クラシックCD通販ショップ「アリアCD」へようこそ
トップページへ

規約などはこちら・・・

お買い物の方法  

注文方法:
 ご希望商品のチェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
 新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、一番最後にページ下の「
注文フォームへ」のボタンをクリックして、注文フォーム・ページへ進んでいただいて、そこで注文を確定してください。
 (チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ





狂気に満ちたナルシズム
北欧の忘れられた巨人
ニルス・ゲイル・トヴェイトの音楽を聴け


 グリーグに次ぐノルウェーの大作曲家ニルス・ゲイル・トヴェイト(1908-1981)。
 最近ようやく知名度も高くなってきた。

 その才能はひょっとしたらグリーグを上回るかもしれない。
 民族色豊かだが、そこに留まらないきわめて個性的な音楽を書く。
 しかもヴィラ=ロボスやフローラン・シュミットに師事したことで、西洋音楽最先端の華やかなオーケストレーション技術も身に付けている。次々と現れる魅力的な楽想に、聴くものは飽きることを知らず惹き込まれる。

 ・・・しかし、彼の作品をトータルで紹介するには致命的な問題がある。

 彼はなぜか多くの作品を出版せずにその楽譜を自宅に抱え込んでいた。・・・そしてそれが災いして、それら貴重な楽譜の80%が、1970年、火事に遭って消失してしまったのである。
 たとえば彼の代表作といわれるピアノ協奏曲。第1番から第6番まであったはずだが、その火事によって2番と3番は消失した(3番は録音が残っているので再現可能らしい)。
 またもうひとつの彼の代表作、彼がこよなく愛したハルダンゲル地方の民謡を集めて編曲した作品、「管弦楽のためのハルダンゲルの1 0 0の旋律」。これは組曲として第1番から第6番までに分かれていたらしいが、これも第3番と第6番は消失してしまった(あるいは完成していなかった可能性もある)。
 それ以外にも彼の多くの重要な作品が、この火事によって永遠に葬られてしまったのである。

 いずれにせよそんなこともあって、彼の作品が広く世に知られることはなかった。




 ところが、その火事のあとになって、多くの演奏家や作曲家が彼の作品を蘇らせはじめた。
 トヴェイトは一度演奏会で披露したあと「やっぱりやーめた」と言って楽譜を引き上げてしまうことが多かったらしいのだが、彼の作品を一度耳にした人がどうしてもそれをお蔵入りにしておけず、復興に取り組み始めたというわけである。方々に散らばっていたコピー譜を集め、焼け残りの楽譜を修復し、欠落部分を補筆・・・。その作業は簡単なものではなかっただろう・・・が、ここへ来てその成果がさまざまなCDとして結実し始めた。そしてようやくこのノルウェーの大家が少しずつ世に知られ始めたのである。


 
 彼の作風は、北欧のロマンを独特の個性でアレンジしたもの。
 甘いだけでもなく、繊細なだけでもない。どちらかというと骨太で分厚い。

 そしてその作品全体に漂うものは・・・なにかというと・・・

 さきほど、トヴェイトは楽譜を回収して自分のところに抱え込んでいた、と書いた。
 そしてそれらが火事に遭って消失したと。
 トヴェイトの自宅の火災の原因は、調べた限りわからなかった。
 が、トヴェイトはおそろしい完璧主義者だったと聞く。
 ・・・だとしたら、山のようにうず高く積まれた自分の楽譜を見たトヴェイトが、衝動的に「何か」をしたとも考えられなくもない。

 彼の音楽には、そんな狂気に満ちたナルシズムを感じるのである。






<トヴェイトの作品>

 そんなトヴェイト・ルネサンス・ブームの牽引車となったNAXOSの旧譜。
 聴いていただけばお分かりいただけると思うが、いずれもしっかりした書法と、魅力的な民族的趣向と、一筋縄ではいかない天才的個性とによって構成されたすばらしい作品ぞろい。実は店主はピアノ協奏曲の第4番を聴いて初めてこの作曲家を知った。そしてこんなソラ恐ろしい作品を書く作曲家がただもののはずがない、と思っていろいろ聴いたが、案の定どれもすごかったというわけである。
 凡俗な作曲家にはない、強烈な個性・・・語弊を恐れずに言えばナルシズムのようなものをどの作品にも感じた。

トヴェイト:ピアノ協奏曲第1番, 第5番
NAXOS
8.555077
\1800
トヴェイト(1908-1981):
 ピアノ協奏曲第1番/同第5番
ホヴァール・イムセ(ピアノ) 
ビャルテ・エングスト指揮 
ロイヤル・スコティッシュO
トヴェイト:ピアノ協奏曲第4番「北のオーロラ」/他
NAXOS
8.555761
\1800
トヴェイト(1 9 0 8 - 1 9 8 1):
 ピアノ協奏曲第4番「オーロラ」/
 2台のピアノと管弦楽のためのハルダンゲルの民謡による変奏曲
ホーヴァル・ギムセ(P)
グニッラ・シュサマン(P)
ビャルテ・エングスト指揮
ロイヤル・スコティッシュ管

ピアノ協奏曲第1番
 ライプツィヒ音楽院在学中に作曲された。
 学生の作品とはいえ、この民族音楽の高度に洗練された引用の仕方、そしてノルウェーの冴え冴えとした抒情の結晶化など、それらはすでに学生レベルではない。近代の優れたピアノ協奏曲のひとつとして立派に通用する傑作といっていい。ことに遠い伝説を思わせるような終楽章は、北欧生まれのピアノ・コンチェルトとしては屈指の名曲であろう。美しい女神が透明な湖に姿を消していくようなラストには絶句するに違いない。


2番3番は焼失



ピアノ協奏曲第4番
 宇宙や自然を包括する偉大なコンチェルト。「オーロラ」と聞いて我々が想像する冷たく美しい雰囲気が全編を覆う。しかし美しさだけではない。大宇宙で起きる壮絶な物語を、トヴェイトは壮大なスケールで描く。神秘的雰囲気と、輝く星のようにきらめくピアノ、そしてときに爆裂する華麗なオーケストラ。その絶妙のコントラストは、この作曲家がただものでないことを示す。
 ここでの彼には、すでに「ハルダンゲルの民謡を収集した民族主義的作曲家」、というレッテルは通用しない。北欧的といえば北欧的だが、すでにそんな枠組みをとっくに通り抜けているのである。


ピアノ協奏曲第5番
 1954年に作曲され、パリで作曲家自身のピアノ、指揮マルティノン、ラムルー管によって初演され、しかもその演奏会は大成功だったというから立派なものである。
 第4番で民族的作風から一歩も二歩も踏み出して新たな個性を確立した彼だったが、この第5番の第1楽章と第3楽章では、ノルウェーの民族舞曲「スプリンガー」、「ハリング」を用いている。だが、もちろんかつて創り上げたあの「ハルダンゲルの1 0 0の旋律」のような「民謡編曲」というような素朴なイメージはない。・・・ショパンやグリーグ、リストを演奏していた彼が最後に到達したのは、そうした過去の偉大な作曲家へのオマージュだったのか。というのは、この作品、民族的素材を存分に使いながら実にコスモポリタンな一般受けするダイナミック・コンチェルトなのである。第4番で超・個性を身に付けた彼が、またこうした古典的な作風に戻ってきたとき、そのスケール・存在感はとてつもなく大きくなっていた。
 異端的・個性的な第4番を愛する人も多いと思うが、この第5番はもっと多くの演奏機会があってしかるべき正統派コンチェルトである。


トヴェイト:ハルダンゲルの100の旋律 Op. 151より第1組曲, 第4組曲
NAXOS
8.555078
\1800
トヴェイト(1908-1981):
 「ハルダンゲルの1 0 0の旋律」

  〜第1組曲
  〜第4組曲(結婚式組曲)
     (ビャルテ・エングストによる改訂・編纂/世界初録音)
ビャルテ・エングスト指揮
ロイヤル・スコッティシュ管
トヴェイト:ハルダンゲルの100の旋律 Op. 151より第2組曲, 第5組曲
NAXOS
8.555770
\1800
トヴェイト(1 9 0 8 - 1 9 8 1):
 ハルダンゲルの1 0 0の旋律

  〜第2組曲「1 5の山の歌」(第1 6番〜第3 0番)/
  〜第5組曲「トロルの旋律」(第61番〜第75番)
ビャルテ・エングスト指揮
ロイヤル・スコッティシュ管

 管弦楽による「ハルダンゲルの1 0 0の旋律」。

 トヴェイトは1000に及ぶハルダンゲルの民謡を収集し、そこから6つの組曲を作った。
 上述のとおり火事による消失などのため現在は1,2,4,5番しか再現ができない状態である。

 組曲はそれぞれ15曲の小品に分かれる。
 まるで散文か詩のようである。「民謡」の編曲というと、あまりにも田舎っぽすぎてつまらないと思う方は、どうかご心配なく。一体原曲はどんな曲だったのだろうと思わせてくれるほど洗練された内容。よほどトヴェイト自身に類いまれな作曲センスがないと、こんなにもさわやかなソツのない編曲はできないだろう。
 それぞれの曲は静かな曲、激しい曲、明るい曲、寂しい曲、一見まとまりはないが、通して聴くと一篇の大河ドラマを見たような気にさせてくれる。

 何も考えずに書き飛ばしたとは到底思えない、あまりにも充実した、完成された作品。




BIS
CD1027
\2800
入手困難なため海外直輸入
ゲイル・トヴェイト (1908-1981)
 プリラール Op. 8
 太陽の神の交響曲 Op. 81
スタヴァンゲル交響楽団
オーレ・クリスティアン・ルード指揮
録音: May 1999

 現状極めて貴重な、トヴェイトの交響曲を収録したBISのアルバム。
 指揮はごひいきクリスティアン・ルード。
 残念ながら入手困難状態なので海外在庫を直輸入。


 この交響曲も焼失したものをノルウェーの作曲家が復活させたのだが、原曲はもっとすごかっただろうと想像できる。
 とくに終楽章。
 ピアノ曲「太陽神の踊り」の管弦楽版だと思うが、その迫力はこの「復活版」でも十分に味わえる。
 メキシコの狂人作曲家レブエルタスをも思わせる、異教徒が血祭りに上げられているような凄まじい場面が再現される。
 ショスタコーヴィチとシベリウスを合わせ、ノルウェーの民俗的要素をまぶしつつ、最終的には例によって独自の熱い熱いナルシズムを投入した超個性的なものと思っていただければ。


 それにしてもこの楽譜が残っていたら・・・。
 われわれは20世紀最高の交響曲のひとつを失ったかもしれない。
 





SIMAX
PSC 1222
\2700
トヴェイトの世界初録音室内楽作品
 ゲイル・トヴェイト(1908-1981):
  ノルディック・エディション〜旅日記から
   旅日記から(弦楽四重奏のための組曲形式の8 楽章)
   【地中海/ アッピア街道/ シチリア/ トリポリ/ シロッコ/
    エル・エスコリアル/ セビーリャ/ サハラの星空】
   バレエ「家の守り神」 作品184
    (Fl、Ob、Hrn、Hrp と弦楽四重奏のための)
   七重奏曲(2つのVn、Va、Vc、ダブルベース、ObとHrnのための)
   聖ヨハネの夕べ
    (2つのVn、Va、Vc、ダブルベース、
    コールアングレとHrnのための七重奏曲)
フラガリア・ヴェスカ
トール・ヨハン・ボーエン(Vn)
イ・ヤン(Vn)
ベネディクト・ロワイエ(Va)
ヨハンネス・マッテンス (Vc)
セシーリ・ローケン(Fl)
クリスチャン・モッテンセン(ダブルベース)
ヨハンナ・ノウシアイネン(Hrp)
ルーネ・ブルーダール(Hrn)
ステフェン・ブリンドハイム(Ob、コールアングレ)
録音:2009 年11 月21 日-22 日 ソフィエンベルグ教会 ( オスロ) ( 旅日記から)、 11 月13 日-15 日 ホフ教会 ( オストレ・トーテン、ノルウェー)/49’03
制作:トニー・ハリソン  録音: ジェフ・マイルズ


 このSIMAXのアルバムではトヴェイトの世界初録音の室内楽作品が4 曲紹介されている。
 ここに至る道のりは簡単ではなかったろう。

 「弦楽四重奏のための組曲形式の8楽章」の副題をもつ《旅日記から》は、地中海と周辺の国々の伝統音楽からもインスピレーションを得たとされ、トヴェイトが弦楽四重奏のために書いた現存する唯一の作品。
 また楽譜が失われてしまった〈シロッコ〉は、トール・ヨハン・ボーエンがラジオ放送の録音を基に復元した楽譜で演奏されている。
 室内アンサンブルのために書かれたバレエ《家の守り神》は、ハルダンゲル地方の民話に基づく作品。
 2 曲の七重奏曲は、スンフィヨルド生まれの作家、民謡歌手のヤーコブ・サンデの詩による歌曲、《一日が黄昏に向かう時》と《聖ヨハネの夕べ》を弦楽器と木管楽器のために書き直した作品。

 イザイの『弦楽のための三重奏曲集』 (PSC1295) で国際的な評価を上げたヴァイオリニスト、トール・ヨハン・ボーエンが創設した、オリジナル楽器によるアンサンブル、フラガリア・ヴェスカ( オランダイチゴ属エゾヘビイチゴ/ 英名: ワイルドストロベリー) の演奏です。



ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD トップページへ



Copyright(C) 2014 ARIA−CD.All rights reserved.08