クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ




残り2枚
LSO LIVE
意外に聴いたことがないこの世紀の傑作をこの機会に
ゲルギエフ(指揮)&ロンドン響
  ベルリオーズ:劇的交響曲「ロメオとジュリエット」
LSO 0762(2SACD HYBRID)
\4200→\1690


 幻想交響曲は聴いたことがあるが、「ロメオとジュリエット」はあまり聴かない。
 ・・・という音楽ファンは案外多い。

 その長大さと編成の大規模さ、そしてワーグナーが「今世紀における最も美しいフレーズ」と評しつつ、同時に「全く素晴らしい旋律の間に屑の山が積みあげられている」と貶めた、どことなく雑多な複雑さがこの曲に近寄ることをはばからせる。

 しかしこの曲、そういうことを差し引いても、破壊的で悪魔的な魅力をもつ。
 音楽史に残る野心家が提示した、「第9」以降に存在しうる交響曲の最終形態。

 こんな破天荒で面白い作品を楽しまないでいるのはあまりにも惜しい。

 ということで今回超特価で紹介するのがゲルギエフとロンドン響によるディスク。
 この誇大妄想狂的にでかい作品を、この指揮者なら大魚を料理する名シェフのごとく鮮やかにダイナミックに描いてくれます。




LSO 0762
(2SACD HYBRID)
\4200→\1690
シェイクスピア歿後400年企画
 ゲルギエフ(指揮)&ロンドン響

  ベルリオーズ:
   劇的交響曲「ロメオとジュリエット」Op.17
ワレリー・ゲルギエフ(指揮)
ロンドン交響楽団
ギルドホール・スクール・シンガーズ
オリガ・ボロディナ(メゾソプラノ)
ケネス・ターヴァー(テノール)
エフゲニー・ニキーチン(バス・バリトン)
 シェイクスピア歿後400年企画。10月に東京でも上演予定の「ロメオとジュリエット」

 録音:2013 年11 月6、13 日/バービカン・ホール(ライヴ)/90’ 25”、DSD 128fs、Audio 2.0 Stereo、Multi-channel 5.1

 SACDハイブリッド盤。

 ゲルギエフとロンドン交響楽団は2013年10月31日から11月17日にかけてベルリオーズの管弦楽曲を網羅的に上演、「幻想交響曲」、「イタリアのハロルド」は大きな話題となりました。
 そして登場したのが第3 弾、劇的交響曲「ロメオとジュリエット」。

 交響曲の規模を拡大し、声楽まで動員した90 分を要するマーラーの先取を思わせる超大作。
 オーケストレーションも凝りに凝り、これ以上ゲルギエフ向きの作品は珍しいと申せましょう。
 劇的交響曲「ロメオとジュリエット」は1838 年、失意の中にいたベルリーズに、パガニーニが勇気を与えた結果生まれた作品といわれています。
 印象的なメロディも多く聴かせどころも多い作品で、ベルリオーズの最高傑作と評する向きもあります。

 ゲルギエフは、チャイコフスキー、プロコフィエフが同じ題材で音楽化した作品の素晴らしい録音を残していますが、ベルリオーズは自身好きな作曲家として高く評価しているだけにその成果は目を見張るものがあります。
 







ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2019 ARIA−CD.All rights reserved.