クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ


HINDENBURG
新生1000番台シリーズ

<2018/8/10 紹介新譜>


エディト・ファルナディのリスト!

Burg 1031
\1800
リスト:
 パガニーニによる大練習曲 S141
 3つの演奏会用練習曲 S144 
(ピアノ) エディト・ファルナディ
 Westminster XWN18017 1950年代中期録音 mono
 

Burg 1032
\1800
シューベルト=リスト:ウィーンの夜会 (全9曲) S427 (ピアノ) エディト・ファルナディ
 Westminster XWN 18218 1950年代中期録音 mono

 アリアCDではすっかりおなじみのファルナディ、HINDENBURGから2タイトル登場。


 史上最高の女流ピアニストのひとり。
 それがどういうわけか現在その名を知る人は少ない。

 エディット・ファルナディ。

 ファルナディは1921年生まれのハンガリーを代表するリスト弾き。
 テクニシャンとして知られ、 女流で初めてシュトラウス=ゴドフスキーの3大編曲を録音した。

 9歳の時リスト音楽アカデミーに入学し、バルトーク等に師事。ショルティ、アニー・フィッシャー、ルイ・ケントナーと同門だった。
 12歳で行われた初の公開演奏ではベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番を指揮しながら弾いたといわれ、在学中にリスト賞を2度受賞したという正真正銘の天才。繰り返すが史上最高の女流ピアニストのひとりである。






アリア・レーベル第71弾
大ベストセラーとなったシェルヘンとの怪物演奏

ARD 0071
1CD-R\1800
アリア・レーベル第71弾
 エディット・ファルナディ(ピアノ)
  チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番・第2番

エディット・ファルナディ(ピアノ)
ウィーン国立歌劇場管弦楽団
ヘルマン・シェルヘン 指揮
原盤:ウエストミンスター 478022
録音:1954年 ウィーン・コンチェルトハウス(モノラル)

 ファルナディに、シェルヘンと組んだとんでもないチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番の録音がある。

 ファルナディにとってシェルヘンは30歳も年上の超先輩、しかも1954年なのでシェルヘンがウエストミンスターでブイブイ言わせていた人生絶頂期のころ。
 そんな状況を分かってかシェルヘンは33歳の美人ピアニストを挑発しまくって怪物キャラを発揮。冒頭からまったくピアノと合わせようとしない。

 店主が今まで聞いた中で最もピアノとオケが合っていない演奏である。

 ・・・しかし考えようによってはファルナディもあわせようとしていないということでもある。

 稀代の怪物指揮者のわがまま伴奏にまったくひるむことなくわが道を突き進む皇女ファルナディ・・・。
 当然ヴィルトゥオーゾ的場面では「爺やはひっこんでなさい」とばかりに自分の世界をひけらかす。
 あっぱれ。

 そしてそんな状況で終楽章ラスト1分はどうなるか?

 皇女ファルナディは怪物シェルヘンをぶち負かす。
 
 ラストのラスト、怪物シェルヘンはオケもろとも、もんどりうってぶっ倒れるのである。
 嘘だと思うかもしれないが、本当に「どどど」というような地響きとともにすさまじいラストを迎える。

 おそらくシェルヘン、これがやりたかったのだ。主役はやはりファルナディだよ、と。

 

薄型ケースで、シンプルなデザインのジャケットと盤面印刷の仕様です。

フォーマットはCD-R。針音や歪みなどのオリジナル・ノイズがありますがご了承ください。





ARDMOREのファルナディのアルバム

原盤のジャケット

ARDMORE
A100-015
\1800
女王エディット・ファルナディ
 リスト:ピアノ編曲集(6曲)

  演奏会用パラフレーズ集より
   「リゴレット・パラフレーズ」(ヴェルディ作曲)
  紡ぎ歌 (オランダ人より ワーグナー作曲)
  ファウスト円舞曲 (グノー作曲)
  夕星の歌 (タンホイザーより ワーグナー作曲)
  大行進曲 (タンホイザーより ワーグナー作曲)
  「タンホイザー」序曲 (ワーグナー作曲)
   12inch (日) Westminster ML5258 -
    1950年代中期録音MONO
(ピアノ)エディット・ファルナディ

 ARDMOREによる執念の復刻。
 1枚目の白眉は最後の「タンホイザー」。
 テクニシャンでバリバリ行くのかと思ったら、大伽藍の帝国演奏。とてつもないスケール。このひとやはりそうとうな人物と見た。
 

原盤のジャケット

ARDMORE
A100-016
\1800
エディット・ファルナディ
 ヨハン・シュトラウス&ヨゼフ・シュトラウス:ピアノ編曲集(5曲)

  ワルツ「芸術家の生活」op.316 (ゴドフスキー編)
  「こうもり」 (ゴドフスキー編)
  ワルツ「酒、女、歌」 (ゴドフスキー編)
  「宝のワルツ」 (ドホナー二編)
  ピッツィカート・ポルカ (シュルホフ編)
   12inch Westminster XWN 18064 -
    1955年録音MONO
(ピアノ)エディット・ファルナディ

 一歩間違えるとただの余興アルバムになってしまいそうだが、この人の演奏には気品や風格がある。

ARDMORE
A100-021
\1800
エディット・ファルナディ
 
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調Op.18
 ヘルマン・シェルヘン指揮
 ウィーン国立歌劇場管弦楽団
  12inch Westminster XWN 18275 -
   1952年録音MONO
シューベルト/リスト編:
 さすらい人幻想曲ハ長調D.760 Op.15 (管弦楽伴奏)
  エイドリアン・ボールト指揮
  ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
   12inch Westminster XWN 18275 -
    1956年録音MONO
(ピアノ)エディット・ファルナディ

 店主がファルナディのチャイコフスキーのコンチェルトを何とか復刻してほしいとARDMOREのオーナーに頼んだところ、さっそく「ラフマニノフならもっているよ」と。
 そこですぐに復刻をお願いし、かつてのTAHRA盤と聴き比べてみたが、さすがARDMORE、原盤の重厚さをそのままにすばらしい状態で仕上げてきた。
 そしてこのラフマニノフもシェルヘンとファルナディの超個性が真正面からぶつかり合う激しい演奏。上記チャイコフスキーに負けない凄まじい演奏になっている。
 これだけのピアニストが、そしてこれだけの演奏が長く陽の目を見ないというのはどういうことなのか・・・。



<2018/6/8 紹介新譜>


Burg 1029
\1800

エドゥアルド・シュトラウス指揮&ウィーン交響楽団
 ヨハン・シュトラウス・エディション Vol.1

 ワルツ メフィスト、地獄の叫びop.101
 ボンボン ポルカop.213
 ポルカ 野営の楽しみop.431
 ポルカ 狩op.373
 ポルカ ハンガリー万歳op.332
 ポルカ 陽気な役人op.350
 ポルカ 電気盆op.297
 ワルツ もろ人手をとりop.443
 エジプト行進曲op.335
 ワルツ 南国のバラop.388
 ポルカ 観光列車op.281
 ワルツ ウィーンのボンボンop.307
 ポルカ 時代思潮op.302
 トリッチ トラッチ ポルカop.214
 (全14曲)
エドゥアルド・シュトラウス指揮
ウィーン交響楽団
 1950年代中期 ウィーン録音  10inch Philips 

 エドゥアルト・シュトラウス2世(1910年3月24日 - 1969年4月6日)は、オーストリアの指揮者。
 ウィーン交響楽団などで活動し、晩年にはウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団を創設した。

 ヨハン・シュトラウス1世は曽祖父、ヨハン・シュトラウス2世は大伯父にあたる。
 今のところ最後のシュトラウス家の音楽家とされる。

 日本にもたびたび公演のために訪れており、存命当時は祖父(エドゥアルト・シュトラウス1世)との区別なしに「エドゥアルト・シュトラウス」として知られていた。

 ハンサム・エディと呼ばれた祖父エドゥアルト1世に似て容貌がよかったこと、態度が控えめだったこと、そしてシュトラウス一族やモーツァルトやシューベルトのような作曲家の解釈が上品だったことから、エドゥアルト2世の指揮は大きな人気を集めた。



 そのあたりさわりのないノーブルでスマートな演奏に、「所詮二世指揮者」・・・というようなことを思いながら聴いていたが、「南国のばら」あたりから「これが本来あるべき姿であり、これこそがウィンナ・ワルツなのかもしれない」、と思い始めてきた。
 この人の演奏こそが正真正銘のウィンナ・ワルツであり、実はこの人以外の演奏はすべて亜流、俗物なのかも・・・とさえ。
 それくらい、その優雅さが堂に入っていて自信にあふれている。誇張もはったりもない。ただ演奏するだけでにじみ出てくる誇り高き血統の気品。
 これからは「ウィンナ・ワルツ?それはもちろんエドゥアルト・シュトラウス2世で」とか言ってしまいそう。

「オーケストラの第一ヴァイオリンは、たくさんいなければなりません。そのたくさんの人は、ヴァイオリンを弾いてはいけません。ヴァイオリンで歌わなければいけないのです。」(エドゥアルト・シュトラウス2世)


 

Burg 1030
\1800
フランツ・ザルムフォーファー指揮&ウィーン交響楽団
 ヨハン・シュトラウス・エディション Vol.2

 ポルカ 浮気心op.319
 新ピチカートポルカop.449
 ワルツ シトロンの花咲くところop.364
 ペルシャ行進曲op.289
 女王のガヴォットop.391
 キスのワルツop.400
 アンネン ポルカop.117
 山賊のガロップop.378
 加速度円舞曲op.234
 ポルカ クラップフェンの森でop.336
 チク タク ポルカop.365
 ワルツ 水彩画op.258
 ラデツキー行進曲op.228
(全13曲)
フランツ・ザルムフォーファー指揮
ウィーン交響楽団
 1950年代中期 ウィーン録音  10inch Philips

 フランツ・ザルムフォーファーはオーストリアの指揮者、作曲家。
 母親はシューベルト家の子孫。
 1914年、ウィーン音楽アカデミーに入学。作曲をフランツ・シュレーカーとフランツ・シュミットに師事した。
 1929年、ウィーンのブルク劇場の指揮者になり、その間300を超える劇場用音楽を作曲した。
 1945年からウィーン国立歌劇場のオペラ指揮者となり、さらに1955年からウィーン・フォルクスオーパーの指揮者として活動、ウィーンの伝統に根ざした演奏スタイルで知られた 。






(製作者より)
 ワルツは遅めのテンポでいずれも当時のオリジナル演奏に極めてちかいスタイル。遥か彼方からの効果音は優雅で品があります。
 ピチカートポルカはトライアングルなしのオリジナル演奏。ペルシャ行進曲のシンバルは昔の楽器。本来のオリジナルにかなりちかいスタイルです。



<2018/5/25 紹介新譜>


Burg 1027
(2CD−R)
\2900
(ピアノ) ユリ・ブーコフ
 ショパン:ポロネーズ全集 (16曲)
  12inch EMI CLP 1706/7 1958年録音モノラル
(ピアノ) ユリ・ブーコフ
 

 大昔LP発売されていたフォンタナの「ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ集」でご存知の方も多いと思う、ユリ・ブーコフ。

 ブルガリアに生まれ、ブルガリア音楽院で学び、1946年に卒業。
 翌47年パリ音楽院に留学してラザール・レヴィに師事、同時にマルグリット・ロンやエトヴィン・フィッシャーの薫陶も受けた。
 1949年ロンティボー国際コンクールに出場し、パウル・パドゥラ・スコダ(第三位)についで第四位に入賞した。

 生地ソフィアでのデビューは1938年だが、本格的な演奏活動に入ったのは1952年からで、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、中国など世界各地で演奏活動を続けた。

 残念ながらCD時代になってからほとんどその名を聞くことはなくなってしまったが、このショパンのポロネーズはブーコフの隠れた代表的録音。
 洗練されたパリ風ショパンというより、素朴で真摯で、その分深みを感じさせる文学的ショパン。



Burg 1028
\1800
パレナン四重奏団&(ギター) マネエル・ロペス・ラモス
 マリオ・カステルヌーヴォ=テデスコ:
  ギター五重奏曲作品143
 J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番(ギターソロ版)
  12inch RCA430197
  1960年代初期録音モノラル
(ギター) マネエル・ロペス・ラモス
パレナン四重奏団

 パレナンの超珍品。

 弦楽四重奏団博士の幸松肇氏が「LPが始まる時期に突如として現れてきたために、音楽の友社の「名演奏家大事典」などにはまったく掲載されていないという不幸な運命を辿ってきた。しかしフランスの弦楽四重奏団の、最終点ともまた出発点ともなるべき極めて重要な団体であることをここで改めて認識しておきたい。」と語る、まさにフランスの誇る名弦楽四重奏団パレナン四重奏団。
 これはそんなパレナン四重奏団が60年代比較的自由にいろいろなレーベルに録音していたころの珍しいレパートリー。

 ちなみに1970年代に第2ヴァイオリンになったのが我らがジャック・ゲステム(なのでこの録音とは関係ない・・・)。

 ギターの マネエル・ロペス・ラモス(Manuel Lopez Ramos )は、1929年 ブエノスアイレス生まれのアルゼンチンのギター奏者。
 ミゲル・ミケローネに学び、1948年アルゼンチン室内楽協会の賞を得たのち演奏活動を始め、欧米を中心にソヴィエトにも演奏旅行。カリフォルニアのサンタ・クララ大学、グアテマラの国立音楽院、1965年からはメキシコの国立大学で後進の指導にあたる。
 1968年パリ国際コンクールで優勝。 2006年に亡くなっている。



ARDMOREからリリースされているパレナン四重奏団の録音

ASS-069
\1390
ラヴェル:弦楽四重奏曲へ長調
ドビュッシー:弦楽四重奏曲ト短調
 12inch (F) Pacific LDP-F48 - 1950年代初期録音MONO
パレナン四重奏団

ASS-070
\1390
モーツァルト:
 弦楽四重奏団第17番変ロ長調Kv.458「狩」
 同第19番ハ長調Kv.465「不協和音」
  12inch Vega C30 S133 -
  1950年代中期録音MONO
パレナン四重奏団

ASS-071
\1390
モーツァルト:
 弦楽四重奏曲第21番二長調Kv.575
 同第22番変ロ長調Kv.589
  12inch Vega C30 S205 -
  1950年代中期録音MONO
パレナン四重奏団
ウエストミンスター盤では未発売





<2018/4/13 紹介新譜>

Burg 1026
\1800

カミラ・ウィックスの秘蔵音源

 
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調op. 47 エールリンク指揮
ストックホルム放送交響楽団
 12inch (UK )Capitol CTL7026 - 1952年録音
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調より第1楽章のみ ローリス・ジョーンズ指揮
ロングビーチ交響楽団
 10inch Private LP 353 - 1962年 ライブ録音
ラヴェル:ツィガーヌ ストコフスキー指揮
ハリウッドボール交響楽団
  private Tape - 1948年 ライブ録音
ドヴォルザーク:スラブ舞曲op 72-2
シューベルト:アヴェ・マリア
(ピアノ) Kare Siem
  78rpm 12inch Cupol 6002 - 1940年代録音

   
カミラ・ウィックス(ヴァイオリン)

 シベリウスのヴァイオリン協奏曲。
 この曲には数々の名演があり、CD−Rではブスタボやクレーメル、トゥルバン、CDならムター、ヘンデル、フリード、イグナティウス、ウィックス。実に恐るべき名演がひしめく。そこにさらにクラッゲルード、すでに亡くなっているがコルサコフの名演まで参入してきた。
 それらの録音の中には入手が難しいものもあって、カミラ・ウィックスのようにその演奏が聴きたいばかりに、2万数千円する東芝EMIの「ヴァイオリンの巨匠たち」という10枚組みCDボックスを買った人も多いと思う。

 そのカミラ・ウィックスのシベリウス。

 彼女の演奏を聴いたシベリウスは「この曲の最高の解釈者」と激賞。それによって彼女は活動の場をアメリカから北欧に移した。
 今回の録音はその逸話もさもありなん、と思わせるおそるべき演奏。

 シベリウスのヴァイオリン協奏曲は、彼のシンフォニーや管弦楽作品、室内楽作品との類似点はあまり見出せない。
 そのほとばしる情熱は、交響曲の1,2番や「カレリア」で聴ける情熱とは別種のもの。
 いわば彼のシンフォニーがクールでダイナミックな男性的ロマン、また管弦楽作品と室内楽・器楽作品が北欧の伝説的ロマンに満ちているのに対し、このコンチェルトだけは優美で情熱的な女性的ロマンにあふれた作品になっている。
 熱烈なシベリウス・ファンだからこそあえて言うが、このコンチェルトはシベリウスの他曲とは少し趣をことにする異端的作品と言っていい。

 ところがウィックスの演奏だけは、この作品がシベリウスの曲であることを激しく感じさせてくれる。
 伴奏が名匠エールリンクであることも大きいと思うが(実際それはそれはすごい伴奏。)、ウィックスの気質を示す知的で抑圧された、湖の底まで見通すようなシャープでクールなヴァイオリンを聴くと、この曲が間違いなくシベリウスの作品であったと思わせてくれる。
 先ほどあげたすさまじい爆演・絶演・怪演・熱演、いずれもものすごい演奏だが、そこからシベリウスを感じることはなかった。
 しかしこの演奏だけは、違う。
 シベリウスなのである。
 他の演奏とは何か次元が違うのである。

 これほどクールで楷書的なヴァイオリンでこれほど首根っこを掴まれてムギュと地べたに叩きつけられるとは。
 これがシベリウスが求めていた演奏だったとしたら、これまであげてきた情熱的爆演系演奏はすべて破棄しないといけないことになる・・・。

 いや、そこまでは思うまい。
 しかしそこまで考えさせられてしまうショッキングな演奏なのである。



 2曲目以降も貴重な音源が並ぶ。
 ブラームスのヴァイオリン協奏曲は第1楽章のみの演奏会ライブ録音で拍手入。
 ツィガーヌも拍手入。演奏の途中でジェット機の音が入っているので多分野外演奏会。
 最後のSP 音源はなかなかない超高額北欧盤らしい。「10万してもおかしくはない」とはHINDENBURGの言。

 ちなみにブラームスとラヴェルは有名なヴァイオリン・カタログにも掲載がないレア音源。

<2018/3/30 紹介新譜>


Burg 1022
\1800
マグダ・タリアフェロ
 フランスのピアノ作品集

  シャブリエ:スケルツォワルツ、絵画的小品集より牧歌
  セヴェラック:ラバ引き立ちの帰還
  アーン:狂ったナイチンゲールより第16番
  サン=サーンス:ワルツ形式の練習曲
  ドビュッシー:
   ピアノのためのプレリュード、サラバンド、
   トッカータ、
   アラベスク第1番 第2番、喜びの島
     全11曲
(ピアノ) マグダ・タリアフェロ
 12inch Erato EJA S12 1961年録音 ステレオ


 ブラジルに生まれ地元サン・パウロ音楽院で学んでいたタリアフェロの才能を見出し、彼女にパリ音楽院への入学を勧めたのはカザルス。
 そのパリ音楽院で彼女に指導し、強い個性を羽ばたかせたのがコルトー。
 そして入学後わずか8ヵ月後の試験でプルミエ・プリを獲得した彼女に対し、「すでに一人の芸術家で、人もうらやむ才能を持っている」と絶賛した審査員の一人がアルベニス。
 その賞を彼女に授与し、のちにピアノ協奏曲第5番で半世紀たった今も決定盤となっている名演を彼女に残してもらうことになるのがサン=サーンス。
 歌劇「はかなき人生」のピアノ編曲用舞曲を彼女に捧げたのがファリャ。
 世界で最初に彼女に作品を録音してもらったのがモンポウ。
 美しいピアノ協奏曲を献呈し、指揮までして録音を残したのがアーン。
 ・・・いやはや、とんでもない御仁。



こいつはすごい
タリアフェロ/スペイン・南米アルバム

A100-011
\1800

マグダ・タリアフェロ (ピアノ)


 ファリャ:
  「はかなき人生」よりスペイン舞曲
  「三角帽子」より粉屋の踊り
 グラナドス:
  「ゴイェスカス」より夜鳴きうぐいす
  スペイン舞曲アンダルーサとオリエンタル
 アルベニス:
  「スペインの歌」より
   第4番 第5番
  「イベリア」より
   エヴォカシオンとトゥリーナ
 ヴィラ=ロボス:
  「ブラジルの詩」第2番 第3番
  「赤ちゃんの一族」より道化人形
   (全12曲)

  12inch Ducrete-Thomson 300c114 - 1960年 パリ録音MONO
マグダ・タリアフェロ(ピアノ)


 これがタリアフェロか。
 これがタリアフェロなのだ。

 その魅力は、コルトー譲りの純フランス的ピアニズム・・とよく言われる。店主もそのつもりで今まで聴いてきた。
 ただ同時にどこか出生地ブラジルを思わせる熱く激しい情熱やリズムを感じることがあった。ただのフランス風ピアニストで終わらない何か。でもこれまでそれをはっきり認識させてくれるアルバムには出会っていなかった。
 しかし今回のスペインものは、それをはっきり感じさせてくれた。ただの優雅さや艶やかさだけでは、こうまで匂い立つような音楽にはならない。ここには独特の強いリズム感がある。もっといえば彼女だけが持っている舞踏感覚。いや・・・人間としてのかっこよさとでも言おうか。これは間違いなく生まれながらのものだ。自分自身は強い香りを発しながら、決して自らはその香りに溺れない南国の花のような。
 このファリャ、アルベニス、グラナドス・・・ただのフランスの優れたピアニストが弾いたスペインもの、ではないのである。スペイン音楽の熱く沸きあがるような血を全身に浴びながらの演奏。

 これがタリアフェロなのだ。

 他レーベルだがDOREMI DHR7961 のジャケット。この目つきがすごい


 

Burg 1023
\1800
ヤン・スメテルリン
 ショパン作品集

  舟歌op 60、練習曲op 25-3 25-5、幻想即興曲
  スケルツォ op39、子守歌op57
  マズルカop 7-1 op30-3 op41-4 op50-1
(全10曲)
(ピアノ) ヤン・スメテルリン
 12inch Allegro 3042 1950年代録音 モノラル


 ヤン・スメテルリンは1892年生まれのはポーランドのピアニスト。
 ショパンやシマノフスキの解釈でとりわけ名高く、多くのショパン録音を残した。

 オーストリア=ハンガリー帝国領だったシュレージエンのビーリッツ(現在はポーランドのチェシン郡ビェルスコ)に生まれる。
 幼児期から楽才を発揮して7歳で最初の演奏会を行なったにもかかわらず、法学を学ぶことを余儀なくされた。
 しかしウィーンで学習中に奨学金を得て、レオポルド・ゴドフスキーの薫陶を受け、1920年に職業演奏家としてデビューを果たす。
 後年はディディ夫人とともにニューヨークに暮らしたが、1967年にロンドンに戻って間もなく、1967年他界した。

 スメテルリンは生涯にわたって作曲家カロル・シマノフスキと、音楽家同士として、また友人同士として緊密な関係を保っていた。
 シマノフスキは『マズルカ集』作品50の第3巻(通し番号で第9曲〜第12曲)をスメテルリンに献呈しており、スメテルリンはシマノフスキを重要なレパートリーとした。

 スメテルリンは料理にも情熱を注ぎ、レシピ集を執筆したらしい。

スメテルリン、とにかくCDがない。このオランダPHILIPS盤を持っている人はすごい。




ヤン・スメテルリン、ARDMOREの貴重な復刻盤

A100-019
\1800
ショパン:夜想曲 (第1番から第11番) Vol.1
 12inch Philips A00256L  -
  1954年録音MONO
(ピアノ)ヤン・スメテルリン

A100-020
\1800
ショパン:夜想曲 (第12番から第20番) Vol.2
 12inch Philips A00257L -
  1954年録音MONO
(ピアノ)ヤン・スメテルリン

  .

Burg 1024
\1800
パウル・クレツキ指揮&イスラエル・フィル
 シューマン:
  交響曲第1番「春」、同第4番
  序曲、スケルツォとフィナーレ
パウル・クレツキ指揮
イスラエル・フィル
 12inch Columbia 33CX1419 & 1449 1956年録音 モノラル
 

Burg 1025
\1800
パウル・クレツキ指揮&イスラエル・フィル
 
シューマン:
  交響曲第2番、同第3番「ライン」
  序曲マンフレツド
パウル・クレツキ指揮
イスラエル・フィル
 12inch columbia 33CX 1449 &1475 1956年録音 モノラル

 アリア・レーベル第91・92弾でとんでもないベストセラーを記録中のクレツキの「運命」・「英雄」。
 そのクレツキの最大の名演として知られているのがこのシューマン交響曲全集。

 1900年生まれ、ベーム、セル、バルビローリ、コンヴィチュニーらと同世代のクレツキは、ポーランドに生まれその後ドイツ、イタリア、ソビエト、アメリカ、スイスと移り住み、国際的で現代的なセンスを持ちながらも厳格で格調高いロマンにあふれた音楽を作り出した。しかしそのナチスからの逃避行の間に、彼の家族は虐殺されていき、最後に残った彼の精神状態もほぼ破綻寸前だったという。
 それなのに、そんなふうに理不尽に愛するものを殺されたにもかかわらず、彼の音楽は心穏やかで温かい。
 アンチェルといいクレツキといい、人間というのはそこまで崇高になれるものなのか。

 ただ現在では忘れられた存在といってよく、この巨匠の現在における処遇はあまりよくない。だから「EMI 20世紀の偉大な指揮者たち 全40巻」シリ−ズの中で最も早く売り切れたのがクレツキだったというのも納得できるし、今回のアリア・レーベル第91・92弾が大ベストセラーになるのもうなずける。

 さてクレツキ&イスラエル・フィルのコンビによるシューマン。

 歿後100年のシューマン・イヤーに合わせて、1956年にEMIによって収録されたセッション・レコーディングが音源で、名匠クレツキの豊富なディスコグラフィのなかでも特に重要な位置を占める大作。
 全篇、知情のバランスのとれたクレツキのみごとなアプローチは云うに及ばず、オケがイスラエル・フィルということでやはり潤いのある弦の音色が、たとえば第2番のアダージョなど、濃厚かつ綿々たる情緒表現においてこれ以上ない説得力で迫ってくる。





2018年最大のベストセラーとなりそうなクレツキ/「運命」・「英雄」
詳細はこちら

ARD 0091
\1800
アリア・レーベル第91弾
 クレツキ指揮&南西ドイツ放送交響楽団


  ベートーヴェン:交響曲第1番
            交響曲第5番「運命」
パウル・クレツキ指揮
南西ドイツ放送交響楽団

録音:1960年代前半
原盤:12inch CONCERT HALL SMS2313 STEREO

 
薄型ケースで、シンプルなデザインのジャケットと盤面印刷の仕様です。


ARD 0092
\1800
アリア・レーベル第92弾
 
クレツキ指揮&南西ドイツ放送交響楽団

  ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」
パウル・クレツキ指揮
南西ドイツ放送交響楽団

録音:1960年代前半
原盤:12inch CONCERT HALL SMS2275 STEREO

 
薄型ケースで、シンプルなデザインのジャケットと盤面印刷の仕様です。


 静かに、しかしひるむことなく、たたみかけるように追い込みをかけてくる。
 迫ってくる。にじり寄ってくる。

 この凄み。
 ぶんなぐられても、蹴倒されても、相手を見据え、にらみ、まったく動じない。
 まったくひるまない。

 そしてそうやって何度も何度もじりじりとじわじわとたたみかけてくる。


 この人の壮絶な生き方についてはここでは触れるまい。
 あえて語らずとも、この音楽を聴けば、この人の生き様はおのずと聞く者の脳髄に心臓に魂に響いてくるはず。

 難しいことはしていない。
 きわめてシンプルできわめてストレート。

 しかしだからこそ雄渾でたくましく、強い。
 だから一音一音に味がある。人生がある。
 だからずしりと重い。
 そしてその重さは尋常ではない。


 音楽にそこまでのものをしたためることができる人はそうそういない。


 クレツキ、これほどとは思わなかった。




<2018/3/16 紹介新譜>


Burg 1019
\1800
音楽に陵辱されるとしたらこんな感じか
 エリザベス・ロックハート

  (1)ベートーヴェン:ロマンス第2番ヘ長調op.50 *
  (2)ショーソン:詩曲
   ラヴェル:ツィガーヌ
エリザベス・ロックハート(Vn)

(1)アナトゥール・フィストラーリ指揮
 ベルリン・リアス交響楽団
(2)アナトゥール・フィストラーリ指揮
  ロンドン交響楽団
 12inch Bertelsmann 7000 * &MGM E3041 ) 1950年代録音mono

 ヨーゼフ・ハシッドをご存知だろうか。
 カール・フレッシュ門下のイギリスのヴァイオリニスト。
 恋に破れ発狂し、最後は精神病院で凶暴患者を従順にするロボトミー手術を受け廃人となり、結局そのまま正常に戻ることなく26歳でこの世を去った天才。

 その演奏を聴いたものはみな絶賛し、ハシッドが夭折しなければハイフェッツですら敵でなかったとまで言われる。
 フレッシュは「すべての弟子のうちで最も才能豊かなヴァイオリニスト」と語り、クライスラーは「天才ヴァイオリニストは100年に1人出るが、ハシッドは200年に1人の逸材だ」と絶賛した。

 で・・・。
 
 そのハシッドを廃人たらしめた美しきヴァイオリニストが・・・

 エリザベス・ロックハート。

 1921年生まれのスコットランド出身の女性ヴァイオリニスト。

 「詩曲」と「ツィガーヌ」は存在が知られていたが、今回HINDENBURGはベートーヴェンの「ロマンス第2番」を発掘したらしい。



 ベートーヴェンの「ロマンス」は、会員制配布LPで、しかもヨッフムのベートーヴェンの交響曲第2番の余白に入っていて見過ごされていたらしい。
 カタログ類や資料などにも載っていなかった音源なのでこれはありがたい。


 ちなみに「詩曲」、「ツィガーヌ」、「ロマンス第2番」、すべて指揮はフィストラーリ。
 フィストラーリはグスタフ・マーラーの次女、アンナ・マーラーと結婚したが、1956年に離婚し、翌年には2番目の女性と結婚している。
 その2番目の女性というのが・・・ロックハート。



 魔性の女かどうかそれは分からない。
 だがその演奏を聴けば何か分かるかもしれないと思って聴いたのだが・・・、先入観からか・・・、「詩曲」の妖艶さはちょっと普通じゃない。

 音楽に陵辱されるとしたらこんな感じか。
 フィストラーリはこの共演でやられたのだろうか。



 

Burg 1020
\1800
イムジチのペルゴレージ作品集
  協奏曲第5番 第6番
  ヴァイオリン協奏曲変ロ長調
  シンフォニアヘ長調(チェロと弦楽器のための)
イムジチ合奏団
(ソロヴァイオリン)フェリックス・アーヨ
 12inch Club National du Disque CND596 1950年代録音mono

 ようやく最近になって陽の目を浴び始めたペルゴレージのヴァイオリン協奏曲。偽作の疑いはあるが、だからといってそのすばらしさが変わるわけではない。
 ここではアーヨのヴァイオリンに率いられる初期イムジチの颯爽たる演奏が愉しめる。
  

Burg 1021
\1800
ジャンヌ=マリー・ダルレ
 ショパン:練習曲(全集) 作品10&25
(ピアノ) ジャンヌ=マリー・ダルレ
 10inch Pathe 33DT1016/7 1952年録音mono

 ジャンヌ=マリー・ダルレ(1905年-1999年)はフランスのピアニスト。
 ショパンやリストのピアノ独奏曲や、サン=サーンスの協奏曲の、叙情的で優雅な解釈で名高い。
 レジオン・ドヌール勲章やフランス芸術文化勲章シュヴァリエ章を授与された。

 パリ音楽院でイシドール・フィリップとマルグリット・ロンに師事し、ガブリエル・フォーレやカミーユ・サン=サーンス、モーリス・ラヴェルらにも学んだ。

 14歳でデビューし、16歳で最初の録音を行なう。
 21歳のときにポール・パレーの指揮の下でラムルー管弦楽団と共演し、単独の演奏会でサン=サーンスのピアノ協奏曲を全曲演奏する。
 ヨーロッパで最初の演奏旅行を行なったのを皮切りに、1980年代に演奏活動から引退するまで定期的に演奏活動を行なった。
 1958年から1975年までパリ音楽院の教授として後進の指導に当たった。主な弟子にイレーナ・ヴェレッドやマリレーヌ・ドッスらがいる。



ダルレといえばこれ・・・

ARDMORE
A100-006
\1800
ジャンヌ=マリー・ダルレ
 サン=サーンス:ピアノ協奏曲全集 Vol.1

  ピアノ協奏曲 第1番二長調Op.17
  同 第2番ト短調Op.22 
  同 第3番変ホ長調Op.29
   12inch Pathe DTX176 222 252 -
    1950年代中期録音MONO
ジャンヌ=マリー・ダルレ(ピアノ)
ルイ・フレスティエ(指揮)
フランス国立放送局管弦楽団
 

ARDMORE
A100-007
\1800
ジャンヌ=マリー・ダルレ
 サン=サーンス:ピアノ協奏曲全集 Vol.2

  ピアノ協奏曲 第4番ハ短調Op.44
  同 第5番へ長調Op.103「エジプト風」
  七重奏曲Op.65 +
   12inch Pathe DTX176 222 252 -
    1950年代中期録音MONO
ジャンヌ=マリー・ダルレ(ピアノ)
ルイ・フレスティエ(指揮)
フランス国立放送局管弦楽団
ロジャー・デルモット(トランぺット) +
ガストン・ロジェロ(コントラバス) +
パスカル四重奏団 +
 
 仮にももう半世紀以上前の録音である。
 いい加減、「サン=サーンスのピアノ協奏曲全集はやっぱりマリー・ダルレ」、とかいうのはやめてくれ・・・
 と言いながら、久しぶりにこのARDMORE盤で全曲聴いてみた。

 「サン=サーンスのピアノ協奏曲全集は、やっぱり、マリー・ダルレ。」

 ああ。結局そう言ってしまった。

 なんなんだ、やっぱりすごい。
 昔ピアノ音楽について狂ったように詳しい評論家の谷戸基岩氏が「これを凌駕できるのはタリアフェロの5番だけ。こんなにも輝かしく洒脱にそして深く読み込んで演奏したものは空前絶後。これほどまでにパッセージがきらめき、自然に呼吸した演奏を果たして聴いたことがあるだろうか」と絶賛していたが、いやはや、タリアフェロと比較されている第5番も含めて、こんなにも聴いていて心が大空に舞い上がるような高揚感を与えてくれる演奏にはお目にかかったことがない。
 たとえば第2番の第1楽章。まるでこの世の美しいもの切ないものをすべて吸い込んでしまったかのように、聴くものの呼吸は1分間止まる。
 一体何なんだ。何が他の演奏家と違うのだ。
 まるでミューズがちょっと地上に降りてきてピアノと戯れているかのよう。
 そう、どことなく浮世離れしているのである。神がかっていて人間じゃないみたいな感じなのである。輝かしくて神々しくて、でもちょっと洒落っ気もあって。

 半世紀経って君臨しても仕方がない。いいものは永遠にいいのである。



ショパン&リストのソロ・アルバム

ASS-004
\1390
ジャンヌ=マリー・ダルレのショパン&リスト
 ショパン:
  タランテラ、子守歌、幻想曲Op.49, ノクターンOp.15-1 , 3つのエコセーズ
  練習曲Op.25-1,Op25-6*
 リスト:
  ラ・カンパネラ、 愛の夢、 水の上を歩く聖フランチェスコ(伝説より第2番)、
  忘れられたワルツ、 超絶技巧練習曲より第5番「鬼火」* 第11番「夕べの調べ」
    (全13曲)
  33rpm Pathe DTX30202 - 1950年代後期パリ録音
  78rpm Pathe PDT92 - 1944年パリ録音*
ジャンヌ=マリー・ダルレ (ピアノ)

 古き佳き時代のパリを思わせるエレガントで繊細な演奏を聴かせてくれるマリー・ダルレ。
 サン・サーンス弾きで知られるダルレだが、同じように得意としたショパンとリストを収録。




<2018/3/2 紹介新譜>

ミシェル・オークレール/ルクレール:ヴァイオリン協奏曲
ジョコンダ・デ・ヴィート/メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
パレナン弦楽四重奏団/「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」



Burg 1016
\1800
ミシェル・オークレール
 ジャン=マリー・ルクレール:
  ヴァイオリン協奏曲イ長調 作品7-6 & ト短調 作品10-6
  (1950年代後期 録音)
   10inch Discophiles Francais225116
(ヴァイオリン)ミシェル・オークレール
カール・リステンパルト指揮
ザール室内管弦楽団

ルクレールの2曲は地味な作品だがオークレールが弾くと耽美な名曲となる。
 

Burg 1017
\1800
ジョコンダ・デ・ヴィート
 メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調 作品64
   (1950年代 ライブ録音) プライベートテープ    
(ヴァイオリン)ジョコンダ・デ・ヴィート
ルドルフ・ケンぺ指揮
バンベルク交響楽団
バッハ:ブランデンブルグ協奏曲第5番ニ長調BWV1050
  (1938年録音 78rpm ODEON O7884/6)
(ヴァイオリン)ジョコンダ・デ・ヴィート
(フルート)アリーゴ・タッシナリー
(ピアノ)カルロ・ゼッキ
フェルナンド・プレヴィターリ指揮
トリノ・イタリア放送室内管弦楽団

 デ・ヴィートの、貴重なプライベート・テープによるメンデルスゾーンとSP復刻による豪華メンツによるブランデンブルク。
 

Burg 1018
\1800
パレナン弦楽四重奏団
 ハイドン(ホフシュテッター作曲):
  弦楽四重奏曲第17番ヘ長調作品3-5 セレナーデ
 ハイドン:
  弦楽四重奏曲第74番ト短調 作品74-3 騎士より第1楽章のみ*
 モーツァルト:
  セレナーデ第13番ト長調kv.525
   「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
   (1950年代録音 
    10inch Pacific LPP C77 & プライベートテープ*
パレナン弦楽四重奏団

 「SP期が終わって、LP期の始まる時期に突如として現れてきたため、音楽の友社の「名演奏家大事典」などには全く掲載されていないという、不運な運命をたどってきた。しかし、本書に掲載したフランスの弦楽四重奏団の、最終点ともまた出発点ともなるべき極めて重要な団体であることを、ここで改めて認識しておきたい。」(「世界の弦楽四重奏団とそのレコード」幸松肇氏)


<2018/2/2 紹介新譜>

ガリーナ・バリノワ/シベリウス&グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲
レーヴェングート/バッハ&ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ
ガウク指揮&レニングラード・フィル/チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」




Burg 1013
\1800
ガリーナ・バリノワ(ヴァイオリン)
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
 1947年録音
(ヴァイオリン) ガリーナ バリノワ
アレクサンダー・オルロフ指揮
ソビエト全同盟RTV大交響楽団
グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲
 1952年録音
(ヴァイオリン) ガリーナ・バリノワ
ニコライ・アノーソフ指揮
ソビエト国立交響楽団
 
 ガリーナ・バリロワ。
 1910年ペテルブルグ生まれの女流ヴァイオリニスト。音楽家の家庭に生まれ、10歳で早くもデビュー。レニングラード音楽院卒業後はパリでティボーに師事した。
 1946年にはレーニン賞、1955年には功労芸術家の称号を得たソビエトを代表する女流ヴァイオリニスト。
 
 ・・・そのCDは極めて少ない。しかしその伝説的演奏は今に至るも語り継がれている。
.
Burg 1014
\1800
レーヴェングート
 バッハ:ヴァイオリン・ソナタ第3番
 ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調
 1960年代初期録音 mono
(ヴァイオリン) アルフレッド・レーヴェングート
(ピアノ) フランシス・ドロー

 レーヴェングート弦楽四重奏団の第1ヴァイオリンで知られるアルフレッド・レーヴェングート。
 カペーの弟子でカペーsqのメンバーでもあったアンドレ・トゥーレに師事、彼から伝統あるフランス室内楽の真髄を教わったという。

 そんなレーヴェングートの珍しいソロ録音。

 サンプルを聴かせてもらった。

 原盤の音がよいのか、復刻がよいのか、レーヴェングートのヴァイオリンがいいのか・・・。
 なんとも素朴でなんとも優雅でなんとも心のこもった温かく深い音がする。
 完全完璧な音程と華やかな超絶技巧で聞くものを圧倒させる・・・とかいうのではない。
 でもこのなんともいえない人間的な響き。
 50年前のヴァイオリニストはこういう音色を響かせていたのだ。
 こういう温かな音楽を聞かせていたのだ。
.
Burg 1015
\1800
ガウク指揮&レニングラード・フィル
 チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」
  1958年ライブ録音mono
アレクサンドル・ガウク指揮
レニングラード・フィルハーモニー交響楽団
全てプライベートテープ

 アレクサンドル・ワシーリエヴィチ・ガウク(1893年8月15日 オデッサ - 1963年3月30日 モスクワ)は、ウクライナ出身のソ連邦の指揮者・作曲家。ムラヴィンスキーとスヴェトラーノフの師匠として知られる伝説的指揮者。
 1930年にレニングラード・フィルの首席指揮者になっている。1936年にはソビエト国立響、1953年にはモスクワ放送響の首席識者を歴任。
 1958年にムラヴィンスキーの代役として来日している。

 チャイコフスキーやムソルグスキーの管弦楽曲を得意とし、厖大な数の録音を遺したにもかかわらず、現在のところ入手できる音源は限られている。

 今回の録音は1958年ライブ録音。名演といわれた日本でのライヴの可能性もあるのか?




<2018/1/12 紹介新譜>
ローザ・ファイン/モーツァルト&ペルゴレージ:ヴァイオリン協奏曲
タシュナー&ファルナディ/「クロイツェル」
ミトロプーロス&ニューヨーク・フィル/第9


.

BURG 1010
\1800
ローザ・ファイン!
 指揮はD&I・オイストラフ

 モーツァルト:
  ヴァイオリン協奏曲第4番
  ヴァイオリンと管弦楽のためのロンドkv.373*
 ペルゴレージ:ヴァイオリン協奏曲変ロ長調
(ヴァイオリン)ローザ・ファイン
ダヴィッド・オイストラフ指揮
イーゴリ・オイストラフ指揮*
モスクワ国立フィルハーモニー(ソロイスト アンサンブル)
 1960年代中期 ステレオ録音  12inch Melodiya D024847

 1929年生まれ、ソビエトの女流ヴァイオリニスト、ローザ・ファイン。
 ダヴィド・オイストラフの弟子であり、1957年第3回ヴィエニャフスキー・コンクール優勝。
 現在ではほとんど知る人はいないが、メロディアには小品集やヴィエニアフスキの協奏曲を残していた。
 その小品集は、下記 アリア・レーベルARD 0084 でお聞きになられた方はよくご存知のとおり「重量級濃厚小品」で、アルバムも大ベストセラーとなった。

 今回の新譜は、ローザ・ファインが師匠オイストラフと組んだモーツァルト&ペルゴレージのヴァイオリン協奏曲。
 小品集よりもあと、1960年代中盤の録音で、ずしりとした存在感。・・・音がずしりと重いのだ。
 さてペルゴレージは知る人ぞ知る天国的名曲。おそらく作ったのはペルゴレージではないだろうが、誰が作ったのにせよペルゴレージが作ったと思いたくなるはかなくも美しい名作。
 ファインはシンパシーあふれるロマンティックな演奏で、この幻の名曲をたっぷり聴かせてくれる。美熟女に甘く口説かれている感あり。




大ベストセラーになった
アリア・レーベル
ローザ・ファイン&ミシェル・ブシノー3枚組セット


ARD 0084
(3CD-R)
\5400→\5000

CD1

ミシェル・ブシノー (ヴァイオリン)

 タルティー二:コレッリ主題による変奏曲
 パガ二ー二:奇想曲第13番変ロ長調  第9番ホ長調
 シューベルト:アヴェ・マリア
 イザイ:マズルカ Op.11-3
 ヴィエ二アフスキ:華麗なるポロネーズ Op.4
 ポルディー二:踊る人形
 フォーレ:子守歌 Op.16
 ラヴェル:ツィガーヌ、ほか
   12inch Festival FLD84 - 1957年録音MONO
ミシェル・ブシノー (ヴァイオリン)
ジュヌヴィエーヴ・デュフレーヌ (ピアノ)
オーべール:ヴァイオリン協奏曲二長調 イ長調
  12inch Contrepoint MC20135 - 1957年録音MONO
ミシェル・ブシノー(ヴァイオリン)
ロジェ・ブルダン(フルート)
ローレンス・ブーレイ(チェンバロ)
ベルナール・ワール指揮
ヴェルサイユ室内管弦楽団
ヘンデル:ヴァイオリン・ソナタ第4番二長調Op.1−13
 78rpm Pathe PDT246/7 - 1951年録音MONO
ミシェル・ブシノー(ヴァイオリン)
モーリス・フォール(ピアノ)

CD2

ローザ・ファイン
 第1巻

シューベルト:ヴァイオリンとピアノのための「幻想曲」 ハ長調D.934 *
ロカテッリ:ヴァイオリン・ソナタ第1番Op.6
サラサーテ:バスク奇想曲Op.24
 12inch Melodiya D013935/6 - 1950年代後期MONO
(ヴァイオリン)ローザ・ファイン
(piano)ボリス・ぺトルシャンスキー * &
エウゲ二ー・エビシュタイン
タルティー二:ヴァイオリン・ソナタ ト短調「悪魔のトリル」
サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ
ヴィエ二アフスキ:スケルツォ=タランテラ Op.16
 10inch ETERNA 720110 - 1957年録音MONO
(ヴァイオリン)ローザ・ファイン
(piano) イナ・コレゴルスカヤ
 

CD3

ローザ・ファイン 第2巻


ブラームス:ハンガリー舞曲第1番
イザイ:エクスタシー
ラヴェル:「クープランの墓」より リゴドン
ヴィヴァルディ:「ソナタ」 より アダージョ
ヴィエ二ャフスキ:エチュード・カプリース第4番 イ短調Op.18、ほか
 10inch Melodiya D5572/3 - 1950年代後期MONO
(ヴァイオリン)ローザ・ファイン
(piano) I.Zaitseva
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調Op.100
ラフマ二ノフ:ヴォカリーズ Op.34
ヴィヴァルディ:ソナタ 二長調RV.10
ヴィエ二ャフスキ:「華麗なるポロネーズ」第1番二長調Op.4
 12inch Melodiya D016595/6 - 1950年代後期MONO
(ヴァイオリン)ローザ・ファイン
(piano) エウゲニー・エビシュタイン

 深く太い、まさに師を思わせる濃厚演奏。
 ときにグググと地の底から音が出てきて心臓をつかまれそうになる。
 さらにそこに師匠にはなかった女性的「情」も加わる。
 あえていうならば「重量級濃厚小品」。当然ブラームスのソナタなど、濃厚芳醇どぶろくの味わい。(そういえばこのブラームスのソナタが入ったLPだけでも中古ではとんでもない値段だといっていた。)
 いずれにしても女流ヴァイオリニスト・ファンにはちょっと堪えられないとおもう。

 店主も最近このアルバムばかり聴いている。

 ・・・ローザ・ファイン・・・こんな人がいたのか。


 .

BURG 1011
\1800
タシュナー&ファルナディ!!
  ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」
(ヴァイオリン)ゲルハルト・タシュナー
(ピアノ)エディト・ファルナディ
 1950年代中期 モノラル録音 プライベートテープ

 ゲルハルト・タシュナー(1922年5月25日 - 1976年7月21日)は、チェコ出身の西ドイツのヴァイオリニスト。
 イェネー・フバイ、ウィーンでブロニスラフ・フベルマンに師事、 1939年にはチェコ共和国のオーケストラでコンサートマスターになっており、その頃ヘルマン・アーベントロートに見出され、アーベントロート客演指揮、タシュナーのヴァイオリンでブラームスのヴァイオリン協奏曲を演奏。その頃コンサートマスターを探してたヴィルヘルム・フルトヴェングラーにアーベントロートがタシュナーを推薦、バッハのシャコンヌを弾いてコンサートマスター試験に合格。1941年から1945年にかけてフルトヴェングラー率いるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを務めた。
 どこまでも厳格で一本芯の通った律儀な演奏を聴かせるタシュナー、ここではどんな「クロイツェル」を聞かせるのか。
 あの1951年のギーゼキングとの名盤との比較も愉しみ。


名演で知られる
ギーゼキングとの「クロイツェル」

BR200053
フランク:ヴァイオリン・ソナタ
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」
ゲルハルト・タシュナー(Vn)
ワルター・ギーゼキング(P)
1947/1951年



 そして今回のピアノがなんとエディット・ファルナディ。
 史上最高の女流ピアニストのひとり。
 それがどういうわけか現在その名を知る人は少ない。
 ファルナディは1921年生まれのハンガリーを代表するリスト弾き。
 テクニシャンとして知られ、 女流で初めてシュトラウス=ゴドフスキーの3大編曲を録音した。

 9歳の時リスト音楽アカデミーに入学し、バルトーク等に師事。ショルティ、アニー・フィッシャー、ルイ・ケントナーと同門だった。
 12歳で行われた初の公開演奏ではベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番を指揮しながら弾いたといわれ、在学中にリスト賞を2度受賞したという正真正銘の天才。繰り返すが史上最高の女流ピアニストのひとりである。

 そんなファルナディ、1950年代前半にWestminster社にいつかの録音を残して名を馳せるも、ステレオ以降の録音が少ないために現在の知名度はもうひとつ・・・。
 しかしアリア・レーベルでリリースしたシェルヘンとのチャイコフスキーのコンチェルトが大爆発演奏。悪漢シェルヘンをやっつけるその爽快&豪快演奏に、当ARD 0071はアリア・レーベル屈指の大ベストセラーとなった。

 今回の「クロツェル」ではそのファルナディがタシュナーの相手を務める。



アリア・レーベル第71弾
ファルナディvsシェルヘン
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番・第2番

ARD 0071
1CD-R\1800
詳細
前代未聞の壮絶なる戦い
 第71弾

  エディット・ファルナディ(ピアノ)
   チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番・第2番

エディット・ファルナディ(ピアノ)
ウィーン国立歌劇場管弦楽団
ヘルマン・シェルヘン 指揮
原盤:ウエストミンスター 478022
録音:1954年 ウィーン・コンチェルトハウス


 ファルナディに、シェルヘンと組んだとんでもないチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番の録音がある。

 ファルナディにとってシェルヘンは30歳も年上の超先輩、しかも1954年なのでシェルヘンがウエストミンスターでブイブイ言わせていた人生絶頂期のころ。
 そんな状況を分かってかシェルヘンは33歳の美人ピアニストを挑発しまくって怪物キャラを発揮。冒頭からまったくピアノと合わせようとしない。

 店主が今まで聞いた中で最もピアノとオケが合っていない演奏である。

 ・・・しかし考えようによってはファルナディもあわせようとしていないということでもある。

 稀代の怪物指揮者のわがまま伴奏にまったくひるむことなくわが道を突き進む皇女ファルナディ・・・。
 当然ヴィルトゥオーゾ的場面では「爺やはひっこんでなさい」とばかりに自分の世界をひけらかす。
 あっぱれ。

 そしてそんな状況で終楽章ラスト1分はどうなるか?

 皇女ファルナディは怪物シェルヘンをぶち負かす。
 
 ラストのラスト、怪物シェルヘンはオケもろとも、もんどりうってぶっ倒れるのである。
 嘘だと思うかもしれないが、本当に「どどど」というような地響きとともにすさまじいラストを迎える。

 おそらくシェルヘン、これがやりたかったのだ。主役はやはりファルナディだよ、と。





 .

BURG 1012
\1800
大爆発第4楽章
 なにがここまで彼をかきたてたか
  ミトロプロス指揮&ニューヨーク・フィル

  ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調「合唱」
ディミトリ・ミトロプロス指揮
ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団
(ソプラノ)フランシス・イーンド
(メゾ ソプラノ)マーサ・リプトン
(テノール)デヴィッド・ロイド
(バリトン)マック・ハレル
ウェストミンスター合唱団
 1955年 モノラル ライブ録音 プライベートテープ

 ミトロプロス・ファン絶句の第9。記録上はこれしか残されていない。
 未発売放送音源ということでプライベート盤で発売されていたが今は手に入らない。
 この怪物演奏の噂を聞いて探していた人は多かったはず。


 ということで演奏は超爆演。とくに終楽章は冒頭から爆裂。
 これほど凶暴なミトロプロスを見たことがない。なにがここまで彼をかきたてたか。
 血にえたぎり、肉踊り、興奮は絶頂に達する。随所で聴いたことのない解釈が見られ、「この曲でそれをやっちゃいかんだろう」、と突っ込みたくなるような場面が頻発。
 敬虔な修道士がやってはいけないことをしてしまって、そんならとことんやってしまえ、と開き直ったかのよう。

 当時のミトロプロスとニューヨーク・フィルはマンネリ化して未来の展望が築けない状況だった・・・と聞いていた。そうしたなかどうしてこんな演奏が可能だったのか。
 それとも、だからこそこの破綻一歩前の驚天動地・狂乱怒涛の演奏が生まれたのか。


 以前のプライベート盤はかなり大きな瑕疵があったが、今回はかなり修復されていて試聴にまったく支障がない。


 ニューヨーク・フィル、このあとバーンスタインが来るわけである。よろしければこちらを。





<2017/12/22 紹介新譜>


BURG 1008
\1800
サン=サーンス:組曲「動物の謝肉祭」(全14曲)
  (10inch ODEON OD1003 1950年代中期パリ録音)
レイモン・トルアール
ジェルメーヌ・ドヴェーズ(ピアノ)
アンリ・メルケル(ヴァイオリン)
アンドレ・ナヴァラ(チェロ)
フェルナン・カラジュ(フルート)、ほか

エドゥアルト・リンデンベルク指揮 
オッフェンバック:夕暮れの歌 (全6曲)
  (7inch ODEON AOE1044 1950年代中期パリ録音 )
(チェロ)ミシェリーヌ=アルベール・ブロシュ
(ピアノ)マリウス=フランソワ・ガイヤール



 エドゥアルト・リンデンベルク(1908年1月8日 - 1973年8月5日)(仏語読みのエドゥアール・ランダンベールとも表記される)は、ルーマニア出身の指揮者。
 ウィーンでヘルマン・シェルヘンとフランツ・シャルクの各氏に指揮法を師事。
 ルーマニアに帰国後は1947年までブカレスト・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者陣に加わり、ブカレスト音楽院でコンスタンティン・シルヴェストリと共に指揮法を教え、セルジュ・コミッショーナらを育てた。
 1947年からパリに活動の本拠を移し、パリ・オペラ座、コンセール・ラムルー、コンセール・パドルーやフランス国立放送管弦楽団などに客演してフランスでのキャリアを築き、スペイン、イスラエル、スイス、ドイツやアイルランドなど世界各地のオーケストラにも客演した。 
 北西ドイツ・フィルを指揮してブラームス、ベートーヴェン、チャイコフスキー、ドヴォルザークの大曲を録音している。
 そのリンデンベルクの隠れ名演として名高いのがこの豪華演奏陣による「組曲動物の謝肉祭」。レイモン・トルアール、ジェルメーヌ・ドヴェーズのピアノ、アンリ・メルケルのヴァイオリン、アンドレ・ナヴァラのチェロ、フェルナン・カラジュのフルート・・・ともう贅沢の限りを尽くした布陣。
 
**************************

 ミシェリーヌ=アルベール・ブロシュのオッフェンバックの「夕暮れの歌」はかつて ARDMORE MS-23 からリリースされていたもの。カップリングは違う。
 昔のコメントを引っ張り出してみよう。

「 オッフェンバックの「夕暮れの歌」。
 何となくそのタイトルは聞いたことがあるような気がする。当時チェリストだった若きオッフェンバックがパリで残した、彼としては極めて珍しい器楽作品。全6曲からなるが、おそらく全曲はCDでも出たことはないのではないか。少なくとも現時点で競合盤は皆無。
 しかしこれがお花畑で戯れる少女のような愛らしく、純朴な曲だった。なんとも素敵な。よくこんな曲の録音が今から半世紀も前に残されていた。
 ところが何度か聴いているうちにその演奏家であるチェリストがどうも気になってきた。
 MICHELINE-ALBERT BLOCH。 ミシェリーヌ=アルベール・ブロシュ。
 ジャケに少し容貌が写っているが、輝かしいブロンドの美人。しかしこの人の経歴は一切わからない。ネットでいろいろ調べたが、「この演奏の入ったLPを求む!」というリクエストが海外のブログで出ていたくらいで(しかも返信はゼロ)、まったく詳しいことがわからない。ピアノはマリウス=フランソワ・ガイヤール。ドビュッシーのピアノ曲の演奏でも知られるピアニスト・指揮者・作曲家、大音楽家である。おそらくこのガイヤールが見目麗しいブロシュをどこかから引き抜いて録音したのがこれだったのではないか。しかし本当のところは分からない。
 ただこれが、この曲の純真素朴さをそのまま地でいくような、なんとも穢れのない無垢な演奏。しかもこのブロシュという人、恐れ多くも大音楽家ガイヤールのテンポに無理にあわせようとしない。ときに子供のように無邪気に羽目を外すこともある。無理にさわろうとするとこわれそうな繊細さと、誰の言うことも聞かなさそうな気の強さ。それをガイヤールが温かく優しく見守る。他愛ない曲なのに、どういうわけか強烈に心に染みる。
 そしてはかないチェロの花束は、まるでためいきのように流れて消えた。」

 

BURG1009
\1800
モーツァルト:
 ピアノ協奏曲第20番ニ短調
  (1934年3月8日 ベルリン録音 78rpm Telefunken E1643/6 )
(ピアノ)ミーチャ・ニキシュ
ルドルフ・シュルツ=ドルンブルク指揮
ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調
  (1943年 ベルリン録音 private type )
ルドルフ・シュルツ=ドルンブルク指揮
ベルリン放送交響楽団

 注目はピアニスト、ミーチャ・ニキシュ。
 アルトゥール・ニキシュの息子だがピアノの才能にあふれて自由に活動していたらしく、ジャズ・バンドを結成してそこで活躍していた。
 しかしナチスによって演奏を禁じられ逃亡、最終的にヴェネツィアで自殺したという。録音はこの1枚だけらしい。


 モーツァルトの伴奏指揮、及びベートーヴェンの交響曲第7番を指揮しているルドルフ・シュルツ=ドルンブルク( 1891年 - 1949年)はドイツ、ヴュルツブルク生まれ。
 ケルン音楽院で学び、その地で合唱指揮者としてキャリアをスタートさせた。
 マンハイム、ミュンスター、エッセンで指揮者としての経験を積み、1919年のボーフム交響楽団の創立指揮者を経て、1934年にベルリン放送交響楽団の指揮者に就任した。
 1942年にはベルリン放送の音楽総監督となり、ドイツ国営放送の総責任者も務めた。 第二次世界大戦後は、リューベックを中心に活動したが、1949年にグムンド・アム・テーゲルンゼーで亡くなった。
 質実剛健、ずしりとした重さを感じさせるベートーヴェン。終楽章ラストだけはなりふりかまわぬ突進で、同時代の巨匠たちと同じ香りを味わえる。
 今はその名を聞くことはないが、当時はそれなりの名声を博していたはずである。



<2017/12/8 紹介新譜>


アンドレ・レヴィ/リサイタル集


BURG 1007
\1800
ゴダール:ジョスランの子守唄
サン=サーンス:白鳥
ショパン:悲歌
グリーグ:ソルヴェーグの歌
マスネ:月光
オッフェンバック:ホフマンの舟歌
リスト:愛の夢
ロシア民謡 ヴォルガの舟歌
  全8曲
(7inch  Lumen LD1432/3     1950年代後期録音)
(チェロ) アンドレ・レヴィ
(ピアノ) アンドレ・コラール
7inch ルーメン盤 アンドレ・レヴィのリサイタル集

フランスで活躍した知る人ぞ知る名チェリスト、アンドレ・レヴィは雄弁に歌い上げるチェリストで、個性的な歌い回しは一度聴いたら虜になってしまいます。

<2017/11/10 紹介新譜>


 フェルナン・カラジェ(Fl) の芸術


 フランスのフルーティスト、フェルナン・カラジェ(カラジュ)。

 50年代、60年代に活躍したフランスのフルーティスト。
 コンセール・ラムルーやオペラ=コミック座で活動、大フルーティスト、ガストン・クリュネルのアシスタントとして多くの若手の指導に当たり、のちにエコール・ノルマルでも教えた。
 ランパルや弟子のブルダンと比べると地味な存在だが、その心温まる誠実な演奏が、長い時間を経てもなお多くの音楽ファンの心を捉えてきた。


 そんなカラジェのバッハのフルート・ソナタの録音。
 なんでもフルート奏者が血眼になって求めている音源らしい。
 その中でもとくにひたむきでまっすぐなバッハの演奏は、長年の間にフルート奏者の間では伝説となっていたのである。

 実は今回この音源を知り合いのフルーティストに送って聴いてもらった。その人はカラジュのことをまったく知らなかったのであえて先入観を与えないように、何も言わずにCDを渡した。
 翌日彼女からメールが来た。

 「最初聴いた時は少し物足りない気がした。でも2、3度聴くうちに、あぁ、この人の演奏は安心するなぁと思った。なんというか...父親が静かに語っている感じ?そんな印象を受けました。人に媚びない演奏というか。
 昨日、実はちょっといやなことがあって気分が落ち込み気味でした。でもCD聴いてるうちにすっかり落ち着いて眠ってた。」

 それは、この演奏に対する素直な感想だと思う。


 そのカラジュの音源は現在ではほとんどCD化されていなかったのだが、今回HINDENBURGが計4枚分の音源を復刻。

 ちなみにカラジュには2つのバッハ録音があり、今回のものは2回目のもの。
 1回目のチェンバロはシャルボニエによるものらしく、そちらの評価も高い。


 そして今回の復刻の中ではモーツァルトも注目。
 優雅で繊細なオケの響きと、朴訥で自然体なカラージェ。これこそがフランスの粋というやつか。





BURG1004
\1800
バッハ:フルートと通奏低音のための協奏曲BWV.1044 (2つの演奏) (Fl) フェルナン・カラジェ
 (Vn) アンリ・メルケル
 (Harpsichord) エメ・ヴァン・ド・ヴィール
 ヘンリー・スウォボダ指揮
 コンサートホール弦楽オーケストラ
  (1950年代初期録音)  12inch concert Hall D-10
(Fl) フェルナン・カラジェ
 (Vn) ジョルジュ・アレ
 (Harpsichord) ルージェロ・ジェルリン
 ヴィクトル・デザルツェンス指揮
 パリ・フィルハーモニー  (1950年代後期録音)
  12inch LDX SP1531
ブラヴェ:フルート・ソナタOp.2-3 (Fl) フェルナン・カラジェ
 (Harpsichord) 二コール・ヘレン
  (1960年代録音) Private Tape
ボーナス
 レハール:オペレッタ「パガニーニ」より
 ヴァイオリン・ソロと管弦楽の一部
 (Vn) アンリ・メルケル
 デルヴォー指揮 管弦楽
   (1950年代中期録音) 12inch Decca FMT 133557
メルケルのレハール「パガニーニ」はコレしかない!フランス盤のみの音源
 

BURG1005
\1800
モーツァルト:フルート協奏曲第1番 第2番
J.S.バッハ:管弦楽組曲第2番 *
(Fl) フェルナン・カラジェ
ヴィクトル・デザルツェンス指揮
ローザンヌ室内管弦楽団
12inch LDX SP1529 1956年録音 パリ・フィルハーモニー *
12inch LDX SP1531 1950年代後期録音
 



BURG1006
(2CD−R)
\2900
J.S.バッハ:フルート・ソナタ集 Vol.1
 (BWV.1030,1031,1032,1033,1034,1035)
    12inch LDX A8171/2 1950年代後期録音
(Fl) フェルナン・カラジェ
(Harpsichord)ルジェロ・ジェルラン
J.S.バッハ:フルート・ソナタ集 Vol.2
フルート・ソナタBWV.1020
無伴奏フルート・ソナタBWV.1013
2本のフルート、チェロ、通奏低音のためのトリオ・ソナタBWV.1038
(Hapsichord) ルジェロ・ジェルラン
(第2Fl) ロジェ・ブルダン
(Vc) ジャクリーヌ・ウークラン
 12inch LDX A8171/2 195年代後期録音
テレマン:五重奏曲二長調 (Vn) ドミニク・ブロ
(Vla) フランシス・セラ
(Vc) ジャクリーヌ・ウークラン
(Harpsichord) クロード・クルサール
  78rpm HMV DB11137 1942年録音
全てフルートはフェルナン・カラジェ




<2017/10/20 紹介新譜>


シュタルケル/ベートーヴェン:チェロソナタ全集


 FORGOTTEN が復刻したことはあったが、ほかにこの全曲録音をCD化したところはあっただろうか。あまり記憶にない。

 シュタルケルのベートーヴェン「チェロ・ソナタ全集」。

 シュタルケルは3回全集録音を残しているらしく、ステレオではあのシェベック、そしてブッフビンダーと共演している。
 今回復刻されたのはモノラル期の1回目の録音。

 シュタルケルといえばコダーイ、そしてバッハがことに有名だが、ベートーヴェンはあまり話題にならない。これが1回目のモノラル録音となればなおさらである。だからほとんどCD化されずにここまで来たのだろう。

 評論家の寺西基之氏もこんなことを言っていた。

「彼の一切の無駄を排した剛毅な演奏は、常に曲の本質を見抜く。
およそ聴くものに媚びることのない、完璧な技巧を武器に作品にストレートに肉薄する真摯な姿勢。
あまりにも硬派すぎて無愛想に聴こえるかもしれない」

 これがシュタルケルのベートーヴェン。
 そしてこれがベートーヴェンの本質なのかもしれない。



 
BURG 1003
(2CD−R)
\2900
シュタルケル最初の
 ベートーヴェン:チェロソナタ全集
  第1、2、3、4、5番
(チェロ)ヤーノシュ・シュタルケル
(ピアノ)アバ・ボーギン 
1950年代初期録音 Momo 12inch period SPL 560&561



<2017/9/8 紹介新譜>


この人のモーツァルトを聴くと、他の人の演奏では聴けなくなるという
アレクサンドル・セリエ/モーツァルト:ピアノ協奏曲集
第9,14,27番、第13,15,18番






 この人のモーツァルトを聴くと、他の人の演奏では聴けなくなる、と言われる。

 アレクサンドル・セリエ。

 端正で優美。なにより自然。
 「何回聴いても飽きない」と言った人がいたが、飽きるなんてものじゃない、何回聴いても天国に連れて行ってくれる。

 音楽の神がモーツァルトを介して「真の美」を表現したのだとしたら、それをそのままこの世に顕現したのがこの人。
 モーツァルトの音楽に恣意を求めない、ただただあるがままの姿で聴きたければセリエの演奏を聴けばいい。

 ・・・ただ、その協奏曲録音は限られており、2つのレーベルから6曲が出ているだけ。
 しかもそうとうに入りにくい。
 今回HINDENBURGはそのすべてを復刻してきた。
 このアイテムからHINDENBURGの新しいシリーズが始まるらしい。


 アレクサンドル・セリエ。
 1924年生まれのフランス系ドイツ人。
 ギーゼキングやフィッシャー、ケンプに師事し、ザールブリュッケンの音楽学校で教えていたらしい。
 ただその演奏は「フランス的」とか「ドイツ的」というよりも、人間離れしていて、あえていうならやはり「天国的」、か。

 過度の期待を抱かず、さらりと風のように聴いてほしい。
 ふとした瞬間に、人生最上のモーツァルトが流れていることに気づくと思う。
.


BURG-1001
CD-R\1800
アレクサンドル・セリエ(P)
 モーツァルト:ピアノ協奏曲第9,14,27番

 (12inch Club National du Disque CND12&13)
アレクサンドル・セリエ(P)
カール・リステンパルト指揮
ザール室内管弦楽団
 

BURG-1002
CD-R\1800
アレクサンドル・セリエ(P)
 モーツァルト:ピアノ協奏曲第13,15,18番

 (12inch Club National du Disque CND12
  Lumen LD2-350s & 351s)
アレクサンドル・セリエ(P)
カール・リステンパルト指揮
ザール室内管弦楽団
 セリエのモーツァルト協奏曲正規録音はこれだけ。
 録音が極めて少ないので、アナログ盤は入手困難なお宝。フランスではとんでもない高値で中古盤が取引されている。(メーカーより)

 薄CDケース入り折り返しジャケ日本語表記付

 1950年代後期録音)MONO





アレクサンドル・セリエの貴重な独墺系アルバム
K.331は史上最高の名演という人が多い。

ARDMORE
ASS-082
\1390

アレクサンドル・セリエ (ピアノ)

バッハ:フランス組曲第6番ホ長調BWV.817
ハイドン:ソナタ二長調
ベートーヴェン:「11のバガテル」Op.119より(3曲)
ウェーバー:常動曲(ピアノ・ソナタOp.24より)
モーツァルト:ピアノ・ソナタ第11番イ長調Kv.331「トルコ行進曲付き」
シューマン:「飛翔」Op.12-2   「なぜ?」Op.12-3
ブラームス:狂詩曲ト短調Op.79−2

 12inch Club National du Disque CND48 - 1950年代中期録音MONO
アレクサンドル・セリエ (ピアノ)

 先日リリースされてピアノ・ファンを歓喜の渦に巻き込んだアレクサンドル・セリエの50年代のソロ録音。
 『ワルター・ギーゼキング友の会』の為に僅か100枚のみプレスされたLP。
 ギーゼキングはセリエについて「彼の演奏に耳を傾けるときはいつも本物の音楽を聴いているのだという至福に満たされる」と語っている。

 薄型ケース入り。ジャケ印刷とCD-R盤面印刷。
 

 セリエにはベートーヴェンのソナタの録音があるという。現在ARDMOREに調査依頼中。








ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2014 ARIA−CD.All rights reserved.08