クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ



許せるか?愛せるか?
というより入るのか・・・
エッシェンバッハ(指)
シュレスヴィヒ・ホルシュタイン祝祭管
2005年サントリー・ホール・ライヴ
ブラームス:交響曲第4番
HANSSLER 98 593 1CD\2300


 エッシェンバッハが珍しくHANSLLERからリリースしたブラームス。

 店主がこれまで聞いたブラームスの4番の中でもっとも耽美的で情緒的なロマン大爆発演奏。
 天才’変態’指揮者の異名を取るエッシェンバッハの面目約如的隠れ名演。
 一般の人にとってはこの異形演奏は「「青天」の霹靂」だろうが、この曲を「ロマンティック」に仕上げてほしいと思う人にとっては、この演奏は「聖典」。

 まず冒頭3秒でひっくり返るだろうし、終楽章、あの交響曲史上最も美しい場面では悶絶する人もいるかもしれない。

 実はこれは2005年にサントリー・ホールで行われたライヴ。日本で行われたのである。だから聞いた方もいるかもしれない。
 実際に聞かれた方は一体どんな面持ちでその日の帰路についたのか。まともに家に帰れたのか。
 ロマンの泥沼のような演奏に引きずり込まれ、まだ魂をあのホールに置きっ放しになっている人がいるのではないか。

 いずれにせよ、あまりにすごい演奏だったから極東の一ライヴだったものがこうして商品化されたのは間違いない。




 オーケストラについてもふれておかなければならない。
 オケはシュレスヴィヒ・ホルシュタイン祝祭管弦楽団。
 北ドイツで1986年に創設され毎年開催されるシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭。1987年にバーンスタインによって設立されたオーケストラ・アカデミーは選びぬかれた実力派若手音楽家が集まっている。シュレスヴィヒ・ホルシュタイン祝祭管弦楽団はこのアカデミーから構成されており、世界的指揮者らの指導により有能な演奏家の育成を行っている。
 エッシェンバッハは設立以来、ずっとこの若手オーケストラを密接に指導してきたのである。

 そしてこの2005年のシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭のテーマが「日本」だった。
 テーマが「日本」だとこういう演奏になるのか、そこはよく分からないが、なんにしてもこんな演奏になってしまった。

 エッシェンバッハはカーティス交響楽団との「新世界」もすばらしかったが、あれも音楽学校の若手オケだった。
 彼はこういう若手の元気のいいオケだと好き勝手できて、しかも相手もノリノリになってくれて非常にやりやすいんだろうと思う。


 カップリングの2曲も鮮烈。
 濃厚極まりないが、どこか室内楽的な繊細さも見せる「ハイドンの主題による変奏曲」。
 アンコールの「ハンガリー舞曲第5番」は聴衆の熱気を感じさせる迫力の演奏。


 問題はこのアルバムがまだ入るのかどうか・・・
 最近あまり入ってきていないのだが、今回HANSSLERからの案内リストに入っていた。

 どうか入ってきますように!!





HANSSLER
98 593
¥2300
ブラームス:
 交響曲第4番ホ短調Op.98、
 ハイドンの主題による変奏曲 Op.56a、
 ハンガリー舞曲第5番
クリストフ・エッシェンバッハ(指)
シュレスヴィヒ・ホルシュタイン祝祭管弦楽団
録音:2005年8月1日(ライヴ)サントリーホール



こちらはカーティス音楽学校/カーティス交響楽団との「新世界」

ONDINE
ODE 1141
\2400
ヒンデミット:管弦楽つきピアノ音楽〜
 左手のためのピアノ協奏曲 Op.29(世界初録音)
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 Op.95「新世界より」
クリストフ・エッシェンバッハ(指)
カーティス交響楽団
レオン・フライシャー(P)
録音:2008年4月27日 ヴェリゾンホール (フィラデルフィア、ペンシルヴェニア州) (ライヴ)

 なんか、売り文句がいっぱいありすぎて混乱しそうなアルバム。

 まずはカーティス交響楽団。
 このオーケストラを説明するにはまずカーティス音楽学校の話からはじめないといけない。
 1924年、フィラデルフィアに創立されたカーティス音楽学校は、高度なプロフェショナル教育を行う音楽学校として知られる。
 サミュエル・バーバー、レナード・バーンスタイン、アラン・ギルバート、ヒラリー・ハーン、ラン・ランらがカーティスの出身。
 厳しいオーディションを経て入学を許された学生には全員、長所と才能に応じて奨学金が給付され、授業料に充てられる。
 オーケストラとオペラのプロフェッショナルを養成する課程を中心に、鍵盤楽器、作曲、指揮の教育も行われる。
 そんなカーティス音楽学校の精鋭たちによって構成されるカーティス交響楽団は、14歳から25歳まで100名を超す大オーケストラ。彼らはフィラデルフィア管弦楽団が本拠とするヴェリゾンホールで年3回のコンサートを行っている。その2008年のコンサートが今回のアルバムということである。

 で、続いての話題は「ヒンデミット:管弦楽つきピアノ音楽〜左手のためのピアノ協奏曲」。
 これはラヴェル同様ヒンデミットが第一次大戦で右手を負傷したピアニスト、パウル・ヴィトゲンシュタインへ献呈した作品。しかしそのまま演奏されることなくずっと埋もれていた。それがヒンデミットの遺品から発見され、その後レオン・フライシャーが手に入れ、2004年にラトル&BPOとともに初演された。そして今回の録音が世界初録音となったわけである。

 そして若手オケを振ってのエッシェンバッハの「新世界」。
 最近の躍進振りには目を見張るものがあるエッシェンバッハが若手オケと放った「新世界」。若き天才たちを身も心も自由自在に操って、さすがの個性的演奏を繰り広げてくれる。

 なんとも聴きどころ満載のアルバムなのである。




ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2014 ARIA−CD.All rights reserved.08