クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ




期間限定超特価!8本のみ
ショルティ、クライバー、ラインスドルフ、チェリビダッケ、
ノイマン、フリッチャイ、ジュリーニ、ベーム

20 世紀の偉大なる指揮者たちの驚き映像集
およそ13 時間の充実の内容が1 枚のブルーレイに!
20 61424(Blu-ray)\5700→\2490
〜4/7(日)






 大ベストセラーのブルーレイ、まさかのこの価格で。
 4/7までのご注文から抽選で。




 ショルティ、クライバー、ラインスドルフ、チェリビダッケ、ノイマン、フリッチャイ、ジュリーニ、ベーム・・・
 20 世紀の偉大なる指揮者たちの驚き映像集。
 およそ13 時間の充実の内容が1 枚のブルーレイに!



 エピソード1
 ゲオルグ・ショルティ(1912-1997) とシュトゥットガルト放送交響楽団による、ワーグナー『タンホイザー』序曲のリハーサルと本番の映像集。ショルティを代表する歴史的録音となった『ニーベルングの指環』を録音した直後で、大変エネルギッシュな姿をみせています。ショルティが思い描く音楽をどう楽団員たちに伝え、形にしていくかという過程が興味深く映し出されています。

 エピソード2
 カルロス・クライバー(1930-2004)39 歳の時の練習風景と本番演奏。即興的に見える本番での指揮が、実は、緻密なリハーサルで作られていたことが明かされた貴重な記録。このリハーサル映像を見れば、一見感覚的に見えるクライバーの指揮ぶりが、実は細部のニュアンス表出のための有効かつ計算された仕草であること、その即興的と言いたくなる演奏の鮮度が、リズムと細部への徹底的な、完全主義的とも言えるこだわりに支えられたものであることがよく分かります。

 エピソード3
 ウィーンのユダヤ人一家に生まれたエーリヒ・ラインスドルフ(1912-1993)。
ヒトラー率いるナチス・ドイツ政権によるユダヤ人迫害により、それまでの順調なキャリアを捨てて、1937 年アメリカへ亡命、その後アメリカに帰化し、メトロポリタン歌劇場やボストン交響楽団等で活躍、アメリカにおけるドイツ音楽のスペシャリストとして重要な役割を果たした指揮者となりました。
この映像は、彼の得意とするワーグナー、シューマンのコンサート映像と“リハーサルの鬼” といわれたラインスドルフの厳格なる要求が飛び交うリハーサル風景を収めた映像集。リハーサルと本番を比べ、なんとも言えない緊張感が作り出す素晴らしい演奏を観ると、ラインスドルフの厳格すぎるといわれたリハーサルも納得できます。

 エピソード4
 現在もカリスマ的人気を誇るセルジウ・チェリビダッケ(1912-1996)。厳しいリハーサルと重厚な音楽作りで知られている彼の52 歳の時のリハーサル映像。
モノクロ映像ながらチェリビダッケがまだ体を激しく動かしていた頃のリハーサルということで大変興味深い内容。壮年期のチェリビダッケがとにかく派手な動きで活気に満ちたリハーサルを行っています。チェリビダッケは入念なリハーサルが有名ですが、時折不機嫌な表情で、細部まで徹底的に突き詰める厳密なリハーサル風景は、チェリビダッケの音楽の一端を知る貴重な映像です。

 エピソード5
 チェコを代表する指揮者ヴァーツラフ・ノイマン(1920-1995)。十八番のスメタナ「売られた花嫁」序曲とベートーヴェン「レオノーレ」序曲第3 番を収録。冗談を交え団員を褒めつつ、的確な指示で作品への理解を深め、オケとともに音楽を共有し作り上げていく様が映し出されています。

 エピソード6
 フェレンツ・フリッチャイ(1914-1963)の46 歳の貴重な映像。1963 年に白血病のため48 歳で惜しくも亡くなった、ハンガリーを代表する名指揮者。当時の追悼番組を商品化したもの。フリッチャイの指示で、みるみる音楽が生き生きしていくリハーサルが収められています。リハーサルの合間には、自らの病を知りながら発せられる音楽への情熱と生きることの素晴らしさは感動的です。

 エピソード7
 カルロ・マリア・ジュリーニ(1914-2005) がシュトゥットガルト放送交響楽団に客演し、得意のブルックナーの交響曲第9 番を指揮した際の映像。1996 年といえば最愛の夫人が亡くなった翌年、そして2 年後にはジュリーニは指揮活動から引退した時期。特にリハーサル映像では、具体的な指示で充実した見ごたえのある内容が収録されています。

 エピソード8
 巨匠カール・ベーム(1894-1981) がUNITEL に残した映像。晩年にウィーン・フィルを指揮した堂々たるドヴォルザーク『新世界』と、1960 年代にウィーン交響楽団を指揮したパワフルなベートーヴェン7番の映像というすごい組み合わせです。



20 61424
(Blu-ray)
\5700→\2490

およそ13 時間!

 イン・リハーサル&パフォーマンス
  大指揮者の貴重なリハーサル映像

 エピソード1:ゲオルグ・ショルティ
  ワーグナー:『タンホイザー』序曲 (リハーサル1、リハーサル2:約43分, 本番:約15分)
   南ドイツ放送交響楽団(SWRシュトゥットガルト放送交響楽団) ゲオルグ・ショルティ(指揮)
   収録:1966年

 エピソード2:カルロス・クライバー
  J.シュトラウス2世:喜歌劇『こうもり』序曲(演奏8分/リハーサル34分)
  ウェーバー:歌劇『魔弾の射手』序曲(演奏10分/リハーサル46分)
   南ドイツ放送交響楽団(SWRシュトゥットガルトSWR 交響楽団) カルロス・クライバー(指揮)
   収録:1970 年、シュトゥットガルト、ヴィラ・ベルク

 エピソード3:エーリヒ・ラインスドルフ
  シューマン:交響曲第4番ニ短調(1841 年初稿)/
  ワーグナー:『パルジファル』より前奏曲、間奏曲
   南ドイツ放送交響楽団(SWRシュトゥットガルトSWR 交響楽団) エーリヒ・ラインスドルフ(指揮)
   収録:1989年カールスルーエ、ブラームスザール(ライヴ)

 エピソード4:セルジウ・チェリビダッケ
  R.シュトラウス:交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』
   南ドイツ放送交響楽団(SWRシュトゥットガルトSWR 交響楽団)セルジウ・チェリビダッケ(指揮)
   収録:1965 年1月

 エピソード5:ヴァーツラフ・ノイマン
  スメタナ:歌劇『売られた花嫁』序曲/
  ベートーヴェン:『レオノーレ』序曲第3番
   南ドイツ放送交響楽団(SWRシュトゥットガルトSWR 交響楽団) ヴァーツラフ・ノイマン(指揮)
   収録:1968年2月

 エピソード6:フェレンツ・フリッチャイ
  スメタナ:交響詩「モルダウ」
   南ドイツ放送交響楽団(SWRシュトゥットガルトSWR 交響楽団) フェレンツ・フリッチャイ(指揮)
   収録:1960年

 エピソード7:カルロ・マリア・ジュリーニ
  ブルックナー:交響曲第9番ニ短調(ノヴァーク版)
   南ドイツ放送交響楽団(SWRシュトゥットガルトSWR 交響楽団) カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮)
   収録:1996年

 エピソード8:カール・ベーム
  ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 op.92/ウィーン交響楽団
  ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調 op.95『新世界より』/
   ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 カール・ベーム(指揮)


 画面:SD 4:3 NTSC、音声:PCM ステレオ、PCM モノラル、字幕:英独仏西伊、リージョン:All、750 分(12 時間50 分)






ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2019 ARIA−CD.All rights reserved.