クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ




「未完成」を発掘・初演した男が残した知られざる「オルガン・シンフォニー」・・・
ヨハン・ヘルベック:交響曲第4番 ニ短調





 特別装丁のブックレットなので再プレスの可能性はきわめて低いと見ました。
 この珍しい作曲家の傑作アルバム、もしよろしければ今のうちにどうぞ。
 

 ヨハン・ヘルベックは1831年ウィーン生まれの作曲家。
 ウィーン大学で哲学と法学を学んでいたらしいが音楽家に転身、ほとんど独学で音楽を修めた。
 その後ウィーン音楽院教授、ウィーン楽友協会指揮者を経て、ウィーン宮廷歌劇場総監督に就任したというから才能があったのだろう。

 そんなヘルベックの最大の功績は、シューベルトの「未完成」交響曲を40数年ぶりに発見し初演したこと。
 その他にもブラームスの『ドイツ・レクイエム』の一部初演、ワーグナーの『ニュルンベルクのマイスタージンガー』ウィーン初演などにも携わるなどウィーン楽壇の寵児として活躍したらしく、死後オーストリア王室より勲三等に叙されるとともに騎士爵を追贈され、「ヨハン・リッター・フォン・ヘルベック 」となった。

 さて、そのヘルベック、実はいくつかの大作を残している。
 CDまでリリースされているものは少ないが、そのなかで注目すべきは今回の2つのオーケストラ作品。

 ヘルベックが生まれたのは1831年。そうブラームスよりも2つ年上。だからその作品には、独墺のロマンティックな重厚さを期待していい。
 とくに交響曲第4番はオルガンが華やかにそして厳粛に作品を彩る。
 あのサン=サーンスの名曲よりも数十年も前にこれだけの「オルガン・シンフォニー」が存在していた。

 歴史を覆す傑作とまでいうつもりはないが、あの「未完成」を発掘・初演した男が残した知られざる「オルガン・シンフォニー」・・・

 聴いてみたいと思いませんか?
 



NCA
60150215
(SACD Hybrid)
\2400→\2190
ヨハン・ヘルベック:
 交響曲第4番 ニ短調 Op. 20(オルガン交響曲)
 交響的変奏曲
マルティン・ハーゼルベック(指揮)
イレーネ・ペロ(オルガン)
ハンブルグ交響楽団
2005年1月26-28日。ハンブルク。



 NCAらしい豪華&優雅なブックレットも魅力的です。








ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2017 ARIA−CD.All rights reserved.