クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


メルマガや別サイトから直接アクセスされた方は「検索」などの窓が表示されません。どこかのタイミングで改めてこちらのページへお入りください。(別ページで開きます)

注文フォームへ



第104号で特集したアルバム、残り5本のみ
音楽監督ジャン・ムイエール
ラ・ロッシュギュイヨン城マスタークラス 2010年度
教授陣と優秀受講生によるライヴ
2CD\3000






 「104号大型特集」でご紹介したアイテム。

 ピアノの金子陽子の原稿がメルキュールデザール誌2月号に掲載されました。
http://mercuredesarts.com/2020/02/14/special-ma-france-et-mes-resonances-lessence-de-la-musique-de-chambre-kaneko/

 ヴァイオリンのジャン・ムイエールとピアノのジャン・ユボーという二人の大家についての面白いエピソードなどが載ってます。



////////////////////////////

 バロック・チェロの帝王、コワンが生み出したLABORIEレーベル。
 一時期店主がはまってずっと抜け出せないでいた名レーベル。

 ところが現在は活動停止、多くの魅力的なアルバムも入手困難になってしまった。

 それはそれとして・・・そのなかに「忘れ去られた作曲家ヨハン・ベンヤミン・グロス作品集」というアルバムがあったのだが、そこでコワンとデュオを組んでいたのが日本の誇る鍵盤奏者金子陽子氏。


 で、彼女について調べていて、偶然見つけたのが今回のCD。
 アリアCDの店主、強引に金子陽子氏にメールしてこのCDを取り寄せようという訳なのだが・・・


 案外こういうアルバムがすごかったりするのではないか。


 これは、金子氏も教授陣に名を連ねるラ・ロッシュ・ギュイオンの名城でのマスター・クラスによるライヴ・アルバム。
 モネの家のあるジヴェルニーに近い、壮大で美しいラ・ロッシュ・ギュイオンという名城でのマスター・クラス・・・なんともヨーロッパ的な!
 その教授陣と生徒が残したライヴ音源。

「若い世代と師匠ムイエール氏との熱気の入った演奏が私も個人的に気にいっています。」金子陽子氏
「手を加えすぎた市販のCDよりも、こうした演奏のほうが熱い気持ちが伝わってくるのではないかと思っています。」店主





 そのラ・ロッシュ・ギュイオンのマスター・クラスで音楽監督を務めるのがジャン・ムイエール。
 ジャン・ムイエールは、1941年生まれのフランスのヴァイオリン奏者。

 パリ音楽院にてローラン・シャルミーにヴァイオリン、ジョゼフ・カルヴェに室内楽を学ぶ。1960年にプルミエ・プリを得て音楽院を卒業し、パリ音楽院管弦楽団のコンサートマスターに抜擢される。
 1980年から2006年まで母校のパリ音楽院で教鞭をとり、退官後はエコール・ノルマル音楽院の教授となった。

 パリ音楽院管弦楽団は1960年から1967年まで実質的にはクリュイタンスが首席指揮者として活動しており、ジャン・ムイエールもそこで研鑽を積んだと思われる。
 1964年にパリ音楽院管弦楽団は最初で最後の日本訪問を行ったが、その来日公演は日本の音楽関係者を震撼させ、「あまりの素晴らしさに、日本のオケに絶望すら感じさせた」という。
 そこでコンマスを務めたのもジャン・ムイエールなのか。
 

 今回のアルバムは、そんなムイエールも参加した貴重な録音を含む、マスタークラスの教授と生徒によるライヴ。
 会場はラ・ロッシュギュイヨン城はもちろん、村の教会なども多く含まれる。
 そんな宝物のようなアルバムをほうっておくわけにはいかない。
 アリアCDの店主、金子陽子氏から取り寄せようという訳である。

 ただ・・・事情があって取り寄せは今回限りになると思われる。

 締め切りは1/19(日)。
 在庫は10本。注文数が上回った場合は抽選となります。


******************

金子陽子

 桐朋学園、後にパリ国立高等音楽院に進む。
 フランス政府給費留学生に選ばれ、数年の予定でパリに滞在することになったが、・・・結局永住することに。
 ジェルメーヌ・ムニエ、ミッシェル・ベロフ、イヴォンヌ・ロリオ・メシアン、ジャン・ムイエール、メナへム・プレスラー、ジャン・ユボー、ジョルジ・クルターク、そしてピリオド楽器では有田正広、ジョス・ファン・インマゼール・・・そんなとんでもない師匠をもつ。



live de La Roche Guyon
(2CD)\3000

ラ・ロッシュギュイヨン城マスタークラス2010年度
 教授陣と優秀受講生によるライヴ録音


CD1
シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ ギヨーム・エフレール (チェロ)
金子陽子 (ピアノ)
 (パリ・オタイユ教会)
シューベルト: ピアノ五重奏曲「鱒」 中村ゆか里 (ヴァイオリン)
加納明美 (ヴィオラ)
ギヨーム・エフレール (チェロ)
フロロンタン・ギノ (コントラバス)
金子陽子 (ピアノ)
 (パリ・オタイユ教会)
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲より終楽章 中村ゆか里 (ヴァイオリン )
金子陽子 (ピアノ)
(ラ・ロッシュギュイヨン城)
パガニーニ :モーゼの主題による変奏曲 フロロンタン・ギノ (コントラバス)
金子陽子 (ピアノ)
 (サンマルタン・ラ・ギャレンヌ村の教会)

CD2
シューマン: ピアノ四重奏曲 作品47変ホ長調 ジャン・ムイエール (ヴァイオリン)
アドリアン・ボワソー (ヴィオラ)
ギヨーム・エフレール (チェロ)
金子陽子 (ピアノ)
 (パリ・オタイユ教会)
シューベルト:弦楽五重奏曲より第一楽章 高橋聡子、依田幸司 (ヴァイオリン )
加納明美 (ヴィオラ)
アドリアン・ショソン、ギヨーム・エフレール (チェロ)
 (ヴェトイユ村の教会)
ショーソン: 詩曲 高橋聡子 (ヴァイオリン)
金子陽子 (ピアノ)
 (サンマルタン・ラ・ギャレンヌ村の教会)
グリエール :前奏曲とスケルツオ フェリシー・バゼレール (コントラバス)
金子陽子 (ピアノ)
 (サンマルタン・ラ・ギャレンヌ村の教会)
ヘンデル:2台のヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ シリル・ラシェーズ、依田幸司(ヴァイオリン)
ジャン・クリストフ・デルフォルジュ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
 (ヴェトイユ村の教会)
録音:フレデリック・ムイエール




ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2019 ARIA−CD.All rights reserved.