クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ



入手不能だった
スペイン国立管弦楽団自主製作盤
紙パッケージによる不思議な装丁
若干数入手!これが全世界最後
〜4/7(日)


 その、CDとは思えない不思議な装丁もあり、大きな話題となって大ベストセラーを記録。
 あっというまに完売となったスペイン国立管弦楽団自主製作盤の2つのアルバム。

 コープマンによる「宗教改革」&「未完成」
 デ・ブルゴスの「カルミナ・ブラーナ」

 

 その後も問い合わせが相次ぐも入手不能。
 それを知ってか知らずかブログなどでは絶賛の声が相次いだらしく、市場には強烈な飢餓感が走った。

 その2つの特殊アルバムを数本ずつだが入手。

 先方からはこれが最後の在庫と言われた。覚悟してどうぞ・・・4/7までのご注文から抽選とさせていただきます。



限定盤レア盤!

740033
(1CD)\2600
10セット
スペイン国立管弦楽団の珍しい自主製作盤 
 なんとコープマンによる「宗教改革」&「未完成」!

 メンデルスゾーン(1809-1847):交響曲第5番ニ長調「宗教改革」Op.107
 シューベルト(1797-1828):交響曲第8番ロ短調「未完成」D.759
スペイン国立管弦楽団
トン・コープマン(指揮)

録音:2014年6月、国立音楽堂、マドリード、スペイン

 モダーン楽器オーケストラへの客演の機会が増えているコープマンですが、スペイン国立管弦楽団を指揮してメンデルスゾーン&シューベルトとは何とも意外。
 当盤はスタジオ録音ですが、彼らは同時期にメンデルスゾーンの交響曲第2番「賛歌」を上演しており、この作曲家へのコープマンの熱の入れようを窺うことができます。紙製ソフトパック仕様。



レア盤! 限定盤

740019
(1CD)\3000
5セット
逝去半年前のライヴ!
 ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスの「カルミナ・ブラーナ」

  オルフ(1895-1982):カンタータ「カルミナ・ブラーナ」
アウクシリアドラ・トレダノ(ソプラノ)
カルロス・メナ(カウンターテナー)
ヨッヘン・クプファー、アンヘル・ロドリゲス(バリトン)
エスコラニア・デル・サグラド・コラソン・デ・ロサレス(児童合唱)
スペイン国立合唱団&管弦楽団
ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス(指揮)

録音:2013年12月20-22日、ライヴ、国立音楽堂、マドリード、スペイン


 1933年生まれのスペインの指揮者ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス。

 父親はドイツ人、母親はスペイン人だったことから、フランス・スペイン音楽とドイツ・オーストリア音楽の両方をレパートリーとしていた。

 ベルリン放送交響楽団とベルリン・ドイツ・オペラとライン・ドイツ・オペラの音楽監督や、ウィーン交響楽団とモントリオール交響楽団の音楽監督を歴任。またスペイン国立管弦楽団の音楽監督も長く務めた。
 1980年には読売日本交響楽団の4代目の常任指揮者を務め、日本のファンも多い。

 2012年よりデンマーク国立交響楽団の首席指揮者に就任していたが、体調悪化のために2014年6月4日に引退が表明された。

 「私は癌に侵されており、主治医たちとの協議の結果、今後の一切の指揮活動を中止するべきとの結論に達しました。私自身、とても残念ですが、プロフェッショナルとして活動を続けることが保証できない以上、引き際がやってきたことを認
めざるをえません」

 そのコメントを寄せた1週間後、スペインの病院で亡くなった。


 しばらく前までは「スペインものが得意な中庸な指揮者」という軽い印象だったデ・ブルゴスだが、GENUINレーベルから重厚な録音がリリースされるようになって「最近のデ・ブルゴスはすごい」という評判が急速に広まった。
 先年、アリアの会員の方がヨーロッパに旅行された際に、お目当ての指揮者が急遽出られなくなりその代わりにデ・ブルゴスになってしまったと嘆いていた。店主などは「それはラッキーかも」と思っていたが、案の定当日はものすごいコンサートになったらしく、たいそう喜ばれていた。


 まだまだこれから活躍して伝説の人になってほしかったのだが、それでも多くのすばらしい録音を残してくれたことを感謝したい。


 スペインの名指揮者ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス(1933年9月15日)の80歳を祝う演奏会のライヴ録音。約半年後、2014年6月11日に彼は亡くなりました。
 この「カルミナ・ブラーナ」は病に冒されていた指揮者によるものとはとても思えないほどの生気に満ちています。

 紙製ソフトパック仕様。







ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2019 ARIA−CD.All rights reserved.