クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ

. 



これだけは聴いておいた方がいい「名演奏家ライヴCD-R」第14弾

テンシュテット&ロンドン・フィル、2つの「第9」


 お待たせしました、ようやく登場です。



1985年9月13日の「第9」

RARE MOTH
RM 400-S
\1700→\1490
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 ヘガンデル(S)
ティアー(T)
テンシュテット指揮
ロンドン・フィル

 テンシュテットの第九。
 1985年9月13日、ロイヤル・アルバート・ホールでの録音。
 まさに凄絶の一語に尽きる超名演。
 その後のテンシュテット伝説の魁となった1枚。

 テンシュテットが喉頭ガンの告知を受けロンドン・フィルの首席指揮者を辞する直前のライヴ。

 蝕む病魔と戦いながらの指揮と考えれば、その異常なまでの集中度の高さも納得いく。
 テンシュテットの第9にはさらに1991.8.31の壮絶極まりない常軌を逸したライヴがあるが、派手めのアゴーギグという点ではこの1985年盤のほうが上かもしれない。
 ロンドン・フィルも多少の粗さを見せつつも、指揮者のオーラに包まれて異常な頑張りを見せる。

 音質はややヒスノイズが耳につき、音揺れもあるが、この名演を味わうのには支障が無い。

 後にBBCからもリリースされて大ベストセラーとなったのはご存知のとおり。(現在廃盤)


1991年8月31日「第9」

RARE MOTH
 RM 410-S
\1700→\1490
ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 イーグレン(Sp)
クールマン(Ms) 他
テンシュテット指揮
ロンドン・フィル
1991年8月31日、ロイヤル・アルバート・ホールでのライヴ。

 話題が話題を呼び、すさまじいベストセラーを記録した盤。
 EMIが正規発売することを検討していたが採算が取れないということでボツにした録音だったともいう。

 当時CD−Rとして過去最高の売上を記録しただけでなく、一般のCDも含めて2002年アリアCDのベストセラー第3位に食い込んだアルバム。
 評論家の許光俊氏が著書「クラシックCD名盤バトル」の中で第9について語り、「唯一テンシュテットとロンドン・フィルのライヴ盤だけが作曲家の妄執や狂気にふさわしい異常性を持っていると思う」と延べ、第1楽章については「疾風怒濤の荒れ狂い方からして常軌を逸している。技ではなく力づくで敵をなぎ倒しながら一直線に進んでいくような殺気には度肝を抜かれよう」、第2楽章については「テンポを上げていくときの追い込みもすごい。実際のテンポの変化はわずかでも、さながら力をこめた腕の血管が浮き出るような気味が悪いほどの緊迫感がある」、さらに終楽章は「独唱陣、合唱ひっくるめて火がついたような猛烈な熱演」と評した。

 実際の公演を聴いた許氏は演奏後テンシュテットはガッツポーズしていたらしい。

 この音楽史上最大の誇大妄想狂的作品をこれほどまでに真っ向から正面切って演奏しきった例は確かにないかもしれない。

 許氏はさらに最後にこう言っている。「見つけたら迷わず買うことだ」。








ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2015-2017 ARIA−CD.All rights reserved.