アリアCD 新店舗へようこそ

新店舗トップページへ

お買い物の方法  

ページ内の商品チェック・ボックスをクリックし、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください(enterキーを押してもかまいません)。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)

注文フォームへ


MELODIYA新発進
その4
1CD\2700→\2490
在庫限り



 旧ソヴィエト連邦時代の国営レーベルとして膨大な録音を保有するお馴染みの"Melodiya"。その"Melodiya" が、今回新たなスタートを切りました。

 ここで紹介するのはロシアに関係する企業や政府には利益をもたらさない、欧米に存在する在庫。
 もう手に入らないと思っていたアイテムや、そんなものがあったのかというような初お目見えのアイテムなど、珍しいものがたくさん入っていると思います。

 ただ残っている在庫は僅少で、なくなった時点で入手不能となりますのでどうかお早めに。完売の際はご容赦を。




 日本語帯はありません。



MELCD1002446
\2700→\2490
アレクサンドル・ロクシーン(1920-1987)
 (1)交響曲第5番(1969)
 (2)クラリネット五重奏曲(1955)
 (3)ピアノのための変奏曲(1953)
(1) ヤン・クラトフ(br)
 モスクワ室内管弦楽団
 ルドルフ・バルシャイ指揮
 録音:1971年

(2)イヴァン・モズゴヴェンコ(cl)
 コミタス四重奏団
 録音:1960年
 
(3) マリア・グリンベルク(p)
 録音:1956年


 アレクサンドル・ラザレヴィチ・ロクシーン(1920年9月19日-1987年6月11日 モスクワ)はソビエト連邦の作曲家。

 シベリア西部アルタイ地方のビースクに生まれる。母親は医師であった。
 1936年にモスクワ音楽院付属高等学校に入学して作曲と音楽理論を学び、1937年よりモスクワ音楽院にて作曲法をニコライ・ミャスコフスキーに師事。1939年にボードレールのテクストにより大作の声楽付き交響詩《悪の華(Les fleurs du mal)》を卒業制作として提出するが、審査団より「デカダン」な傾向を忌避されて受理されなかった。
 作曲家としては、11曲の交響曲や2つの弦楽四重奏曲のほか、管弦楽伴奏つき歌曲集や、いくつかの映画音楽を遺した。グスタフ・マーラーやアルバン・ベルクに私淑し、適度にモダニズムの要素をちりばめつつ抒情的かつ内省的な作風を採った。ソヴィエト当局に対して妥協的な姿勢を拒んだことから、報復措置として、検閲官に弾圧され、拒否された。後半生においては、秘密警察への密告者・情報提供者になったと主張されているが、確証はない。
 最晩年は、ロシア国内ですら忘れられた作曲家となっており、知人の中にはロクシーンの作品を聞いたことがない者すらいた。皮肉にも、ロクシーンの芸術が復活したのは、作者の死後になってからであり、しかも西側においてのみであった。指揮者のルドルフ・バルシャイは、ロクシーンと親交を結ぶうちに密接な協力関係に入り、ロクシーンの主要な作品の初演や録音を行なった。

MELCD 1000789
\2700→\2490
エミール・ギレリス 3
 J・S・バッハ:前奏曲とフーガ ニ長調 BWV532
 ベートーヴェン:創作主題による32の変奏曲ハ短調 WoO 80
 ウェーバー:ピアノ・ソナタ第2番変イ長調 Op.39
 リスト:スペイン狂詩曲
 プロコフィエフ:束の間の幻影 Op.22~No.1,3,5,11
エミール・ギレリス(P)
録音:1968年1月18日、モスクワ音楽院大ホール、ライヴ

MELCD 1000796
\2700→\2490
アナトーリ・コロリョフ(1949-):READING
 アンサンブルのための2つの作品(2002)
  「審判の日」からの詩句(ソプラノと弦楽四重奏団のための),
  マハカラ〔レゾヴァヤ駅の戦い〕
   (クラリネット、バスクラリネットと弦楽四重奏団のための)
 ジェズアルドによる2つのモテット(ソプラノと10の楽器のための)
  めでたし、聖なるマリア[Ave Sanctissima Maria],
  来たれ、救い主よ[Veni Creator]
 READING
 (フルート、2つのクィントーン〔ヴィオラ〕とコントラバスのための)
 レルナレアのヒドラ(チェロと調律の狂ったアンサンブルのための)
フョードル・レドニョフ指揮
プロアルテ・インスティテュート・アンサンブル
録音:2004年3月、サンクトペテルブルク・レコーディング・スタジオ レニングラードに生まれたコロリョフはレニングラード音楽院指揮科在学中に作曲を始め、作曲クラス修了後ボリス・アラポフに師事。現在、サンクトペテルブルク音楽院の楽器法教授、サンクトペテルブルク作曲家ユニオン作曲ラボラトリーのアーティスティック・ディレクターを務めている。

MELCD 1000853
\2700→\2490
アンドレイ・ゴロヴィン(1950-):
 カンタータ「Plain Songs」
  (Ms、Bs、Pと室内管弦楽のための)(*)
 無伴奏チェロのためのエレジー(+)
 弦楽のための音楽(#)
 遠い過去(ピアノのための)(**)
ナターリャ・ブルナシェワ(Ms(*))
ミハイル・スヴェトコフ(Bs(*))
アンドレイ・ゴロヴィン(P(*/**))
イーゴリ・ジューコフ指揮(*/#)
新モスクワ室内管(*/#)
アレクサンドル・ルーディン(Vc(+))
録音:1990年(*/+)/1993年(#)/2002年(**)

MELCD 1001789
\2700→\2490
ロシアの演奏芸術 20世紀の伝説 ヤコフ・ザーク(1913-1976)
 ラヴェル(1875-1937):ピアノ協奏曲ト長調(*)
 プロコフィエフ(1891-1953):
  ピアノ・ソナタ第4番ハ短調 Op.29(+)
  ピアノ協奏曲第2番ト短調 Op.16(#)
ヤコフ・ザーク(ピアノ)
ソヴィエト国立交響楽団(*)
エフゲニー・スヴェトラーノフ(指揮(*))
BP交響楽団(#)
クルト・ザンデルリング(指揮(#))
録音:1953年(+)/1959年(*/#) 

ヤコフ・ザークはソヴィエト(ユダヤ系ウクライナ人)のピアニスト。ゲンリフ・ネイガウスに師事し、第3回ショパン国際ピアノ・コンクール優勝(1937年)。
モスクワ音楽院教授としてニコライ・ペトロフ、ワレーリー・アファナシェフ、ユーリー・エゴロフらを輩出しました。

 MELCD 1001808
\2700→\2490
20世紀の伝説 - ゲルマン・ガリーニン
 ガリーニン:
  ピアノ協奏曲ハ長調*
  ソナタ三部作**
  三重奏曲ニ短調#
  アリア+
ドミトリー・バシキーロフ(ピアノ)
エフゲニー・スヴェトラーノフ(指揮)*
ソヴィエト国立交響楽団*
アナトーリ・ヴェデルニコフ(ピアノ)**
リューボフ・エドリナ(ピアノ)#
ロスティスラフ・ドゥビンスキー(ヴァイオリン)#
ヴァレンティン・ベルリンスキー(チェロ)#
ボゴダール・コトロヴィチ(ヴァイオリン)+
ザカリ・コザルスキー&室内管弦楽団+

 ショスタコーヴィチとミャスコフスキーの弟子でスターリン賞の受賞者ゲルマン・ガリーニン(1922-1966)。
 早世してしまったためその作品を知る機会が限られており、まとまった形での作品集の登場は近現代ロシア音楽ファンにとって朗報となるだろう。
 バシキーロフ&スヴェトラーノフの「ピアノ協奏曲」が凄そうな予感・・・。

1962年&1971年&1976年の録音。ディジパック仕様

MELCD 1001680
\2700→\2490
ゲオルギー・フリート(1915-):モノオペラ「ゴッホの手紙」
 録音:1986年
セルゲイ・ヤコヴェンコ(バリトン)
ソロイスト・アンサンブル
マルク・エルムレル(指揮)
オランダに生まれフランスで活躍した画家フィンセント・ファン(ヴィンセント・ヴァン)・ゴッホ(1853-1890)が支援者でもあった弟テオに宛てた手紙のロシア語訳をテキストとした、一人の演技者によるオペラ。

MELCD 1001810
\2700→\2490
ロシアの演奏芸術 20世紀の伝説 オレグ・ヤンチェンコ
 J・S・バッハ(1685-1750):
  オルガン独奏のための協奏曲ハ長調 BWV594(原曲:ヴィヴァルディ)(*)
 オレグ・ヤンチェンコ(1939-2002):オルガン協奏曲第2番(1965)(+)
 エドゥアルト・ハガゴルチャン(1930-1983):
  オルガン独奏のための交響曲第3番(1969;オレグ・ヤンチェンコ校訂)(#)
オレグ・ヤンチェンコ(オルガン)
リトアニア国立フィルハーモニー室内管弦楽団(+)
サウリス・ソンデツキス(指揮(+))
録音:1971年、ヴィリニュス(リトアニア)(*)  1969年、ヴィリニュス絵画展示館(旧聖スタニスラウス大聖堂)(+)   1984年、キエフ、オルガン音楽ホール(#)
.

Legends of the XX century ? Alexander Jocheles, piano
 MELCD 1001749
\2700→\2490
20世紀の伝説 - アレクサンドル・ヨヘレス
 シューベルト:
  アダージョ ホ長調D.612
  3つのメヌエット(D.334、335、600)
  10のエコセーズ
   (D.145、299、421、697、735、781、977)
  アレグレット ハ短調D.900、348(ヨヘレス版)
 シューマン:
  劇音楽《マンフレッド》より 2つの断章(ヨヘレス編)
  4つのピアノ曲Op.32
  ペダル・ピアノのためのスケッチOp.58
  クララ・ヴィークの主題による即興曲Op.5
アレクサンドル・ヨヘレス(ピアノ)
名教師イグムノフの門下生で、ラモーの協奏曲、ドビュッシーの幻想曲、オネゲルのコンチェルティーノなどのロシア初演を行い、トランスクリプションを得意とした異才アレクサンドル・ヨヘレス(1912-1978)。
ヨヘレス・アレンジのシューマン、シューベルトは、ロシア・ピアノのファンならば要チェック。ちなみにヨヘレスは、エレーナ・アシュケナージの師でもある。1950-1960年代の録音。ディジパック仕様。


 MELODIYA
MELCD 1001748
\2700→\2490
20世紀の伝説 ボリス・ゴールドシュタイン
 メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ニ短調(1822)*
 クニュース:ヴァイオリン協奏曲ホ短調#
 フェルツマン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調**
ボリス・ゴールドシュタイン(ヴァイオリン)
ミハイル・テリアン(指揮)*
モスクワ音楽院室内管弦楽団*
ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(指揮)#
モスクワ・フィルハーモニー交響楽団#
N・ラフリン(指揮)**
ソヴィエト国立交響楽団**

 オイストラフの弟子でブロンの師、ボリス・ゴールドシュタイン(1922-1987)は、1937年のウジェーヌ・イザイ・コンクールで4位入賞(第1位はオイストラフ)はロシアのヴァイオリニスト。
 ドイツへの亡命の前に収録されたこの協奏曲録音では、オスカー・フェルツマン(1921-)のヴァイオリン協奏曲が初CD化となる。メンデルスゾーンはニ短調協奏曲のほう。

 1962年#/**&1968年*の録音。ディジパック仕様。



 ボリス・ゴールドシュタイン(1922 - 1987 姓はドイツ語風にゴルトシュタインとも、独英折衷でゴールドシュタインと表記)は、ソ連時代のウクライナ、オデッサ生まれのヴァイオリニスト。
 ちなみにオデッサといえばナタン・ミルシテイン、ミッシャ・エルマン、ダヴィッド・オイストラフら多くの名ヴァイオリニストを生んだ地として知られています。

 ゴールドシュタインは少年期から才能を発揮し、1935 年、ワルシャワでの第1回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクールで第4 位を獲得。この時は、優勝がジネット・ヌヴー、準優勝がダヴィッド・オイストラフ、第3 位がアンリ・テミアンカ、さらにゴルトシュタインより下位にイダ・ヘンデルやブロニスワフ・ギンペルが入るというとてつもない水準の高さで、まだ12 歳だったゴールドシュタインがいかに天才少年だったかを物語っています。
 さらに1937 年、ブリュッセルでのイザイ・ヴァイオリン・コンクール(エリザベート王妃国際音楽コンクールの前進) で第4 位。この時も優勝がダヴィッド・オイストラフ、準優勝がリカルド・オドノポゾフ、第7 位にローラ・ボベスコがいるという激戦の中の第4 位でした。
 この頃の映像が残されており、ゴールドシュタイン少年の演奏の完成度の高さに驚かされます。

https://youtu.be/ewbQepSm2AI-list=RDewbQepSm2AI

 1970 年半ばに西ドイツに亡命(弟の作曲家、ミハイル・ゴルトシュタインが先に西ドイツに亡命していた)、教職の傍ら演奏活動も行いますが、国際的な注目を浴びることはないまま1987 年に亡くなりました。

 これはヴィエニアフスキ。
https://youtu.be/70gTTI0u4FM-list=RDewbQepSm2AI


 そんなゴールドシュタインですが、ソ連時代には録音が極めて乏しく、幻のヴァイオリニストでした。


MELCD 1001750
\2700→\2490
ロシアの演奏芸術 20世紀の伝説 ボリショイ劇場弦楽四重奏団(1931-1968)
 ボロディン(1833-1887):
  弦楽六重奏曲ニ短調(1860-1861)(*)
  ロシア風スケルツォ ニ長調
   (共作による弦楽四重奏曲集「金曜日」から;1882)(+)
 グリエール(1875-1956):弦楽四重奏曲ニ短調 Op.67(#)
 ミャスコフスキー(1881-1950):弦楽四重奏曲第9番ニ短調 Op.62(**)
ボリショイ劇場弦楽四重奏団
 I・ジュク(第1ヴァイオリン)
 B・ヴェリトマン(第2ヴァイオリン)
 M・グルヴィチ(ヴィオラ((*/+/#))
 I・マトローソフ(ヴィオラ(**))
 I・ブラフスキー(チェロ)
ルドルフ・バルシャイ(ヴィオラ(*))
スヴャトスラフ・クヌシェヴィツキー(チェロ(*))
録音:1949年(+)/1950年(#)/1952年(*)/1965年(**)

 案外ロシアの弦楽四重奏団は多くない。ボリショイ劇場弦楽四重奏団・・・。この楽団、恥ずかしながら聴いたことがない。聴いたことはあるのかもしれないが記憶にない。ボリショイ劇場管弦楽団のコンマスで、後にソビエト国立響のコンマスになったイザーク・ジュクによって結成されたアンサンブルだと思われる・・・が、1930年代から1960年代というある意味ソビエトの黄金期を乗り切った団体、悪いはずがない。
 しかも共演はバルシャイにクヌシェヴィツキー。それだけで聴いておかなければならない四重奏団であることは証明されたようなもの。
 グリエールの弦楽四重奏曲は1番と2番は大好きな曲だが、第3番(作品67)は聴いたことがない。グリエールの未知の作品をコテコテのロシア楽団がどう演奏するのか。期待したい。


 MELCD 1001787
\2700→\2490
ロシアの演奏芸術 20世紀の伝説/
 ミハイル・アレクサンドロヴィチ(1917-2002)
  バッハ(1685-1750)/グノー(1818-1893):
   アヴェ・マリア(*)
  ハイドン(1732-1809):
   オラトリオ「天地創造」から ウリエルのアリア
  モーツァルト(1756-1791):
   どうか、詮索しないでくれ(アリア)K.420
  メユール(1763-1817):
   オペラ「エジプトのヨセフ」第1幕 から ヨセフのアリア
  ストラデッラ(1644-1682):あなたは私のため息
  ジョルダーニ(1730-1806):カロ・ミオ・ベン
  グルック(1714-1787):
   オペラ「パリスとヘレナ」第1幕 から アリア
  ロッシーニ(1792-1686):
   スターバト・マーテル から アリア
  ドニゼッティ(1797-1848):
   オペラ「愛の妙薬」から ネモリーノのアリア(+)
  ダルゴムイシスキー(1813-1869):
   オペラ「ルサルカ(水の精)」から アリア(#)
ミハイル・アレクサンドロヴィチ(テノール)
ナタリア・グレーエワ(オルガン(*、無印)
オリガ・エルデーリ(ハープ(*))
モスクワ放送交響楽団(+/#)
レオニード・ピアティゴルスキー(指揮(+))
A・コワーレフ(指揮(#))
録音:1962年(*、無印)、1955年(+)、1952年(#)

 MELCD 1002255
\2700→\2490
ピエール・ブーレーズ・イン・モスクワ
 ストラヴィンスキー:バレエ音楽《ペトルーシュカ》
 ウェーベルン:6つの小品 Op.6
 ドビュッシー:管弦楽のための3つの交響的素描《海》
ピエール・ブーレーズ(指揮)
モスクワ音楽院交響楽団
 ピエール・ブーレーズ・イン・モスクワ!鉄のカーテン崩壊の象徴がメロディアから登場!
 ブーレーズが振る、ストラヴィンスキー!ウェーベルン!ドビュッッシー!
 1990年、ピエール・ブーレーズ、モスクワ音楽院大ホールの指揮台に立つ!

 1990年5月、ロシア、モスクワを訪れたブーレーズ。
 ロシア音楽界の総本山であるモスクワ音楽院大ホールを舞台としたコンサートでは、ストラヴィンスキー、ウェーベルン、ドビュッシーを演奏。
 冷戦直後のロシアで、西側から来たブーレーズとロシアの演奏家たちによるオーケストラとの共演は、鉄のカーテン崩壊の象徴の1つとなった画期的な出来事である。
 ピエール・ブーレーズ・イン・モスクワ。それは、冷戦直後のモスクワ音楽院大ホールに鳴り響いたロシア、新ウィーン楽派、フランス印象派の20世紀作品の貴重な記録である。

 ※録音:1990年3月5日、モスクワ音楽院大ホール/ディジパック仕様
 

 MELCD 1002186
\2700→\2490

木管楽器のためのロシアの室内楽作品集Vol.2
 グリンカ:
  クラリネット、ファゴットとピアノのための《悲愴三重奏曲》ニ短調
 バラキレフ:
  ピアノ、フルート、オーボエ、ホルンと弦楽四重奏のための
   《八重奏曲》 Op.3
 イッポリトフ=イワノフ:
  フルート、オーボエ、クラリネット、
  ファゴットとハープのための《グルジアの夕べ》ト短調 Op.71
 グラズノフ:サクソフォン四重奏曲変ロ長調 Op.109

○グリンカ
 ウラディーミル・ソコロフ(クラリネット)
  セルゲイ・クラサヴィン(ファゴット)
  リューボフ・チモフェーエワ(ピアノ)
○バラキレフ
 ワレンチン・ズヴェレフ(フルート)
 アナトーリ・リュビモフ(オーボエ)
 ボリス・アファナシエフ(ホルン)
 アンドレイ・コルサコフ(ヴァイオリン)
 ミハイル・トルピーゴ(ヴィオラ)
 フョードル・ルザノフ(チェロ)
 リファト・コマチュコフ(コントラバス)
 アレクセイ・ナセトキン(ピアノ)
○イッポリトフ=イワノフ
 ワレンチン・ズヴェレフ(フルート)
 アナトーリ・リュビモフ(オーボエ)
 ウラディーミル・ソコロフ(クラリネット)
 セルゲイ・クラサヴィン(ファゴット)
 エミリア・モスクヴィチナ(ハープ)
○グラズノフ
 レフ・ミハイロフ(ソプラノ・サクソフォン)
 アレクサンドル・オセイチュク
  (アルト・サクソフォン)
 ユーリ・ヴォロンツォフ
  (テナー・サクソフォン)
 ウラディーミル・エリョーミン
  (バリトン・サクソフォン)
 旧ソ連の木管!グラズノフのサクソフォン四重奏曲を収録!

 旧ソ連時代のオーケストラの木管セクションを支えた猛者たちによる"木管楽器"のためのロシアの室内楽作品集第2集は、1832年のグリンカからバラキレフ、イッポリトフ=イワノフを経て、1932年のグラズノフまで、100年の間に作曲された4作品。
 ソヴィエト国立響首席のウラディミール・ソコロフ、モスクワ放送響の首席ボリス・アファナシエフ、プラハの春国際音楽コンクールの覇者ワレンチン・ズヴェレフの活躍に加え、レフ・ミハイロフやウラディーミル・エミョーリンらによるサクソフォン・クヮルテットなど、今回の第2集も聴きどころ満載!

 1981年(グリンカ)&1976年(バラキレフ、グラズノフ)&1975年(イッポリト=イワノフ)の録音。ディジパック仕様。
 

 MELCD 1002197
\2700→\2490
ピアノ・デュエットVol.1
 シューベルト:
  幻想曲ヘ短調D.940, Op.103(1990年録音)、
  12のワルツD.145, Op.18〔クレムザー編/4手連弾版〕(1975年録音)、
  4つのポロネーズD.599, Op.75(1974年録音)
 ランナー:ワルツ集 Op.115(1986年録音)
 シューマン:おばけのお話 Op.85-11(1975年録音)
 ブラームス:
  5つのワルツ〔Op.39より〕(1986年録音)、
  ハンガリー舞曲集より 第4番ヘ短調、第19番ロ短調、
  第17番嬰へ短調、第13番ニ長調、第1番ト短調(1986年録音)
アレクサンドル・バフチエフ(ピアノ)
エレーナ・ソロキナ(ピアノ)
 ロシアのピアノ・デュエット・アンソロジー第1弾は、30年以上にわたりデュオを組んできたレフ・オボーリンの高弟アレクサンドル・バフチエフ(1930-2007)と、エレーナ・ソロキナ(1940-)。
 このドイツ&オーストリア・プログラムは、"ロシアのゴールデン・デュエット"とも称えられ、ロシアでのピアノ・デュエットの文化、人気を復活させた功労者たちが残した功績そのものである。

 1974年-1990年の録音。ディジパック仕様。
 
Anthology of Piano Music by Russian and Soviet Composers Part 1 Disc 2
 MELCD 1001964
\2700→\2490
ロシア&ソヴィエトの作曲家によるピアノ音楽のアンソロジーVol.2
  タクタキシヴィリ:詩曲(世界初録音)
  ガビチヴァーゼ:
   《6つのピアノ小品》より スケルツォ、回想(世界初録音)
  カラーエフ:6つの前奏曲*
  ワインベルク:ピアノ・ソナタ第5番#
  シュニトケ:即興とフーガ+
  ポルトラツキー:2つの前奏曲とフーガ**
  ババジャニアン:6つの絵画**
ルーカ・オクロスツヴァニゼ(ピアノ)
ナターリャ・ルーチキナ(ピアノ)*
アーシャ・コレパノワ(ピアノ)#
ミハイル・トゥルパノフ(ピアノ)+
ニキータ・ムンドヤンツ(ピアノ)**
 メロディアのロシアン・ピアノ・アンソロジー第2巻では、タクタキシヴィリやバナジャニアンなど民族
 
Anthology of Piano Music by Russian and Soviet Composers Part 1 Disc 4
 MELCD 1001966
\2700→\2490
ロシア&ソヴィエトの作曲家によるピアノ音楽のアンソロジーVol.4
 エディソン・デニゾフ:変奏曲
 アンドレイ・ヴォルコンスキー:厳格な音楽
 ユーリ・ブツコ:パルティータ*
 アレクサンドル・ヴスティン:哀歌*
 ニコライ・カレトニコフ:2つの小品*
 ロスティスラフ・ボイコ:キプロスのスケッチ+、ソナチナ+
 エドヴァルド・ミルゾヤン:詩曲#
 ソフィア・グバイドゥーリナ:シャコンヌ**
アレクセイ・グロツ(ピアノ)
ミハイル・トゥルパノフ(ピアノ)*
V・サルニコフ(ピアノ)+
ニキータ・ムンドヤンツ(ピアノ)#
セルゲイ・クズネツォフ(ピアノ)**
 前3作よりもさらに時計の針を前へと進めた「ロシア&ソヴィエトの作曲家によるピアノ音楽のアンソロジー」の第4巻では、20世紀ロシアの大作曲家デニゾフとグバイドゥーリナが登場!
 名家に生まれながらも弾圧を受け亡命を余儀なくされたヴォルコンスキー、ロシア人民芸術家の称号、国家賞を授けられたボイコなど、同世代でありながらも正反対の境遇を生きた作曲家たちの音楽のコントラストも興味深いところ。ディジパック仕様。
 

 MELCD 1001968
\2700→\2490
ロシア&ソヴィエトの作曲家によるピアノ音楽アンソロジーVol.6
 カバレフスキー:ロンド
 ニコライエフ:ロンディーノ(世界初録音)
 カラマーノフ:変奏曲
 ティシチェンコ:ピアノ・ソナタ第4番
 スコリク:ブルレスケ(世界初録音)
 アラポフ:ピアノ・ソナタ第2番
ニキータ・ムンドヤンツ(ピアノ)
タチアナ・ドロホワ(ピアノ)
イリーナ・ボグダノワ(ピアノ)
アーシャ・コレパノワ(ピアノ)
ミハイル・トゥルパノフ(ピアノ)
 「ロシア&ソヴィエトの作曲家によるピアノ音楽のアンソロジー」の第6巻は【 第1部「1917-1991」】の続編であり、ウズベキスタンのユーリ・ニコライエフとウクライナのミロスラフ・スコリクの「世界初録音」となる2作品を収録。
 1950年代後半から1970年代前半の作品集には、第1回チャイコフスキー国際コンクールの課題曲として作曲されたカバレフスキーの「ロンド」や、ティシチェンコ、カラマーノフなどロシア音楽ファンにとって馴染みの深い作曲家たちのピアノ作品が並ぶ。

 ※録音:2012年、モスクワ/ディジパック仕様
 

 MELCD 1002256
\2700→\2490
ロシア&ソヴィエトの作曲家によるピアノ音楽アンソロジーVol.7
 ヴォルコフ:ソナタ第5番(世界初録音)
 チュドワ:ソナタ(世界初録音)*
 シャヒディ:2つの小品**
 ヴォロンツォフ:シリウス+
 セルグーニン:オリガミ(世界初録音)++
 スィソエフ:アンティフェイゼス(世界初録音)#
イリーナ・ボグダノワ(ピアノ)
ニキータ・ムンドヤンツ(ピアノ)*
エカテリーナ・メチェティナ(ピアノ)**
フョードル・アミロフ(ピアノ)+
ルーカス・ゲニューシャス(ピアノ)++
ユーリ・ファヴォーリン(ピアノ)#
 ゲニューシャス登場!ロシアン・ピアノ・アンソロジー!

 ロシア、旧ソ連におけるピアノ音楽の歴史をたどるメロディア(Melodiya)の「ロシア&ソヴィエトの作曲家によるピアノ音楽のアンソロジー」シリーズ。第7巻はシリーズの第2部【1991年から現在まで】の第2集!
 ハチャトゥリアンの弟子であるシャヒディ、タチアナ・チュードワ(1944-)とアレクセイ・スィソエフ(1972-)の師弟コンビ、ロシア北部の自然からインスパイアされた作品を書いたキリル・ヴォルコフ(1943-)など、過去20年間のロシアのピアノ音楽の歴史が凝縮されている。ディジパック仕様。

 MELCD 1002273
\2700→\2490
若き日のルディンの名演
 チェロ・ソナタ集

 ヴァレンティーニ:チェロ・ソナタ ホ長調
 J.S.バッハ:ソナタ第2番ニ長調 BWV.1028
 ベートーヴェン:モーツァルトの《魔笛》の主題による7つの変奏曲変ホ長調
 クレンゲル:スケルツォ ニ短調 Op.6
 ミャスコフスキー:チェロ・ソナタ第1番ニ長調 Op.12
アレクサンドル・ルディン(チェロ)
リディア・エフグラーフォワ(ピアノ)
ヴィクトル・ギンズブルグ(ピアノ)
 チャイコフスキー国際コンクール、ライプツィヒ・バッハ国際コンクール、カサド国際チェロ・コンクールの入賞歴を持ち、現在はモスクワ音楽院教授、ムジカ・ヴィヴァの指揮者としても活躍しているロシアのチェリスト、アレクサンドル・ルディン。
 ヴァレンティーニからベートーヴェンを経てミャスコフスキーへと続く、若き日のルディンの演奏が堂々の復活。

 1978年&1983年(ミャスコフスキー)の録音。ディジパック仕様。


 MELCD 1002126
\2700→\2490
ブツコ:歌劇《白夜》 ガリーナ・ピサレンコ(ソプラノ)
アナトーリ・ミシュチェフスキ(テノール)
ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(指揮)
モスクワ放送交響楽団
 「白夜」はモスクワ音楽院で学んだ旧ソ連、ロシアの作曲家ユーリ・ブツコ(1938-)が、ドストエフスキーの同名の短編小説を題材として作曲を行った1幕のオペラ。ディジパック仕様。
 MELCD 1002012
\2700→\2490
1812年!
 コズロフスキ:2つのポロネーズ
 ボルトニャンスキー:
  トリオ・ソナタ ハ長調、協奏交響曲変ロ長調
 チャイコフスキー:祝典序曲変ホ長調Op.49/他
コルナチェフ&チェンバー・アンサンブル
モスクワ・アンサンブル《バロック・ソロイスツ》
アレクサンドル・ルーディン(指揮)
ムジカ・ヴィーヴァ
エフゲニー・スヴェトラーノフ(指揮)
ソヴィエト国立交響楽団
N・ナザロフ(指揮)
ソヴィエト国防省中央軍楽隊
 ロシアがナポレオン1世の率いるフランスに勝利した「1812年」をテーマとしたプログラム。
 ボルトニャンスキーの「協奏交響曲」は、ピアノ、ハープ、2本のヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェロ、バスーンというユニークな編成による作品。1974年-2005年の録音。ディジパック仕様。


 MELCD 1002062
\2700→\2490
"指揮者"オイストラフの代表的演奏
 マーラー:交響曲第4番ト長調
ガリーナ・ヴィシュネフスカヤ(ソプラノ)
ダヴィッド・オイストラフ(指揮)
モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団
 1962年に本格的な指揮者デビューを果たしたロシアの大ヴァイオリニスト、ダヴィッド・オイストラフ(1908-1974)。
 ロストロポーヴィチの妻であり名ソプラノ、ガリーナ・ヴィシュネフスカヤをソリストに迎えたマーラーの「交響曲第4番」は、"指揮者"オイストラフの代表的演奏の1つ。1967年の録音。ディジパック仕様。
 

 MELCD 1002067
\2700→\2490
日本語帯は付きません
ギンズブルグのルビンシテイン、ピアノ協奏曲第4番!
 グリゴーリ・ギンズブルグ・プレイズ・ルビンシテイン&リスト

 リスト:
  《巡礼の年》より ゴンドラの漕ぎ手、タランテラ、
  ワレンシュタット湖畔、泉のほとりで、
  ジュネーヴの時計台、オーベルマンの谷
 ルビンシテイン:
  練習曲第2番ヘ長調Op.23、
  ピアノ協奏曲第4番ニ短調Op.70*
グリゴーリ・ギンズブルグ(ピアノ)
アロン・シェレシェフスキー(指揮)*
ソヴィエト国立交響楽団*
 ゴリデンヴェイゼル門下の名ピアニスト。ギンズブルグのリスト&ルビンシテイン!

 "ロシアン・ピアノ・スクール"の開祖の1人、アレクサンドル・ゴリデンヴェイゼル門下の傑物グリゴーリ・ギンズブルグ(1904-1961)のリストとルビンシテイン!
 第4回ショパン国際ピアノ・コンクール第4位入賞、モスクワ音楽院教授など、輝かしい実績と名声を誇ったギンズブルグ。
 ヴィルトゥオーゾ・ピアニストとしての本領が発揮されたリスト、後の世代への指針となったルビンシテインの演奏は、いずれもギンズブルグの代表的名演として高名なもの。
 ルビンシテインの第4番はロマンティックで美しいロシア・ロマン派ピアノ・コンチェルトの代表的作品。ギンズブルグの演奏で聴けるとは!!
 ロシアン・ピアノ・スクール・ファン要注目の音源が本家メロディアから復活!ディジパック仕様。




 MELCD 1002413
\2700→\2490
ヴィヴァルディ、ウェーバー、ジョリヴェ -
 ファゴット協奏曲集

  ファゴット協奏曲イ短調 RV.497、
  ファゴット協奏曲ニ短調 RV.481、
  ファゴット協奏曲ホ短調 RV.484
  ウェーバー:ファゴット協奏曲ヘ長調 Op.75
  ジョリヴェ:
   ファゴット、弦楽オーケストラ、
    ハープとピアノのための協奏曲
ロディオン・トルマチェフ
 (ファゴット)
イワン・ストルボフ(指揮)
マリインスキー劇場管弦楽団
 マリインスキー劇場管の首席ファゴット。トルマチェフのコンチェルト・アルバム!

 2003年からマリインスキー劇場管弦楽団の首席奏者として活躍する、新世代のファゴットのヴィルトゥオーゾ、ロディオン・トルマチェフのコンチェルト・アルバム!
 2007年の第24回日本管打楽器コンクール第1位、2000年のロシア木管楽器コンクール第1位、2001年のミュンヘン国際音楽コンクール木管五重奏部門第3位など、輝かしい入賞歴を誇るトルマチェフが、同じくマリンスキー劇場管のクラリネット奏者兼指揮者、イワン・ストルボフのサポートを得て、ヴィヴァルディ、ウェーバー、ジョリヴェの協奏曲で、その才能を余すことなく発揮。
 マリインスキー劇場管の木管セクションを支える名手の妙技に要注目。

 ※録音:2013年-2014年/ディジパック仕様



MELCD 1002152
\2700→\2490
クラリネットとピアノのための音楽
 ドビュッシー(1862-1918):クラリネットとピアノのための第1狂詩曲
 グレチャニノフ(1864-1956):クラリネット・ソナタ第2番 Op.172
 ヒンデミット(1895-1963):クラリネット・ソナタ ロ長調
 プーランク(1899-1963):クラリネット・ソナタ Op.184
 タネーエフ(1856-1915):
  チェロ、クラリネットと弦楽合奏のためのカンツォーナ ヘ短調
   (クラリネットとピアノのための編曲版)
イヴァン・ストルボフ(クラリネット)
キム・ジラン(ピアノ)

録音:2012年

イヴァン・ストルボフはサンクトペテルブルク音楽院で学び、2013年現在マリーンスキー劇場管弦楽団ソリスト、サンクトペテルブルク音楽専門学校教授を務めるクラリネット奏者。キム・ジランはサンクトペテルブルク音楽院で学んだ韓国出身のピアニスト。



MELCD 1002252
\2700→\2490

『ピアノ・デュエット 第2集 モーツァルト(1756-1791):4手のためのソナタ集』


 4手のためのピアノ・ソナタ ニ長調 K381
 4手のためのピアノ・ソナタ 変ロ長調 K358
 4手のためのピアノ・ソナタ ト長調 K357(未完)
 4手のためのピアノ・ソナタ ヘ長調 K497
 2台ピアノのためのソナタ ニ長調 K448
アレクサンドル・バフキエフ(ピアノ)
エレナ・ソロキーナ(ピアノ)

 「ロシアのゴールデンデュエット」と称されるバフキエフとソロキーナのピアノ・デュオ第2集。
 彼らは1968年に初めて共演を行い、以来、40年近くのコラボレーションの結果、ロシア国内外で数千回に及ぶコンサートを開催、様々な作曲家の100以上の作品を演奏し、70枚以上のレコードとCDをリリースしました。レパートリーはバロック期の音楽から近現代の作品まで幅広く、創造性に富んだ音楽は高く評価されています。

 第1集(MEL1002197)ではシューベルト、シューマン、ブラームスとヨーゼフ・ランナーというロマン派の作品を収録していましたが、第2集は1980年と81年に収録されたモーツァルトのソナタ集。なかでも有名なK448での鮮やかな演奏が聴きものです。


1980年…12-14、1981年…1-11

 MELCD 1002373
\2700→\2490
ズラブ・アンジャパリゼ - オペラからのアリアと情景
 プッチーニ:
  歌劇《トスカ》より カヴァラドッシのアリア、
  歌劇《マノン・レスコー》より デ・グリューのアリア
 ヴェルディ:
  歌劇《アイーダ》より ラダメスのロマンス、
  歌劇《イル・トロヴァトーレ》より マンリーコのストレッタ、
  歌劇《オテロ》より 情景
 レオンカヴァッロ:
  歌劇《道化師》より カニオのレチタティーヴォとアリオーソ
 ドニゼッティ:歌劇《愛の妙薬》より ネモリーノのロマンス
 チャイコフスキー:
  歌劇《スペードの女王》より ゲルマンのアリオーソ
ズラブ・アンジャパリゼ(テノール)
マルク・エルムレル(指揮)
ボリス・ハイキン(指揮)
ボリショイ劇場管弦楽団&合唱団
 ソヴィエトのフランコ・コレッリ。ズラブ・アンジャパリゼ!

 ビゼーの「カルメン」でボリショイ劇場デビューを果たし、60-70年代の同劇場で活躍したグルジア出身のテノール歌手ズラブ・アンジャパリゼ(1928-1997)
 。ソヴィエトのフランコ・コレッリとも称された歌声を、メロディアの復刻で存分に。

 1967年-1973年の録音。ディジパック仕様。




 MELCD 1002409
\2700→\2490
ショパン・コンクール2位、チャイコフスキー・コンクール2位
 ルーカス・ゲニューシャス
調和の解放 - ロシアのピアノ作品集

 ヴァレリー・アルズマノフ(1944-):
  ピアノのための27の小品集より(1985)
 レオニード・デシャトニコフ(1955-):劇場の共鳴(1985)
 ウラディーミル・リャボフ(1950-):
  ピアノのためのロシア歌曲編曲集 Op.73&Op.74より(1989-1990)
ルーカス・ゲニューシャス(ピアノ)
 ゲニューシャスがメロディアに登場!現代ロシアの作曲家たちによるピアノ作品!

 モスクワ音楽院の名教授であると同時に祖母でもあったヴェラ・ゴルノスタエヴァ(1929-2015)の愛弟子であり、2010年のショパン国際ピアノ・コンクール第2位、2015年のチャイコフスキー国際コンクール第2位入賞の実績を誇るルーカス・ゲニューシャス。
 ロシアン・ピアニズムを受け継ぐヴィルトゥオーゾ、ゲニューシャスのメロディアからリリースとなる2015年の新録音は、ロシアの現代作曲家3人のピアノ作品集という意欲作。鋭い選曲眼と抜群のセンスを兼ね備えるゲニューシャスが選んだ1985年から90年にかけて作曲されたロシアのピアノ作品。これは期待大!

 ※録音:2015年/ディジパック仕様


 MELCD 1002072
\2700→\2490
メリク=パシャエフの伝説-「悲愴」&「未完成」
 チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調Op.74《悲愴》
 シューベルト:交響曲第8番ロ短調D.759《未完成》*
アレクサンドル・メリク=パシャエフ(指揮)
ボリショイ劇場管弦楽団

 ニコライ・ゴロワノフからボリショイ劇場の首席指揮者のポストを引き継いだ旧ソ連の名指揮者アレクサンドル・メリク=パシャエフ。
 旧ソ連のオペラ指揮者として知られるメリク=パシャエフが振る2つの「ロ短調」のシンフォニー。メリク=パシャエフ体制のボリショイ劇場管のサウンドにも注目したい。1956年(1960年?)&1962年の録音*。ディジパック仕様。
Glinka: Piano Works
MELCD 1001827
\2700→\2490
グリンカ(1804-1857):ピアノ作品集
  「母に祝福あれ」による変奏曲/夜想曲変ホ長調
  ポルカ ニ短調/マズルカ ト長調/祈り/マズルカ ハ長調
  ラス・モリャレス(アンダルシア舞曲)/自作主題による変奏曲
  モーツァルトの主題による変奏曲/ギャロップ/舟歌/タランテッラ
  マズルカ ヘ長調/アリャビエフの「ナイチンゲール」による変奏曲
ワレーリー・カミショフ(ピアノ)
録音:1976年、1978年




MEL1002452
\2700→\2490
スキャンダルの中で死んだ男
 【オレグ・ヴェデルニコフの思い出に捧げる】
  ロシアの20世紀チェロ作品集

 ショスタコーヴィチ(1906-1975):チェロ・ソナタ ニ短調 Op.40
  1.第1楽章:Allegro non troppo
  2.第2楽章:Allegro
  3.第3楽章:Largo
  4.第5楽章:Allegro
 シュニトケ(1934-1998):チェロ・ソナタ(1978)
  5.第1楽章:Largo
  6.第2楽章:Presto
  7.第3楽章:Largo
 8.デシャトニコフ(1955-):「住居を取得する」の主題による変奏曲
 9.シチェドリン(1932-):歌劇《愛だけではなく》より
  カドリーユ
 ボーナス・トラック
  10.フォーレ(1845-1924):エレジー Op.24
オレグ・ヴェデルニコフ(チェロ)
アレクセイ・ゴリボル(ピアノ)

 2015年に48歳の若さで生涯を閉じたロシアのチェリスト、オレグ・ヴェデルニコフ。才能に恵まれた奏者でありながらも、存分に名声を勝ち得たとは言えない不遇の演奏家の一人です。
 スヴェドロフスクでエンジニアの家庭に生まれたヴェデルニコフは、ウラルで学んだ後、1989年にモスクワ音楽院の大学院に入学、ナタリア・シャコフスカヤに師事、ソロ活動を始めてすぐにピアニストのアレクセイ・ゴリボルとデュオを結成して活動を始めます。
 1991年にイタリアのトラーパニで開催された室内楽コンクールで1位を獲得、ロシア同時代の作曲家たちの作品の初演を数多く行う演奏家として知名度を上げました。
 2001年には北京交響楽団の首席チェロ奏者となり、10年以上中国で活躍、帰国後はモスクワ現代音楽アンサンブルのソリストを務めていましたが、病を得て、2015年6月11日に惜しまれつつこの世を去りました。
 この1993年に録音されたアルバムは、当時デュオを組んでいたゴリボルとの共演で「20世紀のロシア作品」が収録されていますが、この録音はこれまでリリースされることがなく、ヴェデルニコフの死後1年以上を経て、彼の思い出のためにリリースが決定したということです。

 録音 1993年

**********************************

 中国の高速列車内で裸足の両足を前の座席の上に投げ出していたため前の座席の乗客が注意したが聞かず、乗務員が説得しても従わず、逆に中国語で罵声を浴びせ大騒ぎとなり、最後は警察が来てようやく収まるという事件があった。
 その男が・・・北京交響楽団の首席チェロ奏者オレグ・ヴェデルニコフだった。
 その様子は動画投稿サイトに掲載され、北京交響楽団は声明を発表、ヴェデルニコフ氏本人もインターネット上で謝罪、結局ヴェデルニコフは除籍となった。
 その事件が起きたのが2012年。ヴェデルニコフ、その3年後に亡くなったわけである。
 48歳。
 大病だったらしい。





MEL1002455
\2700→\2490
80年代後半まで出国を許されなかった
 イリーナ・チュコフスカヤ(ピアノ)
ショスタコーヴィチ(1906-1975):24の前奏曲/ピアノ・ソナタ 第2番 他

 ピアノ・ソナタ 第2番 ロ短調 Op.61
 24の前奏曲 Op.34
 格言集-10の小品 Op.13
  第1番:レチタティーヴ、第2番:セレナーデ
  第3番:夜想曲、第4番:エレジー
  第5番:葬送行進曲、第6番:練習曲
  第7番:死の舞踏、弟8番:カノン
  第9番:伝説、第10番:子守歌
イリーナ・チュコフスカヤ(ピアノ)

 2016年、ショスタコーヴィチの生誕110年を記念して、ロシアの名手チュコフスカヤによって録音された「24の前奏曲」を含むピアノ作品集。
 彼女のパフォーマンスは息を呑むほどの妙技と、ロシア伝統の演奏法に支えられており、その才能はロストロポーヴィチにも賞賛されたほどです。
 しかし、1980年ショパン国際ピアノ・コンクールに入賞(イリーナ・ペトロヴァ名義にて)した際は、多数の演奏会への出演を依頼されるも国家安全保障委員会から許可が出ず、即刻帰国し、以降80年代後半までは出国を許されることがなかったという当時の政策に振り回されてしまいました。
 とは言え、10年間に渡ってソ連の主要都市で400回以上のコンサートを行い、聴衆の心を掴んだ彼女、海外で演奏できるようになった80年代後半の演奏は、目に見えて自由度が増したということです。
 マキシム・ショスタコーヴィチの協力者としても知られる彼女は、現在教育者としても活躍し、後進の育成に力を注いでいます。



MEL1002493
\2700→\2490
LIEDERABEND-リートの夕べ
 1.ベルク(1885-1935):ピアノ・ソナタ Op.1
 ヴォルフ(1860-1903):メーリケ歌曲集より
  2.少年鼓手(第1集)
  3.狩人(第4集)
  4.飽くことを知らぬ恋(第1集)
  5.ことづて(第4集)
  6.希望の復活(第1集)
  7.庭師(第2集)
  8.旅にありて(第2集)
  9.祈り(第3集)
  10.隠棲(第1集)
 11.ヒンデミット(1895-1963):ピアノ音楽「序奏と歌」 Op.37-2
 ヴォルフ:メーリケ歌曲集より
  12.散歩(第1集)
  13.捨てられたメイド(第1集)
  14.さようなら(第3集)
  15.古い絵によせて(第2集)
  16.時は春(第1集)
  17.明け方に(第2集)
  18.新しき愛(第3集)
  19.ヴァイラの歌(第4集)
  20.炎の騎士(第4集)
 21.リヒャルト・シュトラウス(1864-1949):明日の朝 Op.27-4
アンドレイ・イリホフスキ(バリトン)
ヴァディム・ホロデンコ(ピアノ)

 Melodiyaアプリオーリ・シリーズの最後を飾る1枚は、2016年の冬に行われたコンサートの録音です。ヴォルフの「メーリケ歌曲集」を歌うイリホフスキは1985年生まれのバリトン歌手。2014/15のシーズンからボリショイ劇場オペラ・カンパニーのソリストとして活躍する期待の歌い手です。
 歌の伴奏を務めるとともに、曲の合間にベルクとヒンデミットのピアノ曲を演奏しているのは、1985年生まれのピアニスト、ホロデンコ。世界中でコンサートを開催する傍ら、室内楽活動も活発に行っており、卓越したアンサンブル能力が高く評価されています。才能ある2人の若手が生み出す伸びやかな音楽が絶品です。

 録音 2016年12月29日 Small Hall of the Moscow Conservatory
. 





MEL1002542
\2700→\2490

6手ピアノ!しかも演奏はブーニン一族の3人
 ラフマニノフ(1873-1943):6手ピアノのための2つの小品
他の曲の演奏陣もすごい!

 1.ワルツ
 2.ロマンス
ヴィクトル・ブーニン(ピアノ)
ウラジミール・ブーニン(ピアノ)
エフゲニー・ブーニン(ピアノ)
 3.ラフマニノフ:ショパンの主題による変奏曲 Op.22
 4.メンデルスゾーン(1809-1847):劇付随音楽「夏の夜の夢」 Op.61-スケルツォ
  (ラフマニノフによるピアノ編)
 5.チャイコフスキー(1840-1893):6つのロマンス Op.16-1「子守歌」
  (ラフマニノフによるピアノ編)
 6.ビゼー(1838-1875):アルルの女組曲第1番-2「メヌエット」
  (ラフマニノフによるピアノ編)
アレクサンドル・バフキエフ(ピアノ)
 7.ラフマニノフ:12の歌 Op.21-5「リラの花」(ピアノ版)
 8.ラフマニノフ:6つの歌 Op.38-3「ひなぎく」(ピアノ版)
アレクセイ・ナセトキン(ピアノ)
 9.ラフマニノフ:15の歌 Op.26-10「私の窓辺に」(ピアノ編) ドミトリー・バシキーロフ(ピアノ)
 10.ラフマニノフ:コレルリの主題による変奏曲 Op.42 セルゲイ・カスパロフ(ピアノ)
  

 ラフマニノフの生誕145年を記念し、ソヴィエト戦後世代の知られざるアーティストから現代ロシアの新星まで、多彩なピアニストによる演奏を収めた作品集。
 とりあえず歴史的録音に入れておきます。

 あまり一般的とは言えない6手という編成で書かれた「ワルツ」と「ロマンス」は、ラフマニノフ自身が姉妹たちと夏の休暇を楽しむために作られました。ここで弾いているのは、1908年生まれの作曲家ウラジミール・ブーニンが築いた「ブーニン一族」を代表する3人。息子でファインベルク晩年の高弟ヴィクトル、その兄弟のウラジミール、そしてエフゲニーです。

 前奏曲ハ短調からテーマを取った大作「ショパンの主題による変奏曲」と、3つの管弦楽作品の編曲を弾くアレクサンドル・バフキエフは、妻のエレーナ・ソロキーナとのデュエットで知られます。
 歌曲からの編曲のうち2曲を弾くのはナウモフ門下のアレクセイ・ナセトキン。
 もう1曲「私の窓辺に」を弾くドミトリー・バシキーロフはロシア内外で広く活躍しており、ダン・タイ・ソン、ヴォロドス、コジュヒンの師としても知られます。
 ラストを飾る「コレルリの主題による変奏曲」を弾くのは、既に数々の国際コンクールで受賞歴を誇るリュビモフ門下の新星セルゲイ・カスパロフ。

 ラフマニノフという大作曲家を共通項として、録音が少ないアーティストの演奏を堪能できる、ロシア・ピアノ・ファンには嬉しい好企画です。

  録音年:1988年…1,2,1967年…3-6,1980年…7,8, 1985年(9),2017年(10) Sound engineers:M.Dudkevich(1, 2),I.Veprintsev(3-6),V.Skoblo(7,8),P.Kondrashin(9),M.Spassky(10) Remastering:M.Pilipov





//////////////////////////


6手の「ワルツ」と「ロマンス」を、コチシュとヴァーシャリとドラーフィという3人の巨匠が弾いてる映像を見つけた。
狭そう!でもなんと豪華な。
https://www.youtube.com/watch-v=Vo7MikGlb8w

 豪華すぎてちょっと笑える。 


MEL1002544
\2700→\2490
SEASONS OF TANGO
タンゴによるヴィヴァルディの「四季」(S.I.ヨーナー編)

 1-3.ヴァイオリン協奏曲 ホ長調「春」RV269
 4-6.ヴァイオリン協奏曲 ト短調「夏」RV315
 7-9.ヴァイオリン協奏曲 ヘ長調「秋」RV293
 10-12.ヴァイオリン協奏曲 ヘ短調「冬」RV297
 13-15.ヴァイオリン協奏曲 イ短調 「調和の霊感 第6番」RV356
ユーリ・メディアニク(バヤン)
エモーション・オーケストラ
【メンバー】
 セルゲイ・ポスペロフ(ヴァイオリン)
 アレクセイ・コルバノフ(ギター)
 オレグ・トゥルソフ(コントラバス)

 ロシアからウクライナにかけて用いられる楽器バヤン。1907年にピョートル・ステリゴフが考案し、主としてバラライカとのアンサンブルで用いられるロシア式のアコーディオンです。
 このアルバムは、著名なバヤン奏者ユーリ・メディアニクが考案したプロジェクト“クラシック音楽とタンゴの融合”の最初の録音で、ヴィヴァルディの「四季」をバヤンとヴァイオリン、ギター、コントラバスという異色のアンサンブルで演奏するという試みがなされています。
 ピアソラの「ブエノスアイレスの四季」とヴィヴァルディの「四季」を組み合わせた演奏は、これまでにも時折リリースされていますが、ここでのアレンジはヴィヴァルディそのものがタンゴに変容するという斬新なもの。
 メディアニクとエモーション・オーケストラはまるで中世のバンドのような柔軟な表現を駆使し作品を自在に演奏、誰もが知っている名曲に新たな魅力を加えています。
  録音:2014年Sound engineer . R. Oreshnikova
 



MEL1002566
\2700→\2490
モーツァルト(1756-1791):
 弦楽三重奏のためのディヴェルティメント 変ホ長調 K563
シュニトケ(1934-1998):弦楽三重奏曲(1985)
ルボツキー・トリオ
【メンバー】
 マルク・ルボツキー(ヴァイオリン)
 カタリナ・アンドレアソン(ヴィオラ)
 オルガ・ドウブッシュ=ルボツキー(チェロ)

 2003年結成、長年親密なアンサンブルを繰り広げてきた「ルボツキー・トリオ」が演奏するモーツァルトとシュニトケの三重奏曲。
 活躍した時代におよそ200年の隔たりがある2人の作曲家ですが、大胆な作風と豊かな感性に裏打ちされた各々の作品には、多くの共通性を見出すことができます。
 モーツァルトがフリーメイソンのために作曲したとされるディヴェルティメントは、本来の意味である「娯楽性」を排した演奏至難な曲。晩年のモーツァルトらしく、精緻な作風によって書かれています。
 1985年に作曲されたシュニトケの三重奏曲は後にピアノ三重奏曲に改編され、どちらのヴァージョンでも演奏される名作。マルク・ルボツキーはシュニトケの親友であり、彼の作品を何度も演奏しその真価を世に問うたことで知られるヴァイオリニスト。この最新録音でも作曲家への深い共感が感じられます。

 録音:2017年 Vikers kyrka, SwedenSound engineer-Andrew Hallifax
 


MEL1002598
\2700→\2490
ロシアの現代音楽家による合唱作品集 第2集
 セルゲイ・スロニムスキー:レクイエム(2003)
  -ソリスト、混声合唱、交響楽のための
  1.ラクリモサ(涙の日)
  2.ディエス・イレ(怒りの日)
  3. レクイエム・エテルナム(永遠の休息を)
  4.ルックス・エテルナ(永遠の光)
  5.トゥーバ・ミルム(奇しきラッパの響き)
  6.アニュス・デイ(神の子羊)
  7.レックス・トレメンデ(恐るべき御稜威の王)
  8.ドミネ・イエス(主、イエス)
  9.ホスティアス(賛美の生贄)
  10.サンクトゥス(聖なるかな)
  11.ベネディクトゥス(祝福されたもの)
  12.リベラ・メ(我を解き放ちたまえ)
  13.キリエ・エレイソン(あわれみの賛歌)
  14.ラクリモサ(涙の日)

 アレクサンドル・プーシキンによる2つの合唱曲
  15.たとえ生活があなたを欺いても
  16.バッカスの歌

 2つのロシアの歌
  17.私の悲しい心
  18.妻を愛しなさい。決して暴力をふるってはならない
タチアーナ・ミネイエヴァ(ソプラノ)
ポリーナ・シャマイエアヴァ(メゾ・ソプラノ)
アンドレイ・バシュコフ(テノール)
ドーミトリー・クズネツォフ(バス)
レフ・コントロヴィチ(指揮)
 
モスクワ音楽院交響楽団(芸術監督:ヴャチェスラフ・ヴァレイエフ)
ザ・アカデミック・グランド・クワイア・マスターズ・オブ・コーラル・シンギング
(芸術監督:レフ・コントロヴィチ)
モスクワ音楽院室内合唱団(創設者 ボリス・テヴリン教授)
マリア・チェルマキナ、タラス・ヤセンコフ、アレクセイ・ヴャズニコフ(コーラス・マスター)
グレゴリー・アヴグスティノヴィチ(トゥーラ国立合唱団 首席指揮者)
セルゲイ・シドレンコ(トゥーラ国立合唱団 首席コーラス・マスター)
セルゲイ・ヴァシリエフ、アレクセイ・ザイツェフ(コーラス・マスター)
アレクサンドル・ソロヴィエフ(合唱団 芸術監督)

 Melodiyaレーベルからの現代ロシアの作曲家による合唱曲集シリーズ第2弾は、サンクトペテルブルク音楽院の教授を務め、ピアニストや音楽学者としても活躍し、合唱作品を得意とするスロニムスキーのレクイエムを中心としたアルバム。
 スロニムスキーは深淵かつ真摯でメロディアスな作風で知られており、合唱は、彼のオペラやバレエ、交響曲などあらゆる作品に登場します。
 この「レクイエム」は、スロニムスキーが「作曲家は生涯に一度しかレクイエムを作曲できない」として取り組んだ、ソリスト、大合唱団とオーケストラという大編成による大作。どこかロシアのオペラを想起させる力強さに溢れ、美しいソロ曲を含むだけでなく、大編成の合唱と時に激しさを増す管弦楽伴奏から、スケールの大きい強い祈りの気持ちが伝わります。
 指揮は1947年モスクワ生まれのコントロヴィチ。合唱指揮を学び、1996年以来モスクワ音楽院の教授を務め、ホロストフスキーのCD他多数の録音や、ロシア国内外で活躍しています。

  録音:モスクワ音楽院大ホール、2016年10月10日(1-14)、2019年2月26日(15-18)
 



 MELCD 1001999
\2700→\2490
スヴェトラーノフ&ソヴィエト国立響
 ロシアン・カプリッチョ
  グリンカ:ホタ・アラゴネーサ
  リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲Op.34
  チャイコフスキー:イタリア奇想曲Op.45
  ラフマニノフ:ジプシーの主題による奇想曲Op.12
エフゲニー・スヴェトラーノフ(指揮)
ソヴィエト国立交響楽団
 スヴェトラーノフ御大が手兵ソヴィエト国立響を率いての「ロシアのカプリッチョ(奇想曲)集」。リムスキー=コルサコフの「スペイン奇想曲」やチャイコフスキーの「イタリア奇想曲」からグリンカ、ラフマニノフまで。圧巻のテンションと深い歌心に感服。ディパック仕様



 MELCD 1002242
\2700→\2490
ロシアを代表する木管楽器奏者アナトーリ・カミシェフ
 ウェーバー:協奏的大二重奏曲変ホ長調 Op.48
 シューマン:幻想小曲集 Op.73
 ブラームス:クラリネット三重奏曲イ短調 Op.114
 ベルク:4つの小品 Op.5
アナトーリ・カミシェフ(クラリネット)
アンドレイ・ガヴリーロフ(ピアノ)
イヴァン・モニゲッティ(チェロ)
 リヒテルとの共演でもその名を知られる1970-80年代のロシアを代表する木管楽器奏者の1人アナトーリ・カミシェフ。
 ウェーバー、シューマン、ブラームス、そしてベルクという独墺系ロマン派の傑作の数々を、ガヴリーロフとの共演でたっぷりと聴かせてくれる。80年代ロシアでのドイツ・ロマン派音楽の解釈、クラリネットのサウンドという強烈な個性をどうぞ。

 1982年の録音。ディジパック仕様。



 MELCD 1002099
\2700→\2490
木管楽器のためのロシアの室内楽作品集Vol.1
 ルビンシテイン:ピアノ五重奏曲ヘ長調 Op.55
 リムスキー=コルサコフ:ピアノ五重奏曲変ロ長調*
ワレンチン・ズヴェレフ(フルート)
ウラディーミル・ソコロフ(クラリネット)
アナトーリ・デミン(ホルン)
セルゲイ・クラサヴィン(ファゴット)
アレクセイ・ナセトキン(ピアノ)
アレクサンドル・コルネイエフ(フルート)*
ウラディーミル・ズヴェレフ(クラリネット)*
ボリス・アファナシエフ(ホルン)*
ウラディーミル・ヴラセンコ(ファゴット)*
アレクサンドル・バフチエフ(ピアノ)*
 圧巻!ロシアを代表する管楽器の猛者たちの共演!

 メロディアから"木管楽器"のためのロシアの室内楽作品集がスタート。第1集は、ルビンシテインとリムスキー=コルサコフの「ピアノ五重奏曲集」!
 19世紀ロシアの「ピアノ五重奏曲」の傑作2作品では、プラハの春国際音楽コンクールの覇者ワレンチン・ズヴェレフや、ソヴィエト国立響の首席を務めたウラディーミル・ソコロフ、アナトーリ・デミン(デョーミン)、モスクワ放送響の元首席ホルンのボリス・アファナシエフなど、旧ソ連時代を代表する管楽器の猛者たちがひしめき合う!旧ソ連、ロシアの管楽器の醍醐味ここにあり。

 1977年&1965年*の録音。


MELCD 1002100
\2700→\2490
エカテリーナ・メチェーチナの「展覧会の絵」
 チャイコフスキー(1840-1893):
  主題と変奏曲ヘ長調 Op.19 No.6/ドゥムカ Op.59
 ラフマニノフ(1873-1943):絵画的練習曲集 Op.33
 ムソルグスキー(1839-1881):組曲「展覧会の絵」

エカテリーナ・メチェーチナ(ピアノ)

録音:2013年

 モスクワ音楽院でヴラディーミル・オフチンニコフとセルゲイ・ドレンスキーに師事、20-21世紀のソヴィエト・ロシア音楽を得意とするロシアのピアニスト、エカテリーナ・メチェーチナが19世紀ロシアのレパートリーに挑戦。


 MELCD 1002161
\2700→\2490
アリャビエフ:ロマンス&歌曲集 E.シェヴェリョーヴァ(ソプラノ)
T.カンディンスカヤ(ピアノ)
N.フォミーナ(ソプラノ)
A.ポクロフスキ(ピアノ)
A.モクシャコフ(バリトン)
D.ブラゴイ(ピアノ)
N.イサコワ(メゾ・ソプラノ)
N.クズネツォワ(ソプラノ)
N.シネルニコワ(ピアノ)
 ナポレオンの侵攻に軍人として参戦、シベリアへの流刑など波乱の生涯を送ったアレクサンドル・アリャビエフ(1787-1851)。「夜鳴きうぐいす(ナイチンゲール)」に代表されるロシア・ロマンス(歌曲)の大家である。ロシアの抒情に満ちたロマンスを、メロディアに残されていたロシアの歌い手たちの演奏で。

 1975年、1978年、1988年、1990年の録音。ディジパック仕様。



 MELCD 1002221
\2700→\2490
おそるべきコンクール歴-リアナ・イサカーゼ 80年代録音
 シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47
 シェーンベルク:ヴァイオリン協奏曲 Op.36
リアナ・イサカーゼ(ヴァイオリン)
アレクサンドル・ラザレフ(指揮)
ロシア国立交響楽団
 グルジアの名手イサカーゼのシベリウス&シェーンベルク!

 グルジア出身の女流ヴァイオリニスト、リアナ・イサカーゼが1980年代に録音を行ったシベリウス&シェーンベルクのヴァイオリン協奏曲。
 1965年のロン=ティボー国際音楽コンクール・グランプリ、1970年の第4回チャイコフスキー国際音楽コンクール第3位、同年のシベリウス国際コンクール第1位という輝かしい実績を誇るイサカーゼ。
 グルジア室内管やドイツ文化省設立のユース・オーケストラ、ベルリンのヤング・ユーロ・クラシック・オーケストラを振るなど、指揮者、教育者としての活躍が目立つイサカーゼのメロディア音源。80年代にグルジアの女傑が弾いたシベリウスとシェーンベルクのコントラストに注目。

 ディジパック仕様。



 MELCD 1002222
\2700→\2490
ミハイル・クーゲル&ボリス・ベレゾフスキー
 グリンカ:ヴィオラとピアノのためのソナタ ニ短調(未完)、アルバムの一葉
 ルビンシテイン(クーゲル校訂):ヴィオラとピアノのためのソナタ ヘ短調 Op.49
 グラズノフ:ヴィオラとピアノのためのエレジー Op.44
 ストラヴィンスキー:無伴奏ヴィオラのためのエレジー
 エルンスト(クーゲル編):シューベルトの《魔王》による大奇想曲 Op.26
 エルンスト(クーゲル編):《夏の名残のバラ(庭の千草)》による序奏、主題と変奏
ミハイル・クーゲル(ヴィオラ)
ボリス・ベレゾフスキー(ピアノ)
 クーゲルとベレゾフスキーのデュオ!Melodiyaの新録音はヴィオラとピアノ!

 1975年のブダペスト国際音楽コンクールで第1位に輝き(第2位はバシュメット)、モスクワ音楽院やエルサレムのルービン音楽アカデミーの教授を歴任した旧ソ連-ロシアの伝説的ヴィオリスト、ミハイル・クーゲル(1946-)と、1990年チャイコフスキー国際コンクールの覇者にして当代屈指の名ピアニスト、ボリス・ベレゾフスキーのデュオによる新録音がメロディア(Melodiya)から登場!
 
 ユーリ・バシュメットやユーリ・クラマロフと並び、旧ソ連、ロシアが輩出した世界的ヴィオリストの1人と称されるクーゲル。
 自らの校訂によるルビンシテインのソナタや、ヴィオラ版への編曲によるエルンストの2作品など、ソロ楽器としてのヴィオラの存在感を高めた功績は非常に大きい。
 そしてピアノはベレゾフスキー。クーゲルとのデュオによるロシアン・プログラムでの、際立つピアニズムを堪能したい。

 ※録音:2002年、2012年&2013年(ディジパック仕様)

MELCD 1000940
\2700→\2490
ハイドン:
 チェロ協奏曲第1番ハ長調 Hob.VIIb:1
 チェロ協奏曲第2番ニ長調 Hob.VIIB:2
アレクサンドル・ルーディン(Vc)
サウリス・ソンデツキス指揮
リトアニア室内管
録音:1982年4月26日


MELODIYA
ミハイル・ワイマン・シリーズ

 ミハイル・ワイマン。
 ウクライナに生まれたソヴィエトの名ヴァイオリニスト。名教師としても知られ、レニングラード音楽院教授としてミハイル・ガントヴァルク、セルゲイ・スタドレル、潮田益子らを輩出した。演奏旅行中、働き盛りの50歳で急逝してしまった。
 なお、1953年生まれの同姓同名のヴァイオリニスト(ディーナ・ヨッフェの旦那さん)とは別人。
 爆裂演奏家ではないが、たとえば先日メロディアからリリースされたアラポフのヴァイオリン協奏曲は、今から40年も前の演奏にもかかわらず強力な「芯」をもった鮮烈な演奏だった。
 今回のシリーズ全6巻の録音は、そのアラポフを録音したのと同じ時代のもの。
 すでに亡くなっているにせよ、ほとんど無名の名匠の録音がこうしてシリーズとして登場するというのもメロディアのすごさか。

Mikhail Vaiman Box
MELCD 1000947
(6CD)
\12000→\7990
ミハイル・ワイマン Vol.1
 J・S・バッハ:
  ヴァイオリンと通奏低音のための
   ソナタ第2番ホ短調 BWV1023(*)
 ヴィクトル・ヴォロシノフ(1905-1960):
  ヴァイオリンとオルガンのための協奏曲(*)
 J・S・バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調 BWV1042(+)
ミハイル・ワイマン(Vn)
ニーナ・オクセンチアン(Org(*))
レオニード・ゴズマン指揮(+)
レニングラード・フィルハーモニー室内管(+)
録音:1976年(*)/1964年(+)
ミハイル・ワイマン Vol.2
 J・S・バッハ:
  2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調 BWV1043(*)
 テレマン:
  ヴァイオリンと弦楽のための協奏曲第44番変ロ長調(+)
 ヴィヴァルディ:
  ヴァイオリン、弦楽と
   通奏低音のための協奏曲イ短調 Op.3 No.6(+)
  ヴァイオリン、弦楽と
   通奏低音のための協奏曲ト長調 Op.3 No.3(#)
 ハイドン:
  チェンバロ、ヴァイオリンと
   管弦楽のための協奏曲へ長調 Hob.XVIII:6(*T**)
 テレマン:ヴァイオリンと管弦楽のための協奏組曲イ長調(#)
 ヴィヴァルディ:
  ヴァイオリン、弦楽と通奏低音のための協奏曲イ長調(1716)(#)
 ハイドン:ヴァイオリン協奏曲ハ長調 Hob.VIIa:1(++)
ミハイル・ワイマン(Vn)
ボリス・グートニコフ(Vn(*))
アッラ・ジョホワ(Cemb(*T**))
レフ・シンドレル指揮
レニングラード・フィルハーモニー室内管
録音:1964年(*)/1970年(+/*T**)/1975年(#)/1969年(++)
ミハイル・ワイマン Vol.3
 ベートーヴェン:
  ヴァイオリン・ソナタ第7番ハ短調 Op.30 No.2(*)
  ヴァイオリン・ソナタ第10番ト長調 Op.96(+)
ミハイル・ワイマン(Vn)
マリア・カランダショワ(P)
録音:1966年(*)/1964年(+)
ミハイル・ワイマン Vol.4
 モーツァルト:
  ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調 K.219「トルコ風」(*)
 シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47(+)
ミハイル・ワイマン(Vn)
レフ・シンドレル指揮(*)
アルヴィド・ヤンソンス指揮(+)
レニングラード・フィルハーモニー室内管
巨匠ヤンソンスとの共演(オーケストラはレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団ではないかと思われます)による気迫に満ちたシベリウスはヴァイオリン・ファン必聴の演奏と申せましょう。録音:1969年(*)/1968年(+)
ミハイル・ワイマン Vol.5
 バルトーク:ヴァイオリン・ソナタ第1番(1921)(*)
 バルトーク/セーケイ編曲:6つのルーマニア民族舞曲(*)
 サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン Op.22(*)
 オレスト・エフラホフ(1912-1973):
  ヴァイオリンと管弦楽のための協奏詩 Op.39(+)
ミハイル・ワイマン(Vn)
マリア・カランダショワ(P)
録音:1959年?(*)/1973年(+)

分売/別ページでも掲載してます
MELCD 1000948
\2,700→\2490
ミハイル・ワイマン Vol.1
 J・S・バッハ:
  ヴァイオリンと通奏低音のための
   ソナタ第2番ホ短調 BWV1023(*)
 ヴィクトル・ヴォロシノフ(1905-1960):
  ヴァイオリンとオルガンのための協奏曲(*)
 J・S・バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調 BWV1042(+)
ミハイル・ワイマン(Vn)
ニーナ・オクセンチアン(Org(*))
レオニード・ゴズマン指揮(+)
レニングラード・フィルハーモニー室内管(+)
録音:1976年(*)/1964年(+)

MELCD 1000949
(2CD)
\4400→\3790
ミハイル・ワイマン Vol.2
 J・S・バッハ:
  2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調 BWV1043(*)
 テレマン:
  ヴァイオリンと弦楽のための協奏曲第44番変ロ長調(+)
 ヴィヴァルディ:
  ヴァイオリン、弦楽と
   通奏低音のための協奏曲イ短調 Op.3 No.6(+)
  ヴァイオリン、弦楽と
   通奏低音のための協奏曲ト長調 Op.3 No.3(#)
 ハイドン:
  チェンバロ、ヴァイオリンと
   管弦楽のための協奏曲へ長調 Hob.XVIII:6(**)
 テレマン:ヴァイオリンと管弦楽のための協奏組曲イ長調(#)
 ヴィヴァルディ:
  ヴァイオリン、弦楽と通奏低音のための協奏曲イ長調(1716)(#)
 ハイドン:ヴァイオリン協奏曲ハ長調 Hob.VIIa:1(++)
ミハイル・ワイマン(Vn)
ボリス・グートニコフ(Vn(*))
アッラ・ジョホワ(Cemb(**))
レフ・シンドレル指揮
レニングラード・フィルハーモニー室内管
録音:1964年(*)/1970年(+/**)/1975年(#)/1969年(++)
MELCD 1000950
\2,700→\2490
ミハイル・ワイマン Vol.3
 ベートーヴェン:
  ヴァイオリン・ソナタ第7番ハ短調 Op.30 No.2(*)
  ヴァイオリン・ソナタ第10番ト長調 Op.96(+)
ミハイル・ワイマン(Vn)
マリア・カランダショワ(P)
録音:1966年(*)/1964年(+)


MELCD 1001347
\2,700→\2490
ベートーヴェン弦楽四重奏団・プレイズ・ベートーヴェン Vol.1
 ベートーヴェン:
  弦楽四重奏曲第1番イ長調 Op.18 No.1(*)
  弦楽四重奏曲第2番ハ短調 Op.18 No.2(+)
  弦楽四重奏曲第3番変ロ長調 Op.18 No.3(#)

ベートーヴェン弦楽四重奏団
(ドミートリー・ツィガーノフ(第1ヴァイオリン)
ニコライ・ザバフニコフ(第2ヴァイオリン)
フョードル・ドルジーニン(ヴィオラ)
セルゲイ・シリンスキー(チェロ))

録音:1970年12月22日(*)/1970年6月16日(+)/1971年8月3日(#)

MELCD 1001637
\2,700→\2490
ロシアの偉大なヴィオリスト ミハイル・クーゲリ
 ジョヴァンニ・バッティスタ・マルティーニ(1706-1784)/
  ユーリー・クラマーロフ編曲:
  チェロとチェンバロのためのソナタ イ短調 Op.19 No.3(*)
   (ヴィオラとピアノのための版)
 バッハ(1685-1750)/ボリス・ドブロホトフ編曲:
  ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタ第1番ト長調 BWV1027
   (ヴィオラのための版;ミハイル・クーゲリ校訂)(*)
 パガニーニ(1782-1740):ヴィオラ・ソナタ ハ長調 Op.35
   (ウルリヒ・ドリューナー校訂版、カデンツァI,II:ミハイル・クーゲリ)(+)
 グリンカ(1804-1857):ヴィオラ・ソナタ(未完)(+)
 フランツ・ワクスマン(1906-1967):「カルメン」幻想曲
   (ヤッシャ・ハイフェッツ、ミハイル・クーゲリ校訂)(+)
ミハイル・クーゲリ(ヴィオラ)
セルゲイ・レシェンコ(ピアノ(*))
エレーナ・クズネツォワ(ピアノ(+))

ミハイル・クーゲリは1946年ウクライナ(当時ソヴィエト)のハルキウ(ハリコフ)に生まれたロシアのヴィオラ奏者。レニングラード音楽院でユーリー・クラマーロフに師事、1975年のブダペスト国際ヴィオラ・コンクール優勝。ベートーヴェン弦楽四重奏団員、モスクワ音楽院教師、エルサレムのルービン音楽舞踊アカデミー教授(1990-1996)。1996年ベルギーに移住、ゲント王立音楽院(ベルギー)およびマーストリヒト王立音楽院(オランダ)教授を務めています。

録音:1979年(*)/1989年(+)




 MELCD 1002266
(2CD)
\4400→\3790
スヴェトラーノフのエルガー!ゲロンティアスの夢!
 エルガー:オラトリオ《ゲロンティアスの夢》Op.38
エフゲニー・スヴェトラーノフ(指揮)
ソヴィエト国立交響楽団
ロンドン交響合唱団
アーサー・デイヴィス(テノール)
フェリシティ・パルマー(メゾ・ソプラノ)
ノーマン・ベイリー(バリトン)
オレグ・ヤンチェンコ(オルガン)

 巨星エフゲニー・スヴェトラーノフが振ったエルガーの「ゲロンティアスの夢」、1983年4月21日、モスクワ音楽院大ホールでのライヴ・レコーディングが遂に復活!
 エルガーの音楽に熱心に取り組んだスヴェトラーノフ。この「ゲロンティアスの夢」は、今は亡きヒコックスが率いるロンドン交響合唱団、フェリシティ・パーマー、アーサー・デイヴィスなど、イギリスのスペシャリストたちとの共演で生まれたロシアでのエルガーの名演である。ディジパック仕様。


 MELCD 1002109
(2CD)
\4400→\3790
レオニード・ロイズマン(オルガン)
 J.S.バッハ:オルガン作品集

 トッカータとフーガ ニ短調 BWV.565
 コラール《われら悩みの極みにありて》 BWV.641
 コラール《いと尊きイエスよ、われらはここに集いて》 BWV.633
 コラール《ただ神の御旨に従う者は》 BWV.691a
 コラール《いと高きところにいます神にのみ栄光あれ》 BWV.711
 コラール《わが心からの望み》BWV.727
 コラール《いざ喜べ、尊きキリストのともがらよ》 BWV.734
 コラール《われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ》 BWV.639
 コラール《古き年は過ぎ去りぬ》 BWV.614
 コラール《キリスト者よ、汝ら神を讃えよ》 BWV.732
 コラール《イエスよ、わが喜び》 BWV.610
 コラール《主なる神は讃えられん》 BWV.601
 コラール《来たれ、創り主にして聖霊なる神よ》 BWV.631
 コラール《栄光の日は現われたり》 BWV.629
 パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV.582
 コラール・パルティータ《おお神、汝義なる神よ》 BWV.767
 フーガ ト短調 BWV.578(小フーガ)
 前奏曲とフーガ変ホ長調 BWV.552《聖アン》
 前奏曲とフーガ ハ短調 BWV.549
 前奏曲とフーガ ホ短調 BWV.533
 小さな和声の迷路 BWV.591
 前奏曲とフーガ ハ短調 BWV.546
レオニード・ロイズマン(オルガン)

 ロシアン・オルガン・スクールの始祖、アレクサンドル・ゲディケ(1877-1957)の弟子であり、その系譜を受け継いだ20世紀ロシアの名オルガニスト、レオニード・ロイズマンが弾くJ.S.バッハのオルガン作品集。
 モスクワ音楽院大ホールの空間、J.S.バッハの音楽、オルガンのサウンドが三位一体となった、モスクワにおけるバッハの記録である。1962年-1967年の録音。MELCD 1001230&MELCD 1001253の新装移行再発売。ディジパック仕様。



MELCD 1002128
(3CD)
\6600→\4490
ばらばらのピアニスト、指揮者による
 ラフマニノフ(1873-1943):ピアノと管弦楽のための作品集

  ピアノ協奏曲第1番嬰ヘ短調 Op.1(*)
  ピアノ協奏曲第2番ハ短調 Op.18(+)
  ピアノ協奏曲第3番ニ短調 Op.30(#)
  ピアノ協奏曲第4番ト短調 Op.40(**)
  パガニーニの主題による狂詩曲イ短調 Op.43(++)

ヴィクトル・エレシコ(ピアノ(*))
ソヴィエト国立交響楽団(*)
ゲンナジー・プロヴァトロフ(指揮(*))
スヴャトスラフ・リヒテル(ピアノ(+))
レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団(+)
クルト・ザンデルリング(指揮(+))
ピーター・ドノホー(ピアノ(#))
モスクワ放送交響楽団(#/**)
ヴラディーミル・フェドセーエフ(指揮(#))
ニコライ・ペトロフ(ピアノ(**))
ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(指揮(**))
セルゲイ・ドレンスキー(ピアノ(++))
ソヴィエト国立文化省交響楽団(++)
アレクサンドル・ドミトリエフ(指揮(++))

録音:1985年、ライヴ、モスクワ音楽院大ホール(*)/1959年(+) 1982年7月8日、ライヴ、モスクワ音楽院大ホール(#)/1965年(**)/1982年(++)
 5曲すべてピアニスト・指揮者とも異なる組み合わせによるラフマニノフ・コンチェルト・アルバム。録音年代にこだわらずメロディアが持てる音源の中からベストを選んだものと思われます。




 MELCD 1002131
\2,700→\2490
グラズノフ:協奏曲集
 ヴァイオリン協奏曲集イ短調 Op.82(録音:1985年5月27日)
 コンチェルト・バッラータ Op.108*(録音:1964年)
 サクソフォン協奏曲変ホ長調**(録音:1976年)
ヴィクトル・トレチャコフ(ヴァイオリン)
ウラディーミル・フェドセーエフ(指揮)
モスクワ放送交響楽団
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(チェロ)*
エフゲニー・スヴェトラーノフ(指揮)*
ソヴィエト国立交響楽団*
レフ・ミハイロフ(サクソフォン)**
アレクサンドル・コルネイエフ(指揮)**
モスクワ放送交響楽団ソロイスツ・アンサンブル**
 強力ソリスト陣によるグラズノフ!

 ロシア国民楽派と民族主義を1つとした作風により、未完を含め9曲の交響曲、バレエ音楽「ライモンダ」、数々の管弦楽作品など多くの傑作を遺したアレクサンドル・グラズノフ(1865-1936)。
 グラズノフのヴァイオリン、チェロ、サクソフォンのための3つの協奏曲は、それぞれの楽器における重要レパートリー。ソリストもトレチャコフ、ロストロポーヴィチ、ミハイロフと豪華。ディジパック仕様。
 



 MELCD 1002146
(5CD/特別価格)
\8800→\5490

アラム・ハチャトゥリアン・アニヴァーサリー・エディション

 CD1 -
  バレエ音楽《ガイーヌ》より
   〔アラム・ハチャトゥリアン(指揮)、フィルハーモニア管弦楽団、1954年録音〕
  バレエ音楽《スパルタクス》より
   〔アレクサンドル・ガウク(指揮)、モスクワ放送交響楽団、1957年録音〕
 CD2 -
  組曲《仮面舞踏会》 Op.48a
   〔ヴェロニカ・ドゥダロワ(指揮)、モスクワ国立交響楽団、1987年録音〕
  組曲《バレンシアの寡婦》
   〔ヴェロニカ・ドゥダロワ(指揮)、モスクワ国立交響楽団、1987年録音〕、
  映画音楽《オテロ》
   〔グリゴリー・ガンブルグ(指揮)、ソビエト国立映画交響楽団、
    ゲンナジー・カッツ(指揮)、モスクワ放送交響楽団、1956年録音〕
 CD3 -
  歓迎序曲 Op.91
   〔アラム・ハチャトゥリアン(指揮)、モスクワ放送交響楽団、1959年録音〕
  祝典詩曲 Op.75
   〔エミン・ハチャトゥリアン(指揮)、ソビエト国立文化省交響楽団、1985年録音〕
  組曲《スターリングラードの戦い》Op.74a
   〔アラム・ハチャトゥリアン(指揮)、モスクワ放送交響楽団、1959年録音〕
 CD4 -
  交響曲第2番ホ短調 Op.56《鐘》
   〔アラム・ハチャトゥリアン(指揮)、ソヴィエト国立交響楽団、1977年録音〕
  ロシアの主題による幻想曲 Op.59
   〔セルゲイ・ゴルチャコフ(指揮)、モスクワ放送交響楽団、1946年録音〕
 CD5 -
  コンチェルト・ラプソディ変ロ短調 Op.96
   〔レオニード・コーガン(ヴァイオリン)、キリル・コンドラシン(指揮)、
    モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団、録音年月日不詳〕、
  コンチェルト・ラプソディニ短調 Op.88
   〔ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(チェロ)、エフゲニー・スヴェトラーノフ(指揮)、
    ソヴィエト国立交響楽団、1964年録音〕
  シャヒディ:アラム・ハチャトゥリアンの主題によるラプソディ=ダイアローグ
   〔ワスゲン・ヴァルタニアン(ピアノ)、ジヴァン・ガスパリアン(ドゥドゥク)、
    セルゲイ・スクリプカ(指揮)、ロシア国立映画交響楽団、2013年録音〕
 アラム・ハチャトゥリアン生誕110周年記念!Melodiyaが贈るアニヴァーサリー・エディション!

 2013年で"生誕110周年"を迎えたアルメニア、ロシア、旧ソ連の大作曲家アラム・ハチャトゥリアン(1903-1978)。
 メロディア(Melodiya)が送り出す「アニヴァーサリー・エディション」には、「ガイーヌ」や「スパルタクス」はもちろんのこと、「仮面舞踏会」や「バレンシアの寡婦」など、ロシアの名指揮者たちの指揮による名演が満載!
 強烈なリズム感やアルメニアの民族的要素を特徴としたハチャトゥリアンの傑作群を、メロディア音源で!そして師であるハチャトゥリアンに献呈されたシャヒディの「ラプソディ=ダイアローグ」にも要注目。
 


 MELCD 1002164
(5CD/特別価格)
\8800→\5490
ボリショイ - ベスト・オヴ・メロディア
 グリンカ、ダルゴムイシスキー、
 リムスキー=コルサコフ、グラズノフ、
 アサフィエフ、ムソルグスキー、
 ボロディン、チャイコフスキー、他
B.ルデンコ
B.モロゾフ
G.ボリソワ
A.ピロゴフ
T.シニャフスカヤ
A.ヴェデルニコフ
E.オブラスツォワ
Y.マズロク、他
 長き歴史を誇り、数多くの名演の舞台となってきたロシアのボリショイ劇場。メロディアが保有するボリショイ劇場での演奏を集めた20世紀の名演集。ネステレンコやヴェデルニコフ、マズロク、オブラスツォワなど、歌手たちも錚々たる顔触れ。

 1911年-1987年の録音。



 MELCD 1002187
\2,700→\2490
バシュメット/ヴィオラとピアノのためのソナタ集
 シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ イ短調 D.821
 ブラームス:
  ヴィオラ・ソナタ第1番ヘ短調 Op.120-1
  ヴィオラ・ソナタ第2番変ホ長調 Op.120-2
ユーリ・バシュメット(ヴィオラ)
ミハイル・ムンチャン(ピアノ)
 バシュメットの"メロディア音源"のブラームス&シューベルト!

 ロシア楽壇のカリスマであり、ソロ・ヴィオラの第一人者でもあるユーリ・バシュメットが、メロディア(Melodiya)にレコーディングを行ったブラームス&シューベルトが復刻!
 1976年のミュンヘン国際音楽コンクールで第1位に輝き、西側でも一気にその名声を高めたバシュメット。若き日の情熱が宿るメロディア音源のブラームスとシューベルトは、現在も高い評価を受けている名演です。

 1977年(シューベルト)&1984年3月23日(ブラームス)の録音。ディジパック仕様。



 MELCD 1002200
\2,700→\2490
メトネル・プレイズ・メトネル Vol.1
 メトネル:
  《おとぎ話》より
   Op.8-1, Op.20-1, Op.20-2, Op.34-2, Op.34-3,
    Op.51-1, Op.51-2, Op.51-3
  3つのノヴェレッテ Op.17より 第1番、第2番
  3つの小品 Op.31より 第1番
  忘れられた調べ第1集 Op.38より 第3番
  忘れられた調べ第2集 Op.39より 第3番、第4番、第5番
  忘れられた調べ第3集 Op.40より 第4番
ニコライ・メトネル(ピアノ)
 ロシア・ロマン派のコンポーザー=ピアニスト、ニコライ・メトネル(1879-1951)が遺した自作自演がメロディアから復刻。
 シリーズ第1集は、「おとぎ話」や「忘れられた調べ」などからの小品を集めたプログラム。作曲者自らの演奏で作品の解釈を知ることのできる意義深いメトネルのアンソロジーです。

 1930年-1947年、ロンドン、パリでの録音。ディジパック仕様。

MELCD 1001684
(2CD)
\4400→\3790
ルービンシュタイン・プレイズ・ショパン ショパン生誕200年記念
 ショパン(1810-1849):
  ポロネーズ嬰ヘ短調 Op.44/即興曲変ト長調 Op.51 No.3
  夜想曲変ニ長調 Op.27 No.2/ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調 Op.35
  舟歌嬰ヘ長調 Op.60/練習曲変イ長調 Op.25 No.1
  練習曲変ト長調 Op.10 No.5/練習曲ホ短調 Op.25 No.5
  練習曲嬰ハ短調 Op.10 No.4/ワルツ イ短調 Op.34 No.2
  ポロネーズ変イ長調 Op.53/ワルツ変イ長調 Op.34 No.1
録音:1964年10月1日、モスクワ音楽院大ホール
アルトゥール・ルービンシュタイン(ピアノ)



 MELCD 1001775
(2CD)
\4400→\3790
スヴェトラーノフ(指揮)&ボリショイ劇場管
 ダルゴムイシスキー:歌劇《ルサルカ》
エフゲニー・スヴェトラーノフ(指揮)
ボリショイ劇場管弦楽団&合唱団

Evgenia Smolenskaya (Natasha/Rusalka),
Alexei Krivtchenia (The Miller),
Ivan Kozlovski (The Prince),
Veronika Borissenko (The Princess)


ロシア五人組に多大な影響を与え、ロシア国民楽派の始祖的存在であるアレクサンドル・ダルゴムイシスキー(1813-1869)。
ドヴォルザークも同じく「ルサルカ」を題材としたオペラを作曲しているが、ダルゴムイシスキーのルサルカは豊かな民族色が特徴的。スヴェトラーノフ・ファン要チェック。

1971年の録音。ディジパック仕様。




フルトヴェングラー・シリーズ


MELCD 1001101
\2,700→\2490
エルンスト・ペッピング(1901-1981):交響曲第2番ヘ短調(*)
ハインツ・シューベルト(1908-1945):讃歌協奏曲(+)
エルナ・ベルガー(S(+))
ヴァルター・ルートヴィヒ(T(+))
フルトヴェングラー指揮
ベルリン・フィル
録音:1943年10月30日(*)、1942年12月6日(+)、ベルリン、ライヴ
MELCD 1001103
\2,700→\2490
ブルックナー:交響曲第5番変ロ長調 A.96(原典版) フルトヴェングラー指揮
ベルリン・フィル
録音:1942年10月25日、ベルリン、ライヴ
MELCD 1001111
\2,700→\2490
R・シュトラウス:
 交響詩「ドン・ファン」Op.20(*)
 家庭交響曲 Op.53(+)
フルトヴェングラー指揮
ベルリン・フィル
録音:1942年2月15日(*)、1944年1月9日(+)、ベルリン、ライヴ
MELCD 1001113
\2,700→\2490
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調 Op.58(*)
グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調 Op.16(+)
コンラート・ハンゼン(P(*))
ワルター・ギーゼキング(P(+))
フルトヴェングラー指揮
ベルリン・フィル(*)
ウィーン・フィル(+)
録音:1943年10月30日、ベルリン、ライヴ(*)/1944年7月30日、ミュンヘン?、ライヴ(+)




ページ内の商品チェック・ボックスをクリックしたら、最後に 「かごに入れる」ボタンを押してください。
新店内のほかのページのお買い物がありましたら、そちらもすませ、最後に「注文フォームへ」ボタンを押して注文フォームで注文を確定してください。
(チェック内容を変更したら、必ずもう一度「かごに入れる」ボタンをクリックしてください。変更内容がかごに反映されませんので)


注文フォームへ


アリアCD 新店舗トップページへ



Copyright(C) 2023 ARIA-CD.All rights reserved.61