クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


メルマガや別サイトから直接アクセスされた方は「検索」などの窓が表示されません。どこかのタイミングで改めてこちらのページへお入りください。(別ページで開きます)

注文フォームへ



ほとんど知られていない、しかしすごい
アダム・フィッシャーの2回目のハイドン3つの録音
(SACD Hybrid)\2500→\1990
〜7/7(火)午前9時


 いまやハイドンの交響曲全集セットの定番中の定番となったアダム・フィッシャーのBRILLIANTの大型ボックス。
 そのリリースにはアリアCDの店主が絡んでいたりするのだが、その金字塔的一大録音があまりにもすごすぎて、その後再録音されたMD+G盤のほうはほとんど知られていない。
 当時としてはまだ珍しいSACD Hybridでの発売であり、しかも第1弾は権威あるエコー・クラシック賞を受賞したにもかかわらず。
 そんな録音があったのかと今初めて知った方も多いと思う。

 オケも同じオーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団ということで、まるで大全集をそっくりそのまま再現するかのようなこのチクルス、残念ながら2度目の大全集とはならなかったが、MD+Gの超高級音質、そしてあのモーツァルトの交響曲録音を髣髴とさせる古楽器系鮮烈演奏、と聴きどころは多い。というか聴きどころしかない。

 そんな見逃し厳禁の3アイテムが今回期間限定ながら特価に。
 今からでも遅くはないのでぜひご視聴あれ。



901 13256
(SACD Hybrid)
\2500→\1990
ハイドン:
 交響曲第92番 ト長調 「オックスフォード」
 交響曲第94番 ト長調 「驚愕」
 「報いられた真心」序曲
アダム・フィッシャー指揮
オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団
権威あるエコー・クラシック賞を受賞した第1弾。しかしほとんど話題にならなかった。
2004年9月20,21日 グラーツ、シュテファニエンザール ライヴ

901 14526
(SACD Hybrid)
\2500→\1990
ハイドン:
 交響曲第97番 ハ長調
 序曲「哲学者の魂 またはオルフェオとエイリディーチェ」
 交響曲第102番 変ロ長調
オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団
指揮:アダム・フィッシャー
2006年9月14-17日 アイゼンシュタット、エステルハージ宮殿ハイドンザール セッション

901 14416
(SACD Hybrid)
\2500→\1990
ハイドン:
 歌劇「無人島」序曲 Hob.XXVIII-9
 交響曲 第88番ト長調「V字」
 交響曲 第101番ニ長調「時計」
オーストリア・ハンガリー・ハイドン管
アダム・フィッシャー指揮
2006年9月 



*******************************************************


BRILLIANTの大全集
万一入手困難でしたらご容赦を
Haydn: Symphonies Nos. 1 - 104  (complete)
BRL 99925 
(33CD)
¥9000
ハイドン:交響曲全集 アダム・フィッシャー指揮
オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団

 アダム・フィッシャーのハイドン交響曲全集。
 オーケストラはオーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団。
 これはウィーン・フィル、ウィーン響、ハンガリー国響、ブダペスト・フィルなどのメンバーによるこの録音のためだけのオーケストラである。なんともぜいたくな。
 アダム・フィッシャーが言うところでは「使用楽器ではなく、演奏家が重要」ということで、時代楽器うんぬんよりもハイドンに関係のある地の演奏家たちを集めることがこのプロジェクトの最大のポイントだった。そうして選ばれたハイドン演奏の名手達が、アイゼンシュタットのエステルハーツィ宮殿ハイドン・ザールで一堂に会して録音したというのだから、まさしくこれ以上ない演奏環境。はじめの頃はゲルハルト・ヘッツェルがリーダーだったということも、このプロジェクトの重要性を物語る。

 録音も後半に進むにつれて抜群によくなっていくなど、長い年月と多くの人の手を必要としながらはぐくまれた、なんともヨーロッパ的な音楽全集なのである。

 1987〜2001年デジタル録音。



 NIMBUSレーベル最高のベストセラー・シリーズであるアダム・フィッシャーのハイドン・チクルス。数年かけて完成まであと第2巻を残すのみというところまでこぎつけていた。ところがその最終巻を待たずして当のNIMBUSが倒産してしまった。しかし録音自体は終了しているという。そこで日本の辣腕ディレクターを通してブリリアント・レーベルに要請、NIMBUSレーベル音源の獲得に動いてもらった。丁度ブリリアントのプロデューサーとそのディレクターが直接会う機会があるという幸運も重なり、そのときそのCD化について強く推し進めてもらった。その結果誕生したのがこの全集セット。その後NIMBUSは復活したが、結局大全集はこのBRILLIANTからのリリースと相成った。





ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2020 ARIA−CD.All rights reserved.08