クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ



破格です!
OEHMS 3つのブルックナー交響曲全集
超特価!!!
スクロヴァチェフスキとヤングは各12枚組¥2590!
ボルトン9枚組はなんと¥1690!
〜11/25(日)


 何も申し上げることはございません。
 年末に向けてのOEHMS発狂セール。
 この仕事をやっているとときおり「こんなことやって大丈夫か」というようなセールに出くわすが、今回のもまさにそれ。
 大丈夫なんでしょうか。

 締め切りはありますが、現地在庫が完売したら終わりとなります。
 「それぞれ残り100セットくらいはある」とか言ってますが、締め切りまでもつんでしょうかね・・・。





OC025
(12CD)
\10000→\2590

ブルックナー:交響曲全集/スクロヴァチェフスキ

<CD1>
 交響曲 ヘ短調「習作」/序曲 ト短調(録音 2001年3月6-10日)/
<CD2>
 交響曲 第0番/弦楽四重奏曲 ヘ長調-アダージョ
   (録音 1999年3月22-25日)/
<CD3>
 交響曲 第1番 ハ短調(録音 1995年6月13-18日)/
<CD4> 
 交響曲 第2番 ハ短調(録音 1995年6月13-18日)/
<CD5>
 交響曲 第3番 ニ短調(録音 1996年10月)/
<CD6>
 交響曲 第4番 変ホ長調「ロマンティック」(録音 1998年10月25-28日)/
<CD7>
 交響曲 第5番 変ロ長調(録音 1996年5月31日-6月3日)/
<CD8>
 交響曲 第6番 イ長調(録音 1997年3月3-4日)/
<CD9>
 交響曲 第7番 ホ長調(録音 1991年9月27.29日)/
<CD10&11>
 交響曲 第8番 ハ短調(録音 1993年10月8.9日)/
<CD12>
 交響曲 第9番 ニ長調(録音 2001年1月12-18日)
ザールブリュッケン放送交響楽団/
スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ(指揮)

 定評あるスクロヴァチェフスキのブルックナー(1824-1896)交響曲全集。
 緊張感に満ちたフレーズ、うねる低音域、そして計算され尽したフォルムと、どの曲も正統派でありながら、聴くたびに新しい発見があるのが、スクロヴァチェフスキの創り出す音楽です。
 これからブルックナーを聴いてみようと考えている人にもぜひオススメしたい全集です。





OC026
(12CD)
\7000→\2590

シモーネ・ヤング指揮&ハンブルク・フィル
 ブルックナー:交響曲全集


CD1…OC686
 1-4.交響曲 ヘ短調「習作」 WAB99
  録音 2013年2月22-26日
CD2…OC685
 1-4.交響曲 第0番 ニ短調 WAB100
  録音 2012年5月20-21日
CD3…OC633
 1-4.交響曲 第1番 ハ短調 WAB101
  録音 2010年1月
CD4…OC6814
 1-4.交響曲 第2番 ハ短調 WAB102
  録音 2006年3月12-13日
CD5…OC624
 1-4.交響曲 第3番 ニ短調 WAB103
  録音 2006年10月14-16日
CD6…OC629
 1-4.交響曲 第4番 変ホ長調「ロマンティック」WAB104
  録音 2007年12月1-3日
CD7…OC689
 1-4.交響曲 第5番 変ロ長調 WAB105
  録音 2015年3月1-2日
CD8…OC687
 1-4.交響曲 第6番 イ長調 WAB106
  録音 2013年12月14-16日
CD9…OC688
 1-4.交響曲 第7番 ホ長調 WAB107
  録音 2014年8月29日,30日
CD10…OC638
 1-2.交響曲 第8番 ハ短調 WAB108
  (第1楽章,第2楽章)
CD11.
 1-2.交響曲 第8番 ハ短調 WAB108
  (第3楽章,第4楽章)
  録音 2008年12月14-15日
CD12…OC693
 1-3.交響曲 第9番 ニ短調 WAB109
  録音 2014年10月25-27日
シモーネ・ヤング指揮
ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団
 
日本では「ブルックナーは女性に人気がない=女性にはブルックナーを理解するのが難しい」というのが定説であり、演奏会場でも公演曲目がブルックナーの場合は、聴衆のほとんどが男性という状況の中、このシドニー出身の女性指揮者、シモーネ・ヤングのブルックナーは新譜が出る毎に、素晴らしい評価を得てきました。
 もともと歌劇場で鍛錬を積んできたヤングが得意とする作曲家はワーグナーやマーラー、そしてブルックナーなど後期ロマン派を代表する人たちであり、このブルックナー全集における、新鮮な音響と溢れる歌心、スケールの大きな解釈は他に類を見ません。初期の作品では異稿版も積極に取り上げ、後期の作品では緻密な構成と壮大な響きを生かした演奏は、BOX化が待たれていたものです。

【シモーネ・ヤング】
 オーストラリア出身。シドニーの音楽院で作曲、指揮、ピアノを学び、1985年にシドニー・オペラ・ハウスで指揮者デビュー。ドイツに留学後はケルン歌劇場でジェームズ・コンロン、ベルリン国立歌劇場ではバレンボイムに師事し、1993年には遂にウィーン国立歌劇場にデビュー。日本には1997年に初来日して以来、何度も演奏会を行っています。2016年11月末にも来日が予定されています。
 OEHMSレーベルには、彼女が得意とする作曲家たち、ワーグナーの「指環」全曲、マーラーの交響曲、そして今回のブルックナーの交響曲全集他、数多くの録音があります。





OC031
(9CD)
\3600→\1690
完売
アイヴォー・ボルトン(指揮)&ザルツブルク・モーツァルテウム管
 ブルックナー(1824-1896):交響曲全集(第1番-第9番

  第9番は1894年初稿(ノヴァーク版)
   ベンヤミン=グンナー・コールス補筆による4楽章完成版
アイヴォー・ボルトン(指揮)
ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団

 スクロヴァチェフスキ、ヤングに次ぐ「OEHMSレーベル:ブルックナー・ツィクルス」の第3集はイギリスの指揮者アイヴォー・ボルトンが指揮したザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の演奏。
 1982年からグラインドボーン音楽祭の指揮者を務めるとともに、1984年からはピリオド楽器を使用したセント・ジェイムズ・バロック・プレイヤーズを結成したボルトン。
 現代から古楽まで幅広いレパートリーを有しており、このブルックナーの演奏も、ピリオド奏法を取り入れた軽やかで透明感ある響きが特徴的。従来のような重厚な響きを重んじる聴き手の耳にも新鮮な風を送り込んだことで知られる演奏です。







ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2018 ARIA−CD.All rights reserved.08