7
 モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク K.525/ディヴェルティメント第17番 K. 334
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1954;コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD8
 モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ No.25,28,33,29&20
  ワルター・バリリ(violin), パウル・バドゥラ=スコダ(piano)
  Recorded in 1952;コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD9
 モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ No.24,35&40
  ワルター・バリリ(violin), パウル・バドゥラ=スコダ(piano)
  Recorded in 1952& 51;コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD10
 モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ No35,37&41
  ワルター・バリリ(violin), パウル・バドゥラ=スコダ(piano)
  Recorded in 1954;コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD11
 モーツァルト:オーボエ四重奏曲K.370/フルート四重奏曲 第1番 K.285
  ハンス・カメシュ(oboe), ハンス・レズニチェック(flute)
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1949&54;コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD12
 モーツァルト:クラリネット五重奏曲 K.581
 ブラームス :クラリネット五重奏曲 Op.115
  レオポルト・ウラッハ(clarinet)
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1951&52;コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD13
 ブラームス:2つのクラリネットソナタ第1番&第2番*/ホルン三重奏曲 作品40**
  レオポルト・ウラッハ (clarinet) * ,イエルク・デムス (piano) *,
  ワルター・バリリ(violin)**,フランツ・コッホ (horn) **, フランツ・ホレチェック (piano) **
  Recorded in 1953&52; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD14
 ブラームス:弦楽五重奏曲 第1番Op.88/弦楽六重奏曲 第2番Op.36
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1950 &54;コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD15
 ブラームス:弦楽六重奏曲 第1番Op.18/ピアノ五重奏曲 Op.34
  イエルク・デムス(piano)
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1951&52; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD16
 ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番 Op.25/第3番 Op.60
  イエルク・デムス(piano)
  バリリ四重奏団
  Recorded in 1956; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD17
 ブラームス:ピアノ四重奏曲第2番Op.26
  イエルク・デムス(piano)
  バリリ四重奏団
  Recorded in 1956; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD18
 シューマン:おとぎ話 Op. 132/
 メンデルスゾーン:演奏会用小品第1番Op.113&第2番Op.114/
 ブラームス:三重曲Op.114
  レオポルト・ウラッハ(clarinet)/ エーリッヒ・ヴァイス(Viola)/
  イエルク・デムス(piano) フランツ・バルトシェック(バセットホルン)/
  フランツ・クヴァルダ(cello)、フランツ・ホレチェック(piano)
  Recorded in 1950&52;コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD19
 シューマン :ピアノ五重奏曲 Op.44 /ピアノ四重奏曲 Op. 47
  イエルク・デムス(piano)
  バリリ四重奏団
  Recorded in 1956; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD20
 ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲Op.81/弦楽四重奏曲 第14番Op.105
  エディット・フェルナーニ(piano),バリリ四重奏団
  Recorded in 1954; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD21
 ボロディン:弦楽四重奏曲 第1番
 ドヴォルザーク:弦楽五重奏曲 第2番 Op.77
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1950; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD22
 グリンカ:悲愴三重奏曲
 リムスキー・コルサコフ:五重奏曲
 R.シュトラウス:13管楽器のための組曲 op.4/管楽器のためのセレナーデOp.7
  レオポルト・ウラッハ(clarinet),
  カール・エールベルガー(basson),パウル・バドゥラ=スコダ(piano)他
  Recorded in 1949&52;コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD23
 シュミット:ピアノ五重奏曲*
 レスピーギ:イル・トラモント**/ドリア 旋法による弦楽四重奏曲
  バリリ四重奏団
  イエルク・デムス(piano)*/セーナ・ユリナッチ(soprano)**
  Recorded in 1952&54

CD24
 ヤナーチェク:ピアノと室内楽のためのコンチェルティーノ*,ドゥムカ&ソナタ**
 マルティヌー:弦楽四重奏とオーケストラのための協奏曲***
  バリリ・アンサンブル*、ワルター・バリリ (violin)**,フランツ・ホレチェック(piano)**,
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団 ***
  ヘンリー・スウォボダ(Conductor)***/ウィーン国立歌劇場管弦楽団***
  Recorded in 1954&51; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD25
 シューベルト:弦楽四重奏曲 第1〜3番
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1952; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD26
 シューベルト:弦楽四重奏曲 第4〜5番
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1952&53; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD27
 シューベルト:弦楽四重奏曲 第7/8&10番
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1953&51; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD28
 シューベルト:弦楽四重奏曲 第9&11番
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1953; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD29
 シューベルト:弦楽四重奏曲 第13&14番
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1950& 51; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD30
 シューベルト:弦楽四重奏曲 第12&15番
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1950&52 ; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD31
 ハイドン:弦楽四重奏曲 No.63/No.65/No.68
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1950&54; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD32
 ハイドン:弦楽四重奏曲 No.64/No.66/No.67
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1954; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD33
 ハイドン:弦楽四重奏曲 No.77/No.78/No.79
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1950&53; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD34
 ハイドン:弦楽四重奏曲No.75/No.76/No.80
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1954; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD35
 モーツァルト:
  弦楽四重奏曲K.80/弦楽五重奏曲K.46/
  ディヴェルティメントK.136/K.137/K.138
   バリリ四重奏団
   Recorded in 1955; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD36
 モーツァルト:弦楽四重奏曲 K.155/K.156/K.157/K.158
  バリリ四重奏団
  Recorded in 1955; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)
CD37
 モーツァルト:弦楽四重奏曲K.159/K.160/K.168/K.169
  バリリ四重奏団
  Recorded in 1955; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD38
 モーツァルト:弦楽四重奏曲 K.170/K.171/K.172/K.173
  バリリ四重奏団
  Recorded in 1955; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD39
 モーツァルト:弦楽四重奏曲K.499/弦楽五重奏曲K.499/ K.174/K.406
  バリリ四重奏団
  Recorded in 1955; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD40
 モーツァルト:弦楽四重奏曲K.465/ K.421
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1952; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD41
 モーツァルト:弦楽四重奏曲K.428/K.458
  アマデウス四重奏団
  Recorded in 1951; ハムステッド・パリッシュ教会(ロンドン)

CD42
 モーツァルト:弦楽四重奏曲K.464/K.590
  アマデウス四重奏団
  Recording in 1951; ハムステッド・パリッシュ教会(ロンドン)

CD43
 モーツァルト:弦楽四重奏曲K.575/K.589&K.387
  バリリ四重奏団
  Recorded in 1954&53

CD44
 モーツァルト:弦楽五重奏曲K.515/K.593
  バリリ四重奏団
  Recorded in 1953&54; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD45
 モーツァルト:弦楽五重奏曲K.516/K.614
  アマデウス四重奏団
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1951&49; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)
  &ハムステッド・パリッシュ教会(ロンドン)

CD46
 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲No.1 Op.18-1/No.2 Op18-2/No.3 Op.18-3
  バリリ四重奏団
  Recorded in 1953&52; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD47
 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲No.4 Op.18-4/No.5 Op.18-5/No.6 Op. 18-6
  バリリ四重奏団
  Recorded in 1953&52; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD48
 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲No.7 Op.59-1/弦楽五重奏曲 Op.29
  バリリ四重奏団
  Recorded in 1955&53; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD49
 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲No.8 Op.59-2/No.9 Op.59-3
  バリリ四重奏団
  Recorded in 1956&55; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD50
 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲No.10 Op.74/No.12 Op.127
  バリリ四重奏団
  Recorded in 1956; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD51
 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲No.11 Op.95. No.15 Op.132
  バリリ四重奏団
  Recorded in 1952&56; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD52
 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲No.13 Op.130/Grobe Fuge Op.133
  バリリ四重奏団
  Recorded in 1952; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD53
 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲No.14 Op.131/No.16 Op.135
  バリリ四重奏団
  Recorded in 1952; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD54
 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲No.7 Op.59-1/No.9 Op.59-3
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1951&52; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD55
 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲No.8 Op.59-2
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1951&52; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD56
 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲No.10 Op.74/No.12 Op.127/No.15 Op.132
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1951&52; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD57
 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲No.15 Op.132
  ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団
  Recorded in 1951; コンツェルトハウス・モーツァルト・ザール(ウィーン)

CD58
 モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番 K.466
  スカルラッティ:ソナタK247/2/132/35/193/386/519/322/87/515&437
  クララ・ハスキル(piano)
  ヴィンタートゥール交響楽団
  ヘンリー・スウォボダ(conductor)
  Recorded in 1950

CD59
 ベートーヴェン:ディアベッリの主題による33の変奏曲 Op.120
  ピアノ・ソナタ第14番 Op.27-2「月光」
  ダニエル・バレンボイム(piano)
Recorded in 1965&58;ニューヨーク 







いつかのメルマがを転載
韓国ユニバーサル/ウエストミンスター・レガシー
第1巻室内楽コレクション

 


ウエストミンスター・レーベルってご存知でしょうか・・・

往年のLPファンはよくご存知かと思いますが、1949年にニューヨークで創立され、短期間に綺羅星のごとく名録音の数々を残したレーベルです。

中心的なアーティストは、ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団とウィーン・フィルハーモニー木管グループ。
1952年からはさらにバリリ四重奏団が加わります。

つまりみんなウィーン交響楽団やウィーン・フィルなどウィーンで活躍していた演奏家たち。

ちなみにバリリというのはウィーンに生まれ、1938年ウィーン・フィル入団、1940年にコンマスに昇格、 1945年からはバリリ弦楽四重奏団を結成し世界的な名声を博したヴァイオリニストです。


そんなウィーン・コンツェルトハウス四重奏団とバリリ四重奏団によるモーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトの弦楽四重奏曲集、そしてクラリネットの伝説的奏者レオポルト・ウラッハの代表盤といえるクラリネット五重奏曲等々、「さすがウィーンの伝統」というきらめくような名録音が、このウエストミンスターにはいっぱい残されていたわけです。



ところがそのウエストミンスター、次第に資金繰りに行き詰まるようになり、次々とオーナーが変わって、いつのまにか「幻のレーベル」として人々から忘れ去られ、宝のような音源もいつしか手に入らなくなってしまっていたんです。


最終的に権利はユニバーサルに移るのですが、哀しいかなほとんど飼い殺し状態。

ようやく国内盤でボックス・セットが登場したはいいものの(2007年)、それもあっというまに廃盤。


またも飼い殺し状態が続きます・・・。


そんな悲惨な状況にあったウエストミンスターの室内楽録音を、韓国ユニバーサルがとてつもないボックス・セット第1巻(第2巻は管弦楽録音)としてリリースしたのが一昨年の秋でした。


ただ限定ボックスということもあって、「このセット、間違いなくすぐに売り切れます。」と当初から断言していたように、あっというまに完売します。


その第1巻室内楽録音が、このたび日本の代理店の猛烈な要請によって再プレスされたというのです。


今回の再プレスは日本側の要請の300セットのみ。でもすでに250以上の予約が入っているそうです。

残り40ちょっと。

おそらく残り40なんておそらくあっという間になくなるでしょう。

再・再プレスがないとは言い切れません。
でもよほどの予約が集まらないと難しいでしょう。


またいつかユニバーサルから分売が出ないとは言い切れません。
でも、これまでの冷遇ぶりからいくと、インターナショナルのユニバーサルがこれらのウエストミンスター音源を何らかの形でリリースしてくれるか・・・ちょっと疑問です。


幸いにも韓国ユニバーサルは非常に優秀な復刻を行っています。

しかも価格も非常に良心的です。
59枚組でウエストミンスターの名だたる室内楽録音を網羅して\21990というのは、今後もないのではないでしょうか。


もちろんウエストミンスター音源のすばらしさをご存知の方はすでにお持ちだと思うので今回のお話は「今さら」・・・かとは思います。

でもここへきてこのレーベルのすごさを知って、それらの室内楽録音に手を出そうかどうしようか迷っている方は・・・この機会を逃さないほうがよいでしょう。

このボックスの価値は非常に高いです。


アリアCDでもある程度の在庫を持つつもりですが、おそらく代理店を含め、その在庫は長くは持たないでしょう。

どうぞ、お早めに。








ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2014 ARIA−CD.All rights reserved.08