クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ






再入荷しました!
「ディノラ・ヴァルシ(1939-2013)レガシー」

GENUIN GEN 15353
(35CD+5DVD 特別価格)\14000→\12990



 これは・・・

 かつてのヨゼフ・ブルヴァのボックスのような家宝になりそうな気配がする。

 そうでなければどうして天下のGENUINがわざわざこんなとてつもないセットにするだろうか・・・

 ウルグアイ生まれで主にドイツで活躍した伝説のピアニスト、ディノラ・ヴァルシ(1939 - 2013)。

 ゲザ・アンダに師事、1967年にクララ・ハスキル・コンクール第1位に輝き、エーリヒ・クライバー、ケンペ、クレツキ、ロヴィツキといった巨匠とも共演した。

 5,6年前にORFEOから貴重な新録音が出たが(ページ最下段参照)、今はほとんど誰も知らないピアニストといっていいかもしれない。





 そんなヴァルシの録音集成ボックス。

 ドイツ各地の放送局やユニヴァーサル・ミュージックから音源提供を受け制作されたという。

 1 枚目は幼少時のウルグアイでの演奏から始まり最後は2004 年の東京でのライヴ映像で締められている。

 レコード芸術11 月号(251 ページ)でドイツの評論家ペーター・コッセ氏のレポートも記載されていた。

 「この偉大な演奏家と、その音楽的に知的な演奏に間近に接し、親しみすら感じることは間違いありません。」

 35枚のCDと5枚のDVDから構成される金字塔的ボックス。

 こういうことをいうと何だが、おそらく即時完売して、その後はとんでもない非人道的な価格でオークション出品されるに違いない。

 そうなってから後悔してほしくない。



 10万円ではない、1万3千円である。これは手に入れておいたほうがいいような気がする。
 店主、滅多にこういうことは言わない。
.








「ディノラ・ヴァルシ(1939-2013)レガシー」
GEN 15353 (35CD+5DVD、特別価格)\14000→\12990



アルベニス、ベートーヴェン、ブラームス、ショパンからラヴェル、シューベルト、シューマン、チャイコフスキーに至る28人の作曲家の作品

Live 1
 (1)ショパン:ワルツ イ短調Op.34-No.2/
 (2)J.S.バッハ:ピアノ協奏曲第5番へ短調BWV1056/
 (3)ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調Op.18/
   (2)ヴィセンテ・アスコーネ(指揮)ソドレ交響楽団 (3)ヴィクトル・テヴァー(指揮)ソドレ交響楽団
   録音:モンテヴィデオ(ウルグアイ)、(1)1945年私的録音、(2)1949年8月13日、(3)1955年6月25日、[45`34]


Live 2
 シューマン:クライスレリアーナOp.16/
 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番変イ長調Op.110/
 シューベルト:ピアノ・ソナタ第16番イ短調D.845/
   録音:1967年11月6日 バーンホフ・ローランズエック [65`06]


Live 3
 モーツァルト:アダージョ ロ短調KV540、小さなジーグKV574/
 ブラームス:間奏曲Op.117/
 バルトーク:ピアノ・ソナタSz80/ショパン:エチュードOp.25
   録音:1980年5月2日 シュヴェツィンゲン音楽祭シュヴェツィンゲン城ロココ劇場 [68`37]

Live 4
 J.S.バッハ:トッカータ ホ短調BWV914/
 シューマン:ダヴィッド同盟舞曲集Op.6/
 ショパン:エチュードOp.10
   録音:1982年6月19日 ルートヴィヒスブルク城音楽祭[67`59]


Live 5
 (1)J.P.ラモー:クラヴサン小品集より/
 J.S.バッハ:
  (2)フランス風序曲 ロ短調BWV831/
  (3)イタリア協奏曲へ長調BWV971/(4)ピアノ協奏曲第5番へ短調BWV1056/
   (4)ベルンハルト・ハルトーグ(Vn)、ヤノシュ・バローグ(Vn)、
    チャイム・ソロトルスキ(Va)、ペーター・ミヒャエル・マン(Vc)
   録音:1983年7月8日ベルリン、[64`26]


Live 6
 ハイドン:ピアノ・ソナタ ニ長調Hob XVI:37/ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番ニ短調Op.31-2/
 ショパン:ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調Op.36/
 ドビュッシー:前奏曲集〜
  「妖精たちは艶やかな踊り子」「ミンストレル」「亜麻色の髪の乙女」「奇人ラヴィーヌ将軍」「花火」/
 (以下アンコール)ドビュッシー:ゴリウォーグのケークウォーク/
   ファリャ:三角帽子よりファルーカ/ショパン:マズルカOp.7-1
    録音:1986年9月16日ベルリン、ゼンデザール大ホール(ベルリン芸術週間1986年)[79`48]


Live 7
 J.P.ラモー:クラヴサン小品集より/
 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第12番変イ長調Op.26/
 ショパン:夜想曲Op.15-1&2、Op.27-.2、Op.62-1、Op.48-1/ドビュッシー:ピアノのために/
 (アンコール)ショパン:前奏曲ホ短調Op.28-4、嬰ヘ短調Op.28-8
   録音:1989年5月19日シュヴェツィンゲン音楽祭シュヴェツィンゲン城ロココ劇場
    (シュヴェツィンゲン音楽祭1989年) [71`18]


Live 8
 ハイドン:変奏曲へ短調(ソナタ)Hob.XVII:6、ピアノ・ソナタ ヘ長調HobXVI:23、ピアノ・ソナタ変ホ長調HobXVI:52
 シューマン:幻想曲ハ長調Op.17
   録音:1988年9月6日ヨーロッパ音楽祭(ハイドン)、
    1983年4月15日エッティリンゲン宮殿コンサート(シューマン) [70`01]


Live 9
 (1)ショパン:ピアノ協奏曲第2番へ短調Op.21/
 (2)ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調/
 (3)J.S.バッハ/リスト:前奏曲とフーガBWV543/
   (1)ウリ・セガル(指揮)ケルンWDR響 (2)ズデニェク・マーツァル(指揮)ケルンWDR響
   録音:(1)1973年10月19日、(2)1971年12月3日、(1)(2)WDRゼンデザール、ケルン (3)1980年2月28日 [62`39]


Live 10ベートーヴェン:
 (1)ピアノ協奏曲第4番ト長調Op.58/
 (2)ピアノ協奏曲第5番《皇帝》変ホ長調Op.73
   (1)パウル・クレツキ(指揮)スイス・ロマンド管 (2)R.ツァグロセク(指揮)オーストリア放送響
   録音:(1)1970年4月1日ジュネーヴ、(2)1983年4月28日ザールバウ、エッセン、[72`43]


Live 11
 (1)ラフマニノフ:パガニーニに主題による狂詩曲Op.43/
 (2)リスト:ピアノ協奏曲第1番変ホ長調/(3)バルトーク:ピアノ協奏曲第3番Sz119
   (1)ネヴィル・マリナー(指揮)シュトゥトガルト放送交響楽団
   (2)ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス(指揮)ベルリン放送交響楽団
   (3)ジャック・ウトマン(指揮)ソドレ交響楽団
   録音:(1)1983年12月6日 (2)1999年12月10日 (3)1971年6月7日モンテヴィデオ [67`55]


Live 12
 (1)ブラームス:ピアノ協奏曲第2番変ロ長調Op.83/
 (2)ショパン:「お手をどうぞ」の主題による変奏曲Op.2
   (1)ペトル・アルトリヒテル(指揮)プラハ交響楽団
   (2)ダニエル・ナザレト(指揮)シュトゥットガルト放送交響楽団
   録音:(1)1994年6月16日プラハ、(2)1980年3月27日シュトゥットガルト、[66`30]


Live 13
 ディノラ・ヴァルシ/ライヴ13
  (1)ブラームス:ピアノ協奏曲第1番ニ短調Op.15/
  (2)モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番ハ長調KV467
   (1)ペトル・アルトリヒテル(指揮)プラハ響 (2)ベルンハルト・ギュラー(指揮)シュトゥットガルト放送響
   録音:(1)1993年3月22日プラハ、(2)2002年3月1日シュタットハレ、ジンデルフィンゲン[77`42]


Live 14
 ブラームス:
  (1)幻想曲集Op.116/(2)間奏曲集Op.117/(3)6つのピアノ小品Op.118/(4)4つの小品Op.119
   録音:(1)1996年6月19日、1994年12月18日 (3)1994年4月13日、(4)1995年10月16日[78`23]


Live 15
 ブラームス:
  (1)ラプソディ第1番、第2番Op.79/(2)ヘンデルの主題による変奏曲とフーガOp.24/
  (3)チェロ・ソナタ第2番へ長調Op.99
   (3)ボリス・ペルガメンシチコフ(Vc)
   録音:(1)1994年5月11日、(2)1995年2月14日、(3)1980年4月28日 [70`57]


Live 16
 ブラームス:(1)8つの小品Op.76、(2)ラプソディ第1番、第2番Op.79
 シューマン:(3)ピアノ・ソナタ第2番ト短調Op.22、(4)序奏とアレグロOp.92
   (4)エルネスト・ブール(指揮)南西ドイツ放送響
   録音:(1)(2)1971年、(3)1969年(1)-(3)ユニバーサル・ミュージックのライセンス音源、(4)1976年6月26日 [68`05]


Live 17
 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ
  (1)第1番へ短調Op.2-1/(2)第3番ハ長調Op.2-3/(3)第7番ニ長調Op.10-3
   録音:(1)1986年12月10日、(2)(3)1987年2月17、18日、 [62`40]


Live 18
 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ
  (1)第18番変ホ長調Op.31-.3/(2)第28番イ長調Op.101/
  (3)第29番変ロ長調《ハンマークラヴィーア》Op.106
   録音:(1)(2)1987年2月17、18日、(3)1980年2月29日、[76`03]


Live 19
 ショパン:ピアノ・ソナタ (1)第2番Op.35/(2)第3番Op.58/(3)第1番Op.4
  録音:(1)1993年6月27、28日、(2)(3)1989年2月23、24日、[66`57]


Live 20
 「ショパン:マズルカ第1集」
  第1-4番Op.6、第5-9番Op.7、第10-13番Op.17、
  第14-17番Op.24、第18-21番Op.30、第22-25番Op.33
   録音:1985年RBBとドイツ・ハルモニア・ムンディによる共同制作 [58`07]


Live 21
 「ショパン:マズルカ第2集」
  第26-29番Op.41、第30-32番Op.50、第33-35番Op.56、第36-38番Op.59、
  第39-41番Op.63、第42-45番Op.67、第46-49番Op.68
   録音:1985年RBBとドイツ・ハルモニア・ムンディによる共同制作 [60`06]


Live 22
 「ショパン:夜想曲第1集」
  第1-3番Op.9、第4-6番Op.15、第7-8番op.27、第9,10番Op.32、第11,12番Op.37、第13,14番Op.48
   録音:1986年RBBとドイツ・ハルモニア・ムンディによる共同制作 [69`11]


Live 23
 (1)「ショパン:夜想曲第2集」第15,16番Op.55、第17,18番Op.62、第19番Op.72-1/
 (2)ショパン:バガテルOp.23、Op.38、Op.47、Op.52/(3)ショパン:序奏と華麗なポロネーズOp.3
   (3)ボリス・ペルガメンチコフ(Vc)
   録音:(1)1986年RBBとドイツ・ハルモニア・ムンディによる共同制作、(2)1989年10月14日、(3)1980年4月28日 [64`00]


Live 24ショパン:
 (1)即興曲(第1番変イ長調Op.29、第2番嬰へ長調Op.36、
 第3番変ト長調Op.51、第4番《幻想即興曲》嬰ハ短調Op.66)/
 (2)前奏曲全曲Op.28/(3)幻想曲へ短調Op.49
   録音:(1)(2)1988年、(3)1987年 [72`25]


Live 25ショパン:
 (1)ピアノ協奏曲第1番ホ短調Op.11、第2番へ短調Op.21/
 (2)スケルツォ第3番嬰ハ短調Op.39
   (1)ヤン・クレンツ(指揮)モンテカルロ・フィル
   (P):(1)1972年、(2)1971年、(1)(2)ユニバーサル・ミュージックのライセンス音源


Live 26
 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調Op.18/チャイフコスキー:ピアノ協奏曲第1番変ロ短調Op.23
   ロンベルト・ガルデッリ(指揮)ロッテルダム・フィル
   (P):1975年、ユニバーサル・ミュージックのライセンス音源


Live 27
 (1)シューベルト:ピアノ・ソナタ第13番D664/(2)モーツァルト:ピアノ協奏曲第16番ニ長調KV451/
 (3)メンデルスゾーン:華麗なロンドOp.29
 (4)F.メンデルスゾーン=ヘンゼル:ピアノのための歌Op.2-2、6-2、6-3、6-4、8-1、8-3、2-4
   (2)ルイ・アントニオ・ガルシア・ナバロ(指揮)シュトゥットガルト放送響
   (3)エルネスト・ブール(指揮)南西ドイツ放送響
   録音:(1)1989年 (2)1987年4月27日、(3)1976年6月26日、(4)1984年12月3日、5日 [76`50]


Live 28
 (1)フランク:前奏曲、コラール、フーガ/
 (2)ドビュッシー:前奏曲集第1巻(全曲)
 (3)ガリーナ・ウストヴォルスカヤ:ピアノ・ソナタ第4番
   録音:(1)1995年1月9日、(2)1991年6月21日、(3)1993年6月28日、[70`45]


Live 29
 (1)シューマン:交響的練習曲Op.13/(2)謝肉祭Op.9/
 (3)シューベルト:ピアノ・ソナタ第19番ハ短調D958
   録音:(1)1984年12月3日、5日、(2)1993年6月25日、(3)1977年11月3日、[77`17]


Live 30
 シューマン:
  (1)クライスレリアーナOp.16/(2)幻想小曲集Op.12/(3)フモレスケOp.20
   (P):(1)1969年、(2)1970年、(1)(2)ユニバーサル・ミュージックのライセンス音源、録音:(3)1979年12月18日


Live 31
 (1)シューマン:幻想曲Op.17/(2)シューベルト:ピアノ・ソナタ第20番イ長調D959
   録音:(1)1994年4月12日、(2)1982年11月24日 [63`58]


Live 32
 (1)ドビュッシー:前奏曲集第2巻(全曲)/
 ラヴェル:(2)優雅で感傷的なワルツ、(3)ソナチネ
   録音:(1)1993年12月1日-4日、(2)1996年6月20日、(3)(P):1970年ユニバーサル・ミュージックのライセンス音源


Live 33
 (1)アルベニス:ナヴァラ/
 (2)アルベニス:イベリア組曲より/
 (3)ヒナステラ:ピアノ・ソナタ第1番Op.22/
 (4)バルトーク:2台のピアノと打楽器のためのソナタ
   (4)マリオアラ・トリファン(Pf)、リヒャルト・ゾーム(Perc)、クルト・シャット(Perc)
   録音:(1)1970年11月23日、(2)1987年6月26日(3)1995年1月10日、(4)1981年3月24日[68`00]


Live 34
 (1)ルクー:ヴァイオリン・ソナタ ト長調/
 (2)イザイ:子供の夢Op.14/
 (3)ヴュータン:バラードとポロネーズOp.38/
 (4)ファリャ:スペインの庭の夜
   (1)(2)(3)アルトゥーユ・グリュミオー(Vn) (4)イルジー・スターレク(指揮)シュトゥットガルト放送交響楽団
   (1)-(3)(P):1974年ユニバーサル・ミュージックのライセンス音源、録音:(4)1972年12月18日


Live 35
 「ディノラ・ヴァルシ/トーク」
   (1)1986年ベルリン映画祭におけるウルスラ・クラインとの対談
   (2)モニカ・スティーグマンとのショパン:前奏曲Op.28についての対談
    録音:(1)1986年(2)1978年 [64`14]


Live 36 (DVD)
 (1)シューマン:幻想小曲集Op.12/(2)メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲第1番ト短調Op.25/
 (3)シューマン:序奏とアレグロOp.92/
   (3)ピンカス・スタインバーグ(指揮)スイス・イタリア管弦楽団
   収録:(1)1973年 (2)(3)1984年5月26日(ライヴ) [61`55]


Live 37 (DVD)
 「カールスーエにおけるマスタークラス」
  (1)ショパン:Op.10、シューマン:Op.13、Op.16、Op.20、
   ブラームス:Op.15のレッスン、インタビュー、学生との対話などのドキュメント映像
  (2)ショパン:練習曲集Op.10
   収録:1990年 [89`00]


Live 38 (DVD)
 (1)モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番ハ長調KV467/
 (2)ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲Op.43
 (3)ラモー:鳥の思い出/シューマン:夜に(幻想小曲集より)/ショパン:夜想曲第5番/
  F.メンデルスゾーン=ヘンゼル:ロマンティックなサルタレロ/
  ショパン:前奏曲第15番/ドビュッシー:花火(前奏曲集より)
   (1)ミヒャエル・ションヴァント(指揮)ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団
   (2)エリアフ・インバル(指揮)ベルリン・ドイツ響
   収録:(1)1995年、2012年ベルリン、コンツェルトハウス、(2)1993年8月28日ベルリン、コンツェルトハウス [88`43]


Live 39 (DVD)
 (1)ピアニストの肖像(インタビュー、マスタークラス、自宅での映像)
 (2)ベートーヴェン:バガテルOp.33-2/
 ショパン:木枯らし/
 クララ・シューマン:スケルツォOp.10/
  ラヴェル:トッカータ(クープランの墓より)/ショパン:練習曲Op.25-1/
  スクリャービン:練習曲Op.8-12/ヒナステラ:ガチョウのダンス
   収録:1997年 [86`44]


Live 40 (DVD)
 「ライヴ・イン・東京」
  J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第1巻より、前奏曲第9番、第10番、第11番
  ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番変イ長調Op.110
  ショパン:前奏曲集Op.28、ワルツ変ニ長調Op.64-1
   録音:2004年11月26日東京、明治学院大学チャペルにおけるライヴ [74`22]


 DISC1〜13 ライヴ録音/DISC14〜34 スタジオ録音/DISC35 ディノラ・ヴァルシのトーク/DISC36〜40 DVD
 録音:1945〜2004 年/CD:40 時間強/DVD(NTSC):10 時間強






1939年ウルグアイ生まれのディノラ・ヴァルシ
メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲
ORFEO 761092 (2CD)\2700


 メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を集めたというORFEOのアルバム。
 しかしそのピアノが知られざる名匠、ディノラ・ヴァルシだった。
 1939年ウルグアイ生まれのディノラ・ヴァルシ。ゲザ・アンダに師事、1967年にクララ・ハスキル・コンクール第1位に輝き、エーリヒ・クライバー、ケンペ、クレツキ、ロヴィツキといった巨匠とも共演した彼女。
 1970年代の終りにコンサート活動から引退して以来、重鎮による久々の録音としても注目。




ORFEO 761092
(2CD→1CD特別価格)
\2700
[CD 1]
 メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ニ短調(1822)
 メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲イ短調(1822)
[CD 2]
 ヴァイオリンとピアノのための協奏曲ニ短調(1823)
ディノラ・ヴァルシ(P)
アレクサンドル・シトコヴェツキー(Vn)
ミヒャエル・ホーフシュテッター(指)
シュトゥットガルト室内管弦楽団

 1840年にロベルト・シューマンが‘19世紀のモーツァルト’と呼んだように、メンデルスゾーンの神童ぶりはつとに有名。このアルバムでは、いずれも10代前半の作で、その才能の弾けっぷりがみごとな協奏曲を収めています。

 アレクサンドル・シトコヴェツキーは1983年にモスクワ生まれた英国のヴァイオリニスト。イェフディ・メニューインに才能を認められ、マキシム・ヴェンゲーロフに師事する彼は、ミッシャ・マイスキー、ユリア・フィッシャー、ジャニーヌ・ヤンセンらとの室内楽活動でも知られています。

 録音:2007年9月27-29日シュトゥットガルト・リーダーハレ、モーツァルト・ザール











ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2014 ARIA−CD.All rights reserved.08