クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


メルマガや別サイトから直接アクセスされた方は「検索」などの窓が表示されません。どこかのタイミングで改めてこちらのページへお入りください。(別ページで開きます)

注文フォームへ





STRADIVARIUS
特価セール その2
1CD¥2,500→\1490
~12/20(火)午前9時


 イタリアの歴史あるレーベルSTRADIVARIUS。タイトルは現代・古楽を交えたマニアックなものが多いが、熱心なファンも多い。

 今回は開業以来初めての大規模特価セール。どこかの倉庫の在庫限定セールではなく、本家開催の大型セールである。
 ほとんどのアイテムがリリース当時に一度紹介されたきり日の目を浴びてなかったアルバム。そういう意味では珍しいものばかりだと思う。




STR 005
¥2500→\1490

ウト・ウーギ(ヴァイオリン)

バッハ:
 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第 2 番 BWV.1003
 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第 1 番 BWV.1001
 無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第 1 番 BWV.1002
ウト・ウーギ(ヴァイオリン)
録音:1991 年

STR 006
¥2500→\1490

ウト・ウーギ(ヴァイオリン)

バッハ:
 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第 3 番 BWV.1005
 無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第 2 番 BWV.1004
 無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第 3 番 BWV.1006
ウト・ウーギ(ヴァイオリン)
録音:1991 年
イタリア、シエナ、キジアーナ音楽アカデミー、スカルラッティ・ベッカフーミ・ホール 使用楽器:Guarnieri del Gegu, 1744

 ミラノの貴族ウト・ウーギ。熱烈なファンは多く、以前ウーギの限定ボックスが出たときは、注文が殺到して多くのCDショップが初回注文数の少なさを嘆いた。
 おそらく大金持ちなのだろう、クロイツェルが愛用していたストラディヴァリウスや、超レアなガルネリを駆使してその美音を聴かせてくれることでも知られる。
 しかしとにかく録音が少ない。しかもへんてこりんなレーベルで出したりしてすぐに廃盤になる。
 そんなイタリア美音派ヴァイオリニスト、ウート・ウーギの貴重な録音。以前は2枚をセットにして販売していた。レーベル名も(SONART)となっていた。

以下の3タイトルは初紹介と思われる

STR 11005
¥2500→\1490

アドリアーノ・バンキエーリ(1568-1634):

 ①マドリガル・コメディ「老いの戯れごと」(1598)
 ②マドリガル・コメディ「若者の知恵(若者の抜け目なさ)」(1607)
マルコ・ロンギーニ(指揮)
デリティエ・ムジケ

STR 11033
(2CD)
¥5000→\2980

「J.S.バッハ:ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ集」

 第1~6 番、BWV1014~1019/
 第6番の初期稿からの4つの楽章
フランチェスコ・ドラツィオ(Vn)
ジョルジョ・タバッコ(Cemb)

STR 11006
¥2500→\1490
モニカ・ハジェット(ヴァイオリン)
マリーニ:クリオーゼ・インヴェンツィオーニ Op.8 から

 (2つの弦のソナタ/第5カンツォン/モニカによるソナタ/
 リラの旋法によるソナタ/バレット/第 11 ソナタ/
 第4カプリッチョ/ソナタ・ヴァリアータ/バレット/
 ソナタ・イン・エコー/第4カンツォン/
 ソナタ・ディンヴェンツィオーネ/パッサメッツォ・コンチェルタート)
モニカ・ハジェット(ヴァイオリン)
パウル・ベイエル(指揮)
ガラテア:
 【エミリア・ベンジャミン(Vn、Gamb)、
 クラウディア・コムズ(Vn)、
 カテリーナ・デラニェッロ(Vc、Gamb)、
 ヴィンチェンツォ・オニーダ(Fg)】+[通奏低音]





STR 33774
テレマン(1681-1767):
 音楽の練習帳[Essercizi Musici]から
  リコーダーと通奏低音のための独奏曲ハ長調
  リコーダー、ヴァイオリンと通奏低音のためのトリオ・ソナタ イ短調
  リコーダー、チェンバロのオブリガートと通奏低音のためのトリオ・ソナタ イ長調
  ヴァイオリンと通奏低音のための独奏曲ヘ長調
  チェンバロのための独奏曲ヘ長調
  リコーダー、
   チェンバロのオブリガートと通奏低音のためのトリオ・ソナタ変ロ長調
ステファノ・バリャーノ(リコーダー)
クラウディオ・アストロニオ(チェンバロ)
フェデリコ・グリエルモ(ヴァイオリン)
コレギウム・プロ・ムジカ
ピエトロ・ボスナ(チェロ)
マルコ・ファッキン(チェンバロ)
ピエトロ・プロッセル(テオルボ)
STR 57009
ジャコモ・マンツォーニ(1932-):自画像
 エミリー・ディッキンソンの10の詩句
  (ソプラノ、弦楽四重奏、2つのハープと10の弦楽器のための;1988)
 ファウストのための交響的情景(合唱と管弦楽のための;1984)
 前奏曲?グラーヴェ?フィナーレ
  (クラリネット、3つの弦楽器と女声のための;1956)
 Percorso GG(クラリネットとテープのための;1979)
 夜の音楽(5つの管楽器、ピアノと打楽器のための;1966)
 ジョスカンへのオマージュ(女声と5つの楽器のための;1965)
リリア・ショメイ(ソプラノ)
ダニエル・パチッティ(指揮)
モルドヴィア国立フィルハーモニー管弦楽団&合唱団
エミリオ・ポマリコ(指揮)
エコー・アンサンブル
「ジョスカンへのオマージュ」はジョスカン・デプレ(1450/1455-1520)の「オケゲムの死を悼む挽歌」のトランスクリプション作品。
STR 33827
21世紀のための練習曲集
 ガブリオ・タリェッティ(1955-):8つの練習曲(2006)
 ガブリエーレ・マンカ(1957-):
  あるチック症患者の練習曲集(2007)/
  機械的練習曲集(2007)
アントニオ・サルディ・デ・レット(ピアノ)
STR 33794
アグスティン・チャルレス(1960-):管弦楽作品集
 Seven Looks(2003)/管弦楽のための協奏曲(2004)
 クラリネットと室内楽グループのための協奏曲(2006)(*)
サルバドル・サルバドル・ムニョス(クラリネット(*))
マドリード市立管弦楽団
ホセ・ラモン・エンシナル(指揮)
STR 33816
パーカッション・マスターピース
 スティーヴ・ライヒ(1936-):ドラミング(1971)
 カルロス・チャベス(1978):タンブーコ[Tambuco](1964)
 カールハインツ・シュトックハウゼン(1928-2007):ツィクルス(1959)
 ジョン・ケージ(1912-1992):サード・コンストラクション(1941)
 エドガー・ヴァレーズ(1883-1965):イオニザシオン(1931)
レナート・リヴォルタ(指揮)
イ・ペルクッシオニスティ・デラ・スカラ
STR 33823
マルコ・スカッキとその時代 マドリガーレ集
 マルコ・スカッキ(1602-1685):どこに、ああ、どこに[Dove, ah dove]
 タルクイニオ・メールラ(1594/1595-1665):Andianne agli horti di Dameta
 ルカ・マレンツィオ(1553頃-1599):
  みずみずしい二輪のバラ[Due rose fresche]
  私の愛の詩はどこへ行ってしまったのか[Ov'e condotto il mio amoroso stile]
  わが命が過酷な苦しみに耐えうるなら[Se la mia vita da l'aspro tormento]
  西風が帰り[Zefiro torna]
 タルクィニオ・メールラ:カプリッチョ(チェンバロ独奏)
 マルコ・スカッキ:ああ、話そうか、黙っていようか[Parlo, misero, o faccio]
 クラウディオ・モンテヴェルディ(1567-1643):
  ああ、話そうか、黙っていようか[Parlo, misero, o faccio]
 マルコ・スカッキ:
  私の光を消したのは誰か[Chi la mia luce estinse]
  あなたは私の死を望んでいる[Voi volete ch'io mora]
  なんとおまえは優しいのだ[O come sei gentile]
 クラウディオ・モンテヴェルディ:なんとおまえは優しいのだ[O come sei gentile]
 ジローラモ・フレスコバルディ(1583-1643):
  あの人は私の魂だった[Era l'anima mia]
 マルコ・スカッキ:
  あの人は私の魂だった[Era l'anima mia]
  この初々しいアンジョレッタ[Questa nova angioletta]

アンサンブル・ヴォカーレ・ヴェネト
 ラヴィニア・ベルトッティ、
クリスティーナ・ミアテッロ(ソプラノ)
 エレーナ・ビスクオーラ(アルト) 
パオロ・コスタ(男性アルト)
 パオロ・ボルゴノーヴォ、ミケーレ・ダ・ロス、
ラファエーレ・ジョルダーニ(テノール)
 アンドレア・ファヴァーリ(バス)
ロベルト・ロレッジャン(チェンバロ)

マルコ・スカッキは作曲家としてよりもむしろ、当時の新しい音楽様式(「第二作法」)を擁護した著述で知られるイタリアの音楽家。スカッキの作品が録音されることは珍しく、同時代の大作曲家たちのマドリガーレと比較しながら聴けるこのアルバムは貴重。
STR 33821
ジョヴァンニ・スペッツァフェッリ(1888-1963):ピアノ作品集
 見知らぬ者への手紙 Op.57(1931)
 3つの幻想的小品 Op.75(1940)/楽興の時 Op.55(1929)
 5つの易しい小品 Op.11(1908)/無言歌 Op.2(1906)
シメオーネ・ポッツィーニ(ピアノ)
STR 33831
ジョルジョーネの時代のヴェネツィアの歌
 不詳:Su su leva alza le ciglia
 マルケット・カーラ:Mentre io vo per questi boschi
 マルコ・ダッラクイーラ:Recercar, liuto solo
 不詳:La via de la fiumera voglio fare
 不詳:Su l'herba fresca(Gagliarda)
 不詳:Amor che fai? Occido et poi do vita
 ジョアン・アンブロジオ・ダルツァ:Caldibi Castigliano
 不詳:Se cosi bella sete
 セバスティアーノ・フェスタ:L'ultimo di di Magio un bel matino
 ジョアン・アンブロジオ・ダルツァ:Calata alla spagnola
 フランチェスコ・パタヴィーノ:Un cavalier di Spagna
 シルヴェストロ・ガナッシ:Recercar quarto, viola solo
 ジェロニモ・デル・ラウロ:Non mi dir che non si po
 不詳:Tanto mi trovo hay lasso el cor piaghato
 ヴィンツェンツォ・ルッフォ:Capriccio la Gamba in basso e soprano
 不詳:Amor che fai si altero?
 不詳:Che sara che non sara
 不詳:La Traditora (Pavana)
 ミケーレ・ピゼンティ:Quando lo pomo vien dalo pomaro
 不詳:La Traditora (Gagliarda)
 フランチェスコ・パタヴィーノ:De la da l'acqua sta la mia amorosa
 不詳:El Bisson (Pavana)
 マルケット・カーラ:Cangia sperar mia voglia
 不詳:Zorzi (saltarello)
 マルケット・カーラ:Tante volte si si si
エッラ・デ・ミルコヴィク(ソプラノ)
パオロ・ボルゴノーヴォ、
マッテオ・ゼナッティ(テノール)
アンドレダ・ファヴァーリ(バス)
アッカデーミア・ストルメンターレ・イタリアーナ
アルベルト・ラージ(指揮)
「眠れるヴィーナス」、「嵐」などで知られるヴェネツィア派の画家ジョルジョーネ(1478頃-1510年)の時代、イタリア・マドリガーレ隆盛前のヴェネツィアにおける声楽曲を中心としたアルバム。
STR 33843
クリスティアン・カッラーラ(1977-):
 血の行き先(*)
 イコン
パスクアーレ・イアンノーネ(ピアノ(*))
ニコラ・フィオリーノ(チェロ(*))
新スカルラッティ管弦楽団
フラヴィオ・エミリオ・スコーニャ(指揮)
イタリアの若手作曲家クリスティアン・カッラーラとイタリアの教会とのコラボレーションから生まれたアルバム。
STR 57010
ブルーノ・マデルナ(1920-1973):
 ジュリアード・セレナード(テンポ・リベロ第2番;1971)
 「フィッツウィリアム・ヴァージナル・ブック」による陽気な音楽(1969)
 グランデ・アウロディア(1970)
セヴェリーノ・ガッゼローニ(フルート)
ローター・ファーバー(オーボエ)
ローマRAI交響楽団
ブルーノ・マデルナ(指揮)
録音:1971年5月21日(*)、1969年2月14日(+)、1970年2月7日(#)、ライヴ
 STR 33858
ジュリオ・カスタニョーリ(1958):聖エヴァシウスのミサ&声楽作品集
 聖エヴァシウスのミサ
  (独唱、少年合唱とバロック楽器管弦楽のための;2007)(*)
 夜の歌(声楽12部、打楽器とエレクトロニクスのための;1997)(+)
 3つのピサの歌(声楽6部、打楽器とエレクトロニクスのための;2004)(#)
 戦いと愛のマドリガーレ(声楽6部と6つの中国伝統楽器のための;2002)(**)
トリノ・ルッジェーロ・マギーニ合唱団(*)
少年オペラ合唱団(*)
アカデーミア・モンティス・レガリス(*)
クラウディオ・キアヴァッツァ(指揮(*))
ミラノ・ポリフォニー合唱団(+)
マウリツィオ・ベン・オマール(打楽器(+))
ルベン・ヤイス(指揮(+))
ストックホルム SYRIN アンサンブル(#)
リッカルド・バルビヌッティ(打楽器(#))
カルロ・パヴェーゼ(指揮(#))
シドニー・ソング・カンパニー(**)
ホンコン・ヴィルトゥオージ(**)
ロナルド・ピールマン(指揮(**))

 STR 33885
献呈 20世紀スペインのフルート音楽
 サルバド・ブルトンス(1959-):フルート・ソナタ Op.21
 フェデリコ・モレノ・トロバ(1891-1982):献呈
 フリアン・メネンデス(895-1975):夜想曲
 ヘスス・グリディ(1886-1961):ティラナ
 マヌエル・インファンテ(1883-1958):ジプシーの歌
 モンセラト・トゥラス(1973-):サラのための3つの楽章
 ホアキン・ロドリーゴ(1901-1999):古い歌
 シャビエ・モンサルバジェ(1912-2002):カダケスのリディアへのセレナード
 オスカル・エスプラ(1886-1976):往年の歌
 アマンド・ブランケル(1935-2005):若々しいソナティナ
 マヌエル・パラウ(1893-1967):ドゥルサイナ吹き
クラウディア・ジオットーリ(フルート)
ラッファエーレ・ダニエッロ(ピアノ)


STR 33886
マルチヌー(1890-1959):プロムナード
 フルート、ヴァイオリンとピアノまたはチェンバロのための作品集
  マドリガル・ソナタ H.291(1942)/ヴァイオリン・ソナタ第1番 H.182(1929)
  プロムナード(フルート、ヴァイオリンとチェンバロのための)H.274(1939)(*)
  フルート・ソナタ H.306(1945)
  フルート、ヴァイオリンとピアノのためのソナタ H.254(1936)
アルバトロス三重奏団
 ステファノ・パッリーノ(フルート)
 フランチェスコ・パッリーノ(ヴァイオリン)
 アレッサンドロ・マランゴーニ(ピアノ)
ジャンルカ・カプアーノ(チェンバロ(*))

STR 33890
ミラノ音楽祭ライヴ Vol.4
 ジェルジ・クルターグ(1926-):
  ヒパルティータ[Hipartita] Op.43(無伴奏ヴァイオリンのための;2000-2004)(*)
 サルヴァトーレ・シャリーノ(1947-):
  アスペルン組曲[Aspern Suite](ソプラノと楽器のための;1979)(+)
菊地裕美(ヴァイオリン(*))
ペトラ・ホフマン(ソプラノ(+))
アンサンブル・ルシェルシュ(+)
録音:2006年10月22日(*)、2003年10月22日(+)、ミラノ(*/+) (*)はヨーロッパで評価の高い日本のヴァイオリニスト菊地裕美への献呈作品。
STR 33891
ミラノ音楽祭ライヴ Vol.5
 ルカ・フランチェスコーニ(1956-):Rest(チェロと管弦楽のための;2004)(*)
 イヴァン・フェデーレ(1953-):
  Duo en resonance(2つの協奏ホルンのための;1991)(+)
 ジョヴァンニ・ヴェランド(1965-):弦楽四重奏曲第2番(1999)(#)
エンリコ・ディンド(チェロ(*))
RAI国立交響楽団(*)
ロベルト・アバド(指揮(*))
アンサンブル・アンテルコンタンポラン(+)
 ジェンス・マクナマラ、ジャン・クリストフ・ヴェルヴォワット(ホルン)
ピエール・ブーレーズ(指揮(+))
トリノ弦楽四重奏団(#)
録音:2004年9月27日、ミラノ、ヴェルディ・ホール、ライヴ(*)  1994年6月22日、ミラノ、スカラ座、ライヴ(+)/1999年10月4日、ミラノ、ライヴ(#)
STR 33892
ミラノ音楽祭ライヴ Vol.6
 ジェルジ・リゲティ(1923-2006):13の楽器のための室内協奏曲(1969-1970)(*)
 ジェルジ・クルターグ(1926-):
  6つの楽興の時 Op.44(弦楽四重奏のための;2005)(+)
 バルトーク(1881-1945):野外にて(ピアノのための;1926)(#)
 リスト(1811-1886):夜の賛歌、朝の賛歌(ピアノのための)(#)
 ペーテル・エトヴェシュ(1944-):
  Psy(フルート、チェロとツィンバロムのための;1976)(**)
イクトゥス(アンサンブル(*))
ジョルジュ=エリー・オクトルス(指揮(*))
ケラー弦楽四重奏団(+)
エマヌエーレ・アルチウリ(ピアノ(#))
マリオ・カルーリ(フルート(**))
ジョルジョ・カザーティ(チェロ(**))
ルイージ・ガッジェーロ(ツィンバロム(**))
録音:2003年10月10日(*)、2006年10月22日(+)、2009年11月2日(#)、ミラノ、スカラ座、ライヴ(*/+/#) 2006年10月6日、聖ロレンツォ教会、ライヴ(**) ハンガリーの作曲家で統一されたアルバム。


STR 33916
私のフルートの音
 ジャン・ガスパール・ヴァイス(1739-1815):

  ラウト・トラヴェルソとチェロのための作品集
  フルートのためのソロ第6番ニ短調(1816)
  ドイツ・フルート、ヴァイオリンと通奏低音のための三重奏曲 Op.2 No.6
  チェロのためのソロ第5番ト長調(1816)
  ドイツ・フルートと通奏低音のためのソロ ト長調 Op.3 No.6
  フルート四重奏曲ヘ長調 Op.4 No.4(1781)
  チェロのためのソロ第15番ニ長調(1816)
  ドイツ・フルートと通奏低音のためのソロ ニ短調 Op.3 No.5
  フルートとヴァイオリンのための前奏曲第2番(1816)
  ドイツ・フルート、ヴァイオリンと通奏低音のための三重奏曲 Op.1 No.4
フランソワ・ニコレ(フラウト・トラヴェルソ)
トビアス・ボンツ(チェロ)
アンティーキ・ストルメンティ(アンサンブル)
ジャン・ガスパール・ヴァイスはフランス、アルザス地方の都市ミュルーズ(ドイツ語名ミュールハウゼン)に生まれたフルート奏者・作曲家・実業家。ドイツのチェリスト、トビアス・ボンツは大英博物館でヴァイスの音楽を「再発見」し、その再評価に務めています。



STR 33934
ニーノ・ロータ(1911-1979):
 ヴァイオリン/ヴィオラとピアノのための作品全集

  ヴァイオリンとピアノのための即興曲ハ長調「センチメンタルな悪魔」(1969)
  ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ト長調(1937)
  ヴィオラとピアノのための間奏曲ロ短調(1945)
  ヴァイオリンとピアノのための即興曲イ短調(1947)
  ヴィオラとピアノのためのソナタ ハ長調(1945)
  魔の山の伝説(1948)
  ヴィオラとピアノのためのソナタ ト長調(1934)
フランチェスコ・ドラツィオ(ヴァイオリン)
ジャンパオロ・ヌーティ(ピアノ)
 

STR 33943
(2CD)
\4300→\2790
ロッシーニ(1792-1868):小ミサ・ソレムニス マリア・ラドエヴァ(ソプラノ)
ミレーラ・ストルティ(メゾソプラノ)
ユ・ジュンホ(テノール)
フランク・ファン・ホーフェ(バス)
ブダペスト聖エフレム男声合唱団
スコラ・カントールム・ブダペスティエンシス
タチアナ・ラリオノヴァ、ダヴィデ・カヴァッシ(ピアノ)
ドーラ・ビズヤク(ハルモニウム)
ティート・チェッケリーニ(指揮)


STR 33977
暗示 弦楽のための北欧の音楽
 ニルセン(1865-1931):小組曲 Op.1(1888)
 グリーグ(1843-1907):2つの旋律 Op.53(1891)
 シベリウス(1865-1957):アンダンテ・フェスティヴォ(1938)
 チャイコフスキー(1840-1893):
  フィレンツェの思い出(弦楽六重奏曲)Op.70(1892)
リアルキアンサンブル
南欧のアンサンブルによる北欧の音楽。リアルキアンサンブルはイタリア、シチリア島のパレルモに本拠を置く弦楽合奏団。
 編成は第1ヴァイオリン3/第2ヴァイオリン3/ヴィオラ2/チェロ2/コントラバス1。


STR 33979
ヘンデル(1685-1759):愛の音 リコーダー・ソナタ集
  リコーダーとチェンバロのためのソナタ ハ長調
  アリア「La cervetta nei lacci avvolta」ニ短調
   (オペラ「アレッサンドロ」HWV21 より、リコーダーと通奏低音のための)
  チェンバロのための組曲 HWV426(1720)から 前奏曲ヘ長調
  リコーダーとチェンバロのためのソナタ ヘ長調
  2つのリコーダーと通奏低音のための協奏曲ニ短調
   (マルコ・スコルティカーリ編曲)
  リコーダーとチェンバロのためのソナタ ト短調
  アリア「Lascia ch'io pianga」(オペラ「リナルド」HWV7 より、
   ウィリアム・バベル(1689-1723)編曲、チェンバロのための)
  リコーダーとチェンバロのためのソナタ イ短調
  デュエット「Son d'Amore」ハ長調
   (オペラ「アレッサンドロ」HWV21 より、リコーダーと通奏低音のための)
  リコーダーとチェンバロのためのソナタ ニ短調
マルコ・スコルティカーリ(リコーダー)
ダヴィデ・ポッツィ(チェンバロ)
エストロ・クロマティコ

STR 33902
ヴェネツィアの競艇 ヴェネツィア方言によるカンツォーネとアリエッタ集
 伝承曲(ヴェネツィアの舟歌):
  そんな不安な思いは忘れてしまえ/ニーナ、私は何をすべきかわからない
  多くの人は言う
 アントニオ・ブッツォッラ(1815-1868):
  節度ある恋/捨てられて/多過ぎと少な過ぎ/棘(とげ)
 ロッシーニ(1792-1868):ヴェネツィアの競艇
 レイナルド・アーン(1874-1947):「ヴェネツィア」から 何と悲しい!
 ジャン・フランチェスコ・マリピエロ(1882-1973):
  7つのヴェネツィアのカンツォネッタ
   おやすみ、ぼうや,貧しいベルナルド,ソトポルテゴの下で,
   ジプシーたちのように,プーニ橋の上で,恋人よ、
    ほんとうにあなたはビッソナだ,ローマは偉大だ
 グイード・ビアンキーニ(1885-1971):
  舟歌/歌え、歌え/罠にかかったねずみ/二人とも/キリストと聖家族
 [ボーナス・トラック]
 伝承曲(ヴェネツィアの舟歌):優美な花(二重唱)(*)
ロレンツォ・レガッツォ(バス)
サラ・ミンガルド(メゾソプラノ(*))
ディミートリ・ロマーノ(ピアノ)

録音:2011年5月5-9日、チーニ財団、ヴェネツィア、イタリア
 ヴェネツィア生まれのバッソ・イタリアーノ、ロレンツォ・レガッツォが歌うヴェネツィア方言歌曲。オペラの大物による軽妙な歌を楽しめます。

 

STR 33936
イヴァン・フェデーレ(1953-):2つの月 ピアノのための作品集
  フランス組曲[Suite francese](2003)
  北の練習曲[Etudes boreales](1990)
  2つの月[Two Moons]
   (2台のピアノと2つのヴァーチュアル楽器のための;1997/2009)
  図形を伴う2つの夜想曲[Due Notturni con figura](2007)
マリア・グラツィア・ベッロッキオ(ピアノ)
録音:2009年5月19-26日、SugarMusicLab、ミラノ、イタリア
 


STR 37013
ステファノ・グロンドーナ門下、20歳の俊英!
ジャコモ・スザーニ・プレイズ・ペトラッシ、バッハ、タンスマン、ヴァイス

 ゴッフレード・ペトラッシ(1904-2003):ヌンク [Nunc] (1971)
 J・S・バッハ(1685-1750):前奏曲とフーガ BWV998
 アレクサンデル・タンスマン(1897-1986):スクリャービンの主題による変奏曲(1971)
 シルヴィウス・レオポルト・ヴァイス(1861-1750):ロジー伯の死を悼むトンボー
ジャコモ・スザーニ(ギター)
 ジャコモ・スザーニは1995年イタリアのパドヴァ生まれ。7歳でギターを始め、ヴィチェンツァのアッリーゴ・ペドロッロ音楽院でステファノ・グロンドーナに師事し2013年に特別栄誉賞付きで卒業。2014年ロンドン王立音楽アカデミーの学士課程第3学年に編入し勉強を続けています。
 2009年より数々のコンクール入賞を果たしてきたジャコモ・スザーニ。ついにCDデビューです。
 


STR 37014
R・シュトラウス(1864-1949):管楽合奏のための作品集
  ソナティナ ヘ長調「傷病兵の仕事場より」o.Op.AV135
  ソナティナ変ホ長調「楽しい仕事場」o.Op.AV143
ウインド・プロジェクト・アンサブル
パトリツィオ・エスポジート(指揮)
 STR 57013
ジョルジョ・バッティステッリ(1953-):アナルカ
 後の思案?シェークスピアの悲劇について(管弦楽のための;2005)(*)
 ある詩劇の場面への伴奏音楽(12の楽器のための;1994)(*)
 アナルカ?エルンスト・ユンガーへのオマージュ
  (管弦楽と朗読のための;1988-1989)(+)
アンサンブル・ルシェルシュ(*)
ローラント・クルッティヒ(指揮(*))
サンドロ・ロンバルディ(朗読(+))
RAI国立交響楽団(+)
ピエール=アンドレ・ヴァラド(指揮(+))

STR 33699
ヴィリー・メルツ(1956-):離郷
 Maftir(ヴィオラ・ダ・ガンバのための)
 Mizmor(ピアノのための)
 Le Divan oriental-occidental(声とピアノのための)
 Dhil(コントラバスのための)
 Pardes(打楽器のための)
 Dung(ファゴットのための)
 Mizmor(ヴィオラのための)
ヒッレ・パール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
クリスティーナ・バルブーティ(P)
リンダ・カンパネッラ(S)
ヴィリー・メルツ(Cb)
ティエリー・ミローリョ(Perc)
ディエゴ・ケンナ(Fg)
ダニーロ・ロッシ(ヴィオラ)

STR 33707
ギター・コレクション Vol.11 スペインの音楽
 ファリャ、トゥリーナ、モンポウ:ギター作品全集
 マヌエル・デ・ファリャ(1876-1946):
  クロード・ドビュッシーの墓碑銘のための讃歌(1920)
 ホアキン・トゥリーナ(1882-1949):
  セビリャーナ Op.29(1923)
  ファンダンギーリョ Op.36(1926)
  疾風 Op.53(1929)
  ソナタ Op.61(1931)
  ターレガをたたえて Op.69(1935)
 フェデリコ・モンポウ(1893-1987):
  コンポステーラ組曲(1962)
  アルフォンソ10世のカンティガによる歌と踊り(1955)
  歌と踊り 第13番(1973)
フレデリク・ジガンテ(G)
日本におけるストラディヴァリウス・レーベル最大のヒット・シリース。
シリーズ監修者であるジガンテ自身が演奏する20世紀スペインの大作曲家たちの作品集。

STR 33716
ピエルルイジ・ビッローネ(1960-):
 ME A AN(声とアンサンブルのための;1994)(*)
 ITI KE MI(ヴィオラ独奏のための;1995)(+)
フランク・ヴェルナー(Br(*))
アンサンブル・ルシェルシュ(*)
バルバラ・マウラー(Va)

STR 33737
新世界より 新しい音楽の閲覧 Vol.1
 チャールズ・アイヴズ:川にて(トロンボーンと吹奏楽のための版)
 ヘンリー・カウエル:ダイナミック・モーション(ピアノのための)
 ジョン・ケージ:夢(リュートとチェロのための版)
 ヘンリー・カウエル:バンシー(ピアノのための)
 ジェイコブ・ドラックマン:ヴァレンタイン(コントラバスのための)
 チャールズ・アイヴズ:Illmenau(トロンボーンと吹奏楽のための版)
 モートン・フェルドマン:
  たいへん短いトランペット小品(アルトトロンボーンのための版)
 テリー・ライリー:ビート・スートラ #7(ピアノのための)
 ロジャー・セッションズ:チェロのための6つの小品
 チャールズ・アイヴズ:チャーリー・ラトリッジ(トロンボーンと吹奏楽のための版)
ファウスト・ボンジェッリ(ピアノ)
フランチェスコ・ディロン、
ルーカス・フェルス(チェロ)
テリー・ライリー(ピアノ) 
ステファノ・スコダニッビオ(コントラバス)
ペーター・セダーベルク(リュート) 
マイク・スウォヴォダ(トロンボーン)
フェルナンド・シレオーニ(指揮)
ポッレンツァ市立ジュゼッペ・ヴェルディ吹奏楽団

STR 33701
フランチェスコ・チェッラヴェーニア(16世紀):
 ミサ・レターレ・ノヴァ・シオン
 天使たち、大天使たち/一人の王がいた/われを憐れみたまえ
 教会の御母よ、喜びたまえ/けがれなく、完全な
アンドレアス・デ・シルヴァ(15-16世紀):
 シオンよ、喜べ(レターレ・ノヴァ・シオン)
ダリオ・タッビア指揮
ダルトロカント
(アレッサンドロ・カルミニャーニ(C-T)
 ジャンルカ・フェラリーニ、
 ファビオ・フルナリ(T)
 マルコ・スカヴァッツァ(Br)
 ワルター・テストリン(Bs))
チェッラヴェーニアはマントヴァで活躍した作曲家。録音:2004年2月6-8日、トリノ県カスタニェート・ポー、サン・ジェネジオ教会

STR 33736
ヴォヤージュ[旅] ファゴットのための現代音楽
 細川俊夫:ヴォヤージュ II
 (ファゴットとアンサンブルのための協奏曲)(*)
 ルチアーノ・ベリオ:セクエンツァ XII(ファゴット独奏のための)
 フィリップ・シェラー[Philippe Schoeller]:
  カンターテ・イシス(ファゴットと混声合唱のための)(+)
パスカル・ガロワ(Fg)
ダニエル・カウカ指揮(*)
ラジオ・フランス・フィル(*)
ロイク・ピエール指揮(+)
ミクロコスモス合唱団(+)
「ディアローグ[対話]」(STR 33625)に続くパスカル・ガロワのセカンド・アルバム。収録作品はいずれも彼のために書かれたもの。






ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2022 ARIA-CD.All rights reserved.08