クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ





CAPRICCIO
ネヴィル・マリナー、2つのボックス
★「シュトゥットガルト放送交響楽団」(15CD)
★「アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ」(14CD)
各\5500→\2990
〜2/23(日)


 
 2016年に惜しまれつつ亡くなったサー・ネヴィル・マリナーが、Capriccioレーベルに残した一連の録音を集めた2つのBOXセット。

 ひとつは「シュトゥットガルト放送交響楽団録音集」15枚組。
 ベートーヴェンの序曲集、シューマンの交響曲全集、マーラーの交響曲第4番(白井光子)、ガーシュウィン、バーンスイタインまで盛りだくさん。

 もうひとつは「アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ録音集」14枚組。
 こちらはパーセルやボイスに始まり、メンデルスゾーン序曲集、「マンフレッド」を含むチャイコフスキー交響曲全集、ドヴォルザーク後期交響曲集、とこちらも魅力たっぷり。





C7230
(15CD)
\5500→\2990

ネヴィル・マリナー
 シュトゥットガルト放送交響楽団録音集

    録音 1980-1994年

【CD1】
 ベートーヴェン(1770-1827):
  1.歌劇「フィデリオ」 Op.72-序曲/
  2.「コリオラン」序曲 ハ短調 Op.62
  3.「アテネの廃墟」Op.113 序曲/
  4.「シュテファン王」Op.117 序曲
  5.序曲 ハ長調 「命名祝日」 Op.115/
  6.献堂式序曲 Op.124
  7.「レオノーレ序曲」 第1番 ハ長調 Op.138
【CD2】
 ベートーヴェン:
  1.「レオノーレ序曲」 第2番  Op.72a
  2.「エグモント」序曲 Op.84
  3-8.バレエ音楽「プロメテウスの創造物」Op.43(抜粋)
  9.「レオノーレ序曲」 第3番 Op.72b
【CD3】
 シューマン(1810-1856):
  1-4.交響曲 第1番 変ロ長調「春」Op.38
  5-8.交響曲 第2番 ハ長調 Op.61
【CD4】
 シューマン:
  1-5.交響曲 第3番 変ホ長調「ライン」Op.98
  6-9.交響曲 第4番 ニ短調 Op.120
【CD5】
 シューマン:
  1-3.交響曲 ト短調「ツヴィッカウ」Anhang A3
  4-6.序曲、スケルツォと終曲 Op.52
【CD6】
 チャイコフスキー(1840-1893):
  1-6.組曲 第1番 ニ長調 Op.43
  7-11.組曲 第2番 ハ長調 Op.53
【CD7】
 チャイコフスキー:
  1-4.組曲 第3番 ト長調 Op.55
  5-8.組曲 第4番 ト長調「モーツァルティアーナ」Op.61
【CD8】
 1ー4.マーラー(1860-1911):交響曲 第4番 ト長調
  白井光子(ソプラノ)
【CD9】
 リヒャルト・シュトラウス(1860-1911):
  1.交響詩「ドン・ファン」Op.20 TrV 156
  2.歌劇《カプリッチョ》Op.85 TrV 279-序曲
  3.歌劇《ばらの騎士》管弦楽組曲 Op.59 TrV 227
【CD10】
 リヒャルト・シュトラウス:
  1.交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」Op.28 TrV 171
  2.メタモルフォーゼン TrV 290
【CD11】
 ラフマニノフ(1873-1943):
  1-4.交響曲 第2番 ホ短調 Op.27
  5.ヴォカリーズ Op.34-14(管弦楽版)
【CD12】
 バルトーク(1881-1945):
  1.バレエ音楽「中国の不思議な役人」BB82-序曲
  2-7.舞踊組曲 BB86a
  8-11.弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 BB114
【CD13】
 1-3.オネゲル(1892-1955):交響曲 第3番「典礼風」
 4-6.ブリテン(1913-1976):シンフォニア・ダ・レクイエム Op.20
 7-9.ブリテン:シンフォニエッタ Op.1
【CD14】
 ガーシュウィン(1898-1937)
  1.ラプソディ・イン・ブルー
  2.パリのアメリカ人/3-5.ピアノ協奏曲 ヘ調
   セシル・ウーセ(ピアノ)…1.3-5
【CD15】
 1.ガーシュウィン:歌劇「ポーギーとベス」(抜粋)(管弦楽編)
 2.バーバー(1910-1981):メディアの瞑想と復讐の踊り Op. 23a
 3.コープランド(1900-1990):エル・サロン・メヒコ
 4-10.バーンスタイン(1918-1990):バレエ音楽「ファンシー・フリー」組曲(抜粋)
 11.バーンスタイン:ウェスト・サイド・ストーリー(抜粋)(管弦楽編)
ネヴィル・マリナー(指揮)
シュトゥットガルト放送交響楽団

 イギリスの名指揮者ネヴィル・マリナー(1924-2016)。1959年にアカデミー室内管弦楽団を結成し、指揮者を務めた他、世界各国で指揮活動を行い、1985年にはナイトの称号を授与されました。
 マリナーは1983年から1989年までシュトゥットガルト放送交響楽団の首席指揮者を務めており、前任者チェリビダッケの築いた伝統を継承しつつも、柔軟性と敏捷性を加えたことが評価されています。
 またレパートリーの拡大にも務め、チェリビダッケ時代には演奏されなかったリヒャルト・シュトラウスやマーラーなどの後期ロマン派作品や、イギリス、アメリカ近代音楽なども取り上げました。
 この15枚組にはマリナーとシュトゥットガルト放送交響楽団の1980年から1994年にかけての名演が収録されています。

  録音 1980-1994年





C7250
(14CD)
\5500→\2990
サー・ネヴィル・マリナー&
 アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ
  ザ・ロンドン・レコーディングス

      録音:1990-95年

【CD1】ヘンリー・パーセル(1659頃-1695):歌劇からの組曲集
 ・妖精の女王
 ・予言者 またはダイオクリージャンの物語
 ・アーサー王 またはイギリスの偉人
 ・インドの女王〜第2幕のシンフォニー

【CD2】ウイリアム・ボイス(1710-79):8つの交響曲(シンフォニー) Op.2
 ・交響曲第5番 ニ長調 『聖セシリアの祝日のためのオード』
 ・交響曲第1番 変ロ長調 『新年のオード』
 ・交響曲第6番 ヘ長調 『ソロモン』
 ・交響曲第3番 ハ長調 『花冠』
 ・交響曲第7番 変ロ長調 『ピューティアのためのオード』
 ・交響曲第2番 イ長調 『ジョージ二世の誕生日のためのオード』
 ・交響曲第4番 ヘ長調 『羊飼いの運命』
 ・交響曲第8番 ニ短調 『ウースター序曲』

【CD3】フェリックス・メンデルスゾーン(1809-47):序曲集
 ・序曲 ハ長調「トランペット」 Op.101
 ・オラトリオ「聖パウロ」 Op.36 序曲
 ・序曲 「ルイ・ブラス」 Op.95
 ・歌劇「異国からの帰郷」 Op.89 序曲
 ・歌劇「カマチョの結婚」 Op.10 序曲
 ・管楽のための序曲 ハ長調 Op.22
 ・序曲「美しいメルジーネの物語」 Op.32
 ・序曲「静かな海と楽しい航海」 Op.27

【CD4】アドルフ・シャルル・アダン(1803-56):「ジゼル」(抜粋)

【CD5】ジュール・マスネ(1842-1912):バレエ組曲集
 ・歌劇『ル・シッド』からバレエ組曲
 ・歌劇『サンドリヨン(シンデレラ)』からバレエ組曲
 ・歌劇『タイス』からバレエ組曲

【CD6】エドワード・エルガー(1857-1934):
 ・エニグマ変奏曲 Op.36
 ・子供の魔法の杖 組曲第1番 Op.1a
 ・子供の魔法の杖 組曲第2番 Op.1b

【CD7,8】アントニン ドヴォルザーク(1841-1904):
 ・交響曲第7番 ニ短調 Op.70
 ・交響曲第8番 ト長調 Op.88
 ・交響曲第9番 ホ短調「新世界より」 Op.95
 ・序曲「謝肉祭」 Op.92
 ・序曲「オセロ」 Op.93

【CD9-14】ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(1840-93):
 ・交響曲第1番 ト短調「冬の日の幻想」 Op.13
 ・交響曲第2番 ハ短調「小ロシア」 Op.17
 ・交響曲第3番 ニ長調「ポーランド」 Op.29
 ・交響曲第4番 ヘ短調 Op.36
 ・交響曲第5番 ホ短調 Op.64
 ・交響曲第6番 ロ短調「悲愴」 Op.74
 ・マンフレッド交響曲 Op.58
 ・イタリア奇想曲 Op.45
 ・序曲「1812年」 Op.49
 ・フランチェスカ・ダ・リミニ Op.32
サー・ネヴィル・マリナー(指揮)
アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ
(アカデミー室内管弦楽団)

 今回集められたのは、1958年に自ら創設した「アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ」との録音。
 活動の初期にはバロックから古典を主なレパートリーとしていた彼らですが、徐々に守備範囲を広げていき、ここに集められた1990年代にはロマン派までを手中に収めていました。

 パーセルやボイスはお得意の様式であるうえに、自国が誇る作曲家に敬意を持って大切に歌い上げられ、メンデルスゾーンもまた、なめらかなオーケストラ表現を得意とするマリナーにはうってつけのレパートリーです。
 バレエで聴かせる軽やか表現も素晴らしいもの。注目は、比較的少人数の弦をすっきりと鳴らした見通しの良いチャイコフスキーで、独自のテクスチャの面白さに夢中になる人が続出しました。
 今回「マンフレッド」を含む交響曲全集として復刻されるのはたいへん嬉しいところ。ドヴォルザークもまた聴きごたえのある演奏です。


  録音:1990-95年 Remastered by Roland Ruble, Classic Sound Studio, Stuttgart





ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2018 ARIA−CD.All rights reserved.08