クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ

. 



これだけは聴いておいた方がいい「名演奏家ライヴCD-R」第19弾

発狂する宇宙
マゼール&バイエルン放送響
ホルスト:組曲「惑星」
RIT 5009


 あのマーラーやベト7のような、マゼールの異常演奏を見つけてきたのか・・・そう思われているかもしれない。

 そのとおりです。

 マゼール&バイエルン放送響のホルストの組曲「惑星」。

 史上最速のベト7終楽章をやってのけたマゼール・・・ここでは店主が把握する限り超遅の「惑星」を展開。

 規範と言っていいボールトの最後の録音(1979年)よりも全体で10分近く遅い。
 超重量級演奏で知られるスヴェトラーノフの2つの録音よりさらに2分遅い。

 もう、のっけから遅い。
 「火星」。
 とくにその最後。普通そこまで引っ張らないだろうというくらい引っ張って、もうそろそろやめるだろうと思うのにやめない。
 痺れを切らした管楽器が終わろうとしたら、マゼールが「何勝手に終わろうとしとんじゃ、まだまだじゃ」といってそこからさらに引っ張る。

 「土星」。
 遅い、とかいう問題じゃなく、すでにそれは「発狂した宇宙」。
 異常。
 マゼールが一体どういう宇宙観を抱いているのかその頭を見てみたい。


 ただ、そんな変態的演奏なのだが、何度か聴いているうちに(「何度も聴くな」と言われそうですが)印象が変わってきた。
 とくに超重量級「木星」を聴いていて思った。

 このマゼールの「惑星」は、間違いなくクラシック音楽。
 交響曲か交響詩。
 映画音楽ではない。
 間違っても歌謡曲ではない。

 ブルックナーやブラームス、マーラーと並べて聴いても遜色のない超重量級存在感のクラシック音楽。
 かっこよさやスリルやスピード感を追いかけるポップスとは違う。

 「この曲はクラシック音楽なのだ。」

 そう叫びながら汗飛び散らせて指揮しているマゼールの姿が見えてきたのである。


当録音 ボールト&LPO
第1曲 火星 - 戦争の神  09:39 08:02
第2曲 金星 - 平和の神  08:49 07:26
第3曲 水星 - 翼の神  04:17 03:48
第4曲 木星 - 快楽の神  08:18 07:59
第5曲 土星 - 老年の神  10:16 08:22
第6曲 天王星 - 魔術の神  06:29 06:27
第7曲 海王星 - 神秘の神  09:26 06:22




Ritardando
RIT 5009
\1490
ホルスト:組曲「惑星」 マゼール指揮
バイエルン放送響
2000年代のライヴ 世界初出






ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2015-2017 ARIA−CD.All rights reserved.